白ワイン フランツ・ソーモン ヴァン・ド・フランツ シュナン・ブラン ヴァン・ド・フランス 2018年 750ml 税込2,915円

フランツ・ソーモン ヴァン・ド・フランツ シュナン・ブラン ヴァン・ド・フランス

Frants Saumon Vin de Frantz Chenin Blanc Vin de France

フランツ・ソーモン氏はフランスの母なる大河ロワール川、中流域で有機栽培に取り組む生産者です。このワインはドー、トゥアールの自社ブドウや、妻マリーのブドウを含む買いブドウのシュナンブランを自身のドメーヌで仕込みました。全房でプレス後、古樽で発酵・熟成しました。淡いグリーンイエロー色、青りんごやスウィーティ、梨の香り、クリーミーな口当たりに杏や黄色果実の旨味、中程度のボリュームに程よい塩味が溶け込んでいます。シュナンブラン種100%

赤ワイン マチュー・コスト レ・テット・ド・シャ 2014年 750ml 税込3,850円

マチュー・コスト レ・テット・ド・シャ

Mathieu Coste Les Tetes de Chats Vin de France

ブルゴーニュの名門ブシャール・ペール・エ・フィスやボーヌ醸造高校で醸造の責任者をしていたマチュー・コスト氏がサンセールの北東に位置するヴィルモワゾン村で開いたドメーヌです。樹齢50年以上の古木で、30年以上無農薬耕作された畑から滋味あふれる素晴らしいワインを造りだします。また、そのワインを熟成させてから出荷して下さるので練れたワインが好みのお客様に持って来いです。チェリーの風味、枯葉、キノコ、干し柿、栗、クルミ等々口中で様々な表情を発見できます。複雑で長い余韻が印象的でもあります。ロワール地方のピノ・ノワールとガメイを再評価させる逸品です。ピノ・ノワール種80%、ガメイ種20%

赤ワイン メゾン・ボワザール ブルグイユ ポチュクス 2020年 税込3,850円

メゾン・ボワザール ブルグイユ ポチュクス

Maison Boisard Bourgueil Pollux

フランス自然派生産者のリーダー的存在、ドメーヌ・デ・モルティエのボワザール兄弟が始めたネゴシアンワインです。ネゴシアン(自社畑ではない葡萄を使用)といっても彼らの友人が丹精を込めて作った葡萄を自然なままに表現した逸品です。カベルネ・フラン種はカベルネ・ソーヴィニヨン種が作れないようなところで栽培されている補助品種のようなイメージでしたが、このワインを飲んで気持ちが変わりました。ハッキリ言って私はこんなに美味しいカベルネ・フラン種のワインに出会ったことがありません。リキュールの様に凝縮したカシスの香りにハーブやスパイスを纏い、香りだけでもウットリです。味わいは凝縮したカシスとフランボワーズの果実味に酸味がしっかりと味わいを引き締め、長く余韻が続きます。輸入もはされていないようですが自社畑のドメーヌ・デ・モルティエのワインが飲んでみたくなるほど素晴らしいワインでした。 カベルネ・フラン種100%

白ワイン ダニエル・ショタール サンセール ブラン 2019年 750ml 税込3,630円

ダニエル・ショタール サンセール ブラン

Daniel Chotard Sancerre Blanc

ベタンヌ&ドゥソーヴで3ッ星評価の生産者。2004年から畑の作業は全く農薬を使わないようにし、動物の糞や葡萄の枝などオーガニックなものを使用しています。ABマーク認証は取得していませんが、限りなくそれに近い状態です。アロマを最大限に引き出すため、14度の低温で発酵させます。低温発酵させることで、青っぽいハーブのニュアンスやタニックなフレイバーが出ないようにしています。スキンコンタクトなし、マロラクティック発酵もしません。綺麗な澱とともにタンクと大樽、樽で6~10ヶ月熟成させます。白い花を思わせる華やかなアロマに、きれいな酸が豊かな果実味と調和し、余韻に感じるフレッシュなミントやオレガノなどのハーブのニュアンスがアクセントになっています。

白ワイン ミッシェル・トマ サンセール シレックス 2020年 750ml 税込3,410円

ミッシェル・トマ サンセール シレックス

Michel Thomas Sancerre Silex

サンセールから4キロほどの小さな町、シュリー・アン・ヴォーにドメーヌはあり、サンセールを構成する、テール・ブランシュ(粘土石灰)、カイヨット(玉石)、シレックス(ケイ質)の3種のテロワール全てを持ち、多様な土壌の個性を活かすことで、独特の複雑なブーケを生み出しています。シレックスの魅力を引き出した限定生産のワインで、シュール・リーにて10ヶ月のステンレスタンク熟成を施してます。。アプリコットを想わせるフルーティなアロマが香り立ち、ミネラル感がしっかりしたワインです。

