テーマ:フリウリ、スペインのテルモ

テイスティング・レポート 2001年12月14日

このレポートは弊社が商品開発のために毎週行っている試飲結果の一部です。 

このマークは参加者が5点満点で採点した結果の平均値を表しています。 皆様のワインに対する目安として表示しております。( 三つ以上の物はお勧めと考えてください)
今日の一押し(テルモロドリゲス ガゴ ’99) 
Telmo Rodriguez Basa '00  \1,200
テルモ ロドリゲス バサ
生産地:ルエダ 生産者:テルモ ロドリゲス 葡萄品種:ソーヴィニヨンブラン主体
色(白ワイン) グリーン、ペイルイエロー
香り 青草の香り、ミネラルを感じる石灰っぽい香り、麦藁の香り、レモンの香り
蜜っぽい果実味、苦みを感じる、味にも石灰っぽさがある、ユニブランのような味わい
味や香りの変化 青いメロンの風味が出てくる、僅かにピピドシャを感じる
総評 最近話題のテルモのワイン。すごく良く造られており、熟した果実味を感じる。インターナショナルなワイン。あえて難をいえば、世界中にこのようなワインがあると言うことで、最近の流行の味。しかし価格を考えると、とてもお買い得。 
C. Von. Schubert Maximin Grunhauser Abtsberg Riesling Kabinett '98  \2,600
シューベルト マクシミーン グリュンホイザー アプツベルグ リースリング キャビネット
生産地:モーゼル ザール ルーヴァー 生産者:カール フェルディナント シューベルト 葡萄品種:リースリング
色(白ワイン) グリーン、ペイルイエロー
香り 石油の香り、ピピドシャの香り、スミーキーな香り
軽い甘口、上品な味わい、酸が豊か、果実味が広がる
味や香りの変化 生臭い風味が出てきた、あまり変わらない、醤油煎餅の風味が出てくる
総評 ドイツの理想的なワイン。酸と甘みのバランスが良く、くいくいと飲めてしまう。素直な石油のような香りがでており、キューピー人形を連想させる。和食にもぴったり合うでしょう。
Volpe Pasini Zuc di Volpe Pinot Bianco '00  \3,500
ヴォルペ パッシーニ ズック ディ ヴォルペ ピノ ビアンコ
生産地:フリウリ 生産者:リカルド コタレッラ 葡萄品種:ピノ ビアンコ
色(白ワイン) ペイルイエロー、少々グリーン
香り アロマ弱い、野菜っぽい香り、アルザスのような香り
辛口、ミネラルを感じる、苦みがある、ぴりぴりとした辛みを感じる、松脂の風味、ウォッカの後味に似ている、果実味に厚みがない
味や香りの変化 ピノビアンコ独特の香りが少しでてくる、麦の香りがでてくる、無機質な感じ
総評 香りがあまり立たず、味にもインパクトがない。アルザスを彷彿とさせる味わい。コタレッラは白ワインは得意ではないのだろうか?ワイナート誌88点の評価。
Volpe Pasini Zuc di Volpe Pinot Bianco '99 \3,800
ヴォルペ パッシーニ ズック ディ ヴォルペ ピノ ビアンコ
生産地:フリウリ 生産者:リカルド コタレッラ 葡萄品種:ピノ ビアンコ
色(白ワイン) グリーンイエロー
香り アロマ弱い、ケミカルな香り、スモーキーな香り、松脂の香り
餡と苦みがある、アルザスっぽい味、桃の風味がある
味や香りの変化 瓜っぽい風味が出てくる、ソーヴィニヨンブランのような風味が出てくる
総評 2000年の物よりは味や香りが開いており美味しく飲める。ポテンシャルがあるのは分かるがいまいちぱっとしない。少しぬるめで飲んだ方がよいかもしれない。ガンベロロッソ誌トレビッキエリ
Volpe Pasini Zuc di Volpe Pinot Grigio '00   \3,300  
ヴォルペ パッシーニ ズック ディ ヴォルペ ピノ グリージォ
生産地:フリウリ 生産者:リカルド コタレッラ 葡萄品種:ピノグリージォ
