ワインショップフジヰ

 

 

家飲みワインセットのご案内

 

 

今週のスタッフ鎌田の絶対おすすめ!!

Ch ド・サントネ ブルゴーニュ コート・ドール ルージュ クロ・フィリップ・アルディ
2017
¥2,700

シャトー・ド・サントネは97ヘクタールの畑で有機栽培を実践、安価で良質なワインを造っています。この畑はサン・トーバン村アン・ヴェスヴォー畑にほど近い0.75haのモノポール(単独所有畑)。16年まではオート・コート・ド・ボーヌ地区でしたが、17年から「ブルゴーニュ・コート・ドール」規格となりました。溌溂とした果実味に、上品な木樽風味が楽しめます。

 

 

※在庫は常に変動しておりますので、ホームページ上で記載している商品も品切れしている場合がございます。
 ご希望の商品、希望本数等がございましたら、お手数ですが当社までお問い合わせ下さい。
 ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。
 

Wine List

 

 

1月19日更新

日本のワイン

ボルドーのワイン
ブルゴーニュのワイン
フランス他のワイン

イタリアのワイン

世界のワイン
スパークリングワイン
ハーフ・マグナムサイズのワイン

日本酒・梅酒・焼酎

ハードリカー・ビール
食品・雑貨

 

 

通信販売

試飲会のご案内
アクセス・お問い合わせ
Bar Fujii
テイスティングレポート
社長の独り言

Facebookもチェック instagramもチェック  instagramもチェック

 ワイン  食品  

 

 

 

新入荷ワイン

ワインショップフジイでは新商品の試飲を社内で行っております。1週間で約20種類、1年間でテースティングするワインは1000種類を越えます。楽しさだけではなく、時には苦痛を伴う試飲ですが、安くておいしいワインを見つけた時は思わずこの喜びを皆さんに伝えたくなります。

レッドマン シラーズ クナワラ
2014
¥3,000

レッドマンは南オーストラリア州の名産地クナワラ地区で、100年以上葡萄栽培を行っている名門。収穫したシラーズ種は開放式タンクでピジャージュ(櫂入れ)をしながらゆっくりと発酵させ、その後18ヶ月樽熟成を行い瓶詰めしました。熟成を経た14年産シラーズは、ふくよかな果実味に柔らかなタンニンとスパイス感が調和しています。

ニコデミ ネロモーロ リゼルヴァ モンテプルチアーノ・ダブルッツォ・コッリーネ・テラマーネ
2013
¥3,000

アブルッツォ州で優良な区画、北部の丘陵地帯コッリーネ・テラマーネ地区の生産者「ニコデミ」。ここが所有する最高の区画、ネロモーロ畑からの赤(定価5,000円)が特別価格で入荷しました。完熟した葡萄から生まれた、凝縮したカシスの果実味とスパイス感、さらに樽の風味が全体を包み込んでいます。イタリアにとって作柄の良かった13年産は、熟成を経てそろそろ飲み頃が期待されます。

マシャレッリ マリナ・チヴェティック モンテプルチアーノ・ダブルッツォ
2015
¥4,100

アブルッツォ州で筆頭の生産者、マシャレッリ社が造る上級品が、マリナ・チヴェティックです。ステンレスタンク発酵、木樽で12〜18ヶ月熟成させ、さらに瓶内熟成6ヶ月以上。濃さと柔らかさが両立した果実味で知られるこのワイン。

ラ・スピネッタ ランゲ ネッビオーロ
2018
¥3,300

"ラ・スピネッタ"とは、ピエモンテ州に連なる丘陵の頂上を意味しています。ラ・スピネッタ社の誇るバルバレスコが生まれる畑“スタルデリ”の若い樹齢のネッビオーロ種から造られたワイン。フレンチオークの樽でマロラクティック醗酵後、バリック(小樽)で熟成させています。プラムやブラックチェリー、ドライ・フルーツの香り。葡萄が完熟した2018年らしくまろやかで豊かなタンニンと圧倒的な果実味、そして長い余韻が印象的なワインです。希望小売5,380円のところ2020年末までの特別価格でご紹介です。

