2022年6月27日(月)

シャンドン・ド・ブリアイユ サヴィニ・レ・ボーヌ ルージュ 2017

タイプ:赤ワイン

産地:フランス ブルゴーニュ サヴィニ・レ・ボーヌ

グラス 70ml ¥850(税込)

シャンパーニュのモエ・エ・シャンドンと縁のあるシャンドン・ド・ブリアイユ伯爵夫人の孫にあたるド・ニコライ家により、1834年より続く家族経営のドメーヌ。1990年代から有機栽培を取り入れ始め、2005年にはビオディナミを実践。2011年ヴィンテージよりエコセール、デメテールの認証を取得しています。開放式のコンクリート発酵槽での発酵、古樽での熟成、ノン・フィルターでの瓶詰めなど古典的な造りを基本としています。全房発酵の比率はヴィンテージの状況により異なり30~80%。新樽比率は5~10%程度。SO2の使用は極少量、又は添加無し。「メイユール・ヴァン・ド・フランス 2021年度版」にて最高峰の3つ星生産者へ昇格を果たしています。

2022年6月26日(日)

小布施ワイナリー ピノ・ノワール クレレット アキオ 2020

タイプ:赤ワイン

産地:日本 長野県 小布施町

グラス 80ml ¥600(税込)

近隣のアキオ農園(栽培者佐藤 昭夫)産ピノ・ノワール種を、小布施ワイナリーが醸造した赤。冷涼さを求めて、ピノ・ノワール畑の標高は900メートルの高地。除梗をせずに全房発酵でゆっくりと発酵を行い、淡い色調ですが旨味のあるスタイルに仕上がっています。2020年も小粒で良質なピノが収穫できたそうです。醸造した彰彦氏は、出来ればあと数年は熟成させてから味わって欲しいそうです。

2022年6月25日(土)

ドメーヌ・レゾン 中富良野 ゲヴュルツトラミネール 2021

タイプ:白ワイン

産地:日本 北海道 中富良野町

グラス 80ml ¥650(税込)

山梨の「まるき葡萄酒」をはじめとして全国各地に事業を展開するグループレゾンが、新たに中富良野で始めたワイナリー。人間と自然が共存できる環境でのワイン造りを目指しており、畑ではヤギを飼育し、ヤギが草を食べ、排泄物を堆肥にして土に戻し、その土で育った葡萄を原料にするという、エネルギーの循環を運営の中核に据えてワイン造りを行っています。中富良野町の自社圃場のゲヴュルツトラミネール種を100%使用した白。柑橘やカリン、白い花を思わせるような華やかな香りと、落ち着いた酸とドライ過ぎない味わいから感じる優しい口当たりです。

ラ・クロワ・トレシャン クレマン・ド・ブルゴーニュ ル・ジャルダン・デ・ザンファン ブリュット

タイプ:白ワイン

産地:フランス ブルゴーニュ

グラス 100ml ¥650(税込)

1967年にポールとシャルロット・ガヨによって設立されたドメーヌで、2002年から現当主のミシェル・ガヨが引き継いでいます。ボジョレー地区のヴィルフランシュ・シュル・ソーヌの南西にあり、グラーヴ・シュル・アンスの丘の高地とピエール・ドレ地域のラシャサーニュとポミエの地区の畑で葡萄を栽培。コスパの高いブルゴーニュ白やクレマン・ド・ブルゴーニュを造っています。シャルドネ種のみから造られるブラン・ド・ブラン。手摘み収穫。瓶内2次発酵、熟成12~16ヶ月。柑橘系果実に白い花の香り。爽やかな酸味としっかりとした芯のあるミネラルを思わせる風味。シャルドネの繊細さとエレガントさを感じさせてくれるクレマンです。

バンジャマン・ルルー オーセイ・デュレス ブラン 2018

タイプ:白ワイン

産地:フランス ブルゴーニュ オーセイ・デュレス

グラス 70ml ¥900(税込)

