ロゼスパークリングワイン ベルンハルト・コッホ ピノ・ムニエ ゼクト ロゼ ブリュット 2019年 750ml 税込3,520円

ベルンハルト・コッホ ピノ・ムニエ ゼクト ロゼ ブリュット

Bernhard Koch Pinot Meunier Sekt Rose Brut

ファルツ州のハインフェルトにある家族経営のワイン生産者ですが、そこでワイン造りをするのは、兵庫県出身の坂田千枝さん。幼い頃から果樹栽培の仕事をしたいと考えていて、ラインガウやアールで研修を積みました。2013年末から、コッホで働いています。ピノ・ムニエ種で造る珍しいゼクトのロゼ。ピノ・ムニエ種を圧搾し、タンクで12日間発酵、マロラクティック発酵はしていません。熟成もタンクで9ヶ月行った後瓶詰めし、約18ヶ月熟成させます。イチゴやチェリーのフルーティで洗練されたアロマが広がり、果実の甘さとおだやかな酸がとてもバランスよく調和しています。

ロゼワイン マーカス・モリトール ピノ・ノワール ロゼ ハウス・クロスターベルグ モーゼル 2020年 750ml 税込2,860円

マーカス・モリトール ピノ・ノワール ロゼ ハウス・クロスターベルグ モーゼル

Friedrich Becker Spaetburgunder QbA Pfalz Trocken

モーゼル中部のヴェーレナー村で注目される若手の生産者。当然リースリング種も高評価で、2019年産の4種がアドヴォケイト誌で100点評価を受けています。更にピノ・ノワール種の赤は、ジュヴレとシャンボール村からのクローンを栽培し、同様に高評価されています。このピノから造られたロゼが新入荷。涼しいモーゼルの急斜面で栽培されたピノ・ロゼは、チェリーの果実味に爽やかな酸味とミネラル感が調和した味わいで、こちらも評価を上げています。

白ワイン ルドルフ・ファウス ウーデンハイマー ゾンネンベルク リースリング アイスヴァイン 2018年 350ml 税込4,400円

ルドルフ・ファウス ウーデンハイマー ゾンネンベルク リースリング アイスヴァイン

Rudolf Fauth Udenheimer Sonnenberg Riesling Eiswein 1/2

300年以上続く家族経営のワイナリー。温暖化によりアイスワインが出来ないリスクがあっても毎年アイスワイン造りに挑戦しています。最近の10年間で2,3回ほどしか収穫できていない、とても貴重なワインです。リースリング種からのワインは、香り、味わいが非常にしっかりして、様々なトロピカルフルーツの要素が感じられます。

白ワイン ヴィラ・ヴォルフ ピノ・グリ ファルツ 2020年 750ml 税込2,200円

ヴィラ・ヴォルフ ピノ・グリ ファルツ

Villa Wolf Pinot Gris QbA Pfalz

モーゼル地区の名門ローゼン家が運営する、ファルツ地方の名門ヴォルフ醸造所。この白はピノ・グリ種(グラウアー・ブルグンダー)からの辛口タイプ。品種特有のふくよかな果実味と、酸味が調和した爽やかなスタイル。このワイナリーで一番人気の1本です。

白ワイン フリッツ・ハーク リースリング QbA トロッケン 2020年 750ml 税込2,805円

Fritz Haag Riesling QbA Trocken

ドイツ・モーゼル地方で最高の評価を受けているフリッツ・ハーク氏。専門家の多くは、頂点に立つ生産者のエゴン ミュラーやJ.J.プリュムと同格と見ています。このワインはブラウネベルグ村のユッファー畑と、ユッファー・ゾンネンウーア畑のブレンド。ワイン評論家ロバート・パーカー氏がすすめるお値打ちワインを集めたパーカーズ・ワイン・バーゲンズにも掲載。ハーク氏のワイン造りの特徴が充分に生かされたワインは、リースリング種の香りが華やかで、豊かな果実味と酸味が調和した、キレの良い辛口タイプです。

