テーマ:南フランス

テイスティング・レポート 2001年1月9日実施

参加者:藤井社長、藤井主任、太田、菅谷、永井、藤井(理江・ゲスト)

このレポートは弊社が商品開発のために毎週行っている試飲結果の一部です。 なお、この試飲で評価の低かったワインについてはレポートに載せていませんのでご了承下さい。


今日の一押し(Segneur de Fabas '98 Minervois
Chateau Gibalaux Bonnet Blanc '99 Minervois  \1,100
シャトー ジバロー ボネ ブラン ミネルヴォア
生産地:フランス・ラングドック 生産者:シャトー ジバロー ボネ 規格:A.O.C. 輸入元:三幸蓮見商会
色(白ワイン) やや褐色混じりの黄色、輝き有り
香り 洋なしの香り、水飴の香り、花の香り、柑橘系の香りが少々
辛口、果実味がある、酸は普通、わずかに炭酸、アルコールの強さあり、洋なしの風味、
味の変化 サイダーのような風味、白い花を思わせる香りが印象的
総評 南のワインだけあって、酸味はやや少なくアルコールのアタックが強い風味に仕上がっている。 花、果物、水飴、柑橘系、と香りが華やかなのが特に素晴らしい。
Domaine Gibalaux Cuvee de Flore '99 D'Oc  \690
ドメーヌ ジバロー キュベ デ フロール
生産地:フランス・ラングドック 生産者:シャトー ジバロー ボネ 規格:V.d.P. 輸入元:三幸蓮見商会
色(赤ワイン) 紫が強い赤、色はやや濃い、縁までしっかりとした色
香り 草がむれた香り、炭を思わせる香り
辛口、ミディアムボディーからライトボディー、果実味がしっかりしている、酸味が気持ちよい、噛めるような風味、わずかにチョコレートの風味、お茶葉をそのまま食べたような味、塩気を感じる
味の変化 干した草の香り
総評 軽やかな飲み口だが味がしっかりしている。
Domaine de Maibat '98 Cotes de la Malepere  \840
ドメーヌ ド マティバ コート ド ラ マルペール
生産地:フランス・ラングドック 生産者:ドマイヌ ド マティバ 規格:V.D.Q.S. 輸入元:三幸蓮見商会
色(赤ワイン) 紫が強く黒っぽい赤、色はやや濃い、縁までしっかりとした色
香り 動物の皮の香り、カシスの香り、ハーブ系の香り
辛口、ミディアムボディー、果実味が普通、酸味は普通、さわやかな風味、最後にわずかに苦み、葡萄ジュースのような風味、鉄っぽい風味、塩気を感じる味
味の変化 グルナッシュのようなスパイシーな風味、
総評 低価格のワインとしてとっても味がしっかりとしている。 ニューワールドのワインのように変に甘くなく、それでいてさわやかな味筋はデイリーワインとして最適。
Chateau Gibalaux Bonnet Rouge '99 Minervois  \1,100
シャトー ジバロー ボネ ルージュ ミネルヴォア
生産地:フランス・ラングドック 生産者:シャトー ジバロー ボネ 規格:A.O.C. 輸入元:三幸蓮見商会
色(赤ワイン) 紫の強い赤、濃い色、縁は少々薄い
香り 重たい香り、むれた青草の香り、松を思わせる香り
辛口、ミディアムボディー、酸味普通、タンニンがやや強い、ポムロールを思わせるようなコクがある、果実味の甘みがある、
味の変化 熟したイチゴの風味が強くなる、昆布のようなヨードの風味
総評 素直な味筋の中に果実味のコクがありイチゴ、ハーブ、海の香り、など複雑さをも兼ね備えている。 派手さはないが非常に良くできているワイン。
Segneur de Fabas '98 Minervois  \2,600
セニョール ド ファバス ミネルヴォア
生産地:フランス・ボルドー 生産者:シャトー ファバス 規格:A.O.C. 輸入元:三幸蓮見商会
色(赤ワイン) 黒っぽい赤、色は濃い、縁までしっかりとした色
香り ラムの脂身の香り、ヴァニラの香り、沈丁花の香り、
辛口、ミディアムボディーからフルボディー、果実味は強い、酸味がある、タンニンが心地よい、後味の余韻が紅茶に似ている
味の変化 中華料理のような香りがしてくる
総評 ワインの濃さだけではなく香りに複雑さがあり、素晴らしいワイン。 ミネルヴォアとしてはやや価格が高いが飲んでみる価値は十分にあると思う。

テイスティング参加者のプロフィール
 
社長

 

弊社社長。 人間ガスクロマトグラフィーの異名をとる。 リスキーなワインと安酒をこよなく愛する。 主任

 

弊社主任。 寡黙な職人気質の男。 シニア ワイン アドヴァイザーの資格を持つ。 好きなワインはブルゴーニュ。 赤黒の縦縞が大好き。 このホ−ムページの管理者
太田

 

ハードリカー担当のバイヤー。 女性独特の感性を生かした視点に光るものあり。 白米が大好きでニュートラルな味筋のワインを好む 菅谷

 
D.Jを続けている異色のニューカマー。 ハードリカーを含め酒全般に精通する。 幼少期の食べ物が良かったのかワインに対するコメントが的確である。 現在ワイン担当バイヤー、ワインアドヴァイザーの資格試験を目指す。
永井

 

新入社員。 その秘めたるパワーは未知数。 現在グラス担当バイヤー。 音楽に対する造詣も深い。 

 

ゲスト。 某イタリアン レストランの元店長。 現在は本社勤務。 ソムリエの資格を持つ。

Topに戻る