赤ワイン グバール ジヴリ ルージュ 2019年 750ml 税込3,520円

グバール ジヴリ ルージュ

Goubard Givry Rouge

コート・シャロネーズ地区に17世紀から続く家族経営のドメーヌです。葡萄栽培はリュット・レゾネで、化学肥料、除草剤、殺虫剤は一切使用しません。アルコール発酵と醸しはコンクリートタンクで8日から10日間行います。熟成は全体の80%をステンレスタンク、20%を228Lのバリックで約12ヶ月行います。新鮮なイチゴを思わせるフレッシュなアロマに、口に含むと程よいボディと上品なタンニンが感じられ、余韻はとてもジューシーです。

白ワイン フェヴレ メルキュレ ブラン クロ・ロシェット 2020年 750ml 税4,730円

フェヴレ メルキュレ ブラン クロ・ロシェット

Faiveley Mercurey Blanc Clos Rochette

ブルゴーニュに120haもの畑を所有し、大きな生産量と高い品質を両立させているフェヴレ社。特にメルキュレ村はフェヴレ社が強く、よい区画を所有しています。自社畑のクロ・ロシェット畑(4.8ヘクタール)は、フランボワジエール畑(赤のみ生産)の隣ですが、こちらは石灰岩が多い為にシャルドネ種のみが栽培されています。樽からのスモーク香に、2020年らしい完熟した果実味と酸味、ミネラル感が期待されます。

赤ワイン フィリップ・ル・アルディ メルキュレ 1er レ・ピュイエ 2019年 375ml 税込2,860円

フィリップ・ル・アルディ メルキュレ 1er レ・ピュイエ

Philippe le Hardi Mercurey 1er Les Puillets

良質で人気のシャトー・ド・サントネが、2019年から生産者名をブルゴーニュ公国の初代公王「フィリップ・ルアルディ」に変更しました。ここは”カリテ・フランス”と”テラ・ヴィティス”の認証を受けた有機栽培を実践、最新の醸造設備を用いてお値打ちで良質なワインを造っています。レ・ピュイエは南南西向きの斜面に位置するメルキュレイの1級畑。粘土石灰質の土壌で水はけは良好。摘房によって収量を制限し、果実の凝縮感を高めて、複雑さとスパイシーさが楽しめます。

白ワイン フェヴレ メルキュレ ブラン 2016年 750ml 税込3,300円

フェヴレ メルキュレ ブラン

Faiveley Mercurey Blanc

フェヴレ社が得意とするメルキュレ村からの爽やかな白。村内にある自社畑(2.1ヘクタール)で手摘みされたシャルドネ種を、タンクで発酵、熟成させた白は2016年産。熟成を経てフレッシュな果実味に、酸、ミネラル感が調和して来た頃でしょう。

※画像は2017年ヴィンテージ

赤ワイン Ch フィリップ・ル・アルディ メルキュレ キュヴェ・1395 ルージュ 2019年 750ml 税込3,740円

Ch フィリップ・ル・アルディ メルキュレ キュヴェ・1395 ルージュ

Chateau Philippe le Hardi Mercurey Cuvee 1395 Rouge

サントネ村のシャトー・ド・サントネは”カリテ・フランス”と”テラ・ヴィティス”の認証を受けた有機栽培を実践、最新の醸造設備を用い良質なワインを造っています。このChサントネが2019年から生産者名を、「Chフィリップ・ルアルディ」に変更しました。この赤はメルキュレ村に所有する数ヵ所の区画のピノ・ノワール種をブレンドした、ふくよかで風味豊かな赤。ちなみに、1395年はブルゴーニュ公国の初代公王フィリップ・ルアルディが、ブルゴーニュの畑からガメ種を抜いて、ピノ・ノワール種に植え替えるようお告げを出した年です。