ラ・スピネッタ カサノーヴァ・デッラ・スピネッタ トスカーナ ヴェルメンティーノ IGT
2019
¥2,450

トスカーナ州の地場品種から、エレガントなワインを次々にリリースしている、ラ・スピネッタ・カサノーヴァから初めてリリースされた白ワインです。ヴェルメンティーノ種から造られるワインは、フルーツやフローラルな香りの後にミネラルが感じられ、キレのよい酸と後味が特徴です。

グラッソ・フラテッリ バルバレスコ ソリ・ヴァルグランデ
2004
¥3,500

1900年設立の歴史ある生産者。ヴァルグランデは、太陽の当たる土地という意味で、標高350〜370mの斜面に位置しており、南南東向きで、暑いくらいに日差しが降り注いでいます。平均樹齢は40年、古いものだと樹齢70年のものもあるそうです。10〜15日間発酵させます。熟成は大樽で48ヶ月行います。最後の12ヶ月は全体の30%を225Lと500Lのフレンチバリックの新樽に移して熟成させています。タバコやペッパーのスパイシーで強いアロマ。口に含むとしっかりとしたタンニンと心地よい酸が感じられます。なめし皮、ペッパー、チョコレート、リコリスなどのフレイバーが感じられ、非常にバランスがとれている飲み頃ワインです。

チェルバイオーナ ロッソ ヴィーノ・ダ・タボーラ

¥3,400

アントニオ・ガッローニ氏が100点評価した、カルト・ブルネロの生産者・チェルバイオーナ。ここの2017年産と2018年産のサンジョベーゼ・グロッソ種をブレンドしたうえに、1割程近隣のピノ・ネロ種をブレンドした特別の赤。複数年と、複数品種のブレンドから、ヴィーノ・ダ・タボーラ(テーブル・ワイン)規格になりますが、力強いサンジョベーゼ種にピノ・ネロ種のブレンドは、新たな味わいの誕生と言えるでしょう。

ラ・シレーヌ・ド・ジスクール マルゴー
2016
¥4,200

マルゴー村で格付け第3級シャトー・ジスクールのセカンドラベル。樹齢の若い(3〜10年)樹から100%樽(新樽33%)で12ヶ月熟成しています。マルゴー村の穏やかな気候に恵まれながら育った葡萄から造った繊細なタンニンと洗練されたエレガンスを持つワインです。同じシャトーで造られる、大人気のサード・ワイン「オー・メドック・ジスクール」よりも一枚上手な味わいをお試し下さい。定価6.100円が特別価格で入荷しました。

ラ・シレーヌ・ド・ジスクール マルゴー
2014
¥4,200

マルゴー村で格付け第3級シャトー・ジスクールのセカンドラベル。樹齢の若い(3〜10年)樹から100%樽(新樽33%)で12ヶ月熟成しています。マルゴー村の穏やかな気候に恵まれながら育った葡萄から造った繊細なタンニンと洗練されたエレガンスを持つワインです。同じシャトーで造られる、大人気のサード・ワイン「オー・メドック・ジスクール」よりも一枚上手な味わいをお試し下さい。定価5.500円が特別価格で入荷しました。

689セラーズ サブミッション シャルドネ カリフォルニア
2019
¥2,300

689セラーズはワインのコストパフォーマンスを最も重視しており、カリフォルニアでの長年の経験から、カリフォルニア全土の栽培家との関係も深く高品質のブドウを獲得することができます。サブミッションは、ナパ・ヴァレーやソノマだけでなく、パソ・ロブレスやモントレーのブドウも使用しています。熟成はステンレスタンクではなく、フレンチオーク樽を使い、30%は新樽を使用しています。

シモン・ビーズ ブルゴーニュ ブラン レ・シャンプラン
2018
¥3,500

赤だけではなく白の評価も高いシモン・ビーズ家。ブルゴーニュ規格の白、「シャンプラン畑」は南向き4ヘクタールの区画。表土が厚い土地(CHAMP=畑 PLAIN=満ちた)で、非常にアロマティックなワインになります。暑かった18年産は、ふくよかな果実味と完熟感が楽しめます。

