赤ワイン マリー・ロシェ レ・パサント 2020年 750ml 税込3,960円

マリー・ロシェ レ・パサント

Marie Rocher Les Passantes

マリー・ロシェは、クロ・ロッシュ・ブランシュの醸造所を借りて、2018年にナチュラルワインのミクロネゴスを立ち上げます。彼女は高校卒業後、マルセル・ラピエールで5年間葡萄収穫を経験。その後は別の分野で働いていましたが、ナチュラルワイン造りに惹かれロワールに移住し、レ・カプリアード、エルヴェ・ヴイルマード、ミカエル・ブージュ、ブリュノ・アリオンら生産者の下で研鑽を積みます。ワインをアール・ド・ラ・ターブル(食卓の芸術)と考えるマリーのワインは、味わいだけでなくプレゼンテーションもポエジー(詩情)に溢れています。手摘みで収穫した葡萄を100%全房で野生酵母のみでタンクにて発酵。マセレーションは約2週間。初期段階は足によるピジャージュを行い、ルモンタージュは1日1回実施。その後、4/5はタンクで、1/5は古樽のバリックで、シュール・リーの状態で自発的なマロ発酵と熟成。無清澄で瓶詰め。ボトリング後のワインのネガティブな反応を避けるために、瓶詰め前に限り必要最小限のSO2を添加。ガメイ種100%。2020年はビオの造り手ヴァンサン・ルクレールから葡萄を購入。収穫は8/29、8/31。2021年2月26日瓶詰め。総生産量7,000本。