ワインショップフジヰ

 

 

※価格表示において消費税を含む総額表示が2021年4月1日より義務化されることに伴い、

弊社の価格表示も税別から税込に変更させていただきます。

 

今週のスタッフ鎌田の絶対おすすめ!!

ミリストリアス ミュスカ・プティ・グレン マンチュラ
2016
¥1,760

スペイン国内でも注目を集める女性醸造家ロサリア・モリーナ女史が造る自然派ワイン。ヨーロッパワイン産地でも最も標高の高い1100mの区画で栽培されるため、ボリューム感がありつつも、酸味とのバランスが見事な葡萄が収穫できます。ミュスカ・プティ・グレン種はマスカット種特有の豊かで華やかな香りと軽快さと複雑味の融合した辛口に仕上がっています。香りからほんのりと甘さを感じさせ、シーフード、バジルソース、天婦羅やチキンかつ等の鶏料理にもマッチします。

 

 

※在庫は常に変動しておりますので、ホームページ上で記載している商品も品切れしている場合がございます。
 ご希望の商品、希望本数等がございましたら、お手数ですが当社までお問い合わせ下さい。
 ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。
 

Wine List

 

 

4月9日更新

日本のワイン

ボルドーのワイン
ブルゴーニュのワイン
フランス他のワイン

イタリアのワイン

世界のワイン
スパークリングワイン
ハーフ・マグナムサイズのワイン

日本酒・梅酒・焼酎

ハードリカー・ビール
食品・雑貨

 

 

通信販売

試飲会のご案内
アクセス・お問い合わせ
Bar Fujii
テイスティングレポート
社長の独り言

Facebookもチェック instagramもチェック  instagramもチェック

 ワイン  食品  

 

 

 

新入荷ワイン

ワインショップフジイでは新商品の試飲を社内で行っております。1週間で約20種類、1年間でテースティングするワインは1000種類を越えます。楽しさだけではなく、時には苦痛を伴う試飲ですが、安くておいしいワインを見つけた時は思わずこの喜びを皆さんに伝えたくなります。

パラシオ・デ・アルガンサ ブランコ
2018
¥1,595

近年スペインワインで注目のDOビエルソ。そのDO昇格の立役者の一人、ホセ・ルイス氏のワイナリーです。樹齢100年以上の古木を、ステンレスタンクにて発酵・熟成。青リンゴやライムなどフレッシュな果実やフェンネルのようなハーブのアロマが感じられます。口に含むとフレッシュで引き締まった酸味とフルーティな果実味、程よい厚みも感じられ、アロマティックな余韻も長いです。魚介のマリネ、蒸し鶏、サラダ、パスタとの相性も楽しんで頂けます。 ゴデーリョ種100%。

マエティエラ リバリス ロゼ パジェス・デ・サダシア
2019
¥1,320

珍しい葡萄「モスカテル・グラーノ・メヌード」を使用したロゼが登場。畑のあるリオハのバジェス・デ・サダシア地区は、2003年にユネスコによって定められた生物圏保護区の一部。そんな素晴らしい地で栽培された葡萄からこのワインは造られています。ライチのような甘い香りにしっかりとしたボディと複雑味があります。ブレンドされたシラーのおかげで、厚みやコクも感じられます。モスカテル・グラーノ・メヌード種、シラー種。

マルティン・コダックス ピサーラス・デ・オテロ ビエルソ
2018
¥1,595

マルティン・コダックスは自然環境に配慮したワイン造りを目指すとともに、本来の自然を取り戻すために、植林や動物保護にも力を注いでいます。その一例として開発に伴い失われてしまったビエルソ地区の森林とヒグマ保護のために、このワインの売上の一部を寄付しています。「ピサーラス・デ・オテロ」とは「丘の粘板岩」を意味します。山岳地帯の為傾斜が厳しく、全て手摘み収穫され、選果後、低温で醗酵させます。チェリーやプラム、スミレのような香りが感じられ、ミネラル感も豊富。メンシア種のフルーティな口当たりながら、力強さも感じられ、滑らかなタンニンが包みます。赤身肉、カルパッチョ、豚肉の塩漬け、ヤギのチーズとの相性が良さそうです。メンシア種100%。

