オー・メドック、メドック 、リストラック

ワインリストは随時更新しておりますが、在庫は常に変動しておりますので、ホームページ上で記載している商品も品切れしている場合がございます。ご希望の商品、希望本数等がございましたら、お手数ですが当社までお問い合わせ下さい。ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。

オー・メドック
Ch ボーモン オー・メドック 2013年 1500ml

Chateau Beaumont Haut Medoc Magnum

シャトーはサン・ジュリアン村とマルゴー村の中間に位置するキュサック村にあり、カベルネ・ソーヴィニヨン種55%、メルロ種43%、プティ・ヴェルド種2%から造られます。カベルネ種とメルロ種からの豊かな果実味と、木樽の風味が楽しめる人気シャトー。力強さとしなやかさを兼ね備えたワインです。珍しいマグナムサイズが入荷しました。

Chateau Sociando Mallet Cuvee Jean Gautreau Haut Medoc

ジロンド河をのぞみつつ、日当たり・水はけ等の条件に大変恵まれた畑から、凝縮感たっぷりのワインで知られるソシアンド・マレ。ここのオーナーの名を冠した「キュヴェ・ジャン・ゴトロー」は、95年よりプライベート用に少量造られたスペシャル・キュヴェ。通常よりもカベルネ・ソーヴィニヨン種の比率が高く、ソシアンド・マレのさらなる魅力が表現されています。カベルネ・ソーヴィニヨン種65%、メルロ種30%、カベルネ・フラン種5%。

Ch ド・カンダル オー・メドック 1994

Chateau de Candale Haut Medoc

メドック格付け第3級のシャトー・ディッサンがオー・メドックで造るワイン。シャトー・ド・カンダルは、ディッサンから南に5キロ離れたアルザック村の砂利質の土壌で、2008年の区画見直しで10ヘクタールがACマルゴーに格上げされてた良質な区画の葡萄を使用しています。

Ch ペイラボン オー・メドック

Chateau Peyrabon Haut Medoc

ポイヤック村から数キロ離れた所にあるサン・ソーヴール村に本拠を構え、約250年の歴史を持つ名門のワイナリー。作柄の良かった05年産はカベルネ・ソーヴィニヨン種49%、メルロ種48%、プティ・ヴェルド種3%のブレンド。ふくよかな果実味とタンニンが年月を経てこなれ始め、飲み頃の美味しさが期待されます。

Chateau Belgrave Haut Medoc

メドック第5級格付のシャトー。1980年代に大手ドゥルト社が買収して巨額の投資を行い、1990年代からミッシェル・ロラン氏がコンサルタントに加わり更に評価を上げます。深みのある外観に、ブラックベリーとカシスの香。繊細で豊かなタンニンと、熟した果実味のバランスが素晴らしく、品のある余韻が長く続きます。フレンチオーク樽12ヶ月熟成(新樽比率42%)。葡萄はカベルネ・ソーヴィニヨン種66%、メルロ種32%、プティ・ヴェルド種2%。当社で冬まで売っていたベルグラーヴ2012年よりも、この2014年産は明らかに凝縮が強く、更に10年程の熟成にも耐えられるポテンシャルを持っています。ワイン・アドヴォケイト誌89点評価、希望小売価格税込6600円が超特価で入荷しました。

Chateau Bernadotte Haut Medoc

1996年に銘醸ピション・ラランドが購入して以来、設備に大改革が進められて品質が向上し、2013年にキングパワーグループにオーナーは変わりますが、現在でもその品質と存在感は引き継がれています。完熟感のある柔らかい果実味で、しなやかなタンニンが心地よく上品な仕上がりです。カベルネ・ソーヴィニヨン種65%、メルロ種33%、プティ・ヴェルド種2%のブレンド。

