アメリカワイン

ワインリストは随時更新しておりますが、在庫は常に変動しておりますので、ホームページ上で記載している商品も品切れしている場合がございます。ご希望の商品、希望本数等がございましたら、お手数ですが当社までお問い合わせ下さい。ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。

Balleto Rose of Pinot Noir Russian River Valley/Sonoma

冷涼なロシアン・リヴァー地区は、ピノ・ノワール種の最適地。自社畑のピノ・ノワール種を、房ごと優しくプレスした果汁を発酵させた白ワインに、同じピノを全房発酵させたスパイシーで風味豊かな赤ワインを5%程ブレンドした大人気のロゼ。定価4,620円税込が特別価格で入荷。

シュラムスバーグ

Schramsberg Blanc de Noirs North Coast

泡があるだけの飲み物だったアメリカのスパークリング・ワインを、シャラムスバーグ社が努力を続け、仏シャンパーニュ地方に勝るとも劣らない飲み物に昇華させた、パイオニアと言える生産者。このブラン・ド・ノワールの葡萄はピノ・ノワール種90%、シャルドネ種10%。更に全体の1/3に樽醗酵ワインを使う事で、豊かさと複雑さが楽しめます。当然、ホワイトハウス御用達です。

Piper Sonoma Brut Sonoma County

1980年にシャンパーニュの名門、パイパー・エドシック社が米ソノマ地区で創業したパイパー・ソノマ。現在はモンダヴィ家のマイケル氏が運営し、更に品質改善を進めています。醸造は元シュラムスバーグのキース・ホック氏を起用、ソノマでも涼しい地区の葡萄を用いて、上品なスタイルに仕上げています。シャルドネ種60%、ピノ・ムニエ種25%、ピノ・ノワール種15%を18ヶ月瓶内二次発酵。

689 Cellars Submission Chardonnay California

689セラーズはワインのコストパフォーマンスを最も重視しており、カリフォルニアでの長年の経験から、カリフォルニア全土の栽培家との関係も深く高品質のブドウを獲得することができます。サブミッションは、ナパ・ヴァレーやソノマだけでなく、パソ・ロブレスやモントレーのブドウも使用しています。熟成はステンレスタンクではなく、フレンチオーク樽を使い、30%は新樽を使用しています。

Chateau Montelena Chardonnay Napa Valley

カリフォルニアワインの品質を世界中に知らしめたのが、1976年パリで行われたカリフォルニアとフランスのブラインドテースティング会。この時のシャルドネ部門で1位になったのがモンテリーナです。MLF(マロラクティック醗酵)は行わず、ステンレスタンクで醗酵。新樽少なめで10ヶ月熟成と、葡萄の味わいを生かしたスタイルです。

Y by Yoshiki Chardonnay Encore California

人気バンド「X JAPAN」のドラマー、Yoshiki(ヨシキ)氏は、音楽だけではなく食通としても知られています。2009年に誕生したワイン「Y by Yoshiki」は、カリフォルニアの名門モンダヴィ家とのジョイント・ベンチャーから生まれました。モンダヴィ家の様々な産地のシャルドネ種の中から、ヨシキ氏が選びブレンドと熟成を経て生まれたオリジナルのワイン。2019年産は「アンコール」と名付けられました。

yoshiki シャルドネ ルシアン・リバー

Y by Yoshiki Chardonnay Russian River Valley

人気バンド「X JAPAN」のドラマー、Yoshiki(ヨシキ)氏は、音楽だけではなく食通としても知られています。2009年に誕生したワイン「Y by Yoshiki」は、カリフォルニアの名門モンダヴィ家とのジョイント・ベンチャーから生まれました。カベルネ好きだったヨシキも、近年はブルゴーニュの味わいに目覚め、ロブ・モンダビ氏と共に新シリーズを発売しました。涼しいルシアン・リヴァー地区産シャルドネ種からの白は、新樽4割のフレンチオーク樽で10ヵ月熟成させています。

Alta Maria Chardonnay Santa Maria Valley

アルタ・マリアは、サンタ・マリア・ヴァレー地区のテロワールを追及する生産者。発酵は自然酵母とステンレスタンクで行い、熟成は9割タンクで、1割は木樽で行います。味わいはクリアな果実味とほのかな木樽風味に、この地区の特徴である潮風の風味が特徴。ニューワールドとは思えない自然な仕上がりです。希望小売価格5000円の商品が特別価格で入荷いたしました。

Au Bon Climat Chardonnay Santa Barbara Tsubaki Label

1982年にジム・クレンデネンによってワイナリーは設立。ワイナリー名の「Au Bon Climat」は、フランス語で 「恵まれた場所」の意。「ブルゴーニュの神様」と呼ばれたアンリ・ジャイエを師と仰ぎ、サンタ・バーバラでブルゴーニュ・スタイルのエレガントなワインを造り上げています。ラベルに描かれているキャラクターは、ワインを造る過程で欠かせない酵母から着想した「酵母の精霊」で、デザインは現代美術家の椿昇(つばき のぼる)氏が手掛けたものになります。

Au Bon Climat Chardonnay Santa Barbara Tsubaki Label

1982年にジム・クレンデネンによってワイナリーは設立。ワイナリー名の「Au Bon Climat」は、フランス語で 「恵まれた場所」の意。「ブルゴーニュの神様」と呼ばれたアンリ・ジャイエを師と仰ぎ、サンタ・バーバラでブルゴーニュ・スタイルのエレガントなワインを造り上げています。ラベルに描かれているキャラクターは、ワインを造る過程で欠かせない酵母から着想した「酵母の精霊」で、デザインは現代美術家の椿昇(つばき のぼる)氏が手掛けたものになります。

Camomi Sauvignon Blanc Napa Valley

カモミは、アメリカのナパ・ヴァレーにイタリアの伝統に根ざしたワインと食文化を広めるために立ちあげられました。カリフォルニアの太陽を思わせる白桃やライチの明るいアロマに溢れ、トロピカルフルーツ、グレープフルーツ、ライムなど生き生きしたフレーバーを楽しめます。

Camomi Heart Craft Chardonnay Napa Valley

カモミは、アメリカのナパ・ヴァレーにイタリアの伝統に根ざしたワインと食文化を広めるために立ちあげられました。洋ナシや桜桃、ネクタリンなどのアロマ。クリーミーな口当たりでありながら適度な酸味もあり、幅広い食事との相性が良いです。シトラス、リンゴそしてトロピカルフルーツのフレーバーが最後に見え隠れする樽香の強いワイン。

Calera Josh Jensen Selection Chardonnay Central Coast

ジョシュ・ジェンセン・セレクションは、ジョシュ氏が初めて自身の名を冠した日本向けに造られたスペシャルワインで、買い葡萄で造られるセントラル・コーストのワインをベースにマウント・ハーランの自社畑の葡萄がブレンドされて造られています。ラベルのワイン名は著名女性書道家の紫舟(ししゅう)によって描かれています。

Grand Cru Vineyards Chardonnay California

米国で人気の大手生産者ブロンコ社が造る新シリーズが「グラン・クリュ・ヴィンヤーズ」。カリフォルニア産のシャルドネ種75%に、ピノ・グリージョ種、ヴィオニエ種等をブレンドした白は、ステンレス・タンクで発酵・熟成(一部オーク樽使用)されます。味わいは熟した洋梨やメロンの果実味に、少し青リンゴの爽やかさとバニラの風味が混じります。フレッシュでバランスの良い味わいをお楽しみください。

Clendenen Family Chardonnay The Pip Le Bon Climat

オー・ボン・クリマのジム・クレンデネン氏のプライベートワインで、自社畑を中心に秀逸な葡萄を用い、クレンデネン氏の理想を表現しています。ザ・ピップのシャルドネは、自社畑ル・ボン・クリマの若木の葡萄を使い、新樽を控えめにして造られたル・ボン・クリマのセカンド的ワインになります。「ピップ」はジム・クレンデネンの愛犬の名。リッチでクリーミーさがあり、凝縮した果実味ときれいな酸味が合わさって余韻まで楽しめます。

