スピリッツ

リストは随時更新しておりますが、在庫は常に変動しておりますので、ホームページ上で記載している商品も品切れしている場合がございます。ご希望の商品、希望本数等がございましたら、お手数ですが当社までお問い合わせ下さい。ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。

ラム

J.Bally Rhum Blanc Agricole Martinique

ライムのような青みがかった柑橘系のフルーツ香がデザート向きですが、程よい強さもあるラムブラン。蒸留所が降雨量の多い場所にあるので、水分を多く含み非常にフレッシュでフローラルな味わいが楽しめます。

Captain Morgan Spaiced Rum

さとうきびから造ったプエルトリコ産ゴールドラムに、バニラスパイスとトロピカルフレーバーを加えて造る香り豊かなラム。甘い香りとまろやかな味わいが楽しめます。

Captain Morgan Private Stock

自分達の消費用に造っていたというプライベート・ストック。バニラ・ビーンズを効かせたカスタードクリームに、僅かな洋梨を加えた様なニュアンス。上品で甘い香りが特徴的。

Kingsbury Demerara Double Matured Rum Single Cask

キングスバリー社は長きに渡り、シングルモルトスコッチウイスキーをメインに熟成ラムなども手がけてきた業界トップクラスの生産者です。大評判だったデメラララム ダブルマチュアードが復活しました、今回はシークレットの「スペイサイド・シングルモルト」カスクとなります。シェリーカスクの影響がしっかりと感じられ、甘やかな仕上がりとなっています。

Kraken Black Spiced de Rum

クラーケンとは、大型帆船を襲ったとされる触手のある伝説上の海獣。トリニダード・トバゴ産のラムに11種以上の秘密のスパイスをブレンドしたスムースな味わいのブラック・スパイスド・ラム。コーラで割ったクラーケン&コーラやエナジー・ドリンクで割ったクラーケン・ボムなどでお楽しみ下さい。

Sang Som

サトウキビを原料とし、木製のタンクで5年以上熟成させました。オンザロックや水割りで、またソーダやコーラ割りもポピュラーな飲み方です。サンソンとは「月」の意味です。

Bacardi Carta Blanca

創業当時から、他のラムと明らかに違っていたそのスムーズなフレーバーは、様々なカクテルに使用されてきました。ホワイトは、モヒートなどのトロピカルカクテルには欠かせないスピリッツ。

Havana Club 3 Ages

キューバ産ラムを代表する銘柄。3年間オーク樽で熟成後、ろ過、瓶詰めしています。軽い飲み口のライトラムでカクテルベース向き。

Plantation Rum O.F.T.D

バーボン樽で熟成させた2~5年熟成のバルバドス産、仏オーク樽で1~2年熟成させたガイアナ産、仏オーク樽で1~2年熟成させたものと12年以上熟成させたジャマイカ産、4種の原酒をブレンドし造られています。繊細で奥行きのある香り。強烈なキャラメルやチョコレート、バニラのアタックと、シナモンやレーズン、ナツメグにサトウキビのスモーキーなニュアンスが続いていく。刺激的なアルコール感が抜けた後は、チョコレートやクローヴ、キャラメル等の余韻が楽しめます。

Plantation Rum Original Dark

フランスのコニャックの生産者、コニャック・フェラン社が生み出したプランテーションという名のラム。 かねてよりカリブの島々のラムの生産者にコニャック樽を販売していたアレクサンドル・ガブリエル氏は、同社のコニャック樽を購入しているのがある特定のラムの生産者であることに気づきました。 そうした関係を続けていく中で、彼は非常に芳醇で複雑な香りとアロマを持つラムを発見しました。各地の歴史と伝統に基づいて造られたラムを、自身の会社のブランデー造りの伝統と経験に基づきブレンドし熟成させることで、各地の個性をより活かした高品質なラムを作ることに成功しました。 トリニダード・トバコ、ジャマイカのブレンドしたダークラム。