Chateau Beaumont Haut Medoc

シャトーはサン・ジュリアン村とマルゴー村の中間に位置するキュサック村にあり、カベルネ種とメルロ種からの豊かな果実味と、木樽の風味が楽しめる人気シャトー。力強さとしなやかさを兼ね備えたワインです。作付けはカベルネ・ソーヴィニヨン種62%、メルロ種30%、カベルネ・フラン種5%、プティ・ヴェルド種3%。

Madame de Beaucaillou Haut Medoc

60年以上に渡りボリー家が所有する格付け2級シャトーのデュクリュ・ボーカイユが造るオー・メドックのワイン。2018年ヴィンテージが初リリース。メルロ種39%、カベルネ・ソーヴィニヨン種37%、カベルネ・フラン種21%、プティ・ヴェルド種3%からのワインは、果実味が心地よく、落ち着いたタンニンがありますが、若いうちから楽しめます。人目をひくオレンジ色のラベルや、ミック・ジャガーの娘がデザインしたセカンドワインのラベルなど、独特な世界観を持っています。デュクリュ・ボーカイユのスタイルを気軽に味わえる1本。希望小売¥4,400が特別価格で入荷しました。

La Closerie de Camensac Haut Medoc

サン・ジュリアン村に隣接するサン・ローラン村の格付け第5級シャトー・カマンサックのセカンドワイン。しなやかな果実味とタンニンが調和し、バランスが良いワイン。メルロ種80%、カベルネ・ソーヴィニヨン種20%。

Le Haut Medoc de Haut Bages Liberal Haut Medoc

2007年より始めた格付け第5級のシャトー・オー・バージュ・リベラルがオー・メドックの区画から造るワイン。カベルネ・ソーヴィニヨン種60%とメルロ種40%からなり、口当たりが柔らかく、上品でバランスの良い味わいです。

Le Haut Medoc de Giscours Haut Medoc

メドック格付け第3級、マルゴー村のジスクールがオー・メドック地区の畑から造るワイン。ファーストのジスクールよりメルロ種の比率が多く、樹齢も高いため、タンニンが柔らかく果実味も凝縮しています。カベルネ・ソーヴィニヨン種50%、メルロ種50%が栽培され、毎ヴィンテージのブレンド比率はほぼ栽培面積比と同様。

Les Cailloux Haut Medoc

ボルドーにとって伝説となった2000年産。サン・テステフ村の北に位置するサン・スーラン・ド・カドルヌ村の葡萄(カベルネ・ソーヴィニヨン種65%、メルロ種27%、フラン種5%、他)を地元のネゴシアンが醸造。新樽5割で12ヶ月熟成後、タンクに移して更に18年熟成させました。21年を経ても枯れた感じはなく、今も果実味と木樽の風味が共に楽しめます。瓶詰めは19年ですので、オリやコルク劣化の問題は少ないでしょう。高価なうえにデリケートで扱いが難しいのが古酒ですが、このワインは安価で、瓶詰も最近ですから古酒の入門には最適の1本だと思います。

レ・ザレ・ド・カントメルル オー・メドック

Les Allees de Cantemerle Haut Medoc

メドック格付け第5級のシャトー・カントメルルのセカンドワイン。レ・ザレ・ド・カントメルルは、主にシャトーの若木から造られたワイン。カベルネ・ソーヴィニヨン種75%、メルロ種25%からのワインは、赤い果実のアロマが心地よく、全体的に丸みを帯びた味わいでほどよい熟成が感じられます。希望小売¥3,300が特別価格で入荷しました。

レ・テイセロン オー・メドック

Ch Verdignan Les Teysserons Haut Medoc

ボルドーの中で最も威厳格式のあるオー メドック。レ テイセロンはそのオー・メドックの中心に位置する銘醸シャトー。濃厚なルビー色。土、なめし皮、黒コショーの香りにチェリーやクランベリーを思わせる赤系果実の風味とブラック・オリーブのニュアンスが入り交じり複雑な味わいを楽しめます。抜栓直後は固さがありますが時間と共にブーケのアロマが強くなっていきますので1時間前の抜栓、あるいはデキャンティング、またはスワリングをしながらお楽しみください。土壌は砂利と粘土と石灰石。葡萄 カベルネ・ソーヴィニョン種50%、メルロー種50%。平均樹齢25年。

