白ワイン ルイ・モーラー ピノ・グリ デュッテンベルグ アルザス 2019年 750ml 税込4,400円

ルイ・モーラー ピノ・グリ デュッテンベルグ

Louis Maurer Pinot Gris Duttenberg Alsace

ルイ・モーラーは1996年生まれで、アルザス地方でも最も若い世代のヴァン・ナチュールの造り手です。ドメーヌはルイ氏の祖父によって設立され、現在は2代目の父のフィリップ氏が当主を務めており、ルイ氏は2016年よりドメーヌに参画し、家族のワインとは別に自身の名でワインをリリースしています。デュッテンベルグは、アンドーの村を見下ろす丘陵の斜面で、化石の石灰岩混じりの粘土砂岩土壌になります。手摘みで収穫した葡萄をソフトにゆっくりと圧搾し、フードル・アルザスシエンヌで野⽣酵⺟のみでSO2も添加せず自然発酵。発酵終了後にシュール・リーの状態で翌年の夏まで熟成。無清澄・ノンフィルターで、瓶詰め時にごく少量のみSO2を添加。2019年の⽣産量は1,200本。2021年1月時点のSO2トータルは23mg /L。