テーマ:イタリア デイリーワイン

テイスティング・レポート 2001年10月5日

このレポートは弊社が商品開発のために毎週行っている試飲結果の一部です。 

このマークは参加者が5点満点で採点した結果の平均値を表しています。 皆様のワインに対する目安として表示しております。( 三つ以上の物はお勧めと考えてください)
今日の一押し(特になし) 
Villa Thalia Catarratto Sicilia Bianco '00  \860
ヴィラ タリア カタラット シチリア ビアンコ
生産地:イタリア 生産者:カーサ ヴィニコーラ カラトラージ 葡萄品種:カタラット、トレビアーノ
色(白ワイン) やや褐色のイエロー、クリア
香り 麦藁の香り、熟した果実の香り、黄桃の缶詰の香り、おろしリンゴの香り
辛口でアルコールが強い、果実味が豊か、やや甘みがある
味や香りの変化 レモンのアロマが出てくる
総評 マルサラ種などを造るのに使われる、カタラット種をメインに使ったワイン。果実味たっぷりで色々な果実の風味がふんだんに盛り込まれている。トレビアーノの風味を感じたのか、フランスのガスコーニュブランに似ているという指摘もあった。 
Larinum Sangiovese Daunia '00  \860
ラリナム サンジョヴェーゼ ダウニア
生産地:イタリア 生産者:ラリナム 葡萄品種:サンジョヴェーゼ
濃い紫色、エッジまで真紫
香り インクのような香り、ミルキーな香り、強い樽の香り
強烈な果実味を感じる、タンニンも強い、味にもミルクやバターの風味、シナモンの風味
味や香りの変化 チョコレートやスイートポテトのような風味が出てくる
総評 非常に濃く造られているワイン。樽の風味もかなりするので、お手頃でフルボディー?を探している人には良いかもしれない。ただ何か小細工をしているような印象をちょっと感じてしまった。
Larinum Montepulciano d'Abruzzo '00  \860
ラリナム モンテプルツィアーノダブルッツオ
生産地:イタリア 生産者:ラリナム 葡萄品種:モンテプルツィアーノ
黒に近い紫色、エッジまで非常に濃い色
香り チーズの香り、黒オリーブの香り、控えめな樽の香り
ミディアム、酸とタンニンを感じる、バランスの良い印象
味や香りの変化 あまり変化せず、シナモンの風味が出てくる
総評 上のサンジョヴェーゼよりもウソが少なく、バランスの良いワイン。この価格ではお勧めのワインといえる。
Morgante Nero d'Avola '98  \1,200
モルガンテ ネーロダヴォラ
生産地:イタリア 生産者:モルガンテ 葡萄品種:ネーロダヴォラ
黒に近い赤、エッジは少々薄くなっている
香り アメリカンチェリーの香り、樽の甘い香り、干した(アマローネのような)香り
リッチな果実味、カカオの風味、チェリーやチェリーコーラの味、良い意味でマディラの風味
味や香りの変化 レーズン、皮、インク、焼きとうもろこしなどの風味が出てくる
総評

このワインの格上の”ドン・アントニオ”というワインがトレビッキエリを取ったことで、話題のワイナリーのワイン。良くできたワインで、口の中に入れると上質のチョコレートのよう。ポムロールのような果実味+南イタリアの香りといったところか?

Le Corti Chianti Classico '98  \1,500  
レ コルティ キャンティ クラシコ
生産地:イタリア 生産者:レ コルティ 葡萄品種:サンジョヴェーゼ
黒っぽい赤
香り 動物的な香り、樽の香り、猫っぽい香り
ミデイアム、果実味豊か、南イタリアの風味を感じる、カカオの風味、ヨードっぽい風味
味や香りの変化 あまり変化は無いが、やや複雑みが増した。
総評 ボリューム感のあるワインで、あまりキャンティだということが分からないワイン。美味しいワインではあるが、銘柄(キャンティやバローロなど)や産地の違いがどんどんと分からなくなってきていると、改めて感じました。
Terre de Trinci Sagrantino di montefalco '06  \2,600  
テッレ デ トリンチ サグランティーノ ディ モンテファルコ
生産地:イタリア 生産者:テッレ デ トリンチ 葡萄品種:サグランティーノ
黒っぽい赤
香り プルーンの香り、シナモンやターメリックなどのスパイシーな香り
ミデイアム、タンニンを感じる、こしあんのような果実味、スパイシーな味わい
味や香りの変化 タンニンとスパイシーさがより目立ってくる。山椒の香りも出てくる
総評 あまり作柄の良くなかった96年産だけあって、凝縮した果実味はあまり感じられなかったが、複雑なスパイスの香りがよかった。3年くらい寝かせると、ひょっとすると大化けするかもしれない。

テイスティング参加者のプロフィール
 
社長 弊社社長。 人間ガス・クロマトグラフィーの異名をとる。 リスキーなワインと安酒をこよなく愛する。 最近になってワインアカデミー札幌校の講師を頼まれたらしい。 菅谷 ハードリカーを含め酒全般に精通する。 幼少期の食べ物が良かったのかワインに対するコメントが的確である。 ワイン担当バイヤー。 ワイン・アドヴァイザーの資格試験を目指す。
藤井 敏彦
 
菅谷 卓
 
永井 ハードリカー担当のバイヤー。音楽に対する造詣も深い。 今後に期待の新入社員!
永井 順之
 
小田 洋平
 

Topに戻る