フィンカ・エンゲラ ブラン バレンシア
2018
¥1,595

バレンシア地区内2ヶ所に160ヘクタールの畑を所有し、スペインの地元品種とフランス系品種を全て有機栽培している生産者。エンゲラ・ブランは粘土石灰質土壌主体の畑で栽培したヴェルディル種からの白。気温の低い夜間に収穫し、タンクで2週間かけて発酵後に5ヶ月熟成。少し柑橘系の香りを持つさわやかな辛口で、余韻に心地よいほろ苦さが特徴。生産者は白身魚や、グリーンアスパラ、それと日本蕎麦にも合わせてほしいと言っています。

フォリアス・デ・バコ ウィヴォ クルティド ドウロ
2019
¥3,410

ドウロのシマ・コルゴ地区にある標高550m〜700mで、最高標高により、ここはドウロなのにポート造りが認められていないほど冷涼な場所です。ウィヴォとはポルトガル語で「遠吠え」という意味で、自然をリスペクトする象徴的な意味が込められています。モスカテル・ガレゴ種を全房でセメントタンク内にて4ヶ月間のマセラシオン。1月末にプレス、タンクで再度寝かせ、2月末瓶詰め。白い花のような香り、いわゆるオレンジワインによくある過度な抽出間はなく、涼やかなミネラル感が楽しめます。

ベラ ロブレ リベラ・デル・ドゥエロ
2018
¥2,200

スペイン・リオハ地区の名門クネ社が、リベラ・デル・ドゥエロ地区に所有するワイナリー。内陸部ドゥエロ地区のティンタ・デル・パイス(テンプラニーリョ)種は、リオハ以上にタンニンと力強さを持っています。アメリカンオーク7割、フレンチオーク3割の樽で6ヶ月熟成させ、瓶でも6ヶ月熟成させています。完熟したベリー系の果実味に、樽からのヴァニラの風味が包み込んでいます。米ジェームス・サックリング氏92点評価。

ボデガス・ヒメネス・ランディ カント・カリーゾ メントリダ ビオデナミ
2014
¥1,925

天才醸造家ヒメネス・ランディ氏がビオディナミ農法で作った自然派ワイン。土地の名前であり、ワインの名前でもある「カント・カリーゾ」とは、石灰質土壌のことです。羊100頭を何も手入れしないままの畑に放牧。野兎や昆虫、蝶々などは勿論、自然に生息するトマトや茄子なども刈らずに葡萄畑に強制放置されています。シナモンや黒糖を思わせる香り、凝縮した黒系果実と胡椒を思わせるホットな辛さに熟成し練れた風味が心地良く、体に染み渡る旨味系ワインです。シラー種100%。

Ch フルカ・デュプレ リストラック
2014
¥2,750

リストラック村でシャトー・フルカ・オスタンと人気を二分する実力あるシャトー。メルロ種の比率が高く、ふくよかでコクのある味わいです。作付け面積はカベルネ・ソーヴィニヨン種44%、メルロ種44%、カベルネ・フラン種10%、プティヴェルド種2%。

レ・トゥール・ド・ボーモン オー・メドック
2016
¥1,980

ボルドーで大人気の自然派生産者、シャトー・ボーモンのセカンドワイン。シャトーはサン・ジュリアン村とマルゴー村の中間に位置するキュサック村にあります。平均樹齢15年〜20年の若い木からの葡萄を使い、新樽を30%使用し熟成させます。カシスやベリーなど若々しい果実味と木樽の風味が楽しめます。カベルネ・ソーヴィニヨン種60%、メルロ種40%。

ル・オー・メドック・ド・オー・バージュ・リベラル オー・メドック
2013
¥2,420

2007年より始めた格付け第5級のシャトー・オー・バージュ・リベラルがオー・メドックの区画から造るワイン。カベルネ・ソーヴィニヨン種60%とメルロ種40%からなり、口当たりが柔らかく、上品でバランスの良い味わいです。