Clendenen Family Chardonnay Le Bon Climat Santa Maria Valley

オー・ボン・クリマのジム・クレンデネン氏のプライベートワインで、自社畑を中心に秀逸な葡萄を用いて造られるクレンデネン氏の真髄と言えるワイン。ル・ボン・クリマのシャルドネは、1998年に植樹された自社畑のものだけで造られており、発酵、熟成は新樽のみで行われています。木樽はフランソワ・フレール社製。クローンと台木にもこだわりがあり、ディジョン・クローンをあえて樹勢の弱い台木に接木し、つける実が少なくなり、葡萄がゆっくりと成長することで、凝縮されたリッチな果実味を生む葡萄を生産しています。

The Atom Chardonnay California

ジ・アトムはジェイソン・トゥラルビーが創設したプリマス・ワインカンパニーのブランドの一つです。トゥラルビーは大学卒業後、ワインの販売会社やワイナリーでの経験を積んだ後、自らプリマス・ワインカンパニーを立ち上げ、20年以上にわたり多くのワインブランドの開発を行い、成功を収めています。クリーミーな口当たりの中にスパイス感とミネラル感がある、樽香強めの味わいです。

シェーファー シャルドネ

Shafer Chardonnay Red Shoulder Ranch (Napa Valley)

ナパの中でも冷涼なカーネロスの丘にある自社畑のシャルドネ種。低収量の実を、徹底的に選果。アルコール発酵の後に乳酸発酵はあえて行わず、熟成は3/4をフレンチオーク新樽、1/4をステンレスタンクで14ヶ月行います。高い凝縮感と、シャープな酸味がバランス良く調和したスタイル。パーカー氏93点評価。(画像は2016年を使用しています。)

Shiba Wichern Willamette Blanc Auxerois Willamette Valley

日本人の芝明子さんがご主人のクリスさんと共に2013年にシバ・ウィシャーン・セラーズを設立し、畑とワイナリーを借りて、できるだけ自然に近いアプローチでワイン造りを行っています。葡萄は収穫後、直ぐにプレスしタンクにて発酵。セラーの温度が自然に低下する冬には発酵が殆ど停止し、春に再び活動をし始め、夏まで発酵が続きます。2019年に澱引きをし、2月に瓶詰。青リンゴやハチミツ、それにパイナップルやココナッツの風味が感じられます。SO2はトータルで僅か20PPM。

Star Lane Vineyard Sauvignon Blanc Happy Canyon of Santa Barbara

ソーヴィニヨン・ブラン種は、海洋性気候の恩恵を受けることのできるスター・レーンの畑で一番南の端に位置する区画で栽培しており、完熟した果実味と柑橘系の引き締まった酸がバランス良く調和しています。

Stag’s Leap Wine Cellars Karia Chardonnay

1976年の「パリスの審判」事件でムートンやオー・ブリオンを破り、見事第一位に輝いたスタッグス・リープによる辛口白ワイン。「カリア」はギリシャ語で「優雅さ」を表す言葉。発酵は70~80%を樽、残りをステンレスタンクで行い、8~9ヶ月間フレンチオーク樽(新樽比率約30%)で熟成させます。ナパ・ヴァレー南部の冷涼な気候を反映し、桃やリンゴ、レモン、トロピカルフルーツ、海風が運ぶトロピカルフラワーなど、豊かな香りに溢れています。

Saintsbury Chardonnay Carneros

良質なピノ・ノワール造りを目指してスタートした、ワイナリーのセインツベリー。このシャルドネ種は涼しいカーネロス地区の葡萄を用い、フレンチオーク樽(1割新樽)で発酵、熟成(8ヶ月)させます。MLF(乳酸発酵)も一部のみ行う事で、爽やかな果実味と、品のある木樽風味がバランスよく調和しています。定価4,500円が特別価格で入荷しました。

ディヴァム シャルドネ モントレー

Divum Chardonnay Monterey

4代にわたりサリナス・バレーの農地で生き、呼吸し、働きたいという同じ情熱を共有するディヴァム。果実は全てサステイナブル農法の認定を受けた3つの自社畑のいずれかのブロックから厳選されたもののみを使用しています。凝縮感のある果実味と酸がフレンチオークにより上手く包み込まれ、クリーミーな味わい。鮮やかな果実味と複雑さが余韻に残り、とても美しいです。

バイロン

Byron Nielson Vineyard Chardonnay Santa Maria Valley

1984年にケン・バイロン・ブラウン氏によって設立されたワイナリー。サンタ・バーバラ地区において高品質なピノ・ノワール種を産み出したパイオニア的存在です。冷涼な気候の中で収量制限や緻密な区画管理などを行い、凝縮感のある果実味とエレガントな酸を合わせ持つワインを造り出しています。フレンチオーク(新樽比率59%)で10ヶ月間熟成。柑橘系やミネラルフレーバーに加えて、ハチミツのニュアンスが感じられ、樽由来の香り、味わいが溶け込んだ非常にリッチなワイン。

Balleto Gewurztraminer Russian River Valley/Sonoma

ソノマ地方の中でも冷涼なロシアン・リヴァー地区は、現在ピノ・ノワール種の最適地として知られていますが、元々はゲヴュルツトラミネール種の産地でした。強烈な日差しによる温暖な日中と、夕方、冷たい海からの深い霧と低温がこの品種には最適な環境でした。華やかなライチ香と、濃厚な味わいがたっぷり楽しめます。定価4,620円税込が特別価格で入荷。

フォリス・ヴィンヤーズ・ワイナリー スワロー ゲヴェルツトラミネール

Foris Vineyards Winery Swallow Gewurztraminer

オレゴン州の冷涼な気候が産み出した超コスパのゲヴュルツトラミネール。ほっこりしたさつまいもにスパイス香があり、厚みとボリューム感のある口当たりで、ほのかな甘さとスパイシーな辛さを持つやや辛口タイプ。

Bread & Butter Chardonnay California

アメリカ国内で大人気のワイン。このシャルドネ種はソノマ・カウンティー、カーネロスAVAと、モントレー・カウンティー、アロヨセコAVAと、温暖な産地と冷涼な産地の葡萄を上手く組み合わせます。発酵後に、ソノマ産はアメリカンオーク樽4ヶ月間、モントレー産はフレンチオーク新樽8ヶ月間と、樽も巧みに使い分け、ブレンドすることで、厚みと複雑さを持ったスタイルに仕上げています。

Hess Shirtail Ranches Chardonnay Monterey

ヘスの醸造チームとワイナリーのエグゼクティブシェフによって料理との組み合わせを念頭において造られたワイン。フレンチオーク (新樽5%) にて6ヶ月熟成したワインは、熟したリンゴ、レモンの皮、オークの香りを感じます。綺麗な酸とトロピカルフルーツの果実味が溶け合い、リッチで上品なスタイルを見事に表現しています。コクのあるシーフード料理やキノコのリゾット等、クリームを使った料理に最適。外出自粛の影響を受け現地アメリカのレストラン需要が大幅に下がり定価¥3.000が特別価格で入荷しました。

Bend Chardonnay California

大人気、カリフォルニア産シャルドネ種からのお値打ちワイン。ふくよかな辛口タイプの白は、完熟した白桃の香りと、樽からのカスタード風味が調和しています。バランスの良い味わいは食事を選ばず、よく冷やして、普通のコップで飲んでも美味しいですよ。

Mc Manis Viognier River Junction California

サン・フランシスコから内陸へ100km程にあるリポンの生産者。3地区に分かれる自社畑は、約1000ヘクタール。この規模で、お値打ちなワインを生産しています。ヴィオニエ種は涼しいリヴァー・ジャンクション地区で栽培され、ふくよかでフルーティな味わいが楽しめます。米ワイン&スピリッツ誌でこの16年産が、「ベスト・バイ・ヴィオニエ」に選出。

Rutherford Vintners Chardonnay Napa Valley

ラザフォードはナパ・ヴァレー各地の生産者とパイプを持ち、各地のワインをブレンドする事でバランスの良いワインに仕上げる生産者。シャルドネ種91%、ヴィオニエ種7%、他2%からの白は、熟成を経て果実味と木樽の風味が調和し、濃度勝負のタイプではなく、お食事と共に楽しめる柔らかな味わいです。定価6,710円の品が特別価格で入荷しました。

Robert Mondavi Private Selection Chardonnay

ロバート・モンダヴィ・ワイナリーは1966年、ナパ・ヴァレー、オークヴィルのト・カロンに創立されました。ト・カロンはギリシャ語で「最高の品質」「最高の美」という意味です。このプライヴェート・セレクションは、涼しい沿岸部を中心に豊かな自然に恵まれたカリフォルニア州の葡萄を贅沢に使用しています。ライム、パイナップルのさわやかな果実香に、クレーム・ブリュレやバニラのアロマ。マロラクティック発酵によるクリーミーでまろやかな味わいが楽しめます。余韻が長く上品な印象のワインです。シャルドネ種100%。