Plantation Rum 3 Stars

フランスのコニャックの生産者、コニャック・フェラン社が生み出したプランテーションという名のラム。 かねてよりカリブの島々のラムの生産者にコニャック樽を販売していたアレクサンドル・ガブリエル氏は、同社のコニャック樽を購入しているのがある特定のラムの生産者であることに気づきました。 そうした関係を続けていく中で、彼は非常に芳醇で複雑な香りとアロマを持つラムを発見しました。各地の歴史と伝統に基づいて造られたラムを、自身の会社のブランデー造りの伝統と経験に基づきブレンドし熟成させることで、各地の個性をより活かした高品質なラムを作ることに成功しました。バルバドス、ジャマイカ、トリニダードのブレンドしたホワイトラム。

Myerss Rum Pet

200種類以上の原酒から20種類だけを厳選してオークの大樽につめ、一般には2年といわれる熟成に8年の歳月をかけた後、今もって秘蔵とされる伝統あるブレンド技術をもってマイヤーズラムは誕生しました。

Mekhong

現地では「メコン・ウィスキー」とも呼ばれ親しまれている、タイのスピリッツ。共に特産のサトウキビと、米の蒸留酒をブレンドし、ハーブ、スパイスで香り付けしました。ラムを思わせる甘味が特徴で、飲み方はオンザロックが多いですが、ハイボールやカクテルにもどうぞ。

Red Rum

トロピカルフルーツのフレーバーが入ったヴァージンアイランドのラムで、ストレート・ロックはもちろんのこと、いろんなフルーツジュースとのカクテルベースとしてとても重宝します。

ロンサカパ

Ron Zacapa

スペイン人の医師であり科学者であるアレンハンドロ・ブレダレタ氏が、上質なサトウキビの糖蜜を蒸留した数々の原酒をブレンド、6年から23年間長期間熟成させた手の込んだラム。

Rurikakesu Rum

ルリカケスは奄美群島に属する徳之島で高岡醸造が蒸留する国産ラム酒です。色合いは、オーク樽熟成からの琥珀色をしています。酒銘の由来は、ラベルに使用されている、奄美に生息する「ルリカケス」という鳥から名付けられました。

ジン

Eyguebelle Gin

フランスプロヴァンス地方で、スピリッツや各種リキュールを造っているトラピスト派エギュベル修道院で造られる、アルコールの刺激が少ないマイルドなジン。

Kingsbury Victorian Vat Gin Single Cask

「ビクトリアンバット」には通常市販されているジンの2倍以上のジュニパーが使用されており、シトラスフレーバーが主流の現在のジンに比べて、強烈なジュニパーとスパイシーな香りが際立っています。また、通常のジンとは異なり、樽で熟成されてアルコール度数は58.4°とかなり高く、ジュニパー・ベリーの風味がより鮮烈に表現されています。346本の限定品。ノンチルフィルターが採用されていますので瓶内に黒い固形物が見られることがございますが、これは成分を最大限に引き出すために強く焦がされた樽の内側です。樽の中の状態に極めて近い味わいが楽しめます。

Gordon’s Gin

洗練されたビーフィーターに対し、野太い味わいのゴードン・ジン。

Tanqueray No.TEN

同社に現存する蒸留器の中で最も古く、10番目に製造された小型単式蒸留器によって製造。4回の蒸留により生み出されるすっきりとした味わいが特徴。

Tanqueray

ロンドン市フィンズベリー地区の湧き水を利用して造られたジン。4回蒸留による洗練されたキレのある味わいが特徴。ゴードンと並ぶドライ・ジンの代表的ブランド。

Beefeater

英国王室の近衛兵(ビーフィーター)の名を持つロンドン・ドライ・ジンの代表銘柄。

Boodles British Gin

スコットランドの清流が磨き上げた、切れ味の良いプレミアム・ジン。減圧蒸留方式で香味付けされ、ジンらしい香りが強く現れています。味わいは甘めで重厚。

ボビーズ・ジン

Bobby’s Gin

ボビーズ・ジンはオランダ人発祥の地スキータムにあるハーマンヤンセン社が生産しています。ボタニカルはジュニパー、レモングラス、シナモン、クローヴ、コリアンダー、ローズヒップ、フェンネル、キュベブペッパーで、それぞれを別々にライ麦100%のグレーンスピリッツと共にポットスティルで蒸留しブレンドするという大変に手間のかかった作り方をしています。このジンを使用したジントニックではオレンジスライスとクローブを使うレシピが一般的だそうです。

