テイスティング・レポート 2000年5月23日実施

テーマ:オーストラリア

参加者:藤井社長、藤井主任、太田、菅谷、永井、藤井(理)、本間 
場所  :弊社店舗

このレポートは弊社が商品開発のために毎週行っている試飲結果の一部です。 なお、この試飲で評価の低かったワインについてはレポートに載せていませんのでご了承下さい。


今日の一押し (Mitchelton Goulburn Valley Mardanne '96

Penfolds Barossa Valley Semillon Chardonnay '97  \1,170
ペンフォールド バロッサ バレー セミヨン シャルドネ
生産地 サウス オーストラリア バロッサ バレー 生産者 ペンフォールド 葡萄品種 セミヨン、シャルドネ 輸入元 サントリー 
  • 色   :緑混じりの黄色、やや濃い色
  • 香り  :スモーキーな香り(社長)、カスタードの香り(菅谷)、硫黄の香り(本間)、
  • 味   :辛口、ミディアムボディーからフルボディー、果実味がとっても豊か、バタートーストの風味(理江)、後味にやや苦み(社長)
  • 味の変化:大きな変化なし
  • 総評  :まさに果物その物の風味を閉じこめたフレッシュな味わい
Mitchelton Blackwood Park Riesling '98  \2,000
ミッチェルトン ブラックウッドパーク リースリング
生産地 ヴィクトリア 生産者 ミッチェルトン 葡萄品種 リースリング 輸入元 トーメン 
  • 色   :緑の強い黄色
  • 香り  :杉の葉っぱの香り(菅谷)、灯油を思わせる香り(社長)、白い花の香り(主任)
  • 味   :辛口、リースリングにしては酸味が穏やか、さわやかな風味、
  • 味の変化:柑橘系「特に柚子とレモン」の香りが出てくる(菅谷)、酸味がいい感じで伸びてくる
  • 総評  :ドイツ的なリースリングで飲みやすい
Mitchelton Preece Chardonnay '96  \2,000
ミッチェルトン プリース シャルドネ
生産地 ヴィクトリア 生産者 ミッチェルトン 葡萄品種 シャルドネ 輸入元 トーメン 
  • 色   :輝きのある黄色
  • 香り  :燻した香り(社長)、ハチミツの香り、
  • 味   :辛口、パインを感じさせる酸味(本間)、酸味はあまり多くない、
  • 味の変化:ハチミツの風味から栗へと変化
  • 総評  :良くできた白ワイン、夏よりも秋から冬にかけて飲みたい
Mitchelton Goulburn Valley Mardanne '96  \2,500
ミッチェルトン グールバーン ヴァレー マルサンヌ
生産地 ヴィクトリア 生産者 ミッチェルトン 葡萄品種 マルサンヌ 輸入元 トーメン 
  • 色   :やや茶色の混じった黄色
  • 香り  :少々燻した香り(社長)、蒲鉾の香り(菅谷)、
  • 味   :やや辛口、果実味の甘さあり、ミディアムボディーからフルボディーキンカンの皮の味(菅谷)、後味がジントニックのよう「ライムとトニック」(主任)
  • 味の変化:梅酒の味(理江)、樽香がやや強く出てくる
  • 総評  :他にない独特の風味でとても興味深いワイン、ワイン通なら一度は飲んでみた方がいいと思う
Mitchelton Victoria Cabernet Sauvignion '95  \3,000
ミッチェルトン ヴィクトリア カベルネ ソーヴィニヨン
生産地 ヴィクトリア 生産者 ミッチェルトン 葡萄品種 カベルネ・ソーヴィニヨン 輸入元 トーメン 
  • 色   :黒っぽい赤、色は濃い
  • 香り  :肉の脂身が焦げたときの香り、カカオの香り(社長)、動物の皮の香り、木樽の香り
  • 味   :辛口、ミディアムボディー、酸味がきれい、エレガントな風味
  • 味の変化:出汁の利いた煮物のような風味(理江)
  • 総評  :赤ワインとしてとてもしっかりしている、ヨーロッパ的なカベルネの味

テイスティング参加者のプロフィール
 
社長

 

弊社社長。 人間ガスクロマトグラフィーの異名をとる。安酒をこよなく愛する。 主任

 

弊社主任。 寡黙な職人気質の男。 シニアワインアドヴァイザーの資格を持つ。好きなワインはブルゴーニュ。 このホ−ムページの管理者
太田

 

グラス担当のバイヤー。 女性独特の感性を生かした視点に光るものあり。 菅谷

 
D.Jを続けている異色のニューカマー。 ハードリカーを含め酒全般に精通する。日が沈んでからが彼の本領発揮の時間らしい。


 

新入社員。 その秘めたるパワーは未知数。 今後の成長に期待



寿

ワインの輸入元。 弊社担当の営業マン。 非常にいい人で、熱血漢で、しかもワインに対する造詣が深い


 

ゲスト。 某イタリアン レストランの店長。 ソムリエの資格を持つ。      

Topに戻る