Rombauer Chardonnay Carneros

ナパ地区セントヘレナで1980年創業した、家族経営の名門ワイナリー。シャルドネ種は涼しいカーネロス地区の葡萄を用い、アメリカンとフレンチオーク樽(1/3新樽)で発酵、熟成(9ヶ月)されます。味わいはふくよかな果実味と、木樽の風味がたっぷりの、オールド・アメリカン・スタイル。バターをたっぷり使った料理と共にお楽しみください。

Rombauer Chardonnay Carneros

ナパ地区セントヘレナで1980年創業した、家族経営の名門ワイナリー。シャルドネ種は涼しいカーネロス地区の葡萄を用い、アメリカンとフレンチオーク樽(1/3新樽)で発酵、熟成(9ヶ月)されます。味わいはふくよかな果実味と、木樽の風味がたっぷりの、オールド・アメリカン・スタイル。バターをたっぷり使った料理と共にお楽しみください。

689 Cellars Killer Drop California

689セラーズはワインのコストパフォーマンスを最も重視しており、カリフォルニアでの長年の経験から、カリフォルニア全土の栽培家との関係も深く高品質の葡萄を獲得することができます。ナパ・ヴァレー、ソノマ、シエラ・フット・ヒルズ、ロダイそしてレイクカウンティの厳選した畑の葡萄を使用。凝縮感と厚みがあり、滑らかな飲み心地の味わいです。グルナッシュ種48%、プティ・シラー種26%、シラー種18%、ジンファンデル種8%。

689 Cellars Luckey Draw California

689セラーズはワインのコストパフォーマンスを最も重視しており、カリフォルニアでの長年の経験から、カリフォルニア全土の栽培家との関係も深く高品質のブドウを獲得することができます。深みのあるパープル。ブルーベリーやダークチェリー、カカオのフレーバーが特徴的。しっかりとしたストラクチャーを持ちながら甘くなりすぎず、シルキーなタンニンを長い余韻で楽しめます。カベルネ・ソーヴィニヨン種92%、マルベック種8%。

Chateau Montelena Caberunet Sauvignon Napa Valley

1976年パリで行われたカリフォルニアとフランスのブラインドテイスティング会。この時のシャルドネ部門で1位になったのがここモンテリーナです。もちろんカベルネ・ソーヴィニヨン種の赤も定評があり、自社畑と近隣の葡萄を発酵後、フレンチオーク他で16ヶ月樽熟成させています。2015年産もバランスの良い味わいで、ワイン評論家アントニオ・ガローニ氏は92点評価しています。

Chateau Montelena Cabernet Sauvignon Napa Valley

1976年パリで行われたカリフォルニアとフランスのブラインドテイスティング会。この時のシャルドネ部門で1位になったのがここモンテリーナです。もちろんカベルネ・ソーヴィニヨン種の赤も定評があり、自社畑と近隣の葡萄を発酵後、フレンチオーク他で16ヶ月樽熟成させています。

J.Lohr Estate Falcon’s Perch Pinot Noir Monterey County

ジェイロアーは環境に配慮した自然な農業がテーマ。リサイクル農法や、再生可能エネルギーの利用を促進し、農薬や除草剤の使用を制限するだけではなく、土壌や樹木の生態をできるだけ自然に維持し、葡萄の栽培やワインの醸造過程で発生する排水や廃棄物の管理にも厳しい基準を設けています。このワインは冷涼な気候をもつモントレー地区アロヨ・セコ地域で収獲された完熟葡萄から生み出される密度の濃いボディ。ダークチェリーやプルーンを思わせる果実の風味に、存在感のある酸が全体の味わいを心地よく引きしめています。

Y by Yoshiki Cabernet Sauvignon Oakville (Napa)

人気バンド「X JAPAN」のドラマー、Yoshiki(ヨシキ)氏は、食通としても知られています。2009年に誕生したワイン「Y by Yoshiki」は、カリフォルニアの名門モンダヴィ家とのジョイント・ベンチャーから生まれました。モンダヴィ家の宝とも言える、ナパの中心地オークヴィル地区の葡萄を贅沢に使い、ヨシキがブレンドを行い仕上げました。このワインは4樽仕込まれ、内3樽は仏タランソー社の新樽、1樽は2回使用のアンブロシア樽で、20ヶ月熟成後にブレンドしました。


Y by Yoshiki Cabernet Sauvignon California

人気バンド「X JAPAN」のドラマー、Yoshiki(ヨシキ)氏は、音楽だけではなく食通としても知られています。2009年に誕生したワイン「Y by Yoshiki」は、カリフォルニアの名門モンダヴィ家とのジョイント・ベンチャーから生まれました。モンダヴィ家の蔵で熟成中の様々な産地のカベルネ種の中から、ヨシキ氏が選びブレンドと熟成を経て生まれたオリジナルのワイン。

Anakota Helena Dakota Vineyard Cabernet Sauvignon Knights Valley

アナコタは、パーカー・ポイント100点を何度も獲得したソノマを代表するワインのヴェリテの最高醸造責任者であるピエール・セイヤン氏が、ソノマの更なる可能性を追求したカベルネ・ソーヴィニヨン種100%で造るワインです。ソノマ郡郊外のナイツ・ヴァレーの中心に位置する畑は古代の火山性土壌が残る特別な地区で、ヘレナ・ダコタ畑は、力強い果実味と洗練されたミネラル感を合わせ持つ最高のカベルネ・ソーヴィニヨンが産出されます。ワイン・アドヴォケイト誌96点評価。希望小売価格¥16,000円が特別価格で入荷しました。

アリル カベルネ

Aril Cabernet Sauvignon Estate Reserve Napa Valley

アリルはナパ北部カリストガ地区の自社畑のみから造られるプレミアム・ワイン。コンサルタントは現フェイラ社のオーナー、アレン・ジョーダン氏。畑はオーガニックで、斜面の畑は午後から海の冷風が通り、夜間は気温が一気に落ち込む場所。その為に完熟した果実味と、酸が両立する味わいが特徴。アリル・エステートの現地価格は150ドル(約16,000円)で、2017年産はカベルネ・ソーヴィニヨン種90%、プティ・ヴェルド種10%。65%新樽のフレンチオーク樽で30ヶ月熟成させています。2017年産より酒質の完成度の高さから「リザーブ」と付け加えられました。

Alta Maria Pinot Noir Santa Maria Valley

アルタ・マリアは、サンタ・マリア・ヴァレー地区のテロワールを追及する生産者。ピノ・ノワール種のクローンはディジョン系を中心に7種を使い、自然酵母を用いて8割を全房発酵。熟成はフレンチオーク樽(多分古樽)で22ヶ月行いました。全房からくるスパイシーな風味と、節度ある樽香が熟成を経て調和しています。私は北部フィサン村のスパイス感と、メルキュレ村のふくよかさを感じました。定価5000円の商品が特別価格で入荷。

Au Bon Climat Pinot Noir Santa Barbara Tsubaki Label

1982年にジム・クレンデネンによってワイナリーは設立。ワイナリー名の「Au Bon Climat」は、フランス語で 「恵まれた場所」の意。「ブルゴーニュの神様」と呼ばれたアンリ・ジャイエを師と仰ぎ、サンタ・バーバラでブルゴーニュ・スタイルのエレガントなワインを造り上げています。ラベルに描かれているキャラクターは、ワインを造る過程で欠かせない酵母から着想した「酵母の精霊」で、デザインは現代美術家の椿昇(つばき のぼる)氏が手掛けたものになります。

Au Bon Climat Pinot Noir Larmes de Grappe Santa Rita Hills

カリフォルニアでピノ・ノワール種の第一人者、ジム・クレンデネン氏が造る、オー・ボン・クリマ。通常、除梗(ジョコウ)して葡萄の粒だけを発酵させますが、2001年と2005年の二回だけ、全房発酵させた「ラーム・ド・クラップ」というスペシャル・キュヴェを造っています。これは葡萄の梗が完全に乾燥し、木質化した状態になった房だけを選び、発酵させます。更に新樽100%の仏フランソワ・フレール社の樽に18ヶ月熟成後、梗からの力強いタンニンを落ち着ける為に、瓶でも10年以上熟成させてからリリースしています。

