白ワイン フリッツ・ハーク リースリング QbA トロッケン 2020年 750ml 税込2,805円

Fritz Haag Riesling QbA Trocken

ドイツ・モーゼル地方で最高の評価を受けているフリッツ・ハーク氏。専門家の多くは、頂点に立つ生産者のエゴン ミュラーやJ.J.プリュムと同格と見ています。このワインはブラウネベルグ村のユッファー畑と、ユッファー・ゾンネンウーア畑のブレンド。ワイン評論家ロバート・パーカー氏がすすめるお値打ちワインを集めたパーカーズ・ワイン・バーゲンズにも掲載。ハーク氏のワイン造りの特徴が充分に生かされたワインは、リースリング種の香りが華やかで、豊かな果実味と酸味が調和した、キレの良い辛口タイプです。

白ワイン ゲオルグ・アルブレヒト・シュナイダー エルベルク ゲヴュルツトラミナー シュペートレーゼ 2018年 750ml 税込2,420円

ゲオルグ・アルブレヒト・シュナイダー エルベルク ゲヴュルツトラミナー シュペートレーゼ

Georg Albrecht Schneider Ölberg Gewürztraminer Spätlese

ラインヘッセンの一等地に畑を持つ200年以上続く歴史ある生産者。ロートリーゲントは赤い砂岩で、ライン川に反射した太陽の熱を蓄積します。夜になると他よりも早く日光が当たらなくなりますが、土に蓄積された熱が放出されて畑を温めているので、フルボディで長期熟成の可能性を持つワインが出来ます。発酵と熟成はステンレスタンクで、発酵は天然酵母です。ゲヴュルツトラミナー種の特徴的なバラの花のアロマに加え、かすかにオレンジの皮、ナツメグを思わせる甘いスパイスが感じられます。味わいにもアロマと同様のフレイバーが広がり、さらにハチミツのニュアンスが感じられます。果実の甘さと酸が非常にバランスよくまとまっているやや甘口ワインです。

白ワイン シュロス・リーザー ニーダーベルク・ヘルデン リースリング グローセス・ゲヴェックス 2019年 750ml 税込8,250円

シュロス・リーザー ニーダーベルク・ヘルデン リースリング グローセス・ゲヴェックス

Schloss Lieser Niederberg Helden Riesling Grosses Gewächs

現在、モーゼル地方で最高評価を受けているフリッツ・ハーク氏の長男、トーマス・ハーク氏が1992年から運営するシュロス・リーザー。グローセス・ゲヴェックスはドイツのグラン・クリュの辛口ワインを指します。畑は丘の上に位置し、南西向きで日当たりの良い畑です。樹齢は80~90年と古いため、収量は少なくなります。ミネラルや石、スパイスの要素があり、複雑さがあり、ミネラルが強く、キレのある酸があります。集約感がしっかりと感じられる辛口です。ブルゴーニュのグラン・クリュと比べると、ドイツ最高峰の辛口がこの価格はお買い得です。そして味わいも全く引けを取りません。パーカー95点の高評価です。

白ワイン ゲオルグ・ブロイヤー テラ・モントーサ リースリング ラインガウ 2017年 750ml 税込6,600円

ゲオルグ・ブロイヤー テラ・モントーサ リースリング

Georg Breuer Terra Montosa Riesling Rheingau

ラインガウ地方リューデスハイム村の名門ゲオルグ・ブロイヤーが所有する4カ所の特級畑産ワイン(各畑の定価は1万円以上)で、僅かに基準を下回ったロットをブレンドしたセカンド・ワイン。モントーサはラテン語で急斜面の意。1200リッターの大樽で熟成したワインは、斜面下部のふくよかさと、斜面上部の香り高さとシャープな酸味が両立しています。試飲をした私は、ピュリニー村のミネラル感を持った酸味を思いうかべました。リースリング種の偉大さが感じられる逸品です。

