テイスティング・レポート 2000年5月30日実施

テーマ:ボルドー

参加者:藤井社長、藤井主任、太田、菅谷、永井、藤井(理)
場所  :弊社店舗

このレポートは弊社が商品開発のために毎週行っている試飲結果の一部です。 なお、この試飲で評価の低かったワインについてはレポートに載せていませんのでご了承下さい。


今日の一押し (Chateau Leoville Poyferre '97 Saint-Julien

Chateau de Pez '96 Saint-Estephe  \2,500
シャトー ド ペ サンテステフ
生産地 サンテステフ 生産者 シャトー ド ペ 規格 A.O.C. 葡萄品種 メルロー 44%、カベルネ・ソーヴィニヨン 45%、カベルネ・フラン 8%、プティ・ヴェルド 3% 輸入元 アルカン 
  • 色   :紫の強い赤、濃い色
  • 香り  :土っぽい香り(理江)、プラムの香り(社長)木樽の香り
  • 味   :辛口、ミディアムボディー、若くて堅い、塩気を感じる味(理江)
  • 味の変化:サクランボの後味、果実味がどんどん出てくる
  • 総評  :濃さと、果実味と、カベルネの堅さ、の融合したワイン
Chateau Fonroque '96 Saint-Emilion  \4,300
シャトー フォンロック サンテミリオン
生産地 サンテミリオン 生産者 シャトー フォンロック 規格 A.O.C. 葡萄品種 メルロー 85%、カベルネ・フラン 15%、 輸入元 日本リカー 
  • 色   :黒っぽい赤色、縁は少々オレンジが混じる 
  • 香り  :干し柿の香り(社長)、マーマレードの香り(主任)
  • 味   :辛口、ミディアムボディー、酸味がとても良い、オレンジピールの風味(菅谷)、
  • 味の変化:草餅を思わせる風味(菅谷)、ハッカの風味(理江)、ベリー系の味が出てくる
  • 総評  :ブルゴーニュを思わせる風味で濃さよりも味で勝負するタイプのワイン
CHateau L'Arrosee '92 Saint-Emilion  \2,000
シャトー ラロゼ サンテミリオン
生産地 サンテミリオン 生産者 シャトー ラロゼ 規格 A.O.C. 葡萄品種 メルロー 50%、カベルネ・ソーヴィニヨン 35%、カベルネ・フラン 15% 輸入元 モトックス 
  • 色   :黒っぽい赤色、縁は少々オレンジが混じる
  • 香り  :木樽の香り、ジャムを思わせる香り(理江)、熟れたサクランボの香り(主任)、ハーブの香り(菅谷)
  • 味   :辛口、ミディアムボディー、草餅の風味、オレンジピールの味
  • 味の変化:豆の煮込みの風味(菅谷)
  • 総評  :氏素性の良いワインがうまく熟成したワイン
Les Tourelles de Longueville '94 Pauillac  \3,600
レ トゥレール ド ロングヴィル ポイヤック
生産地 ポーイヤック 生産者 シャトー ピション ロングヴィル バロン 規格 A.O.C. 葡萄品種 カベルネ・ソーヴィニヨン 75%、メルロー 25% 輸入元 アルカン
  • 色   :黒い赤色、色濃い、縁は少々薄くなり始めている
  • 香り  :重い香り、ややカシスを感じる香り(社長)、木樽の香り
  • 味   :ミディアムボディー、辛い、濃い
  • 味の変化:大きな変化なし
  • 総評  :濃くてタニックなワイン
Chateau Lagrange '94 Saint-Julien  \5,500
シャトー ラグランジュ サンジュリアン
生産地 サンジュリアン 生産者 シャトー ラグランジュ 規格 A.O.C. 葡萄品種 カベルネ・ソーヴィニヨン 66%、メルロー 27%、プティ・ヴェルド 7% 輸入元 モトックス 
  • 色   :紫の強い赤、色濃い、縁まで色がしっかりとしている
  • 香り  :ヴァニラの香り、カシスの香り、少々動物の皮の香り
  • 味   :辛口、ミディアムボディーからフルボディー、果実味の甘味あり、バランスが良い
  • 味の変化:味がどんどん出てくる、美味しい羊羹のような風味、うっすらと焦がしたような香り
  • 総評  :ブーダン(血のソーセージ)を感じさせる味で濃度もしっかりとありとても美味しいワイン
Chateau Leoville Poyferre '97 Saint-Julien  \5,900
シャトー レオヴィル ポワフェレ サンジュリアン
生産地 サンジュリアン 生産者 シャトー レオヴィル ポワフェレ 規格 A.O.C. 葡萄品種 カベルネ・ソーヴィニヨン 65%、メルロー 25%、プティ・ヴェルド 8%、カベルネ・フラン 2% 輸入元 ラック コーポレーション 
  • 色   :紫の強い赤、色は濃い
  • 香り  :カシスの甘そうな香り(主任)、ヴァニラの香り(社長)、やや動物の皮の香り(理江)
  • 味   :フルボディー、果実味の甘味有り、気持ちの良い酸味、濃厚な風味、
  • 味の変化:果実味がどんどん広がって、いつまでも後味に持続性がある
  • 総評  :ボルドーの'97年を代表するワイン、素晴らしい!!、見つけたら必ず飲んだ方がよいワイン
Les Forts de Latour '97 Pauillac  \6,000
レ フォール ド ラツール ポイヤック
生産地 ポーイヤック 生産者 シャトー ラツール 規格 A.O.C. 葡萄品種 カベルネ・ソーヴィニヨン 80%、メルロー 15%、カベルネ・フラン 4%、プティ・ヴェルド 1% 輸入元 ラック コーポレーション
  • 色   :黒い赤色、色濃い、縁は少々薄くなり始めている
  • 香り  :重い香り、鉛筆の芯の香り(社長)、肉を焼いた香り(菅谷)、
  • 味   :ミディアムボディーからフルボディー、濃いが風味み酸の軽やかさを感じる(菅谷)、カシスの風味、タンニン強い、アルコールの強さを感じる(菅谷)
  • 味の変化:油粘土の香りが出てくる(主任)、果実味と木樽の風味が良く調和している(理江)
  • 総評  :スケールの大きさを感じさせる(主任)、ラツール独特の力強さを味合わしてくれるワイン、素晴らしい!!

テイスティング参加者のプロフィール
 
社長

 

弊社社長。 人間ガスクロマトグラフィーの異名をとる。安酒をこよなく愛する。 主任

 

弊社主任。 寡黙な職人気質の男。 シニアワインアドヴァイザーの資格を持つ。好きなワインはブルゴーニュ。 このホ−ムページの管理者
太田

 

グラス担当のバイヤー。 女性独特の感性を生かした視点に光るものあり。 菅谷

 
D.Jを続けている異色のニューカマー。 ハードリカーを含め酒全般に精通する。日が沈んでからが彼の本領発揮の時間らしい。


 

新入社員。 その秘めたるパワーは未知数。 今後の成長に期待


 

ゲスト。 某イタリアン レストランの店長。 ソムリエの資格を持つ。

Topに戻る