Overture Napa Valley

「序曲」を意味するオーパス・ワンのセカンド・ワイン。ノン・ヴィンテージで、毎年造られていないためオーパス・ワンよりも希少なワインとなります。カベルネ・ソーヴィニヨン種、カベルネ・フラン種、メルロ種、プティ・ヴェルド種、マルベック種のブレンド。

オーク・リッジ

Oak Ridge Ancient Vine Zinfandel Reserve Lodi

最高のジンファンデルで知られるロダイ地区に4,800ヘクタールの畑を持つ生産者。このエイシェント・ヴァインは樹齢80~120年のジンファンデル種に少量のカベルネ・ソーヴィニヨン種をブレンドし、18ヶ月樽熟成させました。強烈な濃度は、ネクターかシロップの様です。

Opus One Napa Valley

カリフォルニアワインの父「ロバート・モンダヴィ」とボルドーの5大シャトーのひとつ「ムートン・ロートシルト」が手を組んで生まれたワイン。近年、ボルドー寄りのエレガントな造りへシフトし、評価を高めています。パーカーポイントは95点。カベルネ・ソーヴィニヨン種80%、プティ・ヴェルド種9%、カベルネ・フラン種5%、メルロ種5%、マルベック種1%のブレンド。

Carnivor Cabernet Sauvignon California

カーニヴォとは、肉食動物や肉を食べるのが大好きな人の事をいいます。オーク樽から由来するトースト香と、程よいタンニン、余韻の長いスムースな口当たりのワイン。熟成肉、鉄板焼き、焼肉、あらゆる肉との相性が抜群なワインです。カベルネ・ソーヴィニヨン種、メルロ種、プティ・シラーズ種。

Camomi Heart Craft Caberunet Sauvignon Napa Valley

カモミは、アメリカのナパ・ヴァレーにイタリアの伝統に根ざしたワインと食文化を広めるために立ちあげられました。カリフォルニアの太陽をいっぱいに受けたナパ・ヴァレー産カベルネ種は、カシスの豊かな果実味とたっぷりのタンニンを持ち、10ヶ月の樽熟成によるなめし革の風味が余韻に広がります。完熟した果実の風味で今から美味しく味わえます。

Camomi Rosso di Camomi California

カモミは、アメリカのナパ・ヴァレーにイタリアの伝統に根ざしたワインと食文化を広めるために立ちあげられました。ロッソ・ディ・カモミは、フレッシュな果実味とちょうど良いタンニンが柔らかな骨格を引き締め、香ばしいスパイス感が長い余韻に続く赤ワインです。カベルネ・ソーヴィニヨン種30%、メルロ種30%、ジンファンデル種30%、プティット・シラー種10%のブレンド。2年目のフレンチ・オーク樽で4ヶ月熟成。

Camomi Rosso di Napa Napa Valley

ロッソ・ディ・ナパはカベルネ・ソーヴィニヨン種、ジンファンデル種、メルロ種、プティ・シラー種のブレンドで、オーク樽熟成。ブラックベリーやチェリー、プラムの果実味と、様々なスパイスと微かなオークが華やかさを添えています。BBQやイタリアンはもちろん、焼き鳥など炭焼き料理等と抜群の相性です。カベルネ・ソーヴィニヨン種、ジンファンデル種、メルロ種、プティ・シラー種。

Calera Josh Jensen Selection Pinot Noir Central Coast

ジョシュ・ジェンセン・セレクションは、ジョシュ氏が初めて自身の名を冠した日本向けに造られたスペシャルワインで、買い葡萄で造られるセントラル・コーストのワインをベースにマウント・ハーランの自社畑の葡萄がブレンドされて造られています。ラベルの文字は著名女性書道家の紫舟(ししゅう)によって描かれています。

Calera Pinot Noir Jensen Vineyard Mt.Harlan

今や入手困難となってしまったカレラのジェンセン・ヴィンヤードのバックヴィーンテージが限定で入荷しました。数カ所あるピノ・ノワール種の畑には、ジョシュ氏と縁のある方の名前が付けられており、ジェンセン畑には父親に敬意を表し、この名が付けられています。

Calera Pinot Noir Selleck Vineyard Mt.Harlan

カリフォルニアでピノ・ノワールの第一人者、カレラの自社畑シリーズが入荷しました。ジョシュ・ジャンセン氏はDRC(ロマネ・コンティ社)以外に、コンドリュー村のシャトー・グリエでも研修していました。数カ所あるピノ・ノワール種の畑には、ジョシュ氏と縁のある方の名前が付けられています。土壌の石灰分が最も多い最高の区画は、友人で歯科医のセレック氏の名が付けられました。

Calera Pinot Noir Selleck Vineyard Mt.Harlan

カリフォルニアでピノ・ノワールの第一人者、カレラの自社畑シリーズが入荷しました。ジョシュ・ジャンセン氏はDRC(ロマネ・コンティ社)以外に、コンドリュー村のシャトー・グリエでも研修していました。数カ所あるピノ・ノワール種の畑には、ジョシュ氏と縁のある方の名前が付けられています。土壌の石灰分が最も多い最高の区画は、友人で歯科医のセレック氏の名が付けられました。

Calera Pinot Noir Central Coast

DRC(ロマネコンティ)で修行をしたジョシュ・ジャンセン氏が、カリフォルニアで人工衛星の写真を使って理想の石灰質土壌を探し創業したと言われるカレラ。スタンダードのピノ・ノワール種は近隣の葡萄もブレンドされますが、カリフォルニアにありがちな甘さが目立たず素直なチェリー風味がバランス良く楽しめます。

Calera Pinot Noir Mills Vineyard Mt.Harlan

カレラの畑はオーナーのジェンセン氏に縁のある人の名前がそれぞれに付けられてます。ミルズ・ヴィンヤードは、カレラの畑となった山地の元所有者で、畑の開拓に協力してくれた「ジョン・エヴェレット・ミルズ氏」の名に由来してます。凝縮した果実味は滑らかで、スパイシーな辛さ、キメの細かいタンニンが合わさり、余韻を楽しませてくれます。すべてが上質で果実味溢れる芳醇なワインです。カレラ社の社長ジョシュ・ジャンセン氏は所有する畑の中で一番タンニンがしっかりとしているのがこのミルズ畑と言っています。蔵出しの希少なバックヴィンテージが限定で入荷しました。

Castle Rock Cabernet Sauvignon Reserve Napa Valley

ソノマの生産者ですが、カリフォルニア各地の生産者と繋がりがあり、安価で良質なワインを多種造っています。ここの筆頭がナパ・ヴァレー産カベルネで、良質な原酒をブレンドしたナパらしい重厚感と豊かな果実味に、程良いタンニンが調和しています。カベルネ・ソーヴィニヨン種95%、プティ・ヴェルド種3%、カベルネ・フラン種2%を、フレンチオーク5割 、アメリカンオーク樽 (25%新樽) 5割で12ヶ月熟成させています。定価4,700円の品が特別価格で入荷しました。

Grand Cru Vineyards Pinot Noir California

米国で人気の大手生産者ブロンコ社が造る新シリーズが「グラン・クリュ・ヴィンヤーズ」。カリフォルニア産のピノ・ノワール種主体(81%)に、他をブレンドした赤は、ステンレス・タンクで発酵・熟成(一部オーク樽使用)されます。味わいは干したチェリーの果実味に、爽やかな酸味が調和しています。年月を経た2016年産は、熟成旨味が開いてきました。

Grand Cru Vineyards Merlot California

米国で人気の大手生産者ブロンコ社が造る新シリーズが「グラン・クリュ・ヴィンヤーズ」。カリフォルニア産のメルロ種主体(82%)に、他をブレンドした赤は、ステンレス・タンクで発酵・熟成(一部オーク樽使用)されます。グラスからは年月を経てチェリーと、なめし革の熟成香が広がります。味わいも柔らかな果実味と、細かなタンニンが調和して来ました。

Crimson Ranch Cabernet Sauvignon California

カリフォルニア・ワインの父と呼ばれるロバート・モンダヴィの精神を引き継ぐマイケル・モンダヴィ・ファミリーが手掛けるワイン。カリフォルニアの優れた葡萄栽培者と長く信頼関係を築いており、健全で良質な葡萄を調達できるため、コストパフォーマンスに長けたワインを生産しています。ブラックベリー、赤い果実、オーク樽、スパイス香があり、滑らかなタンニンは繊細で表情豊かなフィニッシュまでしっかりとしたストラクチャーを与えています。