若き天才バンジャマン・ルルー氏はポマール村の重鎮、コント・アルマンの醸造・栽培責任者で、2007年から自分のネゴシアン(会社)を立ち上げました。葡萄は収穫から自ら行い、房ごと醸造します。非常にクラシカルな味わいで若手の生産者の中では注目度ナンバーワンです。果実のみずみずしさを感じる上品なワインです。

2022年6月20日(月)

ル・レーヴ・ワイナリー 結 2021

タイプ:白ワイン

産地:日本 北海道 仁木町

グラス 70ml ¥750(税込)

余市川の左岸に位置する仁木町旭台(朝日があたる土地)のル・レーヴ・ワイナリー。2015年に植樹し、2020年から自社醸造をスタート。自社畑の多品種栽培を生かして、8品種の葡萄を野生酵母でフィールドブレンド(収穫後、一つのタンクに葡萄を次々加えて醸造)で6ヶ月間ゆっくり発酵、熟成させました。結(ムスビ)2021年の品種はピノ・グリ種30%、シャルドネ種18%、ピノ・ムニエ種18%、ゲヴュルツトラミナー種17%、ピノ・ノワール種11%、ピノ・ブラン種4%他。天候に恵まれたこの年は、桃、リンゴ、レモンの果実味に、爽やかな酸と柑橘の皮を思わせるフレッシュな苦みが楽しめます。酸化防止剤は20ppm。

コンドウ・ヴィンヤード タプ・コプ ピノ・ノワール 2017

タイプ:赤ワイン

産地:日本 北海道 三笠市

グラス 50ml ¥800(税込)

 三笠のタプ・コプ畑のピノ・ノワール種主体に栗沢町モセウシ畑のピノ・ノワール種13%をブレンドした赤。2017年から中澤ヴィンヤードと共同の「栗沢ワインズ」を立ち上げ、自社醸造になりました。葡萄は手除梗し、潰さずにタンクに入れ約1ヶ月マセラシオン。その後は徐々にピジャージュしながら自然酵母で発酵させてプレス。樽に移して、自然なMLFと熟成を7ヶ月。瓶詰直前にモセウシのピノをブレンド。ノンフィルター、亜硫酸無添加で瓶詰。

ドゥ・メナ ワビサビ ヴァン・ド・フランス 2020

タイプ:赤ワイン

産地:フランス ルーション

グラス 100ml ¥650(税込)

現当主セバスチャン氏は3代目で、親の代から引き継いだ約30haの畑のうち2ha分を2013年からドゥ・メナとしてリリース(その他は農協に販売)。所有している畑は2012年から全てビオロジックで栽培しています。「ワビサビ」の名前の由来はラベルデザインを任せている友人のデザイナーが、セバスチャンの畑での仕事ぶりが日本のワビサビの世界観に通ずると感じてデザインされました。樹齢40~60年のサンソー種100%。

2022年6月18日(土)

ポール・ジャングランジェ ピノ・ノワール レ・カイユ アルザス 2018

タイプ:赤ワイン

産地:フランス アルザス

グラス 80ml ¥700(税込)

エギスハイムの地に1636年に設立された由緒ある造り手です。アイシュベルグ」と「ペルシベルグ」の二つのグラン・クリュを所有しています。現在は、2000年にドメーヌを継いだ13代目のミッシェル氏とその妻ロレットが中心となりワイナリーを運営しています。ピュアな赤果実の香り。透明感のある果実味と引き締まった酸、柔らかなタンニン。まとまりがよくスムースなワインです。可能な限り自然環境を配慮し、バラエティ豊富で高品質なワインを生産しています。なるべく自然に近い農法を実践しているのが実情ですが、分類するならリュット・レゾネ(減農薬栽培)に属します。

ベルンハルト・コッホ ピノ・ムニエ ゼクト ロゼ ブリュット 2019

タイプ:ロゼ・スパークリングワイン

産地:ドイツ

グラス 80ml ¥650(税込)