レ・カイユー オー・メドック
2000
¥2,090

ボルドーにとって伝説となった2000年産。サン・テステフ村の北に位置するサン・スーラン・ド・カドルヌ村の葡萄(カベルネ・ソーヴィニヨン種65%、メルロ種27%、フラン種5%、他)を地元のネゴシアンが醸造。新樽5割で12ヶ月熟成後、タンクに移して10年以上も長期熟成させました。瓶詰めは2019年ですので、オリやコルク劣化の問題は少ないと思います。高価なうえにデリケートで扱いが難しいのが古酒ですが、このワインは安価で、瓶詰も最近ですから古酒の入門には最適の1本だと思います。

シャペル・ド・ポタンサック メドック
2013
¥2,530

メドック格付け第2級の筆頭、レオヴィル・ラス・カーズと同じドゥロン家がメドックに所有するシャトー・ポタンサックのセカンドワイン。完熟したカシスを思わせる果実味に、タンニンはきめ細やかで、旨味を感じる余韻が楽しめます。メルロ種、カベルネ・ソーヴィニヨン種、カベルネ・フラン種のブレンド。

クロ・デュ・ジョゲロン マルゴー
2005
¥17,600

マルゴー村でたった1.2ヘクタールの畑で始めた、年産約2500本の小さな生産者。畑はパルメに接する区画が中心で、樹齢は60年以上。畑にはカベルネ・ソーヴィニヨン種65%、メルロ種30%、カベルネ・フラン種5%が栽培。発酵は野生酵母を用い、3〜6週間も時間を掛けて行います。新樽4割で20ヶ月の熟成。凝縮した果実味と、マルゴー村特有の森の下草や、キノコ系の香が楽しめます。2005年産をパーカー氏は「ベリー系の果実味と、豊かなタンニンに、甘く長い余韻が続く」とコメントし、89〜91点の高評価しています。

ル・クロワトル・ド・グラン・ピュイ・デュカス ポイヤック
2011
¥4,620

ポイヤック村で40ヘクタールの畑を所有する名門、シャトー・グラン・ピュイ・デュカスで数種発売されるセカンドワインの一つ。この「クロワトル」は自社畑の内でも11ヘクタールの区画で、この年はメルロ種55%、カベルネ・ソーヴィニヨン種45%の葡萄から造られました。ふくよかな果実味と、ポイヤック村特有のタンニンが熟成を経て調和した頃でしょう。

Ch ラランド・ドーヴィヨン メドック
2009
¥2,750

メドック地区ブレイニャン村で23.5ヘクタールのシャトー。近年評価を上げており、クリュ・ブルジョワの認定を受けています。作付けはカベルネ・ソーヴィニヨン種50%、メルロ種50%で、平均樹齢は25年。発酵、熟成はタンクですが、全体の二割を樽で12ヶ月熟成させています。素晴らしい作柄だった2009年産が熟成を経て入荷しました。複雑な熟成香と、タンク熟成主体の果実感の両方が楽しめます。

Ch トゥール・サン・ボネ メドック
2015
¥2,475

メドック北部のサン・クリストリー・メドックにあるメルレ・ラフォン家所有のシャトー。ロバート・パーカー氏もお気に入りで、力強さと品を兼ね備えたコストパフォーマンスのボルドーです。凝縮感があり、深い色合いのワインです。メルロ種60%、カベルネ・ソーヴィニヨン種30%、プティヴェルド種5%のブレンド。60%をセメントタンクにて、40%をオーク樽にて20ヶ月熟成(新樽比率30%)。

Ch カントナック・ブラウン マルゴー
2012
¥9,680

メドック格付け第3級に属するシャトー。カントナック村の内地区部にあり、砂礫質土壌のカベルネ・ソーヴィニヨン種からタニックなワインを造り出します。カベルネ・ソーヴィ二ヨン種65%、メルロ種35%のブレンド。

Ch ベルネド・グラン・プジョー ムーリ
2011
¥2,860

シャトー・プジョーを始めとする優良生産者が集まるムーリ村で、31ヘクタールの畑を所有する生産者。シャトー・シャス・スプリーンに隣接する畑の9割は砂利質土壌で、カベルネ・ソーヴィニヨン種50%、メルロ種45%、プティヴェルド種3%、カベルネ・フラン種2%を栽培。発酵後1/3新樽で12ヶ月熟成されます。熟成経た2011年産はそろそろ飲み頃が期待される頃でしょう。