Clendenen Family Pinot Noir The Pip Santa Maria Valley

オー・ボン・クリマのジム・クレンデネン氏のプライベートワインで、自社畑を中心に秀逸な葡萄を用い、クレンデネン氏の理想を表現しています。ザ・ピップは、自社畑の若木の葡萄を使い、新樽を控えめにして、若い時期から楽しめるというコンセプトで造られたワインになります。「ピップ」はジム・クレンデネンの愛犬の名。口当たりはリッチで、フレッシュなレッドベリーの風味があり、果実味、酸味とタンニンのバランスが見事なワインです。

Clendenen Family Pinot Noir Rancho La Cuna Santa Barbara County

オー・ボン・クリマのジム・クレンデネン氏のプライベートワインで、自社畑を中心に秀逸な葡萄を用いて造られるクレンデネン氏の真髄と言えるワイン。ジムにとって3番目のピノ・ノワールの畑となるランチョ・ラ・クーナ畑はクローン115を中心に少量の828を植えられ、長期熟成も可能な素晴らしいポテンシャルを持ったワインが生まれます。畑のあるロス・アラモス地区にはAVAがないため、ワインはサンタバーバラ・カウンティーの表記になります。100%フランソワ・フレール社の新樽で熟成され、24ヶ月の熟成後フィルターをかけずにボトリング。

Clos du Val Zinfandel Anniversary Bottle Napa Valley

クロ・デュ・ヴァルはナパ・ヴァレーの傑出した果実味とヨーロッパ伝統の手法の融合を目指したワイン造りで、バランス、エレガントさ、複雑さ、長い余韻を表現しています。大きなハートの下に「Just for You(あなたのために)」と書かれたアニヴァーサリー・ボトルは、記念日などのプレゼントに最適なワインです。

ケイマス カベルネ・ソーヴィニヨン ナパ・ヴァレー

Caymus Cabernet Sauvignon Napa Valley

創業1971年のケイマスは、今ではナパを代表するワイナリーです。ナパ地区各地のカベルネ種をブレンドしたこのワインは、1972年の発売以降毎年ワインスペクテーター誌で90点以上の評価を受け、絶対的安定感を持つことから「ナパ・カベルネの王者」と呼ばれています。

Ghost Block Estate Cabernet Sauvignon Oakville (Napa)

ゴースト・ブロックとはナパ・ヨントヴィルにある墓地。ここに眠るナパ・ワインの多くの創業者たちに敬意を表して名付られました。オークヴィルにある自社畑産のカベルネ・ソーヴィニヨン種100%を六割新樽のフレンチオーク樽で24ヶ月熟成。濃度だけではなく、品の良さを合わせ持ったスタイルです。

Conundrum California

コナンドラムとは英語で「謎」や「パズル」のことを表し、複数の品種をパズルのように組み合わせていくことで複雑味やバランスのとれた味わいを引き出すというコンセプト。それぞれのブドウの個性を尊重しながらも、単一品種だけでは表現しきれないワインを造り出しています。ブレンド比率は非公開。その名の通り“謎(コナンドラム)”に包まれたワインは、25年に渡り、その複雑でフードライクなスタイルが決め手となり多くのレストランで愛され続けています。凝縮した果実味をお楽しみください。

Conn Creek Anthology Cabernet Sauvignon Napa Valley

コン・クリーク社は1973年ナパ・ヴァレーで創業した生産者。この「アンソロジー」は、ナパ内11地区(有名なオークヴィル、スタッグス・リープだけでなく、アトラスピーク、カリストガ、チャイルズ・ヴァレー、他)もの葡萄や、ワインを巧みにブレンドしました。品種はカベルネ・ソーヴィニヨン種93%、カベルネ・フラン種3%、メルロ種3%他、新樽5割で17ヶ月熟成。この味わいは濃さ強さではなく、調和したバランスの良いスタイルで、食事と共に楽しんでいただく最良のワインを目指しています。少しこなれた2015年産(定価11,000円)が、特別価格で入荷いたしました。

The Crane Assembly Disciples Napa Valley

ザ・プリズナーで有名なオリン・スウィフト・セラーズを立ち上げたディヴ・フィニーによるワイナリー。ステンレスタンク、オープントップでの第一次発酵。フレンチオーク樽(新樽45%)にて10か月熟成。力強いチェリーや完熟したベリー系果実のアロマの中にタバコの葉や白胡椒、スウィートバジルのニュアンス。プラムやダークフルーツ、バニラクリーム、ラベンダーなど複雑なフレーバーが幾層にも表れ柔らかなタンニンが美しいフィニッシュを演出します。ジンファンデル種64%、プティ・シラー種18%、グルナッシュ種13%、シラー種5%

The Mascot Red Wine Napa Valley

パーカー氏が何度も100点評価をする、ナパのカルトワインで筆頭のハーラン・エステート(定価20万円)。ハーラン家では、ハーランの他にボンド、プロモントリー等の10万円以上するプレミアム・ワインを造っていますが、マスコットはこれらの畑の若木や、いくつかの樽をブレンドしたハーラン家の自家用ワインでした。希望が多かったこの自家用ワインは2008年から発売されましたが、今回33,000円から値下げになりました。カベルネ・ソーヴィニヨン種主体のワインは熟成を経た2014年産ですが、生産者はデカンタージュを勧めています。

Cycles Gladiator Zinfandel California

良質なジンファンデルの産地で知られるパソ・ロブレス地区を主体で造られた赤。完熟を待っての収穫だったのでしょう、アルコール14.5%は尋常ではありません。4割は新樽を使って熟成させたワインは、マッチョな味わいでガツンと来ます。

Cycles Gladiator Pinot Noir California

安価でも良質な味わいを持ち、現地の品評会で絶賛されるサイクルズ・グラディエーター・シリーズ。このピノは熟成に一工夫しており、2割を1年使用の仏オーク樽、5割を2年使用樽、3割はステンレスタンクで10ヶ月行いブレンド。ヴァニラやキノコの熟成香が開き、フレッシュな果実甘味を細かなタンニンが引き締めて、厚みのある味わいが楽しめます。大振りのブルゴーニュ・グラスでサービスされると、上物と間違えそうな出来栄えです。

Sans Liege Offering Central Coast

サン・リージュ(主従なき関係)は自分自身の自立へのあくなき追求であり、同時にローヌ・ヴァレーの伝統とニューワールドにおける自由と、どのような距離を保つかを意味しています。オファリングは、9の異なる畑から厳選したグルナッシュ種、シラー種、ムールヴェードル種、ヴィオニエ種をブレンドした、サン・リージュの最高級キュヴェ。 スパイス、キルシュ、レザーなど、複雑なアロマ。オリーブのタプナードソースやプラムのフレーバーがしばらくすると現れ、だんだんと引き込まれるような魅力があります。グルナッシュ種48%、シラー種32%、ムールヴェードル種19%、ヴィオニエ種1%

The Atom Cabernet Sauvignon California

ジ・アトムはジェイソン・トゥラルビーが創設したプリマス・ワインカンパニーのブランドの一つです。トゥラルビーは大学卒業後、ワインの販売会社やワイナリーでの経験を積んだ後、自らプリマス・ワインカンパニーを立ち上げ、20年以上にわたり多くのワインブランドの開発を行い、成功を収めています。たっぷりとした果実味の中にブラックペッパーやスミレの花のアロマ、綺麗な酸と滑らかなタンニンが好バランスです。

シバ・ウィシャーン ウィラメット・キュヴェ ピノ・ノワール ウィラメット・ヴァレー

Shiba Wichern Willamette Cuvee Pinot Noir Willamette Valley

日本人の芝明子さんがご主人のクリスさんと共に2013年にシバ・ウィシャーン・セラーズを設立し、畑とワイナリーを借りて、できるだけ自然に近いアプローチでワイン造りを行っています。ウィラメット・ヴァレーの2つの畑のピノ・ノワールをブレンドしたワインです。異なる畑の特徴を生かしながら、バランスの取れた味わいに仕上がっています。フレンチオークの古樽で14ヶ月熟成。ノンフィルターで瓶詰。