ファルツ州のハインフェルトにある家族経営のワイン生産者ですが、そこでワイン造りをするのは、兵庫県出身の坂田千枝さん。幼い頃から果樹栽培の仕事をしたいと考えていて、ラインガウやアールで研修を積みました。2013年末から、コッホで働いています。ピノ・ムニエ種で造る珍しいゼクトのロゼ。ピノ・ムニエ種を圧搾し、タンクで12日間発酵、マロラクティック発酵はしていません。熟成もタンクで9ヶ月行った後瓶詰めし、約18ヶ月熟成させます。イチゴやチェリーのフルーティで洗練されたアロマが広がり、果実の甘さとおだやかな酸がとてもバランスよく調和しています。

2022年6月15日(水)

宮本ヴィンヤード ヴィーニュ・シャンタント アントル・シアン・エ・ルー 2019

タイプ:白ワイン

産地:日本 北海道 三笠市

グラス 70ml ¥1,000(税込)

元タキザワ・ワイナリーの醸造家・宮本亮平氏の自社畑のワイン「ヴィーニュ・シャンタント」。減農薬農法を実践し、自然派の醸造でワイン造りを行っています。アントル・シアン・エ・ルー(仏・犬と狼の間の意)はピノ・グリ種主体のオレンジワイン。このワインはオレンジの色調を持ち、果皮、種からの苦旨味と複雑さを持っています。作柄の良かった2019年産は5%程のゲヴュルツトラミネール種がアクセントに香り、味わいは豊かな果実味をタンニンが包み込んでいます。亜硫酸塩は極少量添加。

2022年6月11日(土)

ドメーヌ・オーレリアン クレマン・ド・ブルゴーニュ アン・シャティヨネ ブリュット・トラディション

タイプ:白ワイン

産地:フランス ブルゴーニュ シャティヨネ

グラス 100ml ¥650(税込)

ブルゴーニュ地方の北限、シャンパーニュ地方に隣接するシャティヨネ地区のベラン・シュール・ウルス村で、スティルワインは造らず、クレマン・ド・ブルゴーニュの生産に専念しているドメーヌ。ピノ・ノワール種にシャルドネ種を1/3ブレンドし、約20ヶ月の熟成後に瓶内二次発酵で20ヶ月熟成したワインは、シャンパーニュに比肩する上質な味わいで、パリの星付きレストランにもオンリストされるなど好評を博しています。

2022年6月9日(木)

ココファーム こことある 余市 ぴのろぜ 2016

タイプ:ロゼワイン

産地:日本 栃木県

グラス 70ml ¥650(税込)

余市登地区の木村農園産ピノ・ノワール種を10Rワイナリーのブルース・ガットラヴ氏が醸造したロゼワイン。葡萄を房のまま7週間も低温で炭酸ガスが入っているタンクの中に置き、果皮の旨味を果汁に漬け込みます。厳選された樽とステンレスタンクで野生酵母により発酵し、発酵が澄んだ後も澱と一緒に熟成させ、やさしい口当たりとアロマ、複雑さをワインに与えていきます。瓶詰時に少量の亜硫酸を添加し、ノンフィルターで瓶詰。

クレール・ノーダン オート・コート・ド・ボーヌ ブラン ベリース 2017

タイプ:白ワイン

産地:フランス ブルゴーニュ オート・コート・ド・ボーヌ

グラス 60ml ¥900(税込)

クレール・ノーダンは、ドメーヌ・アンリ・ノーダン・フェランの現当主クレール・ノーダン(ジャン・イヴ・ビゾの妻)がドメーヌを引き継いだ折に、代々受け継がれてきたクラシック・スタイルとは別に生産する、より自然な栽培、醸造方法によって造られたヴァン・ナチュール・レンジになります。様々な熟したフルーツの香りと心地よい樽香があり、旨味と酸味の絶妙なバランスが楽しめます。発酵はステンレスタンクで、熟成は新樽100%アリエ産の小樽(228L)で12ヶ月間実施。自然な味わいに仕上げたいという思いからバトナージュは行わなず、SO2の添加はマロラクティック発酵終了時に極少量実施するのみ。

2022年6月6日(月)