赤ワイン クレモン・バロー エルブ ルージュ ヴァン・ド・フランス 2018年 750ml 税込3,300円

クレモン・バロー エルブ ルージュ ヴァン・ド・フランス

Clément Baraut Herbes Rouge Vin de France

元エノロジストのクレモン・バロー氏がアンジューの地でワインづくりを始めたのは直ぐ近くにいる巨匠ニコラ・ジョリー氏が彼の畑を譲ったことがきっかけとなりました。このエルヴ ルージュはグロローとガメイを全房でグラスファイバータンクで8日間醸しプレス、グラスファイバータンクでピジャージュを1回行い20日間発酵、そのままマロラクティック発酵・熟成しました。淡いルビー色、クランベリーやプラム、フルーツトマトの香り、少し酸がツンとした印象ですが、果実感に柔らかいタンニンが溶けこみ優しく柔らかに感じるワインです。 グロロー種50%、ガメイ種50%

白ワイン クレモン・バロー エルブ フォル・ブラン 2019年 750ml 税込3,080円

クレモン・バロー エルブ フォル・ブラン

Clément Baraut Herbes Folles Blanc

元エノロジストが立ち上げたドメーヌで生い茂った草という名のキュヴェです。オーナーのクレモン・バロー氏がアンジューの地でワインづくりを始めたのは直ぐ近くにいる巨匠ニコラ・ジョリー氏が彼の畑を譲ったことがきっかけとなりました。シスト土壌のシュナンブランをグラスファイバータンクで40日発酵、そのままマロラクティック発酵・熟成、ビオディナミカレンダー根っこの日に作業をしていました。。グリーンイエロー色、青りんごや爽やかな草原、ディルやミントの香り、黄色りんご食べたようなシャープな酸味に旨味もありスッキリしていますが味わい深いです。 シュナンブラン種1000%

赤ワイン マリー・ロシェ レ・パサント 2020年 750ml 税込3,960円

マリー・ロシェ レ・パサント

Marie Rocher Les Passantes

マリー・ロシェは、クロ・ロッシュ・ブランシュの醸造所を借りて、2018年にナチュラルワインのミクロネゴスを立ち上げます。彼女は高校卒業後、マルセル・ラピエールで5年間葡萄収穫を経験。その後は別の分野で働いていましたが、ナチュラルワイン造りに惹かれロワールに移住し、レ・カプリアード、エルヴェ・ヴイルマード、ミカエル・ブージュ、ブリュノ・アリオンら生産者の下で研鑽を積みます。ワインをアール・ド・ラ・ターブル(食卓の芸術)と考えるマリーのワインは、味わいだけでなくプレゼンテーションもポエジー(詩情)に溢れています。手摘みで収穫した葡萄を100%全房で野生酵母のみでタンクにて発酵。マセレーションは約2週間。初期段階は足によるピジャージュを行い、ルモンタージュは1日1回実施。その後、4/5はタンクで、1/5は古樽のバリックで、シュール・リーの状態で自発的なマロ発酵と熟成。無清澄で瓶詰め。ボトリング後のワインのネガティブな反応を避けるために、瓶詰め前に限り必要最小限のSO2を添加。ガメイ種100%。2020年はビオの造り手ヴァンサン・ルクレールから葡萄を購入。収穫は8/29、8/31。2021年2月26日瓶詰め。総生産量7,000本。

ロゼスパークリングワイン マリー・ロシェ レ・ヴァルスーズ 2020年 750ml 税込3,960円

マリー・ロシェ レ・ヴァルスーズ

Marie Rocher Les Valseuses

マリー・ロシェは、クロ・ロッシュ・ブランシュの醸造所を借りて、2018年にナチュラルワインのミクロネゴスを立ち上げます。彼女は高校卒業後、マルセル・ラピエールで5年間葡萄収穫を経験。その後は別の分野で働いていましたが、ナチュラルワイン造りに惹かれロワールに移住し、レ・カプリアード、エルヴェ・ヴイルマード、ミカエル・ブージュ、ブリュノ・アリオンら生産者の下で研鑽を積みます。ワインをアール・ド・ラ・ターブル(食卓の芸術)と考えるマリーのワインは、味わいだけでなくプレゼンテーションもポエジー(詩情)に溢れています。手摘みで収穫した葡萄をダイレクトプレスして野生酵母のみでタンクで自発的に発酵。SO2やその他の醸造添加物は一切加えずに醸造。メトッド・アンセストラルで、アルコール発酵が完全に終了していないワインを残糖を残して瓶詰めし、瓶内で完全にアルコール発酵を終了させる。ア・ラ・ヴォレ(手作業)でデゴルジュマン。ドザージュ・ゼロ。ボトリング後のワインのネガティブな反応を避けるために、デゴルジュマンの際に必要最小限のSO2を添加。ガメイ種100%。2020年はビオの造り手ジュリアン・モローから葡萄を購入。収穫は8/27~28日。2020年9月13日に瓶詰め。総生産量5,500本。

白ワイン ルー カンシー キュヴェ・エオル 2018年 750ml 税込2,530円

ルー カンシー キュヴェ・エオル

Roux Quincy Cuvee Eole

ジャン・クロード・ルーはサンセール村の南西に位置するカンシー村に7.5ヘクタールの畑を所有する生産者。小石と砂に粘土質が混じる土壌に、ソーヴィニヨン・ブラン種を栽培。最新式の振動式ベルトコンベアの選果台と、冷却装置を使って、フルーティーな果実感と、ミネラル感のある澄んだ味わいで評価を上げています。この2018年産も仏アシェット誌で2★の高評価で、定価3,190円税込の品が特別価格で入荷しました。