赤ワイン ヴィラ・ヴォルフ シュペートブルグンダー ファルツ 2019年 750ml 税込2,200円

ヴィラ・ヴォルフ シュペートブルグンダー ファルツ 2018年

Villa Wolf Spaetburgunder QbA Pfalz

モーゼル地区の名門ローゼン家が運営する、ファルツ地方の名門ヴォルフ醸造所。ヴァヘンハイム村近隣のシュペートブルグンダー種(ピノ・ノワール)からの赤は、涼しい産地のピノの良さが素直に楽しめます。この価格で良質なピノ・ノワールが楽しめる、めっけもんの1本です。

赤ワイン ワインハウス・ビファー ピノ・ノワール ファルツ 750ml 税込2,079円

Weinhaus Biffar Pinot Noir Pfalz

ダイデスハイムで続く名門、ヨーゼフ・ビファーがリリースしたマルチヴィンテージのピノ・ノワール。各ヴィンテージのワインはバリックで最低1年以上熟成され、あまり樽香をつけすぎないように気を配り、ピノ・ノワール種特有の果実味が楽しめるようにブレンドされています。今回リリースのものは2015~2018年のブレンドになります。

白ワイン ヨーゼフ・ビファー シャルドネ トロッケン ファルツ QbA 2015年 750ml 税込1,485円

Josef Biffar Chardonnay Trocken Pfalz QbA

ヨーゼフ・ビファーは1879年よりダイデスハイムで続く名門で、2013年より日本人の徳岡史子女史が社長兼醸造家に就任し、より高品質なワインを生産しています。自然に逆らわず、畑や葡萄が持つ個性を最大限に引き出し、ヴィンテージの違いも楽しみながら醸造されるワインは、きれいな酸味とピュアな果実味に溢れています。桃やリンゴ、パイナップルなどの豊かな果実と微かな木樽の香りがあり、しっかりとした果実味と心地よい酸味とのバランスが良い辛口になります。

※写真は2014年ヴィンテージ

白ワイン ヴァルデナー・ブラウン エッシェルンドルファー ルンプ シルヴァーナ QbA トロッケン 2019年 750ml 税込2,310円

Waldemar Braun Escehrndorfer Lump Silvaner QbA Trocken

ストレートでクラシックなフランケンらしい個性を持ったシルヴァーナです。収穫した葡萄は除梗せず、全房プレスします。アルコール発酵、熟成はステンレスタンクで18度から22度に温度コントロールしながら行います。その間、バトナージュを行います。繊細な果実味と綺麗な酸、ミネラル豊かで上品なシルヴァーナの味わいは、様々な食事に合わせることができますが、特に和食にぴったりです。

白ワイン デクスハイマー アルッツァイヤー ローテンフェルス ベーレン・アウスレーゼ 2018年 375ml 税込2,310円

Dexheimer Alzeyer Rothenfels Beeren Auslese 1/2

極甘口ワインを得意とする生産者。ジーガレーベ種からのワインは、さわやかさとかすかなスパイスの混ざりあった香りがあり、ミックスフルーツの嫌味のないトロリとした甘さを持っています。ダークグレーのスペシャルボトルとスマートなラベル。極甘口。

白ワイン フリードリヒ・ヴィルヘルム・ギムナジウム グラーハー・ドームプロブスト リースリング カビネット 2008年 750ml 税込2,310円

Friedrich Wilhelm Gymnasium Graacher Domprobst Riesling Kabinett

グラーハ村の単一畑、ドームプロブスト(司祭長)は南西向きの畑で、太陽の光がしっかりと当たります。熱を蓄えられるだけでなく、保水性のある土壌なので、乾燥した年でも水不足に陥りません。葡萄は収穫時に注意深く選別します。発酵は1,000Lのフーダーとステンレスタンクで行い、その後ブレンドすることで複雑さを生みだします。ボトリングを行うまでの数ヶ月、澱とともに寝かせます。ミネラルと構成がしっかりとしており、パイナップルやリンゴの風味を感じます。熟成感とみつ、アプリコットの凝縮感がうまく合わさったお買い得なやや甘口ワイン。