Ch ラネッサン オー・メドック
2016
¥2,970

オー・メドック地区のアペラシオンの中でも傑出した評価を受けるシャトー。畑はサン・ジュリアン村との境界にあり、ベイシュヴェルやデュクリュ・ボーカイユの畑に囲まれた好立地にあります。パーカーポイント90点評価。カベルネ・ソーヴィニヨン種、メルロ種、プティ・ヴェルド種。

バッド・ボーイ ボルドー
2016
¥3,080

シャトー・ヴァランドローのオーナーであるテュヌヴァン氏が、低価格、高品質を優先し、産地を選ばずに造ったボルドー・ワイン。名前の由来はパーカー氏がテュヌヴァン氏を「Bad Boy(やんちゃもの)」と評価したことに由来。メルロ種100%で、ブラックベリーの香り、ドライフルーツを思わせる濃密な味わいと木樽風味が調和したバランスの良い赤。2016年はジェームス・サックリンング93点の高評価。

Ch ボレール ボルドー・スペリュール
2014
¥2,310

シャトー・ボレールのあるマコー村はマルゴー村に近く、有名なシャトー・ラ・ラギューヌもある地区。畑はプティ・ヴェルド種の比率が半分以上と高く、また樹齢も平均で50年、古い木だと90年を超え非常に良い葡萄が取れるため他にはない独特のスパイシーさを醸しだします。またこの品種特有の果実味の豊かさと完熟感のあるタンニン(渋み)が特徴です。特別に今回は輸入元の在庫処分価格で希望小売の3割引でのご案内です。プティ・ヴェルド種40%、メルロ種35%、カベルネ・ソーヴィニヨン種25%。

Ch ソシアンド・マレ キュヴェ・ジャン・ゴトロー オー・メドック
2002
¥13,200

ジロンド河をのぞみつつ、日当たり・水はけ等の条件に大変恵まれた畑から、凝縮感たっぷりのワインで知られるソシアンド・マレ。ここのオーナーの名を冠した「キュヴェ・ジャン・ゴトロー」は、1995年よりプライベート用に少量造られたスペシャル・キュヴェ。通常よりもカベルネ・ソーヴィニヨン種の比率が高く、ソシアンド・マレのさらなる魅力が表現されています。カベルネ・ソーヴィニヨン種65%、メルロ種30%、カベルネ・フラン種5%。

モンジャール・ミュニュレ キュヴェM(マルベック) ヴァン・ド・フランス
2018
¥3,520

9代にわたってヴォーヌ・ロマネ村に暮らし、33ヘクタールもの広大な畑を所有して、風味豊かなワインを造る生産者。現地でも温暖化は進み、危機感を持ったミュニュレ家では、クロ・ド・ヴージョに面した区画に2010年カオール地区のマルベック種を植えて、試験的にワインを造っています。ただブルゴーニュ地方で、この品種は認められてはいない為に「ヴァン・ド・フランス」規格になります。暑かった2018年は、この品種も完熟した事でしょう。

ラヴァンチュール オプティマス パソ・ロブレス
2014
¥11,000

サン・テミリオン村のシャトー・オーナーだったステファン・アセオ氏は、仏のワイン法の強引さに嫌気がさしてフランスを離れます。新天地を求めて世界中の産地を2年間かけて回り、カリフォルニアのパソ・ロブレス地区に畑を購入しました。ワイナリー名は冒険を意味する仏語「ラヴァンチュール」、ワイン名は最上を意味するオプティマスとしました。シラー種42%、カベルネ・ソーヴィニヨン種33%、プティ・ヴェルド種25%を新樽6割で14ヵ月熟成したワインは、まさに北ローヌとボルドーのブレンド。濃縮した果実味と、スパイシーさが調和し、ワイン・アドヴォケイト誌で92点評価を受けています。

