テイスティング・レポート 2000年9月22日実施

テーマ:フランス エトセトラ

参加者:藤井社長、藤井主任、太田、菅谷、永井、藤井(理)
場所  :弊社店舗

このレポートは弊社が商品開発のために毎週行っている試飲結果の一部です。 なお、この試飲で評価の低かったワインについてはレポートに載せていませんのでご了承下さい。


今日の一押し (Zind Humbrecht Riesling Herrenweg de Turckheim '98

Zind Humbrecht Riesling Herrenweg de Turckheim '98  \3,300
ジント フムブレヒト リースリング ヘレンヴェック ド トュルクハイム
生産地:アルザス 生産者:ジント フムブレヒト 規格:A.O.C. 葡萄品種:リースリング 輸入元:ラック コーポレーション
色(白ワイン) 緑混じりの黄色、やや濃い色
香り バラの香り(社長)、ハチミツの香り、ライチの香り(主任)、パイナップルの香り(菅谷)、ハーブの香り、鼻がおかしくなるくらいに香りが強い
辛口、ミディアムボディー、果実味がかなり濃い、酸味しっかりしている、わずかに炭酸がある、ドイツのアウスレーゼから甘味を抜いたような味、(主任)、パインの風味(菅谷)、バナナの風味、綿飴の風味(主任)
味の変化 トロピカル系のフルーツの風味がより強くなる
総評 とにかく素晴らしい。 次々とフルーツの香りと味が口の中に広がり飲んだ人を圧倒する。 香りをかいだときにゲビュルツトラミネールを感じさせるほどの強い香りがして、辛口なのにその豊かな果実味のため甘味すら感じるほどに凝縮感がある。
Alexis Lichine Merlot '97 Vin de Pays du Gard  \1,500
アレクシス リシーヌ メルロー ヴァン ド ペイ デュ ガール 
生産地:ガール 生産者:アレクシス リシーヌ 規格:Vin de Pays. 葡萄品種:メルロー 輸入元:ペルノー リカール ジャパン
色(赤ワイン) 黒っぽい赤、色の濃さは普通、縁は少々薄くなる
香り 動物の皮の香り(社長)、土の香り(理江)
辛口、ミディアムボディー、カラメルのような甘味、スパイシーな風味
味の変化 旨味の甘味が出てくる
総評 ポムロール近辺のメルローに似た風味が出ている。 
Alexis Lichine Syrah '97 Vin de Pays du Gard  \1,500
アレクシス リシーヌ シラー ヴァン ド ペイ デュ ガール 
生産地:ガール 生産者:アレクシス リシーヌ 規格:Vin de Pays. 葡萄品種:シラー 輸入元:ペルノー リカール ジャパン
色(赤ワイン) 紫混じりの赤、色の濃さは普通
香り カシスシロップの香り、ヴァニラの香り、ややM.C.方の香り
辛口、ミディアムボディー、果実味はある、青草の風味、カベルネ・ソーヴィニヨンを思わせる風味
味の変化 黒コショーの様なピリッとする辛さ、ドロップのような甘さの果実味
総評 このワインを飲んだときシラー種で作ったと感じる人は少ないと思う。 どちらかというとカベルネの風味に近く、戸惑ってしまう。 しかし、味筋は良く、とても美味しく飲める。
Alexis Lichine Cabernet Sauvignon '98 Vin de Pays du Gard  \1,500
アレクシス リシーヌ カベルネ・ソーヴィニヨン ヴァン ド ペイ デュ ガール 
生産地:ガール 生産者:アレクシス リシーヌ 規格:Vin de Pays 葡萄品種:カベルネ・ソーヴィニヨン 輸入元:ペルノー リカール ジャパン
色(赤ワイン) 黒っぽい赤、色の濃さはやや濃い
香り 少々動物的な香りがする、ピーマンの香り、
辛口、ミディアムボディー、しっかりとした果実味、口当たりの柔らかなタンニンがしっかりとある、味にもピーマンの風味、
味の変化 大きな変化なし
総評 適度なタンニンが味にメリハリを与え、とっても美味しく飲める。 やや渋堅い面を残しているのでしっかりとしたソースの料理にも良く合うと思う。 欲を言えばあと200円ほど安いといいなと思う。(安い方がいいと書いたのは味に対してではなく、この産地に対する需要度から感じた意見です)
Val d'Orbieu La Cuvee Mythique '98 Vin de Pays d'Oc  参考出品
ヴァル ドヴュー ラ キュベ ミティーク ヴァン ド ペイ ドック
生産地:オック 生産者:ヴァル ドヴュー 規格:Vin de Pays 葡萄品種:グルナッシュ、シラー、サンソー、カリニャン  輸入元:丸紅食品
色(赤ワイン) 紫の混じった黒っぽい赤、濃い色
香り スパイシーな香り、やや動物的な香り
辛口、ミディアムボディー、タンニンがしっかりとある、果実味が濃い、やや単調な滑り出しの味、リキュールのように濃い味、最後に辛さが残る
味の変化 味に伸びるがある
総評 1,500円から2,000円ぐらいの小売価格の中では良い出来だと思う。 まだ若いのでやや単調な面はあるがそれを補うほどの味の濃さを持っている。
Domaine de la Mordoree Lirac Rouge '98  \2,600
ドメーヌ ド ラ モルドレ リラック ルージュ
生産地:コート デュ ローヌ  生産者:ドメーヌ ド ラ モルドレ 規格:A.O.C. 葡萄品種:グルナッシュ主体 輸入元:稲葉
色(赤ワイン) 紫系の鮮やかな赤赤、濃い色
香り 動物的な香り、腐葉土の香り
辛口、フルボディー、アルコールの力強さがある、タンニン豊富、わずかに炭酸が残っている、果実味強い、後味にヨードの風味(菅谷)
味の変化 酸味に梅干しを感じる、ターメリックの後味に近い、日のあたった縁側の香り
総評 とにかく力強いワイン。 味の各要素、全体のバランスに至るまで強烈に口の中で主張する。 動物的な香りがかなり強いので鹿や猪などをフルーツ系のソースで仕上げた料理、内臓肉の料理、または煮込んだ料理と良く合いそう。 香りが臭いと思われるレベルに達しているので人により好みが分かれるかも? この価格以上のすばらしいワインだと思う。

テイスティング参加者のプロフィール
 
社長

 

弊社社長。 人間ガスクロマトグラフィーの異名をとる。 安酒をこよなく愛する。 主任

 

弊社主任。 寡黙な職人気質の男。 シニア ワイン アドヴァイザーの資格を持つ。 好きなワインはブルゴーニュ。 赤黒の縦縞が大好き。 このホ−ムページの管理者
太田

 

ハードリカー担当のバイヤー。 女性独特の感性を生かした視点に光るものあり。 白米が大好きでニュートラルな味筋のワインを好む 菅谷

 
D.Jを続けている異色のニューカマー。 ハードリカーを含め酒全般に精通する。 幼少期の食べ物が良かったのかワインに対するコメントが的確である。 現在ワイン担当バイヤー、ワインアドヴァイザーの資格試験を目指す。


 

新入社員。 その秘めたるパワーは未知数。 現在グラス担当バイヤー。 音楽に対する造詣も深い。 


 

ゲスト。 某イタリアン レストランの元店長。 現在は同じ会社の本社勤務。 ソムリエの資格を持つ。

Topに戻る