色(白ワイン) ペイルイエロー、少々グリーン
香り アロマ弱い、アルコールの香り、柑橘系の香り
辛口、少々ぬぼーっとした味、石鹸のような風味
味や香りの変化 麦藁の風味が出てくる、ごまのような風味がでてくる
総評 ピノグリージォの風味が出ているが、香りは弱め。冷やしすぎず、ちょっとぬるめくらいの方が味がでて美味しいと思う。ワイナート誌84点。
Volpe Pasini Zuc di Volpe Sauvignon '00   \3,500  
ヴォルペ パッシーニ ズック ディ ヴォルペ ソーヴィニヨン
生産地:フリウリ 生産者:リカルド コタレッラ 葡萄品種:ソーヴィニヨンブラン
色(白ワイン) グリーンペイルイエロー
香り 石鹸の香り、花の香り、ヴィオニエのような香り、ライチの香り
辛口、塩っけがある、甘みも少しある、苦みはそんなに目立たない、白身の魚を食べたよう
味や香りの変化 ライムの風味がでてくる、ポカリスエットのような風味が出てくる
総評 香りは今までで一番華やか。ソーヴィニヨンと言うよりはヴィオニエに近い。魚の香草蒸しなんかと合わせると面白いかもしれない。
Volpe Pasini Zuc di Volpe Le Roverelle '99   \5,100  
ヴォルペ パッシーニ ズック ディ ヴォルペ レ ロヴェレッレ
生産地:フリウリ 生産者:リカルド コタレッラ 葡萄品種:ピノビアンコ、ソーヴィニヨンブラン、シャルドネ、ピコリット
色(白ワイン) イエロー、少々グリーンブライト
香り 新樽の香り、枯れ葉の香り、線香の香り
苦みがある、味に旨みがある、アフターにカスタードの風味が少々ある
味や香りの変化 ニンニクの風味が出てくる、ハーブの風味が出てくる、オイリーな果実味がでてくる
総評 4種の葡萄を25%づつ位使って造られたワイン。今までの中で一番味があり、新樽の風味もついている。果実味も結構あるので、苦みがいいアクセントになっている。しかし価格を考えると高すぎる。ポテンシャルは良いものを持っている。ワイナート誌87点。
Silvio Jermann Were Dreams , now it is just wine! '98   \5,800  
シルヴィオ イエルマン ウェレ ドリームス ナウ イット イズ ジャスト ワイン
生産地:フリウリ 生産者:シルヴィオ イエルマン 葡萄品種:シャルドネ主体
色(白ワイン) イエロー、少々ゴールデン
香り 梨・ラフランスの香り、カスタードの香り、紅茶の香り、トマトの香り、ミントっぽい香り
ミネラルからくる苦みがある、蜜っぽい風味、アルコールが強い、上質なマコンの味に似ている
味や香りの変化 綿あめの風味がでてくる、レモンの皮の風味が出てくる、ゴムっぽい香りがでてくる
総評 通称ドリーム。とてもきれいな造りをしているが、あまりイタリアっぽさを感じない。やはりイタリアだったら、がつんとくる果実味か、濃厚で複雑な香りがほしい。とても美味しいワインではあるが、価格に見合うインパクトはないような気がする。一日経つと更に香りが開いてきた。
Telmo Rodrigues Dehesa Gago '00   \1,400  
テルモ ロドリゲス デエサ ガゴ
生産地:トロ 生産者:テルモ ロドリゲス 葡萄品種:テンプラニーリョ
紫がかった赤
香り 墨の香り、バナナのようなMCの香り、生臭い、ザクロの香り、苺の香り
味濃い、干しぶどうっぽい味わい、リッチな果実味、タンニンがしっかりしている
味や香りの変化 グルナッシュのような味わいになってきた、コーヒーの風味が出てくる
総評 あまりなじみのないトロ地方のワイン。MC(マセラシオン・カルボニック)の香りがやや鼻につくが、良くできたワイン。何も考えずにがぶがぶ飲める。南仏のワインに味が近い。
Telmo Rodriguez Gago '99   \2,150  
テルモ ロドリゲス ガゴ