クリストム ピノ・ノワール マウント・ジェファーソン・キュヴェ エオラ・アミティ・ヒルズ 2019

タイプ:赤ワイン

産地:アメリカ オレゴン ウィラメット・ヴァレー エオラ・アミティ・ヒルズ 

グラス 80ml ¥850(税込)

オレゴン州のエオラ・アミティ・ヒルズで、高品質のピノ・ノワールを生産するワイナリー。ポール・ギャリー氏によって創設され、現在は息子のトム氏が引き継いでいます。特に注目すべきはそのワインメーカーのスティーヴ・ドナー氏で、カレラでアシスタントワインメーカーとして創設期から10年以上の経験を積んだ後、オレゴンでクリストムを立ち上げようとしていたオーナーのポール・ギャリー氏の目指すワイン造りに賛同し、共に畑から一貫したワイン造りに取り組んでいます。全房発酵約50%。自社畑80%に厳選された買い葡萄をブレンド。

2022年6月2日(木)

山﨑ワイナリー ソーヴィニヨン・ブラン 2021

タイプ:白ワイン

産地:日本 北海道 三笠市

グラス 70ml ¥650(税込)

ソーヴィニヨン・ブラン種からのワインは、冷涼な柑橘系果実や果皮のようなフレッシュで爽快な香り、レモンやグレープフルーツを思わせる弾ける果実の味わいと、葡萄の熟度を感じられる力強さもある味わいが楽しめます。樹齢:12年 醸造:ホールプレス、低温醗酵

ふらのワイン ツバイゲルト 2014

タイプ:赤ワイン

産地:日本 北海道 富良野市

グラス 70ml ¥700(税込)

ふらのワインのフラグシップワインで、恵まれた区画のツバイゲルトレーベ種を木樽で1年、瓶で長期熟成させた特別な赤。熟成させることで果実香・樽香・熟成香が絶妙に折り合い、余韻の長く綺麗なワインへと姿を変え、さらなる熟成も期待できます。

2022年5月30日(月)

ローラン・ブルトゥロー ブルゴーニュ アリゴテ ラ・クロワゼット 2020

タイプ:白ワイン

産地:フランス ブルゴーニュ

グラス 80ml ¥550(税込)

2015年に教師からヴィニュロンに転身し、ヴァン・ナチュールを造る異色の生産者。ドメーヌはコート・シャロネーズ南端とマコネー北端の境界に位置するキュル・レ・ロッシュ村にあり、畑の面積は2.67ヘクタールで、ピノ・ノワール種、シャルドネ種、アリゴテ種、極僅かのピノ・ブラン種とピノ・ブーロ種を栽培しています。粘土石灰質土壌のラ・クロワゼット区画の樹齢50年のアリゴテ種から造られる白。収穫後、全房でゆっくりと時間をかけてダイレクトプレス。デブルバージュ(前清澄)を入念に2度行って繊細な澱を厳選してから、バリック(新樽は用いない)で野生酵母のみで自発的に発酵。その後、引き続きバリックでマロ発酵と熟成。熟成期間は10~12ヶ月。この間に必要であればバトナージュを実施。その後、ごく軽く清澄のみ行ってノンフィルターで瓶詰めします。SO2は、ボトリングのネガティヴな反応を避けるために、圧搾の際、あるいはマロ発酵が終わった後に必要最低限のみ添加。総生産量2,100本。

シャトー・グラン・ピュイ・ラコスト ポイヤック 2011

タイプ:赤ワイン

産地:フランス ボルドー ポイヤック

グラス 40ml ¥1,000(税込)

シャトー・デュクリュ・ボーカイユのオーナー、ボリー氏が、ポイヤック村に所有するメドック格付け第5級のシャトー。安定した品質で、賢明なボルドー・ファンから信頼されています。2011年はカベルネ・ソーヴィニヨン種78%、メルロ種22%のブレンド。通常7割新樽で18~20ヶ月熟成させています。ワイン・アドヴォケイト誌では91点評価で、飲み頃は2029年頃までは楽しめるとコメントしています。

2022年5月29日(日)

山﨑ワイナリー シャルドネ 樽発酵 2020

タイプ:白ワイン

産地:日本 北海道 三笠市

グラス 70ml ¥650(税込)