ルージョ ブルゴーニュ コート・ドール ブラン レ・グランド・グット
2018
¥4,200

ムルソー村で5世代続くドメーヌで、現当主のピエール・アンリ・ルージョが参画してからは、有機栽培や自然発酵、低亜硫酸など人為的な介入をできるだけ行わない自然なアプローチでワイン造りを行っています。レ・グランド・グットは、ピュリニー村境界のムルソー村南端で1級シャルム畑から数百メートルにある粘土石灰岩土壌の区画で、1950〜1980年に植樹した平均樹齢55年のシャルドネ種を使用しています。全房直接圧搾後、2日間低温浸漬し、フレンチオークの古樽にて自然発酵。18ヶ月の樽熟成。SO2は瓶詰時のみ極少量添加。

ラトゥール・ジロー ポマール キュヴェ・カルメン
2013
¥4,500

ムルソー村の地で16代に渡ってワイン造りを行う歴史あるドメーヌ。2008年より有機栽培に完全に移行し、クリーンな果実味と樽香のバランスが良い、若いうちから楽しめるワインを造っています。キュヴェ・カルメンはポマール村にある2つの区画のピノ・ノワールから造られています。輸入元希望小売価格7,000円が特別価格で入荷しました。

グロ・フレール・エ・スール オート・コート・ド・ニュイ ブラン
2017
¥3,650

名門グロ・フレール・エ・スールは2016年から息子のヴァンサン・グロ氏に代替わりしました。何とワイン造りの全工程で酸化防止剤を無添加にしたそうです。綿飴、リンゴ、蜂蜜の香りに飲むとふくよかで豊かな果実味とカスタードを思わせるクリーミーなニュアンス、澄んだ酸味が調和し楽しませてくれます。キッシュやクリームソースを使った料理に最適です。

グロ・フレール・エ・スール オート・コート・ド・ニュイ ルージュ
2016
¥3,300

名門グロ・フレール・エ・スールはこの16年から息子のヴァンサン・グロ氏に代替わりしました。何とワイン造りの全工程で酸化防止剤を無添加にしたそうです。以前は果実味豊かで力強いスタイルでしたが、エレガントなスタイルへ変貌を遂げています。豊かな果実味と綺麗な酸味が融合した新たなグロ・フレール・エ・スールをお楽しみください。

フェヴレ メルキュレ ルージュ ラ・フランボワジエール 1/2
2018
¥1,900

ブルゴーニュに120haもの畑を所有し、大きな生産量と高い品質を両立させているフェヴレ社。特にメルキュレ村はフェヴレ社が強く、よい区画を多数所有しています。自社畑のフランボワジエール畑(11ヘクタール強)からの赤は暑かった18年産。果実味と熟したタンニンを、柔らかな樽香が包み込んでいる事でしょう。

フェヴレ メルキュレ ルージュ 1er クロ・デ・ミグラン
2018
¥3,900

ブルゴーニュに120haもの畑を所有し、大きな生産量と高い品質を両立させているフェヴレ社。特にメルキュレ村は良い区画を多数所有しています。中でも単独所有する1級クロ・デ・ミグラン畑(6.3ヘクタール)は、平均樹齢も45年と高くこの村を代表する区画。ふくよかなチェリーの風味と、木樽の風味が豊かに広がり、毎年安定した仕上がりで知られています。漫画「神の雫」のコラムでは、高いコスパのピノとして「サラリーマンのロマネコンティ」と紹介されました。

オサ・ワイナリー マテーニ ロゼ
2019
¥3,800

2015年に北海道・小樽でスタートしたワイナリー。余市町豊丘の自社畑で育てたツヴァイゲルトレーベ種100%の辛口ロゼ。選果後すぐに14時間醸してプレス、ステンレスタンクでゆっくり発酵させました。バラやアプリコットジャム、マルメロ、ローリエのような香りがあり、程よいボリューム感の上品な辛口に仕上がりました。MATENI(マテーニ)というまるで外国語のような響きは、小樽弁の「まてに【=真心こめて丁寧に】」からの造語です。