白ワイン フェヴレ メルキュレ ブラン 2017年 750ml 税込3,080円

フェヴレ メルキュレ ブラン

Faiveley Mercurey Blanc

フェヴレ社が得意とするメルキュレ村からの爽やかな白。村内にある自社畑(2.1ヘクタール)で手摘みされたシャルドネ種を、タンクで発酵、熟成させた白は2017年産。熟成を経てフレッシュな果実味に、酸、ミネラル感が調和して来た頃でしょう。

赤ワイン ジョセフ・ドルーアン リュリー ルージュ 2019年 750ml 税込3,575円

Joseeph Drouhin Rully Rouge

ブルゴーニュの名門ジョセフ・ドルーアン社でお値打ちな価格のピノ・ノワール種が入荷しました。サントネ村の数キロ先にあるシャロネーズ地区リュリー村は、瑞々しいイチゴやチェリーの果実味が特徴です。

白ワイン ド・ヴィレーヌ ブーズロン (アリゴテ) 2016年 750ml 税込3,740円

ド・ヴィレーヌ ブーズロン

de Villaine Bouzeron (Aligoté)

ドメーヌ・ロマネ・コンティ社オーナー、オベール・ド・ヴィレーヌ氏はシャロネーズ地区ブーズロン村に暮らし、ここでも個人的にワインを造っています。世界最高のピノ・ノワールの造り手ですが、この村にとって最良の葡萄は白葡萄アリゴテ種と断言し、行政にブーズロン村のアリゴテ種を産地認証させました。ここではアリゴテ種でも良質なアリゴテ・ドレ種を有機栽培し、伝統的な大樽と野生酵母で発酵、熟成させています。今回は熟成した2016年産(4,200円税込)が、特別価格で入荷しました。アリゴテとしては豊かな果実味と、特有のシャープな酸味が熟成を経て調和し始め、飲み頃の美味しさが楽しめます。

※画像は2015年ヴィンテージ

赤ワイン ジョブロ ジヴリ ルージュ 1er クロ・マロル 2013年 750ml 税込4,620円

ジョブロ ジヴリ ルージュ 1er クロ・マロル

Joblot Givry Rouge Premier Cru Clos Marole

爽やかな味わいで知られるジヴリ村ですが、ジョブロ氏のワインは凝縮した果実味とスモーキーな木樽風味を持ち、この村で筆頭の評価を受けています。完熟を待って収穫、100%除梗し、5日間の低温浸漬後、野生酵母とタンクで発酵。週2~3回のピジャ-ジュで果皮からの成分を引き出し、1級畑では贅沢にもフランソワ・フレール社の樽(新樽7割)を使って12ヶ月熟成させます。最適な東向き斜面で、土壌には石が多いクロ・マロル畑の2013年産は、仏ベタンヌ&ドゥソーヴ誌で16/20点の高評価を受けています。

白ワイン ジョセフ・ドルーアン リュリー ブラン 2020年 750ml 税込3,355円

Joseeph Drouhin Rully Blanc

ブルゴーニュの名門ジョセフ・ドルーアン社のワインがお値打ちな価格で入荷しました。シャロネーズ地区リュリー村のシャルドネ種からの白は、リンゴや柑橘類の風味を持つ爽やかな白を、新樽を2割含むフレンチオーク樽で6~8ヶ月熟成させています。

赤ワイン フェヴレ メルキュレ ルージュ ラ・フランボワジエール 2020年 750ml 税込5,610円

フェヴレ メルキュレ ルージュ ラ・フランボワジエール

Faiveley Mercurey Rouge La Framboisiere

ブルゴーニュに120haもの畑を所有し、大きな生産量と高い品質を両立させているフェヴレ社。特にメルキュレ村はフェヴレ社が強く、よい区画を所有しています。自社畑のフランボワジエール畑(11ヘクタール強)には平均樹齢50年のピノ・ノワール種(古い木は1949年植樹)が栽培されています。素晴らしい作柄の2020年産が入荷しました。タンクで発酵後、新樽2~3割の樽で13~14ヶ月熟成。メルキュレらしい豊かな果実味と、スモーキーな木樽風味が期待されます。