2002年からスタートした北海道を代表する個人生産者。12haの自社畑の葡萄のみを使用しています。シャルドネ種を全房のままプレスし、樽醗酵、樽熟成させました。柑橘系果実や南国系果実、黄色い花などの複雑な香り。樽に由来する複雑な余韻が続くリッチな味わい。

キャメル・ファーム・ワイナリー 

タイプ:赤ワイン

産地:日本 北海道 余市町

グラス 70ml ¥800(税込)

余市登町の藤本農園を引き継いだキャメルファームが、伊のコンサルタントであるリカルド・コタレッラ氏と共に、余市の自社畑のみで造ったワイン。美しく輝くやや紫がかったガーネット色。サクランボやブラックベリーをコンポートしたような心地よいアロマ。ほのかにミントやブラックペッパーなどのハーブやスミレ、ミネラルの香りも。バニラやカラメルのような樽由来の香りもあり、しっかりとしたボディと清らかなタンニン、スパイスやミネラルなどのニュアンスも感じる繊細でエレガントなワイン。ブラウフレンキッシュ種100%

シモン・ビーズ サヴィニ・レ・ボーヌ ルージュ 2019

タイプ:赤ワイン

産地:フランス ブルゴーニュ サヴィニ・レ・ボーヌ

グラス 60ml ¥750(税込)

驚くほど緻密で繊細なワインを造り出し、マイナーであったサヴィニ・レ・ボーヌ村をワイン市場に認識させた、フランスでも高く評価されている生産者。マルコネのあるボーヌ寄りの丘とヴェルジュレス寄りの丘に挟まれた、ロアンと呼ばれる川沿いの区画。赤い果実のチャーミングな香りと、繊細で軽やかな果実味が特徴。葡萄は全房のまま、木製の発酵槽と野生酵母で行い、使用樽で12~15ヵ月熟成。

シャトー・オー・ヴェルジェイ ルージュ ペサック・レオニャン 2003

タイプ:赤ワイン

産地:フランス ボルドー ペサック・レオニャン

グラス 80ml ¥600(税込)


1990年代にポムロルのクロ・レグリースのオーナーでもあるガルサン・カティアール家が所有し始めてから、ボルドーを代表する2大コンサルタントのミッシェル・ロランとジャン・リュック・テュヴァンの指導の下、飛躍的に上質なワインを造り出しています。カベルネ・ソーヴィニヨン種主体にメルロ種とプティ・ヴェルド種を少量ブレンド。

2022年5月27日(金)

シャトー・マルテ レゼルヴ・ド・ファミーユ サント・フォア・ボルドー 2017

タイプ:赤ワイン

産地:フランス ボルドー

グラス 80ml ¥750(税込)

シャトー・マルテは、サン・テミリオンから約25kmにあるサント・フォア・ラ・グランド村の程近くのドルドーニュ河を見下ろす高台にあります。約25ヘクタールの一続きの畑で葡萄が栽培され、テルトル・ロートブッフやロック・ド・カンプを運営するルイ・ミジャヴィルを筆頭に、サン・テミリオン村の格付けシャトーと同様に細心の注意を払ってワイン造りが行われています。レゼルヴ・ド・ファミーユは、100%フレンチオークの新樽で18ヶ月以上熟成させた贅沢な造りをしています。メルロ種100%。

2022年5月26日(木)

上幌ワイン 森 2019

タイプ:白ワイン

産地:日本 北海道 栗沢町 上幌

グラス 70ml ¥750(税込)

ブルース・ガットラヴ氏の10R(トアール)ワイナリーがある栗沢町上幌の自社畑のワイン。東向き斜面の区画は、北側の森(ワイン名の由来)が防風林となって畑の気温を高めに保ってくれています。葡萄はソーヴィニヨン・ブラン種主体でオーセロワ種、アリゴテ種、ジーガレーベ種、サヴァニャン種等をブレンド。2019年は量、質ともに恵まれた年て、完熟した果実味が楽しめます。