奥尻ワイナリー シャルドネ
2019
¥2,750

北海道奥尻島で始まったワイナリー。海に近い畑は潮風の影響で独自のミネラル感が特徴です。天候に恵まれた19年産のシャルドネ種は、ふくよかさとミネラル感が楽しめます。

濱田ヴィンヤード ソーヴィニヨン・ブラン 三笠
2019
¥4,900

三笠・達布山地区で注目の濱田ヴィンヤード。醸造はお向かいのタキザワ・ワイナリーで行っています。18年は「ブラン」の名前で、シャルドネ種にソーヴィニヨン・ブラン種をブレンドしましたが、19年はソーヴィニヨンの収量が300kg程に増えて単体で仕込みました。19年は糖度が高く、野生酵母と後半は培養酵母を用いてタンクで発酵。木樽に移して熟成させ、翌年11月に瓶詰(たった282本!)。素晴らしい天候だった19年産は糖度も高く、アルコールは14%まで上がりました。色合いは濃く、一般的なSBのアロマは隠れているようですが、味わいに厚みと複雑さがあり、熟成後の姿が期待されます。

Ch ベルグラーヴ メドック
2019
¥950

カシスを凝縮したような美味なるアロマ、メドックの威厳を感じる深く高貴な味わい。この品格はメドックでしか実現できないだろう特別なアペラシオンだと感じさせてくれます。2019年ながら既に今美味しく飲める、滑らかでゴージャスな味わいがこの価格ではありえません。ジルベール&ガイヤール2020年金賞受賞。カベルネ・ソーヴィニヨン種60%、メルロ種35%、プティ・ヴェルド種5%。

Ch ラルジャンテール メドック
2015
¥1,800

シャトーは、ボルドー市街から北西に60km、メドック北部のベガダン村にあります。収穫は手摘みと機械摘み。収穫した葡萄は選果テーブルで厳しく選別し、コンクリートタンクとステンレスタンクを使い、24〜26度にコントロールしながら行います。熟成はバリック(40%新樽)で行います。紫がかった濃い赤色、熟した果実、程よい樽のニュアンスに、力強く、まろやかで、熟したタンニンが心地よく感じられます。この15年はお手頃価格にもかかわらずパーカーポイント90点を獲得しています。カベルネ・ソーヴィニヨン種50%、メルロ種40%、プティ・ヴェルド種10%

Ch レ・ヴュー・セレスタン メドック
2017
¥780

この価格ですが、流石クリュ・アルティザン、クリュ・ブルジョワの認定を受け高評価を続けてきたシャトーだけのクオリティを持っています。木の芽を思わせる新鮮な青草のイメージから始まり、時間と共にチェリーやカシスの香りへと変化し色々な表情を見せてくれます。味わいはチェリーと動物的な味わいをしっかりとしたタンニンが引き締め、フィニッシュに木樽由来のニュアンスが長く続きます。旨安ボルドーの決定版。ジルベール&ガイヤール金賞受賞。カベルネ・ソーヴィニヨン種44% メルロ種45% カベルネ・フラン種1% プティ・ヴェルド種10%

デル・スール シャルドネ レセルヴァ
2018
¥1,000

抜群のコストパフォーマンスワインを誇り、各国のコンクールで金賞を受賞するチリで最も勢いのあるワイナリー。新樽比率60%の12ヶ月オーク樽熟成したレセルヴァは、バナナやライチ、柑橘のアロマに甘い樽香が合わさり、ボリューム感のある豊かな味わいです。