サン・リージュ オファリング セントラル・コースト
2016
¥5,280

サン・リージュ(主従なき関係)は自分自身の自立へのあくなき追求であり、同時にローヌ・ヴァレーの伝統とニューワールドにおける自由と、どのような距離を保つかを意味しています。オファリングは、9の異なる畑から厳選したグルナッシュ種、シラー種、ムールヴェードル種、ヴィオニエ種をブレンドした、サン・リージュの最高級キュヴェ。 スパイス、キルシュ、レザーなど、複雑なアロマ。オリーブのタプナードソースやプラムのフレーバーがしばらくすると現れ、だんだんと引き込まれるような魅力があります。

ザ・クレーン・アッセンブリー ディサイプルズ ナパ・ヴァレー
2017
¥8,250

ザ・プリズナーで有名なオリン・スウィフト・セラーズを立ち上げたディヴ・フィニーによるワイナリー。ステンレスタンク、オープントップでの第一次発酵。フレンチオーク樽(新樽45%)にて10ヶ月熟成。力強いチェリーや完熟したベリー系果実のアロマの中にタバコの葉や白胡椒、スウィートバジルのニュアンス。プラムやダークフルーツ、バニラクリーム、ラベンダーなど複雑なフレーバーが幾層にも表れ柔らかなタンニンが美しいフィニッシュを演出します。ジンファンデル種64%、プティ・シラー種18%、グルナッシュ種13%、シラー種5%。

ナパ・グレン カベルネ・ソーヴィニヨン ナパ・ヴァレー
2016
¥3,740

完熟したカベルネ・ソーヴィニヨン種の良さが安定して楽しめるナパ・ヴァレー地区。5,000円以上の高級品が多いこの産地で、お値打ちな赤が入荷しました。品種はカベルネ・ソーヴィニヨン種90%(ナパ内のヨント・ヴィル地区で、高樹齢の木から)と、カベルネ・フラン種10%(ナパ内オーク・ノール地区で、砂利質土壌の実)をブレンド。フレンチとアメリカンオーク樽で18ヶ月熟成。完熟し、凝縮した果実味と、柔らかなタンニンが楽しめます。

トレフェッセン カベルネ・フラン エステート オーク・ノール(ナパ・ヴァレー)
2017
¥6,710

ナパ・ヴァレーでも海に近く、暑さが穏やかなオーク・ノール地区。この地区で180ヘクタール弱の畑を持ち、40年以上家族経営を続けるトレフェッセン家。本来はブレンド用に少量栽培しているカベルネ・フラン種を、特別に単体で瓶詰した貴重な赤。スミレと粘土を思わせる軽やかな香りに、柔らかなブラックベリーの果実味と、種からのスパイス感が楽しめます。品種からイメージされる未熟さは皆無で、ミディアムでキメ細かな果実味に、デリケートな品の良さをまとっています。

689セラーズ キラー・ドロップ カリフォルニア
2016
¥4,180

689セラーズはワインのコストパフォーマンスを最も重視しており、カリフォルニアでの長年の経験から、カリフォルニア全土の栽培家との関係も深く高品質のブドウを獲得することができます。ナパ・ヴァレー、ソノマ、シエラ・フット・ヒルズ、ロダイそしてレイクカウンティの厳選した畑のブドウを使用。凝縮感と厚みがあり、滑らかな飲み心地の味わいです。

スーパーナチュラル・ワイン・カンパニー ザ・スーパー・ナチュラル ホークス・ベイ
2018
¥3,520

スーパーナチュラル・ワイン・カンパニーは、ニュージーランドの北島ホークスベイにあり、北向きの斜面に所有する畑から、オーガニック認定を受けた醸造で、SO2添加を最小限に抑えた白ワインや、スキンコンタクトの多い白ワインを造っています。ライムストーンをたっぷりと含む土壌とホークスベイの海風に育まれたナチュラルワイン。有機栽培認定を受ける自社畑のソーヴィニヨン・ブラン種はスーパーナチュラル・ワイン・カンパニーのフラッグシップです。

