テーマ:アルザス、ドイツ、スペイン等

テイスティング・レポート 2002年6月28日

このレポートは弊社が商品開発のために毎週行っている試飲結果の一部です。 

このマークは参加者が5点満点で採点した結果の平均値を表しています。 皆様のワインに対する目安として表示しております。( 三つ以上の物はお勧めと考えてください)
今日の一押し(ツィント フンブレヒト ピノグリ ランゲンドタン クロサンテュルバン ’00) 
Telmo Rodriguez Basa '01  \1,100
テルモ ロドリゲス バサ

生産地:ルエダ(スペイン) 生産者:テルモ・ロドリゲス 葡萄品種:ソーヴィニヨンブラン、ヴェルデホ、ヴィウラ

色(白ワイン) 緑がかったペイルイエロー
香り ミントの香り、ハーブの香り、スウィーティーの香り、蜜の香り
辛口、濃厚な果実味、酸はしっかりしている、甘味を感じる、バターの風味
味や香りの変化 ハーブの風味が強くなる、ソーヴィニヨンブランの風味が強くなる
総評 かなり厚みのある果実味で、とてもこの価格帯のワインとは思えない。ソーヴィニヨンブランの風味が強めで、ボルドーブランのトップクラスの風味に近い。ややアルコールを感じるのはしょうがないところでしょう。この夏お勧めの白ワイン。
Villa Wolf Pinot Gris '00  \1,500
ヴィッラ ヴォルフ ピノ グリ

生産地:ファルツ(ドイツ) 生産者:エルンスト・F.ローゼン 葡萄品種:ピノグリ80%、ピノブラン20%

色(白ワイン) ブラウンイエロー
香り ミントの香り、樽の香り、蜜の香り、やや酸化した香り
辛口、酸化した味わい、生木っぽい風味、ややシュナンブランっぽい味わい
味や香りの変化 花火のような風味が出てくる
総評 何か変な感じがするワイン。イケムの樽を使っていると言うことで、貴腐の感じがついているのかもしれないが、どう味わっても酸化した感じにしかとれない。味わいは濃いが好みが分かれるワインだと思う。
Olivier Leflaive Givry '98 1/2  \750
オリヴィエ ルフレーヴ ジヴリ
生産地:ブルゴーニュ 生産者:オリヴィエ・ルフレーヴ 葡萄品種:シャルドネ100%
色(白ワイン) グリーンイエロー
香り みかんのピールの香り、石灰の香り、オレンジの香り、カスタードの香りが少々
辛口、ミディアムな果実味、ミネラルはたっぷりしている、ハーブの風味、苦みが出てくる
味や香りの変化 キンカンの風味が出てくる、黄色いスイカの風味が出てくる、カスタードの風味が出てくる
総評

ミカンなどの柑橘系の風味がふんだんで、美味しく飲める白ワイン。ミネラルもしっかりしており、素質は十分にある。これと言った特徴はあまりないが、変なところもないバランスの良いワイン。ハーフサイズでお買い得感は十分!

Johannishof Riesling Rheingau '99   \1,200
ヨハニスホフ リースリング ラインガウ
生産地:ラインガウ(ドイツ) 生産者:ヨハニスホフ 葡萄品種:リースリング100%
色(白ワイン)

グリーンペイルイエロー

香り 灯油の香り
やや辛口、僅かに甘みを感じる、酸はしっかりしている、CO2を感じる、フルーティー、味は弱め
味や香りの変化 おしろいの風味が出てくる、生臭みが出てくる
総評 味は薄めではあるが、きりっとした酸があり1本筋が通ったワイン。僅かに甘みがあるハルプトロッケンのタイプで、夏に持ってこいの味わい。リースリング独特の灯油の風味は強めなので、これが苦手な人はいるかもしれない。
Karthaeuserhof Eitelsbacher Karthaeuserhofberg Riesling Halbtrocken '94   \1,700
カルトホイザーホフ アイテルスバッハー カルトホイザーホフベルグ リースリング ハルプトロッケン
生産地:モーゼル・ザール・ルーヴァー 生産者:カルトホイザーホフ 葡萄品種:リースリング100%
色(白ワイン)