Shiba Wichern Nuestro Sueno Pinot Noir Eola Amity Hills

日本人の芝明子さんがご主人のクリスさんと共に2013年にシバ・ウィシャーン・セラーズを設立し、畑とワイナリーを借りて、できるだけ自然に近いアプローチでワイン造りを行っています。ヌエストロ・スエーニョ畑には114、115クローンが混在しており、ワインは繊細でフローラルに仕上がります。17%をフレンチオーク樽熟成、SO2はトータルで33PPMと極少量の使用に止めています。

Shiba Wichern havlin Pinot Noir Willamette Valley

日本人の芝明子さんがご主人のクリスさんと共に2013年にシバ・ウィシャーン・セラーズを設立し、畑とワイナリーを借りて、できるだけ自然に近いアプローチでワイン造りを行っています。ハヴリン畑には太平洋から風が激しく吹きつけ、その影響で葡萄の皮が厚くなり、タンニンを多く含んだ力強いワインが生み出されます。フレンチオーク樽(新樽比率50%)で16ヶ月熟成。ノンフィルターで瓶詰。

Shiba Wichern Lewman Pinot Noir Eola Amity Hills

日本人の芝明子さんがご主人のクリスさんと共に2013年にシバ・ウィシャーン・セラーズを設立し、畑とワイナリーを借りて、できるだけ自然に近いアプローチでワイン造りを行っています。ルーメンに使用するピノ・ノワールは、エオラ・アミティ・ヒルズでオーガニックにより栽培され、115、777クローンのものが2015年には使用されています。心地よい酸味で複雑さと深みがあり、黒胡椒がほのかに感じられます。古樽のフレンチオークで熟成。SO2はトータルで31PPMと極少量の使用に止めています。

ジョーダン カベルネ・ソーヴィニヨン アレクサンダー・ヴァレー

Jordan Cabernet Sauvignon Alexander Valley

ナパの隣にあるソノマ地区に惚れ込み、70年代からシャルドネ種とカベルネ・ソーヴィニヨン種のたった2銘柄だけを造り続けているトム・ジョーダン氏。この赤はカベルネ種77%、にメルロ種15%、プティ・ヴェルド種6%他を、ブレンドし、熟成は大樽主体で風味豊かな赤に仕上げています。米ワイン&スピリッツ誌のカベルネ・ランキングでは、過去25年間で第一位を14回受賞しています。大樽主体の熟成の為に、若いヴィンテージでも表情が開いており、レストラン・ソムリエより高評価を受けています。

※画像は2015年ヴィンテージ

Joel Gott GOTT Cabernet Sauvignon Napa Valley

ナパを中心に人気のレストランを何軒も経営するジョエル・ゴット氏のワイン。名門ジョセフ・フェルプス社の醸造家だった、妻のサラ・ゴット女史が醸造を担当して高評価を受けています。ナパ各地の葡萄をブレンドしたこのカベルネ種は、厚みとバランスがとても良い仕上がり。カベルネ・ソーヴィニヨン種99%、メルロ種1%を、100%新樽のフレンチオーク樽で22ヶ月熟成。

Joel Gott Merlot California

ナパを中心に人気のレストランを何軒も経営するジョエル・ゴット氏がリリースしているワイン。名門ジョセフ・フェルプス等の醸造家だった、妻のサラ・ゴット女史が醸造を担当したワインは、品質と価格のバランスが良く高評価を受けています。葡萄はナパヴァレ、セントラル・コースト、ロダイのブレンド。ヴァニラと、ブルーベリーの香りに、ミディアムで柔らかな果実味が調和しています。

Joseph Phelps Insignia Napa Valley

建設業から始まったジョセフ・フェルプス社は1972年、カリフォルニアのセント・ヘレナ近郊、スプリングヴァレーにその名を冠したワイナリーを設立しました。インシグニアは、1978年にカリフォルニアで初めて独自のブランドを持ったボルドースタイルのワインとしてリリースされました。葡萄はスタッグス・リープやラザフォードなどのカベルネ・ソーヴィニヨン種が主体で、ステンレスタンクで発酵後、新樽100%のフレンチオークで22ヶ月間熟成されます。1997年はパーカー100点を獲得しました。

Girard Cabernet Sauvignon Napa Valley

ジラードはシカゴのレストランでソムリエだったパット・ロニー氏のワイナリー。中身はナパ地区産カベルネ主体の赤を新樽100%のフレンチオーク樽で20ヶ月熟成させたプレミアム・クラスですが、値付けは有名ワインのセカンド・ラベル以下というお値打ち品です。

※画像は2017年ヴィンテージ

シルヴァー・オーク カベルネ・ソーヴィニヨン ナパ・ヴァレー

Silver Oak Cabernet Sauvignon Napa Valley

創業者のレイ・ダンカン氏は1960年代後半にカリフォルニアを訪れた際、その土地の美しさに感動し、ナパ・ヴァレーとアレキサンダー・ヴァレーに土地を購入。そして知人のつてを頼りに醸造家ジャスティン・メイヤー氏と出会い、1972年にシルヴァー・オークを設立しました。現在はペトリュスで研鑽を積み、ドミナスで活躍していたダニエル・バロン氏が醸造責任者をしています。多くのワイナリーがフレンチオーク熟成に代表されるボルドースタイルに傾倒する中、最高級アメリカンオークによる熟成にこだわり、アメリカンクラシックともいうべきワインを造り続けています。

Star Lane Cabernet Sauvignon Happy Canyon of Santa Barbara Magnum

2005年のファースト・リリースから一躍スターの仲間入りを果たした注目の生産者。2011年は初めてカベルネ・ソーヴィニヨン種100%で造られており、完熟したカシスやフローラル、ドライチェリーを感じ、シナモンやクローブなどのスパイスも特徴です。フレンチオーク樽(新樽比率40%)で20ヶ月熟成。

Star Lane Cabernet Sauvignon Happy Canyon of Santa Barbara

2005年のファースト・リリースから一躍スターの仲間入りを果たした注目の生産者。2013年より栽培学・醸造学共にマスターディグリーを持つ、タイラー・トーマス氏がスター・レーンに加わることで、さらなる進化を遂げています。トーマス氏は以前に勤めていたソノマのドネーラン・ワイナリーで醸造したワインがパーカーポイント100点を獲得するなど、軒並み高評価を獲得してきた注目の醸造家です。2016年はカベルネ・ソーヴィニヨン種86%、プティ・ヴェルド種5%、メルロ種4%、マルベック種2.5%、カベルネ・フラン種2.5%のブレンド。

スタッグス・リープ ワイン・セラーズ アルテミス カベルネ・ソーヴィニヨン

Stag’s Leap Wine Cellars Artemis Caberunet Sauvignon

スタッグス・リープを世界に知らしめたのが伝説にもなっている有名な「1976年パリ・テイスティング」です。スタッグスが初めて造った73年のカベルネが、シャトー・ムートン・ロートシルトなど超一流のボルドーワインを押し退け、見事1位を獲得しました。アルテミスは、自社畑を中心に、ナパ南端のカーネロス地区から北部のカリストーガ地区まで良質なカベルネ・ソーヴィニヨン種を収穫。それぞれの畑がワインの個性となって、見事なハーモニーをもたらします。

スタッグス・リープ ワイン・セラーズ アルテミス カベルネ・ソーヴィニヨン 箱付き

Stag’s Leap Wine Cellars Artemis Caberunet Sauvignon

スタッグス・リープを世界に知らしめたのが伝説にもなっている有名な「1976年パリ・テイスティング」です。スタッグスが初めて造った1973年のカベルネが、シャトー・ムートン・ロートシルトなど超一流のボルドーワインを押し退け、見事1位を獲得しました。アルテミスは、自社畑を中心に、ナパ南端のカーネロス地区から北部のカリストーガ地区まで良質なカベルネ・ソーヴィニヨン種を収穫。それぞれの畑がワインの個性となって、見事なハーモニーをもたらします。カベルネ・ソーヴィニヨン種98%、マルベック種1%、プティ・ヴェルド種1%

Stag’s Leap Wine Cellars Hands Of Time Red Blend

スタッグス・リープを世界に知らしめたのが伝説にもなっている「1976年パリでのブラインド・テイスティング会」です。スタッグスが初めて造った1973年のカベルネが、シャトー・ムートン・ロートシルトなど超一流のボルドーワインを押し退け、見事1位を獲得しました。ハンズ・オブ・タイムはここの入門編の赤。カベルネ・ソーヴィニヨン種71%、メルロ種29%からのワインは、熟したベリー系の香りに、ブラックベリーやプラムなどの黒系果実とドライハーブのニュアンス。しっかりした構成力があり、フルボディながら柔らかなタンニンが楽しめます。