ゾーニン アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ
2016
¥5,390

ゾーニン社はイタリアだけで2、000ヘクタールの畑を所有する大手生産者。創業地で造られるヴァルポリチェラは評価が高く、誇りであるアマローネ(収穫後に120日間陰干した、干し葡萄を5週間長期醗酵させた力強い赤)16年も、伊ガンベロロッソ誌で2★評価を受けています。品種はコルヴィーナ種70%、ロンディネッラ種20%、モリナーラ種10%。伝統的な大樽で2年熟成させた、濃厚さと上品さを合わせ持つ赤。

トッレヴェント ヴェント ロッソ P プーリア IGT
2019
¥1,078

ヴェントとは「風」の意味で、南イタリアの情熱的な太陽と清々しい風の中で育まれた新鮮な完熟ブドウから造られています。赤はプリミティーヴォ種100%で造られ、果実旨味があるバランスの良い味わい。

リヴェッラ・セラフィーノ ドルチェット・ダルバ
2013
¥4,400

リヴェッラは先代より引継いだモンテステファノと呼ばれる一級畑で夫婦二人だけで、バルバレスコと自家消費程度のドルチェットを作り続けてきました。このドルチェットはもう改植されたため、もう2度と飲めないかもしれません。

ペッレグリーノ モスカート フリッツァンテ テッレ・シチリアーネ
N.V
¥1,320

1880年シチリア島の西海岸に位置するマルサラの地にカルロ・ペッレグリーノ氏によって会社が創立され、今日まで伝統的なマルサラやコストパフォーマンスの高いワインを造っています。輝きを帯びた明るい麦わらイエロー。モスカート種から造られるワインは、ほのかなアンズのニュアンスを伴い、黄桃やオレンジの花を感じさせるアロマティックで凝縮感のある香り。柑橘系果実を思わせるフレッシュで心地よい微発泡甘口。

ニーノ・ネグリ チンクエ・ステッレ スフルサート・ディ・ヴァルテリーナ
2016
¥7,700

ミラノ市を州都とするロンバルディア州の北部にニーノ・ネグリ社はあり、急斜面の段々畑で北国の偉大なワインを造っています。スフルサートとは「強化する」という意味のイタリア語で、葡萄を30%陰干しで天然乾燥させ凝縮させてから醸造する大変に手間のかかった製法をしています。アリエとヌヴェール産のフレンチオークの新樽バリック(小樽)で発酵後、20ヶ月間熟成。凝縮した果実味とバックボーンの酸味が長い熟成期間を経て調和し濃いのに飲み飽きがしないワインに仕上がっています。キアヴェンナスカ(ネッビオーロ)種100%

アッポローニオ コペルティーノ
2015
¥2,145

アッポローニオは、プーリア州サレンティーノ市レッチェで4代続く家族経営のワイナリーです。アッポローニオの原点ともいうべきワインが、このコペルティーノです。花のような香りが魅惑的に鼻をくすぐり、濃厚なるエキスを持ちながら極めて柔らかい舌触りとともに、スミレの香りが口の中を非常に心地よく一杯にしてくれます。このワインの特徴である濃厚な香りと果実味、タンニンを強く感じることができます。

ゴーディアン・ノット アルバリーニョ エリエオ ルシアン・リヴァー・ヴァレー
2018
¥2,310

海から涼しい霧が流れ込む、ルシアン・リヴァー・ヴァレー地区に栽培されたスペイン、アルバリーニョ種からの白。この品種はスペイン最高の白と言われる、リアスヴァイシャスの葡萄で、果実味とミネラル感が特徴です。ステンレスタンクと低温発酵で、クリーンなスタイルに仕上げた白は、完熟したピーチや柑橘の果実味に、この地区特有の爽やかな酸味が調和した辛口タイプ。ワイナリー廃業により、3,400円定価の品が特別価格で入荷いたしました。