緑がかったペイルイエロー

香り 灯油の香り、機械油の香り、松ヤニの香り、少々ピピドシャの香り
やや辛口、酸が強い、柑橘系の酸がある、柑橘系のピールの風味
味や香りの変化 焦げたゴムの風味が出てくる、グレープフルーツの風味が出てくる
総評 ドイツのリースリングらしく、きりっとした酸が印象的なワイン。味に個性はなく、どちらかと言えば薄めたグレープフルーツのような味わいだが、飲んでいくうちにはまってくるワイン。ドイツワイン好きにお勧め。
Zind Humbrecht Riesling Herrenweg de Turckheim '00   \3,500 
ツィント フンブレヒト リースリング ヘレンヴェック ド トュルクハイム

生産地:アルザス 生産者:オリヴィエ・フンブレヒト 葡萄品種:リースリング100%

色(白ワイン) グリーンイエロー、かなり濃い色
香り 蜜の香り、パイナップルの香り、フルーツのコンポートの香り、水仙の香り、黄桃の香り、ミントの香り
やや甘口、CO2がある、物凄い濃度がある、酸も強い、苦みがある、カスタード的な甘みがある
味や香りの変化 ミネラルの感じが出てくる、蜜の風味が強くなる
総評 いつも物凄いワインを造ってくるフンブレヒト。このワインも物凄い濃度を誇る。まるでニューワールドのシャルドネのような濃さを持ち、リースリングという品種がかすんでしまっている。かなり甘いので、辛口と思って飲むとびっくりするかもしれない。果実味、酸、ミネラルなどすべてが濃厚。
Zind Humbrecht Pinot Noir Heimbourg Turckheim '99 \3,600  
ツィント フンブレヒト ピノ ノワール ハインブルグ トュルクハイム
生産地:アルザス 生産者:オリヴィエ・フンブレヒト 葡萄品種:ピノノワール100%
黒っぽい赤、エッジは少し薄い
香り チェリーの香り、スーボワの香り、キノコの香り、トリュフの香り、トマトピューレの香り、樽の香り
辛口、ミディアムな果実味、樽の風味、フランボワの風味、酸はしっかりしている、樽の苦みがある、極僅かに甘みがある
味や香りの変化 スモーキーな風味が出てくる
総評 アルザスのピノノワールは大した物がないが、これは別格。果実味はそんなに濃くはないが、香りだけで酔わせる物がある。ブルゴーニュのボーヌ系の香りがぷんぷんする。樽の味がちょっと強いが、ブルゴーニュにも負けない味わい。同価格帯でこれより美味しくないブルゴーニュは無数に存在する。ブルゴーニュワイン会の時にブラインドで出たら誰もわからないと思う。
Zind Humbrecht Pinot Gris Rangen de Thann Clos Saint Urbain '00  \7,600
ツィント フンブレヒト ピノ グリ ランゲン ド タン クロ サン テュルバン
生産地:アルザス 生産者:オリヴィエ・フンブレヒト 葡萄品種:ピノグリ100%
色(白ワイン) アンバーイエロー、かなり濃い色
香り カスタードの香り、フルーツのコンポートの香り、缶詰のパインの香り、コンソメの香り、古い梅酒の香り
やや甘口、リッチな果実味、蜂蜜の風味、苦みを感じる、すごい
味や香りの変化 金属っぽい風味が出てくる、シルバーナーっぽい風味が出てくる
総評 物凄いワイン。凄い濃度の果実味があり、口の中で爆発する。もともとそんなに特徴のない品種であるピノグリだが、品種の特徴は全くなくなっている。リキュールに近い味わいがする。色はモルトウイスキーに近い。肉類のフルーツソースや、ブルーチーズなどにもばっちり合いそう。とにかく物凄いワイン!!
Telmo Rodriguez Al '01  \1,100
テルモ ロドリゲス アル
生産地:アリカンテ(スペイン) 生産者:テルモ・ロドリゲス 葡萄品種:ムールヴェードル100%
紫がかった赤、エッジは薄め
香り MCの香り、イチゴジャムの香り、焦げた香り、インクの香り、生臭い
辛口、ライトな果実味、イチゴの風味、グルナッシュっぽい味わい、アフター辛い
味や香りの変化 スミレの風味が出てくる
総評 MCの感じが強く、ボジョレーやローヌのヌーヴォーのような感じを受ける。がぶがぶ飲める感じで、素直な味わい。ロワールのアンジュールージュのような雰囲気もある。冷やしめ(10〜12度)がベストな提供温度です。
Telmo Rodriguez Dehesa Gago '01  \1,400
テルモ ロドリゲス デエサ ガゴ
生産地:トロ(スペイン) 生産者:テルモ・ロドリゲス 葡萄品種:テンプラニーリョ100%
紫がかった赤
香り MCの香り、墨っぽい香り、磯の香り、アロマは弱め
ミディアムライトな果実味、鉄っぽい風味、焦げた感じの風味、甘辛い、苦みがある
味や香りの変化 イチゴの風味が出てくる、複雑味が出てくる、食用菊の風味が出てくる
総評 とてもバランスの良いワイン。MCの感じはあるが、そんなに強くはなくあまり気にならない。樽から来る苦い味がアクセントになっており味を引き締めている。焼き肉なんかと一緒に飲むとばっちり合いそう。
Ch Haut Beausejour '98 1/2  \900
シャトー オー ボーセジュール
生産地:サンテステフ 生産者:ジャン・クロード・ルゾー 葡萄品種:カベルネソーヴィニヨン40%、メルロー52%、マルベック3%
黒っぽい赤
香り カシスの香り、グローブの香り、スモーキーな香り、ザクロの香り
ミディアムな果実味、煮詰めたチェリーの風味、バランス良い、少々酸が目立つ
味や香りの変化 瓜っぽい風味が出てくる
総評 サンテステフらしい硬いタンニンも少なく、とてもバランスのとれたワイン。変な癖が無くとても美味しく飲める。癖が無い分、個性に欠けるきらいはあるが、嫌いな人はいないと思う。
Ch Citran '97 1/2  \1,400
シャトー シトラン
生産地:オーメドック 生産者:ジャック・メルロー 葡萄品種:カベルネソーヴィニヨン58%、メルロー42%
黒っぽい赤
香り 杉の香り、カシスの香り、油っぽい香り、少々ブケの香り
ミディアムリッチな果実味、タンニンはしっかりしている、ジューシーな果実味、スモーキーな風味、甘味がある
味や香りの変化 脂身が焦げた風味が出てくる、青さが少々出てくる
総評 ジューシーな果実味と、杉の風味で、良くまとまっているボルドー。97年のドゥミと言うこともあり、ちょうど美味しく飲める。癖がなく誰にでも好まれるボルドーの味と言えよう。
Araldica Moscato d'Asti '00   \910
アラルディカ モスカート ダスティー
生産地:ピエモンテ 生産者:? 葡萄品種:モスカート
色(白ワイン) ペイルイエロー
香り マスカットの香り、少々青い香り
軽い甘口、リンゴのような風味、石灰っぽい風味、Co2がある
味や香りの変化 ライチの風味が出てくる
総評 良くできたモスカートダスティー。こってりと甘すぎず、爽やかで飲みやすい。炭酸は弱めでほとんど感じられない。良く冷やして夏に飲むには最適。
Ch de Rayne Vigneau '97 1/2  \2,500
シャトー ド レイヌ ヴィニョー