山﨑ワイナリー ピノ・ノワール 青ラベル 2020

タイプ:赤ワイン

産地:日本 北海道 三笠市

グラス 70ml ¥650(税込)

深みのある赤い果実やフレッシュなイチゴ、針葉樹林を思わせる深く冷涼な香り。硬い果実味と伸びやかなミネラル。土地や気候の特徴を感じられる味わいのピノ・ノワール。青ラベルはヴィンテージの特徴を活かした野生酵母での醸造。主にシルト区の葡萄を使用しています。樹齢15年~22年 醸造:MC、やさしい抽出、野生酵母、樽熟成。

大沢ワインズ プレステージ・コレクション ピノ・ノワール ホークス・ベイ 2014

タイプ:赤ワイン

産地:ニュージーランド ホークス・ベイ

グラス 80ml ¥800(税込)

プレステージ・コレクションは、大沢ワインズの自社畑の中でも異なる区画から厳選した葡萄を使用し、手摘みによる収穫や少量ずつを小分けしての醗酵、フレンチオークによる樽熟成等、伝統的なワイン醸造技術を使用して造られた最高品質ワインです。活き活きとしたブラックカラントやボイズンベリーの風味があり、アタックから中盤にかけて感じられ、後半は葡萄本来の濃厚な風味が感じられます。幾層もの風味が広がり、時間と共に変化していきます。余韻は力強くしっかりとした、心地よいタンニンが長く続きます。

2022年5月22日(日)

フィリップ・ペルノ・ベリカール ブルゴーニュ シャルドネ 2017

タイプ:白ワイン

産地:フランス ブルゴーニュ ピュリニー・モンラッシェ

グラス 80ml ¥600(税込)

オーナー兼醸造家のフィリップ・ペルノ氏は、ピュリニー村の銘醸ドメーヌ、ポール・ペルノの現オーナー、ポール・ペルノ氏の孫(長男の息子)で、フィリップ・ペルノ氏の奥さんの実家から土地を引き継ぎ、ドメーヌ・ペルノ・ベリカールとして2008年に自社詰めを始めました。ファースト・ヴィンテージは2009年で、5haの畑を所有し、白ワインのみを生産しています。ピュリニー村に位置する畑から造られるワンランク上の味わいで、伸びのある綺麗な果実味としっかりとした酸のバランスが素晴らしい白ワインです。オーク樽熟成11ヶ月(600L、新樽比率10%)/ステンレスタンク熟成6ヶ月/瓶熟成6ヶ月

2022年5月20日(金)

山﨑ワイナリー ソーヴィニヨン・ブラン フォレスト 2020

タイプ:白ワイン

産地:日本 北海道 三笠市

グラス 70ml ¥700(税込)

直売所の眼下に広がる葡萄畑(Forest)のソーヴィニヨン・ブラン種のみを使用。自然酵母で樽発酵、樽熟成させたワインは、柑橘系果実と南国系果実の複雑な香り、よく熟したコクのある果実味と複雑な余韻があります。樹齢10年 醸造:ホールプレス、樽醗酵、樽熟成。

2022年5月19日(木)

藤野ワイナリー ミキノホトリ ルージュ 2020

タイプ:赤ワイン

産地:日本 北海道 札幌市

グラス 70ml ¥700(税込)

余市町登地区、減農薬により果樹園を営む三氣の辺(みきのほとり)で丁寧に栽培されたツバイゲルトレーベ種50.8%、ピノ・ノワール種49.2%をそれぞれ品種ごとに野生酵母で仕込みました。除梗後発酵、樽にて14ヶ月熟成。スミレやキノコの香りに、木苺やブラックベリーを感じさせるフレッシュな果実味と出汁のような旨みも感じられます。酸化防止剤は極少量使用。生産本数1934本。

2022年5月13日(金)

フェルミエ ケルナー 2020

タイプ:白ワイン

産地:日本 新潟県 新潟市

グラス 70ml ¥700(税込)