Smith & Hook Cabernet Sauvignon Central Coast

モントレー地区の名門、ハーン家が80年に初めて生産し、今も造り続けているワイン。カベルネ・ソーヴィニヨン種100%のワインを4割フレンチオーク新樽で熟成させた赤は、カシスシロップの様な凝縮した果実味と、完熟したタンニンがたっぷり楽しめます。

Slam Dunk Red Wine California

「ジョーダンのスラムダンクみたいな凄いワインってどんなワインだろう?」という疑問から生まれたワイン。スパイスとハーブの交わる複雑な香りに、しっかりとした骨格を持ち、香ばしいバニラがきめ細やかなタンニンを包み込み、長い余韻を楽しめます。プティ・シラー種55%(樹齢60年)、アメリカン/フレンチオーク樽(新樽40%)にて14ヶ月。ジンファンデル種45%(樹齢40年)、アメリカ/フレンチーク樽(新樽25%)にて14ヶ月。

Duckhorn Merlot Napa Valley

カリフォルニアのナパ・ヴァレーで、メルロ種と言えばダックホーン。メルロ種88%、カベルネ・ソーヴィニヨン種7%、プティヴェルド種他5%を、4割新樽のフレンチオーク樽で16ヶ月熟成。熟したプラムの果実味と、柔らかなタンニンが調和した、魅力的な味わいで知られています。

Divum Pinot Noir Monterey

4代にわたりサリナス・バレーの農地で生き、呼吸し、働きたいという同じ情熱を共有するディヴァム。果実は全てサステイナブル農法の認定を受けた3つの自社畑のいずれかのブロックから厳選されたもののみを使用しています。すみれやプラム、バラの花びらのアロマ。ラズベリーやチェリーのたっぷりとしたみずみずしい果実味が口いっぱいに広がります。熟成感、果実味、酸、ミネラルが好バランスで滑らかなフィニッシュです。

Taken Red Wine Napa Valley

ナパ・ヴァレーの名門、トリンチェロ家と、スワンソンの醸造家フェルプス氏の息子同士で始めた新ワイナリー「テイクン」。ナパ・ヴァレーの赤としてはユニークなボルドー品種と、ジンファンデル種とのブレンド。カベルネ・ソーヴィニヨン種65%、ジンファンデル種15%、メルロ種11%、マルベック種7%、プティ・シラー種2%をステンレスタンクで発酵。熟成はフレンチオーク樽86%、アメリカンオーク7%、ハンガリアンオーク 7%(25%新樽) にて4ヶ月行いました。ナパ・イコール・カベルネのイメージに囚われず自由な発想で仕上げられたワインです。

Dominus Estate Dominus Napa Valley

あのペトリュスのオーナーでボルドーの名匠クリスチャン・ムエックス氏が造るプレミアム・ナパワイン、ドミナス。2015年はカリフォルニアの優良ヴィンテージである上、ドミナスがアドヴォケイト誌で100点を獲得しました。ナパヌック・ヴィンヤードのヨントヴィルはナパ・ヴァレーの中では比較的冷涼となり、暑すぎる気候で育った筋肉質なワインとは違う、エレガントで優雅なカベルネ・ソーヴィニヨン種が育ちます。凝縮した果実味とみずみずしい酸味、精密なタンニンが見事なハーモニーを演出し、フィニッシュには驚くほど長く深みのある余韻が続きます。カベルネ・ソーヴィニヨン種86%、カベルネ・フラン種9%、プティ・ヴェルド種5%

Domaine Napa Atlas Peak Pinot Noir Napa Valley

ナパ・ヴァレー東部のアトラス・ピークでも、標高の高い区画のピノ・ノワール種。ここでは昼と夜の温度差が大きく、豊かな果実味と酸味を合わせ持ったピノになります。収穫から年月を経てキノコ系の熟成香が広がり、果実味と酸味が調和した味わいを、木樽の風味が優しく包み込んでいます。ラベルを見なければ、私の印象は「ブルゴーニュでもボーヌ村付近で2012年産?」と答えそう、と言ったら褒めすぎでしょうか。定価7,810円の品が特別価格で入荷しました。

Trefethen Cabernet Franc Estate Oak Knoll (Napa Valley)

ナパ・ヴァレーでも海に近く、暑さが穏やかなオーク・ノール地区。この地区で180ヘクタール弱の畑を持ち、40年以上家族経営を続けるトレフェッセン家。本来はブレンド用に少量栽培しているカベルネ・フラン種を、特別に単体で瓶詰した貴重な赤。スミレと粘土を思わせる軽やかな香りに、柔らかなブラックベリーの果実味と、種からのスパイス感が楽しめます。品種からイメージされる未熟さは皆無で、ミディアムでキメ細かな果実味に、デリケートな品の良さをまとっています。

Napa Glen Cabernet Sauvignon Napa Valley

完熟したカベルネ・ソーヴィニヨン種の良さが安定して楽しめるナパ・ヴァレー地区。5,000円以上の高級品が多いこの産地で、お値打ちな赤が入荷しました。品種はカベルネ・ソーヴィニヨン種90%(ナパ内のヨント・ヴィル地区で、高樹齢の木から)と、カベルネ・フラン種10%(ナパ内オーク・ノール地区で、砂利質土壌の葡萄)をブレンド。フレンチとアメリカンオーク樽で18ヶ月熟成。ナパ・ヴァレーらしい、完熟し、凝縮した果実味と、柔らかなタンニンが楽しめます。

ナパ・ハイランズ カベルネ

Napa Highlands Cabernet Sauvignon Napa Valley

ナパ・ヴァレの栽培農家と太いパイプを持つナパ・ワイン・アーツ社が造るナパ・ハイランズは、価格と品質で人気のブランド。カベルネ・ソーヴィニヨン種90%、プティ・ヴェルド種10%の赤は、ナパ地区の中でも有名なヨントヴィル地区とオークヴィル地区産の葡萄。熟成はフレンチとアメリカン・オーク樽で20ヶ月。下戸の芸能人「さんま」さんが、テレビで「このワインはお客さん用に家に常備している」とコメントしたところ、翌日、2014年産の国内在庫が一日で完売した人気のワインです。

Napa Highlands Cabernet Sauvignon Reserve Oakville(Napa)

ナパ・ヴァレの栽培農家と太いパイプを持つナパ・ワイン・アーツ社が造るナパ・ハイランズは、価格と品質で人気のブランドです。ここで少量造られる「リザーヴ」は、ナパのプレミアムクラスの品質を持つ為、入荷と同時に完売いたします。17年産はナパの中でも有名な「オークヴィル」地区。中でも銘醸畑(ハーラン、ハインツのマザーズ畑、等)が集まる、東向き斜面のカベルネ・ソーヴィニヨン100%から造られました。発酵前に2日間低温浸漬を行い、ゆっくりと発酵。その後も2週間果皮を漬け込み、濃厚な果実味を取り込み、フレンチオーク樽で24ヵ月熟成させました。

Harlow Ridge Malbec Lodi

温暖な内陸部のロダイ地区で、タンニン豊かなフランス南西部の品種を栽培しブレンドした赤。品種はマルベック種76%、タナ種10%、メルロ種10%他で、発酵後にアメリカンオーク樽で熟成させています。味わいはブルーベリー等の黒系果実の豊かな風味と、樽からのバニラ香が楽しめます。こちらも収穫から年月を経て、アルコール感やタンニンが味わいに溶け込み始めてきました。定価3,960円の品が特別価格です。

Forge Cellars Classique Pinot Noir Finger Lakes

フォージ・セラーズは、ニューヨーク州フィンガー・レイクス地方にてリースリング種とピノ・ノワール種のみを造る職人気質の小さな生産者で、フランスのジゴンダスのトップ生産者シャトー・ド・サン・コムのルイ・バリュオールが2人の友人とともに立ち上げたワイナリーです。収穫された葡萄は選別が行われたあと、一部全房のまま天然酵母にて発酵し、新樽と2年目樽のバリックで11ヶ月熟成後に無ろ過で瓶詰されます。