生産地:トロ 生産者:テルモ ロドリゲス 葡萄品種:テンプラニーリョ
紫っぽい赤
香り スパイシーな香り、胡椒の香り、石焼き芋の焦げの香り、醤油の香り、ベリー系の香り
味もスパイシーな感じ、アニマル的な風味、甘苦い
味や香りの変化 浅草のりの風味がしてくる、MCの感じは弱いがある
総評 全体的に焦げたトーンが気になる。樽を焦がしすぎたのだろうか?果実味はベリー系の香りがふんだんで、リッチな味わい。旨みもあってバランス良い仕上がり。何よりもラベル(?)のデザインが秀逸。
Telmo Rodriguez Lanzaga '98   \2,000  
テルモ ロドリゲス ランザガ
生産地:リオハ 生産者:テルモ ロドリゲス 葡萄品種:テンプラニーリョ
黒っぽい赤、エッジは少々薄い
香り チェリーの香り、アロマ弱め、ゴムの香り、熟成したら臭くなりそう
ミディアムリッチな果実味、辛い、黒糖の風味、乳酸の味、ベリー系のドライな風味、酸がチャーミング
味や香りの変化 アロマティックな風味、酸が気持ちよい、旨みがでてくる
総評 リッチな果実味に心地よい酸があり、とてもバランスがよい。まだちょっと閉じた感じがあるので、寝かしてみても面白いかもしれない。モンティーパイソンを思わせるラベルもおしゃれ。
Telmo Rodriguez Valderiz '99   \2,400  
テルモ ロドリゲス ヴァルデリス
生産地:リベラ デル デュエロ 生産者:テルモ ロドリゲス 葡萄品種:ティンタ デル パイス(テンプラニーリョ)
紫っぽい赤
香り インクの香り、ブラックチェリーの香り、クッキーの香り、ボルドーの香り
重たい果実味、カカオの風味、カシスの風味、味にもボルドーの風味、焦げたバターの風味
味や香りの変化 チョコレートの風味が出てくる、動物的な感じがでてくる、旨みがでてくる
総評 高級ワイン産地リベラデルデュエロでこの価格はかなりのお買い得。アフターにややスペインらしさを感じるが、ほとんどボルドーのような風味。CHタルボの感じに似ている。時間が経つと香りが広がり、果実味は甘ーくなってくる。
Fattoria Le Pupille Vin Santo '90  500ml  \5,200  
ファットリア レ プピッレ ヴィン サント
生産地:トスカーナ 生産者:リカルド コタレッラ? 葡萄品種:サンジョベーゼ?
色(甘口白ワイン) アンバーブラウン
香り マーマレードの香り、蜂蜜の香り、黒糖の香り
ミカンの缶詰の風味、甘みはしっかりしている、黒蜜の風味、豆っぽい風味
味や香りの変化 ねれた旨みが広がる、変化はしない
総評 甘口のヴィンサント。ヴァン・ドゥー・ナチュレの製法で、アルコールを添加して造られる。蜜豆の黒蜜とエンドウ豆を一緒に食べた感じに似ている。個人的には大好きなワインではあるが、ちょっと弱いと言う人もいた。フランスのソーテルヌと比べるのは余りに酷と言うものです。

テイスティング参加者のプロフィール
 
社長 弊社社長。 人間ガス・クロマトグラフィーの異名をとる。 リスキーなワインと安酒をこよなく愛する。 最近になってワインアカデミー札幌校の講師を頼まれたらしい。 主任 弊社主任。 寡黙な職人気質の男。 シニア ワイン アドヴァイザーの資格を持つ。 好きなワインはブルゴーニュ。 赤黒の縦縞が大好き。 このホ−ムページの管理者
藤井 敏彦
 
藤井 雅裕
 
菅谷 ハードリカーを含め酒全般に精通する。 幼少期の食べ物が良かったのかワインに対するコメントが的確である。 ワイン担当バイヤー。 ワイン・アドヴァイザーの資格試験合格! 永井 ハードリカー担当のバイヤー。 音楽に対する造詣も深い。
菅谷 卓
 
永井 順之
 
グラスやワイングッズ仕入れ担当。来年からはハードリカーの仕入れも担当もする。好きな品種はカベルネソーヴィニヨン。 ゲスト。 某イタリアン レストランの元店長。 現在は本社勤務。 ソムリエの資格を持つ。
小田 洋平
 
藤井 理江さん
 

Topに戻る