白ワイン ドメーヌ・テッタ ソーヴィニヨン・ブラン 2020年 750ml 税込5,280円

ドメーヌ・テッタ ソーヴィニヨン・ブラン 2020年 750ml 税込5,280円

Domaine Tetta Sauvignon Blanc

ドメーヌ・テッタのワインは、委託醸造を除く自社ブランドはすべて、8haほどある自社畑のブドウから造られ、畑では除草剤や化学肥料などは使わず、ボルドー液などの薬剤も最小限の使用にとどめ、天然酵母での自然発酵と、亜硫酸の使用も極微量ですが、瓶詰め時の判断により無添加でリリースされるワインも多いです。20年から山梨ボーペイサージュでワイン造りを学んだ菅野さんを栽培・醸造長に迎えました。微かに褐色がかった薄い麦わら色、熟した果実、蜜やべっこう飴を想わせる甘い香りとフロール香、味わいはドライでアフターにかけて粘性を伴った厚みが増します。一般的にソーヴィニヨンブランは還元的に造りフルーティなアロマを保持しますが、このワインは微量な酸化熟成をさせたセオリーと反したタイプになります。すでに飲み頃を迎え、芳醇な香味が特徴的です。ソーヴィニヨン・ブラン種100%

白ワイン ドメーヌ・テッタ シャルドネ オリジヌ 2021年 750ml 税込5,280円

ドメーヌ・テッタ シャルドネ オリジヌ 2021年 750ml 税込5,280円

Domaine Tetta Chardonnay Origine

ドメーヌ・テッタのワインは、委託醸造を除く自社ブランドはすべて、8haほどある自社畑のブドウから造られ、畑では除草剤や化学肥料などは使わず、ボルドー液などの薬剤も最小限の使用にとどめ、天然酵母での自然発酵と、亜硫酸の使用も極微量ですが、瓶詰め時の判断により無添加でリリースされるワインも多いです。また20年から山梨ボーペイサージュでワイン造りを学んだ菅野さんを栽培・醸造長に迎えました。オリジヌとはフランス語で「始まり、起源」という意味で、歴史を作ってきたワインと造り手に大きな尊敬を込めて、Origineという名前に21年より変えました。果皮ごと漬け込んで仕込むシャルドネは18年 から造り始めましたが、歴史を遡って行くと白ブドウでも果皮ごと漬け込むことは必然であり、白ワインの起源であると感じています。褐色がかったイエローの外観、白桃やカンキツのハチミツ漬け、アマレットやボタニカルなジンを想わせる複雑な香り、味わいはドライで酸とミネラリーな苦味が骨格を作っています。余韻の長さは中程度で複雑な果実味がじんわりと続きます。まだまだ若い印象なので、瓶熟成を経てポテンシャルが発揮されると期待しています。シャルドネ種95%、他5品種で5%。

赤ワイン ドメーヌ・テッタ マスカットベーリーA 2021年 750ml 税込5,060円

ドメーヌ・テッタ マスカットベーリーA 2021年 750ml 税込5,060円

Domaine Tetta Chardonnay d’or

ドメーヌ・テッタのワインは、委託醸造を除く自社ブランドはすべて、8haほどある自社畑のブドウから造られ、畑では除草剤や化学肥料などは使わず、ボルドー液などの薬剤も最小限の使用にとどめ、天然酵母での自然発酵と、亜硫酸の使用も極微量ですが、瓶詰め時の判断により無添加でリリースされるワインも多いです。また20年から山梨ボーペイサージュでワイン造りを学んだ菅野さんを栽培・醸造長に迎えました。マスカットベーリーAはテッタのブドウの中でも特に樹齢が高く、これまで15VT以上造ってきました。様々な造りに挑戦して多くのアイテムが世に出ていきましたが21VTGで一つの形、方向性が見えてきました。人為的なアプローチを排除しながらナチュラルで綺麗なマスカットベーリーAを表現出来つつあります。海外のお客様にも是非おすす めしたい日本の赤ワインです。やや濃い目のルビー色、フランボワーズ、ラズベリー、コンフィチュールなどフレッシュで甘酸っぱい香りとシナモン、キャラメルなどの熟成由来の香り、味わいはドライですが香りにほんのりと甘さを感じます。酸とタンニンは穏やかで飲み疲れせず、余韻はとても長くエレガントな果実味が口いっぱいに広がります。マスカットベーリーA種100%。

ロゼワイン ドメーヌ・テッタ アキ・クイーン 2021年 750ml 税込4,290円

ドメーヌ・テッタ アキ・クイーン 2021年 750ml 税込4,290円

Domaine Tetta Aki Queen

ドメーヌ・テッタのワインは、委託醸造を除く自社ブランドはすべて、8haほどある自社畑のブドウから造られ、畑では除草剤や化学肥料などは使わず、ボルドー液などの薬剤も最小限の使用にとどめ、天然酵母での自然発酵と、亜硫酸の使用も極微量ですが、瓶詰め時の判断により無添加でリリースされるワインも多いです。また20年から山梨ボーペイサージュでワイン造りを学んだ菅野さんを栽培・醸造長に迎えました。毎年向き合い続けていく中で新たなアイデアが生まれ、自由な醸造から個性を放ったワインが出来ました。輸出を通じて海外でもアキクイーンが認知されるようになり、特に欧米での評価はとても高くtetta の新たな顔になれると大きな期待を寄せています。ピンクがかった淡いオレンジ色、パッションフルーツやアセロラ、シークワーサーやカボスなどの甘く爽やかな香り、味わいに甘さが少しあり強めの酸が特徴で、アフターには果実味と旨味が酸と共にゆっくりと続きます。安芸クイーン種95% クイーンニーナ種他5%。

白ワイン ドメーヌ・テッタ シャルドネ ドール 2021年 750ml 税込5,280円

ドメーヌ・テッタ シャルドネ ドール 2021年 750ml 税込5,280円

Domaine Tetta Chardonnay d’or

ドメーヌ・テッタのワインは、委託醸造を除く自社ブランドはすべて、8haほどある自社畑のブドウから造られ、畑では除草剤や化学肥料などは使わず、ボルドー液などの薬剤も最小限の使用にとどめ、天然酵母での自然発酵と、亜硫酸の使用も極微量ですが、瓶詰め時の判断により無添加でリリースされるワインも多いです。また20年から山梨ボーペイサージュでワイン造りを学んだ菅野さんを栽培・醸造長に迎えました。収穫時期を遅らせることでシャルドネは黄金色に輝き始めます。Tetta では黄金色に変わったタイミングがベストな収穫時期なのかも知れません。樽熟成のシャルドネを造って7VT目になります。ようやく表現したい形や方向性が見えてきました。微かに濁りがかった黄金色、洋ナシ、黄桃、ハチミツ、コンフィチュールなど甘く熟した果実の香り、わずかに甘さがあり、酸とミネラリーな苦味が絶妙なバランスを構成しています。余韻もとても長く、豊満な果実味がゆっくりと続きます。シャルドネ種100%。