フォーチュン1621 カベルネ・ソーヴィニヨン ナパ・ヴァレー

Fortune 1621 Cabernet Sauvignon Napa Valley

オーナーの先祖が1621年フォーチュン号に乗って、アメリカに来たことから付けられた名前。ナパ・ヴァレ地方オーク・ノール地区の自社畑に、ナパ各地の葡萄をブレンドして仕上げた赤。カベルネ・ソーヴィニヨン種76%、メルロ種20%、プティ・ヴェルド種3%、カベルネ・フラン種1%を、フレンチオーク樽主体で熟成。果実味ときめ細かなタンニンが調和した味わいはバランス良く、ありがちな甘さが気になりません。

Blacksmith Cabernet Sauvignon CLRT Napa Valley

創業者のマット・スミス氏は、大学時代にボーリュー・ヴィンヤーズで研修したことでワインに目覚め、卒業後も何件かのワイナリーで研修を続け、01年に自身のワイナリーを創業しました。研修中の縁で、ナパの葡萄農家とパイプが出来、このワインもナパ・ヴァレ内のオークヴィル地区、スタッグス・リープ地区、オーク・ノール地区の葡萄を中心に造られます。カベルネ・ソーヴィニヨン種77%、メルロ種20%、カベルネ・フラン種3%をフレンチオーク樽で22ヶ月間熟成。4,500円定価の品が特別価格で入荷しました。味わいはボルドーで言うと、ポイヤック村ではなく、お隣のサンジュリアン村のスタイル。風味もカシスやタール系のぽっちゃりタイプではなく、シーダー(杉)を思わせる風味の凛とした味筋です。

Bread & Butter Pinot Noir California

ピノ・ノワール種にとって最適と言われる、ソノマ・カウンティー内カーネロスAVAと、モントレー・カウンティー内アロヨセコAVAの葡萄をブレンド。ピノ・ノワール種のクローンは、ポマール系や、777クローンを野生酵母で発酵。特にカーネロス産の溌剌とした果実の風味と、アロヨセコ産の完熟感がベースとなって、厚みのある味わいが楽しめます。

ベル・グロス デイリーマン ピノ・ノワール ロシアン・リヴァー・ヴァレー

Belle Glos Dairyman Pinot Noir Russian River Valley

ナパカベルネの一つケイマスが造るピノ・ノワール。デイリーマンは畑の名前で「酪農家」という意味。2000年に牧場だった土地にディジョン・クローンのピノ・ノワール種を植えたことに由来しています。フレンチオーク(新樽60%)にて9ヶ月熟成したワインは、豊かなベリー・フルーツが特徴で、ブラックベリーや、熟したプラムと共に、ドライハーブやスモークっぽさが香ります。

Bend Cabernet Sauvignon California

カリフォルニア産カベルネ・ソーヴィニヨン種からの、大人気お値打ちワイン。深みのある色調と、完熟した果実味に、樽からのカカオ風味が混じります。ふくよかでバランス良く、たっぷりとした味わいがこの価格で楽しめます。

Honig Cabernet Sauvignon Napa Valley

1964年創業、ナパ・ラザフォード地区のワイナリー。自社畑主体に近隣の葡萄を使って醸造。品種はカベルネ・ソーヴィニヨン種83%、プティ・ヴェルド種9%、メルロ種他を、フレンチオーク樽主体で18ヶ月熟成。ふくよかな黒系果実ときめ細かなタンニンに、スパイスと木樽風味が広がります。濃さと上品さが楽しめる味わいです。

Hall Cabernet Sauvignon Napa Valley

ナパ・ヴァレーのセント・ヘレナ地区で有名なホール・ワイナリー。妻のキャサリンはクリントン政権でオーストリア米国大使を務め、2013年からワイナリーに携わります。150ヘクタール強の自社畑では、有機栽培を実践し、ワイナリー内には芸術作品が展示される夢のような施設です。葡萄は自社畑と、山岳地帯のものをブレンドし、発酵後に新樽5割で22ヶ月の樽熟成。凝縮した果実味と、豊かなタンニン、骨太なアルコール感を持ちながら、上品さとキメ細かさを合わせ持っています。

マイケルポザーン・ワインズ アナベラ・プラチナム カベルネ・ソーヴィニヨン オークヴィル

Michael Pozzan Wines Annabella Platinum Cabernet Sauvignon Oakville

ナパ・ヴァレーの中でも最高品質のカベルネ・ソーヴィニヨン種が産出されることで知られるオークヴィル産のカベルネ・ソーヴィニヨン種100%で造られた上級品。カシス、ブルーベリー、ラズベリーの果実味に、フレンチオーク由来のコーヒー、チョコレートやキャラメルなどの香ばしさ、五香紛のようなスパイシーさを感じる奥行きのある味わいです。

Molly Dooker The Boxer South Australia

モーリー・ドゥーカーは、オーストラリアでカルトワインの域にありながら、求めやすいその価格を大きく上回る価値を提供するワイナリーとして知られています。舌の先から喉の奥まで滑らかな感覚が果実味で覆われる割合を重視したワインを作っています。ザ・ボクサーはシラーズ種を使用したワインで、ノックアウトされるような力強さがあります。シラーズ種100%。

L’Aventure Optimus Paso Robles

サン・テミリオン村のシャトー・オーナーだったステファン・アセオ氏は、仏のワイン法の強引さに嫌気がさしてフランスを離れます。新天地を求めて世界中の産地を2年間かけて回り、カリフォルニアのパソ・ロブレス地区に畑を購入しました。ワイナリー名は冒険を意味する仏語「ラヴァンチュール」、ワイン名は最上を意味するオプティマスとしました。シラー種42%、カベルネS種33%、プティ・ヴェルド種25%を新樽6割で14ヵ月熟成したワインは、まさに北ローヌとボルドーのブレンド。濃縮した果実味と、スパイシーさが調和し、ワイン・アドヴォケイト誌で92点評価を受けています。

ルイス・セラーズ メイソンズ カベルネ・ソーヴィニヨン ナパ・ヴァレー

Lewis Cellars Mason’s Cabernet Sauvignon Napa Valley

元F3ドライバーだったランディ・ルイス氏は、23年間ヨーロッパを転戦中にワインの虜となり、92年ナパ・ヴァレにワイナリーを創業しました。ルイスで通常のナパ・カベルネは16,500円しますが、孫のメイソンちゃんの誕生で造られた入門ワインが入荷しました。畑はナパ内「オーク・ノール」、「ラザフォード」、「カリストガ」3地区の自社畑からで、新樽8割のフレンチオーク樽で熟成させた本格的なカベルネ・ソーヴィニヨン種です。

Ramey Cabernet Sauvignon Napa Valley

レイミー氏はカリフォルニア大学醸造学部卒業後、仏シャトー・ペトリュスで研修。自国に戻りナパでドミナス等の名門ワイナリー数軒で働き、96年に独立。ナパで付き合いのあった葡萄生産者達から、良質な葡萄を入手出来た事で、独立後も高評価を安定して受けています。2015年の品種はカベルネ・ソーヴィニヨン種78%、メルロ種12%、マルベック種7%、プティ・ヴェルド種3%。5割新樽のフレンチオーク樽と、アメリカンオーク樽を使って28ヶ月熟成させた、凝縮感とバランスの良さを合わせ持ったナパ・カベルネです。

Robert Mondavi Private Selection Cabernet Sauvignon

ロバート・モンダヴィ・ワイナリーは1966年、ナパ・ヴァレー、オークヴィルのト・カロンに創立されました。ト・カロンはギリシャ語で「最高の品質」「最高の美」という意味です。このプライヴェート・セレクションは冷涼なセントラル・コースト地区で栽培されたカベルネ・ソーヴィニヨン種。豊かで完熟した味わいで、やわらかなタンニンと樽の風味がうまく溶け込んでいます。

Robert Mondavi Private Selection Pinot Noir

ロバート・モンダヴィ・ワイナリーは1966年、ナパ・ヴァレー、オークヴィルのト・カロンに創立されました。ト・カロンはギリシャ語で「最高の品質」「最高の美」という意味です。カリフォルニアでも冷涼な地区のピノ・ノワール種を使い、香はストロベリー、バラの花びら、ヴァニラを思わせる複雑なアロマがあります。絹のようになめらかな舌触り、チェリーやラズベリーの果実味はエレガントで華やかな味わいです。