テーマ:ボルドー&スペイン

テイスティング・レポート 2002年3月1日

このレポートは弊社が商品開発のために毎週行っている試飲結果の一部です。 

このマークは参加者が5点満点で採点した結果の平均値を表しています。 皆様のワインに対する目安として表示しております。( 三つ以上の物はお勧めと考えてください)
今日の一押し(テルモ エメ エレ’00) 
Z de Zede '98  \1,400
ゼット デ ゼデ
生産地:ボルドー・シューペリュール 生産者:リュック・ティエンポン 葡萄品種:メルロー60%、カベルネソーヴィニヨン30%、プティヴェルド10%
紫がかった赤
香り カシスの香り、黒い果実の香り、メルローの香り
ミディアムな果実味、苺っぽい風味、青さは少ない、アルコール辛い、プレスした感じは少ない
味や香りの変化 青さがでてくる、甘みが出てくる、少々単調になってくる
総評 マルゴーのラベゴルス・ゼデの下位ワイン。このクラスのワインにありがちな、青さやえぐみなどは開けたてはほとんど感じられなかった。しかし時間が経つにつれそれらが現れてきた。抜栓直後は香りも良く、上手く造られたクラレットの感じが良く出ている。
Ch de Sours '96  \1.450
シャトー ド スール
生産地:ボルドー 生産者:ミッシェル・ロラン 葡萄品種:メルロー80%、カベルネソーヴィニヨン15%、カベルネフラン5%
茶色がかった赤、エッジはオレンジ
香り アニマルの香り、グローブのような皮の香り、ヨードの香り、インクの香り、トリュフの香り
ミディアムな果実味、酸もしっかりしている、旨みのある果実味、複雑さがある、たまり醤油のような風味、アフターに梅の風味
味や香りの変化 酸化した風味が出てくる
総評 香りはアニマルの香りぷんぷんでとても臭いが、味わいはこのクラスのワインとは思えないほどしっかりしている。ちょうど良く熟成が進んでおり、複雑な旨みが口の中に広がる。ワインをあまり飲み慣れていない人には香りがきついかもしれないが、ワイン好きにとっては見逃せない1本。
Ch La Faurie Maison Neuve '96 \2,600
シャトー ラ フォーリエ メゾン ヌーヴ
生産地:ラランド・ド・ポムロル 生産者:ミッシェル・クードロア 葡萄品種:メルロー80%、カベルネソーヴィニヨン20%
黒っぽい赤
香り グローブのような皮の香り、ピーナッツの香り
ミディアムな果実味、タンニンは弱め、酸がきれい、桃のアフターがある、飲みやすい味わい
味や香りの変化 アニマルの風味が出てくる、なめし皮の風味が出てくる
総評 良く熟成しており、ミディアムな果実味にやや強い酸が合わさっている。破綻のない味わいで、悪く言えば特徴はない。飲みやすい味わいでぐびぐび飲めてしまいそう。
Ch de Braude '96   \2,100  
シャトー ド ブロード
生産地:オー・メドック 生産者:? 葡萄品種:カベルネソーヴィニヨン55%、メルロー45%

黒っぽい赤

香り 香りは弱め、インクの香り、青い香り
タンニンはこなれている、ミディアムリッチな果実味、少々苦い、和辛子の風味
味や香りの変化 あまり伸びない、海苔の風味が出てくる
総評 ちょっと小さくまとまった感のあるワイン。香りもあまりせず、味の個性も弱め。ただ、バランスは非常に良く、さらさらと飲める。
Remelluri '98   \2,600  
レメリュリ
生産地:リオハ 生産者:テルモ・ロドリゲス 葡萄品種:テンプラニーリョ80%、ガルナッチャ、マスエロ、グラシアーノ
黒っぽい赤
香り 石灰の香り、樽の香り、ココアの香り
ミディアムな果実味、柔らかい味わい、グルナッシュのような辛さがある、オレンジっぽい風味
味や香りの変化 カスタードの風味が出てくる、テキーラのような風味が出てくる
総評 99年にテルモはレメリュリを去ってしまったので、多分親父さんと喧嘩している最中のワイン。97よりは濃度は薄いが、バランスとれていて非常に美味しく飲める。スペインワインっぽくはない。
Alvaro Palacios Les Terrasses '99   \2,750  
アルヴァロ パラシオス レス テラセス

生産地:プリオラート 生産者:アルヴァロ・パラシオス 葡萄品種:ガルナッチャ40%、カリニェナ40%、カベルネソーヴィニヨン20%

紫がかった赤
香り カシスの香り、ロウの香り、消しゴムのようなケミカルな香り、黒豆の香り
ミディアムな果実味、ココアの風味、カシスの風味、黒豆や小豆を煮たときの風味
味や香りの変化 レーズンの風味が出てくる、チョコレートの風味が出てくる
総評 プリオラート地区で、レルミタの下位ワインとして造られているワイン。まだ味になっていなく、還元香がするが、時間が経つと開いてきそうなポテンシャルをもっている。黒っぽいニュアンスがあり、豆を煮たときの風味ににている味がする。
Telmo M R '00 500ml  \2.200  
テルモ エメ エレ 
生産地:マラガ 生産者:テルモ・ロドリゲス 葡萄品種:モスカテル100%
色(白ワイン) レモンイエロー
香り マスカットの香り、ナイアガラの香り、レモンの香り、オレンジの香り
極甘口、ミディアムな果実味、オレンジの風味、アールグレーの風味
味や香りの変化 あまり変化せず
総評 甘口でとても美味しいワイン。様々なフルーツの風味が広がる。マーマレードのような風味がベースとなっており、ライチやレモンのシロップのような風味も満載!イタリアパンテレッリア島のワインに風味が似ている。500mlでちょっと少ないのもうれしくお勧め!
Ch Laville '97   \2,800  
シャトー ラヴィル
生産地:ソーテルヌ 生産者:? 葡萄品種:セミヨン80%、ソーヴィニヨンブラン15%、ミュスカデル5%
色(白ワイン) ゴールデンイエロー、ブライト
香り シンナーの香り、蜜の香り、レモンの香り、紅茶の香り、マーマレードの香り
ミディアムな果実味、アフターは素直、アルコール感がある、純露の風味
味や香りの変化 あまり変化せず
総評 あまり名の知られていないシャトーだが、なかなか良いソーテルヌを造り出している。香りは格付け級の物の香りがして、これぞソーテルヌと言う感じ。アフターにちょっと寂しいところはあるが、価格を考えると仕方のないところ。

テイスティング参加者のプロフィール
 
社長 弊社社長。 人間ガス・クロマトグラフィーの異名をとる。 リスキーなワインと安酒をこよなく愛する。 最近になってワインアカデミー札幌校の講師を頼まれたらしい。 主任 弊社主任。 寡黙な職人気質の男。 シニア ワイン アドヴァイザーの資格を持つ。 好きなワインはブルゴーニュ。 赤黒の縦縞が大好き。 このホ−ムページの管理者
藤井 敏彦
 
藤井 雅裕
 
菅谷 ハードリカーを含め酒全般に精通する。 幼少期の食べ物が良かったのかワインに対するコメントが的確である。 ワイン担当バイヤー。 ワイン・アドヴァイザーの資格試験合格! グラスやワイングッズ仕入れ担当。好きな品種はカベルネソーヴィニヨン。
菅谷 卓
 
小田 洋平
 
ゲスト。 某イタリアン レストランの元店長。 現在は本社勤務。 ソムリエの資格を持つ。    
藤井 理江さん
 
 

Topに戻る