生産地:ソーテルヌ 生産者:メストレザ 葡萄品種:セミヨン71%、ソーヴィニヨンブラン27%、ミュスカデル2%

色(白ワイン) 茶色が少々混ざった黄色
香り マンダリンの香り、貴腐の香り、かびが生えたミカンの香り、金木犀の香り
極甘口、リッチな果実味、とても濃厚で苦みを感じる
味や香りの変化 変化は無し
総評 とても良くできた貴腐ワイン。貴腐香もばっちりついており、濃厚で、アミノ酸から由来する旨み成分もふんだんにある。ブルーチーズとの相性は最高でしょう。ゆうに20年は持ちこたえるポテンシャルがある。

テイスティング参加者のプロフィール
 
社長 弊社社長。 人間ガス・クロマトグラフィーの異名をとる。 リスキーなワインと安酒をこよなく愛する。 最近になってワインアカデミー札幌校の講師を頼まれたらしい。 主任 弊社主任。 寡黙な職人気質の男。 シニア ワイン アドヴァイザーの資格を持つ。 好きなワインはブルゴーニュ。 赤黒の縦縞が大好き。 このホ−ムページの管理者
藤井 敏彦
 
藤井 雅裕
 
菅谷 ハードリカーを含め酒全般に精通する。 幼少期の食べ物が良かったのかワインに対するコメントが的確である。 ワイン担当バイヤー。 ワイン・アドヴァイザーの資格試験合格! グラスやワイングッズ仕入れ担当。好きな品種はカベルネソーヴィニヨン。趣味はスケートボード。待ちに待ったシーズン到来で心躍るこの頃。
菅谷 卓
 
小田 洋平
 
ゲスト。 某イタリアン レストランの元店長。 現在は本社勤務。 ソムリエの資格を持つ。    
藤井 理江さん
 
 

Topに戻る