マリア・ボルトロッティ ファレスタ ピニョレット
2019
¥2,500

マリア・ボルトロッティがあるのはエミリア・ロマーニャ州の中でも東端のコッリ・ボロネージ。1992年からオーガニック栽培を開始。酸化防止剤も年によって添加する時もあります。ピニョレット種を梗をつけたまま搾りタンクで自然酵母にて発酵。二次発酵用にマストの一部は冷凍保存しておき最後にブレンドし、二次発酵させました。瓶内での発酵が止まってしまい、本来微発泡になるべきところ、超・微・微発泡状態になりました。輝きのあるレモンイエロー。青リンゴ、白桃の蜜の凝縮した旨みがふっくらとしている。酸を保つため8月中旬には収穫しています。瓶内二次発酵由来の酵母の香りが一層オトナ感を演出しています。旨み炸裂の大人のジンジャーエールのようなワインです。

ロッカ・ブルナ ブリンディジ リゼルヴァ プーリア
2016
¥1,280

イタリアでコストパフォーマンス抜群のワインを造っているボッター社が、南イタリアのプーリアで新たなるチャレンジから産みだしたワインです。プラムジャムのようなアロマとシナモンを想わせる複雑な香り。樽熟によるバニラやトーストの風味がとても優美です。ネグロアマーロ種80%、マルヴァージア・ネーラ種10%、サンジョヴェーゼ種10%

アッシュブルック・エステート セミヨン マーガレット・リヴァー
2016
¥1,600

地元のワイン評論家ジェームス・ハリディ氏が5★評価する生産者。ここのセミヨン種は、野生酵母を用いてタンクで4週間もかけて醗酵後、タンクで熟成しています。ケミカルで、脱脂していない羊毛を思わせる香に、骨太な酸と果実味が混じり合う味わいは、セミヨン種好きにはたまらない世界でしょう。近年の洗練されたボルドー地方のセミヨン種よりも、インパクトを感じます。定価2、500円の品が特別価格で入荷。

コル・ドルチャ ブルネロ・ディ・モンタルチーノ
2015
¥4,500

コル・ドルチャ社はブルネロ・ディ・モンタルチーノ生産地区の最南端にあり、標高450mに醸造所を所有しています。南斜面に広がる畑は水はけも良く海からの風が吹き抜け、高品質の葡萄を栽培しています。スロヴェニア及びアリエ産のオーク樽で36ヶ月、瓶内で12ヶ月熟成させています。芳醇な果実の香りと樽熟からくるバニラやチョコレートの香りがうまく調和し時間と共にエレガントに広がっていきます。定価¥5.800円が特別価格で入荷しました。

コル・ドルチャ ロッソ・ディ・モンタルチーノ
2018
¥2,200

コル・ドルチャ社はブルネロ・ディ・モンタルチーノ生産地区の最南端にあり、標高450mに醸造所を所有しています。ロッソ・ディ・モンタルチーノは若木から造られたワイン。熟成はスロヴェニア産オーク樽で12ヶ月間。熟れたベリー系の香りに樽からくるスパイス香を帯びた若々しいワイン香が重なり心地よく華やかに広がります。質のよいタンニンをバックに、わずかにスパイシーさを感じさせる豊かな果実味が印象的。定価¥2.800円が特別価格で入荷しました。

ヴァルポリチェッラ・ネグラール アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ デ・リオ
2017
¥2,650

230名のメンバーから成る協同組合であるカンティーナ・ヴァルポリチェッラ・ネグラール。1933年の設立以来、700haを超える畑を所有し、各生産者が何代にも渡り丁寧な栽培を行っています。また、研究所や大学とタッグを組み、リサーチを行うなど、伝統を守りながらも、最新技術を導入したワイン造りを行っています。チェリーの洋酒漬けやプラムのコンポートなど凝縮した果実の香りと、バニラやコーヒー、タバコのアロマが広がり、チョコレートのようなコクと、凝縮感のあるタンニンが感じられ、ほのかな甘みのある、心地よい余韻が広がる上質な赤ワイン。