Les Tours de Beaumont Haut Medoc

ボルドーで大人気の自然派生産者、シャトー・ボーモンのセカンドワイン。シャトーはサン・ジュリアン村とマルゴー村の中間に位置するキュサック村にあります。平均樹齢15年~20年の若い木からの葡萄を使い、新樽を30%使用し熟成させます。カシスやベリーなど若々しい果実味と木樽の風味が楽しめます。カベルネ・ソーヴィニヨン種60%、メルロ種40%

メドック

Chateau Tour Saint Bonnet Medoc Magnum

メドック北部のサン・クリストリー・メドックにあるメルレ・ラフォン家所有のシャトー。力強さと品を兼ね備えたコストパフォーマンスのボルドーです。グレート・ヴィンテージの希少なマグナムサイズが数量限定で入荷しました。メルロ種65%、カベルネ・ソーヴィニヨン種53%、プティ・ヴェルド種5%のブレンド。

Chateau Tour Saint Bonnet Medoc

メドック北部のサン・クリストリー・メドックにあるメルレ・ラフォン家所有のシャトー。ロバート・パーカー氏もお気に入りで、力強さと品を兼ね備えたコストパフォーマンスのボルドーです。凝縮感があり、深い色合いのワインです。メルロ種60%、カベルネ・ソーヴィニヨン種30%、プティヴェルド種5%のブレンド。60%をセメントタンクにて、40%をオーク樽にて20ヶ月熟成(新樽比率30%)。

Chateau Pierre de Montignac Medoc

サン・テステフ村の北、シヴラック村で24ヘクタールのシャトー。毎ヴィンテージ各地のコンクールでメダルを受賞するなど安定した評価を獲得。カベルネ・ソーヴィニヨン種、メルロ種、カベルネ・フラン種、プティ・ヴェルド種からのワインは、ラズベリーやブラックベリーに加え、モカやシダーなど幅広い香り。タンニンは柔らかく、ほどよい酸味がワインのバランスを取っています。飲み頃の旨みが楽しめるお買い得なワインです。

Chateau Blaignan Medoc

メドックワインの中でも高品質の証でもあるブルジョワ級に認証されたワイン。カシスやベリーの果実味に程よい樽香があり、しっかりとしたボディと程よくまろやかになったタンニン・酸味のバランスが素晴らしいワインです。ふくよかな果実味とタンニンが調和した、典型的なメドック・ワインの美味しさが楽しめます。品種は、カベルネ・ソーヴィニヨン種63%、メルロ種37%。

Chateau Bellegrave Medoc

カシスを凝縮したような美味なるアロマ、メドックの威厳を感じる深く高貴な味わい。この品格はメドックでしか実現できないだろう特別なアペラシオンだと感じさせてくれます。2019年ながら既に今美味しく飲める、滑らかでゴージャスな味わいがこの価格ではありえません。ジルベール&ガイヤール2020年金賞受賞。カベルネ・ソーヴィニヨン種60%、メルロ種35%、プティ・ヴェルド種5%。

Chateau Potensac Medoc

シャトー・ポタンサックは、メドック格付け第2級の筆頭シャトー・レオヴィル・ラス・カーズのオーナーと同じドゥロン家が所有し、コクのある味わいで実力は格付けシャトーに引けを取らないと言われています。渋味と酸味のバランスのよい、しっかりした風味のワイン。