フェルミエは日本一の大河、信濃川が注ぐ日本海に程近い海岸砂丘に位置しており、「海と砂のテロワールが育む新潟の個性溢れるワインを造りたい」と決意し、本多孝氏が東京から新潟に移り、2006年に設立したワイナリーです。「ワイン」はその土地の自然を現す農産物であるべきと考え、フェルミエワイン(フランス語で農家製のワイン)と名付けられました。栽培では「自然栽培」や「有機栽培」に囚われず、必要であれば農薬は最小限の使用。醸造では野生酵母での自然発酵を中心に行い、機械の使用を極力避けた醸造方法を実践しています。引き締まった酸と硬質なミネラルが特徴的な北海道余市産のケルナー種100%の白。

フィリップ・パカレ ジュヴレ・シャンベルタン 2018

タイプ:赤ワイン

産地:フランス ブルゴーニュ ジュヴレ・シャンベルタン

グラス 40ml ¥900(税込)

ブルゴーニュ地方でビオディナミ(有機栽培)の第一人者。瓶詰めに至るまで酸化防止剤を極力使用せず、葡萄本来の味わいを色濃く残した味わいです。ジュヴレ・シャンベルタン村にある複数の区画をブレンド。全房で発酵させたワインは、豊かな果実味と、丸みのあるタンニン、存在感のあるミネラルがバランスよく調和した味わいが魅力。パカレの実力を堪能できる見事な仕上がりです。

2022年5月12日(金)

コンドウ・ヴィンヤード タプ・コプ&モセウシ ピノ・ノワール 2020 飲み比べセット

タイプ:赤ワイン

産地:日本 北海道

グラス 各30ml 1セット¥800(税込)

【タプ・コプ】
三笠のタプ・コプ畑産ピノ・ノワール種の赤。収穫は2回に分け、10月上旬分は手除梗し、潰さずにタンクに入れ約2週間セミ・マセラシオン。10月下旬分は除梗、破砕して、同じタンクに入れて徐々にピジャージュしながら自然酵母で発酵させて2週間後にプレス。8割樽、2割タンクに移して、自然なMLFと熟成を8ヶ月。ノンフィルター、亜硫酸塩10ppm添加で瓶詰。

【モセウシ】
岩見沢市栗沢町のモセウシ畑産ピノ・ノワール種の赤。収穫は10月中旬、手除梗し、潰さずにタンクに入れ約3週間セミ・マセラシオン。後半の1週間で徐々にピジャージュしながら自然酵母で発酵、仕込みから33日後にプレス。樽に移しても発酵は続き、その後は自然なMLFと熟成を8ヶ月。ノンフィルター、亜硫酸塩10ppm添加で瓶詰。

2022年5月7日(土)

マルセル・ダイス コンプランタシオン ブラン ナチュール アルザス 2019

タイプ:白ワイン

産地:フランス アルザス

グラス 80ml ¥600(税込)

アルザスワインの革命児である3つ星生産者。ルグハイム、ベンウィール、ベブランハイム、リボーヴィレの各村の計5haの畑より。アルザス13品種の混植・混醸(リースリング種、ピノ・ノワール種、ピノ・グリ種、ピノ・ブラン種、ピノ・オーセロワ種、ピノ・ブーロ種、ゲヴュルツトラミネール種、トラミネール種、ミュスカ種、ミュスカ・ア・プティ・グラン種、シルヴァネール種、シャスラ種、ローズ・ダルザス種)。粘土石灰質土壌。収量45hl/ha。平均樹齢30年。3000リットルをメインとするフードルで発酵後、12ヶ月間シュール・リー熟成。酸化防止剤無添加。

ペトローロ トリオーネ 2006年&2014年 飲み比べセット

タイプ:赤ワイン

産地:イタリア トスカーナ

グラス 各50ml 1セット¥1,000(税込)

メルロ種100%で造られた「ガラトローナ」がトスカーナのペトリュスと称賛され、トスカーナの新時代の旗手として注目されるワイナリー。トリオーネはペトローロが最も力を注ぐワインで、サンジョヴェーゼ種を主体にメルロ種とカベルネ・ソーヴィニヨン種をブレンドしています。