ラ・ダーム・ド・モンローズ サン・テステフ
2014
¥5,100

格付け第2級のシャトー・モンローズが造るセカンドラベル。68haを所有。メルロ種50%、カベルネ・ソーヴィニヨン種45%、プティ・ヴェルド種5%からの葡萄を、収穫・選果は手作業で行い、30日間ステンレスタンクで発酵させ、12ヶ月間熟成させます。新樽20%を使用。濃いルビー色で、フルーツ、コーヒー、微かにトーストのアロマが感じられ、果実味と酸味とタンニンが複雑に絡み合い口の中にひろがります。定価6.700円が特別価格で入荷しました。

アッシュ・キュヴリエ・エ・フィス サン・ジュリアン
2012
¥3,400

サン・ジュリアン村の名門、シャトー・レオヴィル・ポワフェレ(オーナーはキュヴリエ家)のサード・ラベル的なワイン。例年は買い葡萄も加えてここの醸造チームが造りますが、12年は100%ポワフェレの葡萄だけで仕込んでいます。品種はカベルネ・ソーヴィニヨン種84%、メルロ種12%、カベルネ・フラン種2%、プティヴェルド種2%。カベルネの比率が高く、凝縮感とフルーティさの両方が楽しめるスタイルに仕上げています。

Ch セネジャック オー・メドック
2014
¥2,300

格付け第4級シャトー・タルボと同一オーナーで、ACマルゴーの境界近くにあるル・ピアン・メドックにシャトーを構えます。滑らかなタンニンと酸、果実味が程良く主張されており、絶妙なバランスです。新樽30%で12〜14ヵ月熟成。チェリーやブルーベリーなどのいきいきとした果実味と、ココアのようなフレーバー。2014年は特にバランスがとれていると感じる年で、柔らかく果実味豊かなため早くからお楽しみ頂けます。定価3.000円が特別価格で入荷しました。

Ch プティ・ボック サン・テステフ
2016
¥3,500

シャトー・プティ・ボックのワインは、サン・テステフ村に点在する80の小区画のメルロ種比率の高い畑から造られます。パーカー氏も「5級の価値がある」と評価している注目すべきクリュ・ブルジョワです。味わいはカシス、ブラックチェリーなどの黒系果実に、クローヴなどのスパイスも感じられる。ローストしたコーヒー豆のような焙煎香と新樽由来のバニラ香も。タンニンは力強く、ワインの骨格を作っているが、質が良くシルキーな印象。口内で味わいが放射線状に広がり、丸みを帯びたビッグなスケール感に驚かされます。グレートヴィンテージらしく、一口飲んだだけで太陽の存在を強く感じるような、豊満でリッチなワイン。同時に、誰にとっても美味しいと感じられるような「朗らかさ」を持ったボルドーです。

Ch ラグラーヴ・オベール コート・ド・カスティヨン エルヴェ・アン・フュ・ド・シェーヌ Mag
2005
¥4,800

ラグラーヴ・オベールはサン・テミリオン村の名門、シャトー・ラ・クスポードを所有するオベール家が、カスティヨン地区に所有する別シャトー。30へクタールの畑にはメルロ種75%、カベルネ・フラン種20%、カベルネ・ソーヴィニヨン種5%が栽培され、18〜20ヶ月の樽熟成を経て瓶詰めされます。素晴らしい天候に恵まれた05年産で、貴重なマグナム瓶がお値打ち価格で入荷いたしました。

Ch フォンレオー リストラック・メドック
2009
¥2,700

リストラック・メドック地区の日当たりの良い南斜面にあるクリュ・ブルジョワのシャトー。メルロ種の比率がやや多く、メドックでも最も標高が高い立地からはしなやかなボディを持ったワインが造られます。カベルネ・ソーヴィニヨン種53%、メルロ種43%、プティ・ヴェルド種4%。グレートヴィンテージの2009年産が特別価格で入荷しました。

Ch ベルフォンテーヌ サン・テステフ
2010
¥2,950

オー・メドック地区サン・テステフ村のシャトーで、最高の作柄だった10年産が入荷しました。品種はカベルネ・ソーヴィニヨン種50%、メルロ種35%、カベルネ・フラン種10%、プティ・ヴェルド種5%のブレンド。発酵後に新樽5割で18〜20ヵ月熟成させています。人気のサン・テステフ村で2010年産は、今では貴重な存在。熟成を経て、果実味とタンニンが調和をし始めた頃でしょう。