Chateau la Grange de Bessan Medoc

オーナーのラコンブル家は1740年から続く、6つのブルジョワ級シャトーを持つ名家。ベーコンやなめし皮を思わせる香りに、カシスとチェリーの果実味が力強く、円熟したタンニンがこのワインの構造を複雑にしています。また、このシャトーは、プティ・ヴェルド種の割合が19%と高く、そのため他のシャトーにはないスパイシーな風味が楽しめます。カベルネ・ソーヴィニヨン種、メルロ種、カベルネ・フラン種、プティ・ヴェルド種。平均樹齢45年。リヨン・ワインコンクール金賞。

Chateau Lalando d’Auvion Medoc Cru Bourgeois

メドック地区ブレイニャン村で23.5ヘクタールのシャトー。近年評価を上げており、クリュ・ブルジョワの認定を受けています。作付けはカベルネ・ソーヴィニヨン種50%、メルロ種50%で、平均樹齢は25年。発酵、熟成はタンクですが、全体の二割を樽で12ヶ月熟成させています。素晴らしい作柄だった2009年産が熟成を経て入荷しました。複雑な熟成香と、タンク熟成主体の果実感の両方が楽しめます。

Chateau L’Argenteyre Medoc

シャトーは、ボルドー市街から北西に60km、メドック北部のベガダン村にあります。収穫は手摘みと機械摘み。収穫した葡萄は選果テーブルで厳しく選別し、コンクリートタンクとステンレスタンクを使い、24~26度にコントロールしながら行います。熟成はバリック(35%新樽)で14〜18ヶ月行います。紫がかった濃い赤色、熟した果実、程よい樽のニュアンスに、力強く、まろやかで、熟したタンニンが心地よく感じられます。デカンターで91点評価。カベルネ・ソーヴィニヨン種55%、メルロ種30%、プティ・ヴェルド種15%。

Chateau le Vieux Serestin Medoc

この価格ですが、流石クリュ・アルティザン、クリュブルジョワの認定を受け高評価を続けてきたシャトーだけのクオリティを持っています。木の芽を思わせる新鮮な青草のイメージから始まり、時間と共にチェリーやカシスの香りへと変化し色々な表情を見せてくれます。味わいはチェリーと動物的な味わいをシッカリとしたタンニンが引き締め、フィニッシュに木樽由来のニュアンスが長く続きます。旨安ボルドーの決定版。ジルベール&ガイヤール金賞受賞。カベルネ・ソーヴィニヨン種44%、メルロ種45%、カベルネ・フラン種1%、プティ・ヴェルド種10%。

M de Fonbadet Medoc

このエム・ド・フォンバデはポイヤック村で歴史あるフォンバデのセカンドワイン的な銘柄です。フォンバデの畑は、ラトゥール、ムートン・ロートシルト、ピション・ラランド、ランシュ・バージュの畑に囲まれており、一部はラトゥールやムートンと一体化しています。カベルネ・ソーヴィニヨン種60%、メルロ種20%、カベルネ・フラン種15%他。

Chapelle de Potensac Medoc

メドック格付け第2級の筆頭、レオヴィル・ラス・カーズと同じドゥロン家がメドックに所有するシャトー・ポタンサックのセカンドワイン。完熟したカシスを思わせる果実味に、タンニンはきめ細やかで、旨味を感じる余韻が楽しめます。メルロ種、カベルネ・ソーヴィニヨン種、カベルネ・フラン種のブレンド。

リストラック

Chateau Fourcas Hosten Listrac

2006年、高級ブランドのエルメス一族のモメジャ兄弟が買収し、品質が目覚ましく向上しているシャトー。果実味と木樽からのクラシカルなタンニン、香ばしい香りが調和しています。メルロ種51%、カベルネ・ソーヴィニヨン種47%、カベルネ・フラン種2%。

Chateau Fourcas Dupre Listrac

リストラック村でシャトー・フルカ・オスタンと人気を二分する実力あるシャトー。メルロ種の比率が高く、ふくよかでコクのある味わいです。作付け面積はカベルネ・ソーヴィニヨン種44%、メルロ種44%、カベルネ・フラン種10%、プティヴェルド種2%。