白ワイン シュロス・リーザー ニーダーベルク・ヘルデン リースリング グローセス・ゲヴェックス 2019年 750ml 税込8,250円

シュロス・リーザー ニーダーベルク・ヘルデン リースリング グローセス・ゲヴェックス

Schloss Lieser Niederberg Helden Riesling Grosses Gewächs

現在、モーゼル地方で最高評価を受けているフリッツ・ハーク氏の長男、トーマス・ハーク氏が1992年から運営するシュロス・リーザー。グローセス・ゲヴェックスはドイツのグラン・クリュの辛口ワインを指します。畑は丘の上に位置し、南西向きで日当たりの良い畑です。樹齢は80~90年と古いため、収量は少なくなります。ミネラルや石、スパイスの要素があり、複雑さがあり、ミネラルが強く、キレのある酸があります。集約感がしっかりと感じられる辛口です。ブルゴーニュのグラン・クリュと比べると、ドイツ最高峰の辛口がこの価格はお買い得です。そして味わいも全く引けを取りません。パーカー95点の高評価です。

白ワイン ゲオルグ・ブロイヤー テラ・モントーサ リースリング ラインガウ 2017年 750ml 税込6,600円

ゲオルグ・ブロイヤー テラ・モントーサ リースリング

Georg Breuer Terra Montosa Riesling Rheingau

ラインガウ地方リューデスハイム村の名門ゲオルグ・ブロイヤーが所有する4カ所の特級畑産ワイン(各畑の定価は1万円以上)で、僅かに基準を下回ったロットをブレンドしたセカンド・ワイン。モントーサはラテン語で急斜面の意。1200リッターの大樽で熟成したワインは、斜面下部のふくよかさと、斜面上部の香り高さとシャープな酸味が両立しています。試飲をした私は、ピュリニー村のミネラル感を持った酸味を思いうかべました。リースリング種の偉大さが感じられる逸品です。

赤ワイン ヴィラ・ヴォルフ シュペートブルグンダー ファルツ 2019年 750ml 税込2,420円

ヴィラ・ヴォルフ シュペートブルグンダー ファルツ 2018年

Villa Wolf Spaetburgunder QbA Pfalz

モーゼル地区の名門ローゼン家が運営する、ファルツ地方の名門ヴォルフ醸造所。ヴァヘンハイム村近隣のシュペートブルグンダー種(ピノ・ノワール)からの赤は、涼しい産地のピノの良さが素直に楽しめます。この価格で良質なピノ・ノワールが楽しめる、めっけもんの1本です。

赤ワイン ワインハウス・ビファー ピノ・ノワール ファルツ 750ml 税込2,079円

Weinhaus Biffar Pinot Noir Pfalz

ダイデスハイムで続く名門、ヨーゼフ・ビファーがリリースしたマルチヴィンテージのピノ・ノワール。各ヴィンテージのワインはバリックで最低1年以上熟成され、あまり樽香をつけすぎないように気を配り、ピノ・ノワール種特有の果実味が楽しめるようにブレンドされています。今回リリースのものは2015~2018年のブレンドになります。

白ワイン ヨーゼフ・ビファー シャルドネ トロッケン ファルツ QbA 2015年 750ml 税込1,485円

Josef Biffar Chardonnay Trocken Pfalz QbA

ヨーゼフ・ビファーは1879年よりダイデスハイムで続く名門で、2013年より日本人の徳岡史子女史が社長兼醸造家に就任し、より高品質なワインを生産しています。自然に逆らわず、畑や葡萄が持つ個性を最大限に引き出し、ヴィンテージの違いも楽しみながら醸造されるワインは、きれいな酸味とピュアな果実味に溢れています。桃やリンゴ、パイナップルなどの豊かな果実と微かな木樽の香りがあり、しっかりとした果実味と心地よい酸味とのバランスが良い辛口になります。

※写真は2014年ヴィンテージ