アラン・ブリュモン スゴンディーヌ・オー・リュ
2009
¥4,800

マディラン地区の銘酒シャトー・モンテュスが造る限定品(定価5,700円)特別価格で入荷しました。スゴンディーヌ畑はモンテュス・プレステージ畑の向かいの丘で、共にガレと呼ばれる石で覆われた水はけの大変良い土壌。ワインはタンニン豊かなタナ種50%と、エレガントさを求めてカベルネ・フラン種50%をブレンドしています。新樽で14ヶ月熟成後、蔵元で10年以上瓶熟成させた、貴重な09年産が入荷しました。フラン種からの野イチゴやスミレの香りに、タナ種の強烈なタンニンが熟成を経て調和し、強さと共にエレガントさが感じられる仕上がりです。

アラン・ブリュモン Ch ブースカッセ メニール IGP コート・ド・ガスコーニュ
2006
¥3,800

マディラン地区の銘酒シャトー・ブースカッセが造る限定品、「メニール(定価4、500円)」が特別価格で入荷しました。品種はタンニン豊かなタナ種50%に、粘土質土壌のメルロ種50%のブレンド。新樽3割で14ヶ月熟成させたワインを、蔵元で10年以上瓶熟成させた、06年産が入荷しました。タナ種の骨太なタンニンに、柔らかでふくよかなメルロ種の果実味が、きれいに調和して来ました。畑はマディラン村ですが、タナ種主体でないと、マディランを名乗れない為、ラベル表記はIGPガスコーニュ地区になります。

ラ・クアルタ・ヴィニコラ HOPE カヴァ ブリュット

¥1,550

医療従事者の方々を応援する企画として、1本あたり50円を医療従事者支援のための基金に寄付する!という新しい試みのワインです。寄付先は、医療従事者の支援に特化したNGO「ジャパンハート」に寄付予定です。ハートのデザインが施されたメッセージ性の強いワインボトル。ボトルの裏面には10ヶ国語で「ありがとう」の文字が並んでいるのも目を引きます。ラ・クアルタ・ヴィニコラは、1992年創業の家族経営のワイナリーで、数多あるカヴァ生産者の中でも特にシャンパーニュを意識した造り手としても知られ、高品質でエレガントなスタイルのカヴァを造っています。さらに、アメリカン航空のファーストクラスでも採用されるなど、世界的に高い評価を得ている注目の生産者です。シャンパン製法で12ヶ月熟成されたワインは、クリーミーな泡立ちとドライな飲み口、心地よい余韻が楽しめます。 チャレッロ種35%、マカベオ種35%、パレリャーダ種30%

ジョルジュ・デコンブ レニエ
2015
¥2,750

ボージョレ地区自然派生産者の立役者、故マルセル・ラピエール氏の一番弟子ジョルジュ・デコンブ氏。氏の濃厚でパワフルなイメージは「モルゴン」を思い起こさせますが、砂質土壌の「レニエ」の個性である繊細な味わいも上手に表現しています。可愛らしい赤系果実とラズベリーのような甘酸っぱさがありつつ、余韻は複雑。特にこの2015年は葡萄が完熟しパワフルでしかも飲み頃になり始めています。ボージョレの理想形ワインの一つです。ガメイ種100%

シャントレーヴ ラドワ レ・ブリコット ルージュ
2018
¥4,800

ガイゼンハイム大で醸造を学び、ラインガウ地区のアルテンキルヒで醸造責任者だった栗山朋子さん。エティエンヌ・ソゼの後、サヴィニ村のシモン・ビーズで醸造担当のギョーム・ボット氏。この二人が始めた小さなネゴシアンがシャントレーヴです。オーガニック栽培された葡萄は、ラドワ村の斜面上部でコルトンの丘の北側の冷涼な区画。葡萄は全房のまま、木桶と自然酵母でゆっくりと発酵、新樽は使わずに1年前後樽熟成、SO2も微量でナチュラルに仕上げています。