ブラックスミス カベルネ・ソーヴィニヨン CLRT ナパ・ヴァレー
2017
¥3,465

創業者のマット・スミス氏は、大学時代にボーリュー・ヴィンヤーズで研修したことでワインに目覚め、卒業後も何件かのワイナリーで研修を続け、2001年に自身のワイナリーを創業しました。研修中の縁で、ナパの葡萄農家とパイプが出来、このワインもナパ・ヴァレー内のオークヴィル地区、スタッグス・リープ地区、オーク・ノール地区の葡萄を中心に造られます。カベルネ・ソーヴィニヨン種77%、メルロ種20%、カベルネ・フラン種3%をフレンチオーク樽で22ヶ月間熟成。4,500円定価の品が特別価格で入荷しました。味わいはボルドーで言うと、ポイヤック村ではなく、お隣のサンジュリアン村のスタイル。風味もカシスやタール系のぽっちゃりタイプではなく、シーダー(杉)を思わせる風味の凛とした味筋です。

リタファーム&ワイナリー 樽デラ (デラウェア木樽醗酵)
2020
¥2,475

近隣の農家によるデラウェア種を発酵前の数日間、葡萄の皮と種を漬け込み果皮の旨みを引き出した後、古樽と野生酵母で発酵と熟成をさせた白。果皮を漬けこんだ為に少しオレンジの色調があり、フレッシュな果実味に樽風味と果皮、種からの複雑さを持った味わいです。

サッポロビール グラン・ポレール 北海道余市ピノ・ノワール
2017
¥5,068

国産葡萄を100%使用したプレミアムワインの「グラン・ポレール」シリーズ。北海道余市町登町にある協働契約栽培畑「弘津園」のピノ・ノワール種100%を使用し、すみれやイチゴを想わせる華やかなアロマと、柔らかなタンニン、滑らかな余韻が特長です。葡萄を山梨に運び、醸造しました。

藤野ワイナリー ヴィンヤード ナカイ ルージュ
2019
¥3,300

余市町登地区の中井観光農園で2017年から栽培されたツバイゲルト種が2019年少量ですが実をつけた為商品化されました。若木のため、今は味付きがとても繊細ですが、将来が楽しみなワインです。フレンチオーク樽由来のバニラ香に、ツバイゲルト種のしなやかな優しい香り、時間がたつとクランベリー、ザクロのような甘みを感じる果実味が楽しめる、北海道の薄旨系ワインです。無ろ過の為、にごりやオリ、自然の炭酸ガスが含まれることがありますが、品質には問題ありません。また酸化防止剤は10ppmと極少量のみの使用になりますので、14度以下の保存をお願いします。生産本数520本。

千歳ワイナリー 北ワイン ケルナー レイトハーベスト 1/2
2019
¥2,200

余市の木村忠農園産のケルナー種から造られた白。遅摘みの完熟度の高いケルナー種を使用した味わいは、甘味と爽やかな酸味が調和した飲み心地の良いやや甘口の白ワインです。よく冷やしてお召し上がりください。

ココファーム 風のルージュ
2019
¥3,050

北海道・余市の藤澤農園産ツバイゲルトレーベ種を、二つの方法で仕込みました。3/4は除梗後に、1〜2日に一回ルモンタージュを行いながら、自然酵母でゆっくり発酵。残った1/4は全房のままタンクでスキンコンタクトを1ヶ月行い、プレスして共に樽に移し乳酸発酵を行い、9ヶ月間熟成させました。ツバイゲルト種のスパイシーなペッパー風味と木樽の風味が調和し、北国の赤としては豊かな味わいを持っています。

 

ワインショップフジヰは北海道の取組に呼応し、新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けた、

「新北海道スタイル」安心宣言を策定し、7つの習慣化に取組むことを宣言します。

 

外観写真周辺地図

株式会社ワインショップフジヰ

札幌市中央区南3条西3丁目1−2
〒 060-0063
Tell 011−231−1684
Fax  011−231−4403
E-Mail info@wineshop-fujii.com
営業時間11:00〜20:00
定休日 第2・第3日曜日
(日・月曜日が連休の場合月曜日のみ休み)

ホームページ上に出ている価格は特に記載がない限り税抜き価格となっております。

  このホームぺ−ジにある全ての文章、写真、イラストなどの著作権は
潟純Cンショップフジヰに帰属します
リンクは原則自由ですがメールにてご一報いただけますと助かります

プライバシー ポリシー

未成年者には酒類の販売を致しておりません