シャンソン マコン・ヴィラージュ
2016
¥1,900

1750年に設立したボーヌ地区でも1、2を争う歴史ある蔵元。1999年よりシャパーニュのボランジェ社が買収し、畑やカーヴに大きな投資を行い評価を上げています。フレッシュではつらつとしているので、アペリティフに最適です。カキや魚介類、生野菜を使ったオードブルによく合います。

ショーヴネ・ショパン ニュイ・サン・ジョルジュ シャルモット
2013
¥5,600

ニュイ村の南、コンブランシアン村で14.5ヘクタールの畑を所有する名生産者。ニュイ・サン・ジョルジュ村にも優良な区画を所有しています。シャルモット畑はヴォーヌ・ロマネ村側の斜面中腹の1級オー・ブスロに接し、樹齢は60年と古木の区画。豊かな風味を持つピノで、熟成を経た13年産(定価6,700円)が特別価格で入荷しました。

セリエ・ド・ラ・クロワ・ブランシュ ニュイ・サン・ジョルジュ
2008
¥5,300

ブルゴーニュ各地の蔵元を回り、掘り出し物を見つけては良心的な価格で販売するネゴシアン。古酒好きの方におすすめのワインです。同社がリリースする赤ワインの特長は、きれいに熟成した、優しくしなやかなピノ・ノワールの風味がたっぷり楽しめるというもの。ニュイ・サン・ジョルジュ村は、グラン・クリュ畑は持たないものの、色が濃く、タンニンのしっかりした果実味のあるワインを生産するアペラシオンとして知られています。濃密でがっしりとしたタンニンを持つ、肉付きの良いワインでしょう.。

ロベール・シュヴィヨン ブルゴーニュ ルージュ
2017
¥4,700

ニュイ・サン・ジョルジュ村の名門、ロベール・シュヴィヨンの入門ワイン。本拠地ニュイ村内の二区画のブレンドによる赤。この村特有の豊かな果実味と、骨格をなすタンニンがブルゴーニュ規格の赤でも楽しめます。暑すぎなかった17年産は、柔らかな果実味とタンニンが若いうちから楽しめるでしょう。

ルージョ ブルゴーニュ ピノ・ノワール レ・ラムローズ
2017
¥4,000

ムルソー村で5世代続くドメーヌで、現当主のピエール・アンリ・ルージョが参画してからは、有機栽培や自然発酵、低亜硫酸など人為的な介入をできるだけ行わない自然なアプローチでワイン造りを行っています。レ・ラムローズはヴォルネ村との境界付近のムルソー村北部にある粘土石灰質土壌の区画で、樹齢は40〜70年(1950年代と80年代に植樹)。85%を全房発酵で、マセラシオンは15〜18日間と1日1〜2回のポンプオーバーを行い、1〜5年の使用樽で18ヶ月間熟成させています。SO2は瓶詰時のみ極少量添加。35〜40ヘクトリットルの低収量。

 

ワインショップフジヰは北海道の取組に呼応し、新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けた、

「新北海道スタイル」安心宣言を策定し、7つの習慣化に取組むことを宣言します。

 

外観写真周辺地図

株式会社ワインショップフジヰ

札幌市中央区南3条西3丁目1−2
〒 060-0063
Tell 011−231−1684
Fax  011−231−4403
E-Mail info@wineshop-fujii.com
営業時間11:00〜20:00
定休日 第2・第3日曜日
(日・月曜日が連休の場合月曜日のみ休み)

ホームページ上に出ている価格は特に記載がない限り税抜き価格となっております。

  このホームぺ−ジにある全ての文章、写真、イラストなどの著作権は
潟純Cンショップフジヰに帰属します
リンクは原則自由ですがメールにてご一報いただけますと助かります

プライバシー ポリシー

未成年者には酒類の販売を致しておりません