Bombay Sapphire

通常のジンでは、香り付けにジュニパーベリーを中心とした4~5種類のボタニカルしか使用しませんが、ボンベイ社は10種類のボタニカルを使用することにより、深く華やかな香りと味わいを創り出しています。

Monkey 47 Gin

パーカー氏が100点をつけたジンが登場です。 ドイツ シュヴァルツヴァルト(黒い森)産。アルコール度数47%で47種のフルーツやハーブやスパイスを使用し、他に類を見ない複雑な味わいを持ちます。

The London No.1 Original Blue Gin

シェリー酒で有名なスペインのゴンザレス・ビアス社がロンドンで造るドライジンです。高品質の穀物を原料に伝統的なポットスチルで3回の蒸留をし、スモール・バッチで造られます。ボタニカルは、世界各地より集められたジュニパーやコリアンダー、アンジェリカ、イリスの根、リコリスの根などを使用していますが、ユニークなのはベルガモットのオイルを使用しているところ。美しいターコイズ・ブルーの色は、クチナシの花を浸漬して付けられています。

季のTEA 京都ドライジン

The Kyoto Distillery KI NO TEA

季のTEAは「季の美 京都ドライジン」を構成する6つのエレメントの中で高い関心が寄せられた「茶」にスポットを当てた限定商品です。今回も「堀井七茗園」所有の「奥の山」茶園で栽培した玉露と碾茶(石臼で粉状の抹茶に碾きあげる前の茶葉)を特別にブレンドした最高級の宇治茶を使用。また、銘酒「月の桂」で知られる増田徳兵衛商店の仕込み水を用いることで、柔らかくクリーンな味わいを実現しています。香りは茶室を思わせる独特な覆い香。味わいはホワイトチョコレート、シトラスの後にジュニパーが感じられ、最後に温かい緑茶が長く広く続きます。洋酒の枠を超えた風雅な「和」の味わいに仕上げました。

Ki no bi Kyoto Dry Gin

京都ドライジンは、お米からつくるライススピリッツとボタニカルに玉露や柚子、檜や山椒など日本ならではの素材を積極的に取り入れ、伏見の柔らかくきめ細やかな伏流水を使用して造られました。英国と京都の伝統を融合させたプレミアムクラフトジンです。ジュニパーベリーの効いたロンドンドライスタイルに「和」のエッセンスを加えた唯一無二の味わいをお楽しみいただけます。

通常、ジンは全てのボタニカルをまとめて蒸溜しますが、「季の美」の製法は非常に独特です。11種のボタニカルを特性に応じて「ベース(礎)」、「シトラス(柑)」、「ティー(茶)」、「スパイス(辛)」、「フルーティ&フローラル(芳)」、「ハーバル(凛)」の6つのグループに分類し、別々に蒸溜した後にブレンドします。それぞれの素材を最大限に生かしながら匠の技で絶妙な調和を取る、これが京都蒸溜所の「雅」製法です。素材からデザインに至るまで伝統と革新を注ぎ込んで丁寧につくり上げた雅な世界をお楽しみください。

The Kyoto Distillery KI NO BI

京都ドライジンは、お米からつくるライススピリッツとボタニカルに玉露や柚子、檜や山椒など日本ならではの素材を積極的に取り入れ、伏見の柔らかくきめ細やかな伏流水を使用して造られました。英国と京都の伝統を融合させたプレミアムクラフトジンです。ジュニパーベリーの効いたロンドンドライスタイルに「和」のエッセンスを加えた唯一無二の味わいをお楽しみいただけます。

通常、ジンは全てのボタニカルをまとめて蒸溜しますが、「季の美」の製法は非常に独特です。11種のボタニカルを特性に応じて「ベース(礎)」、「シトラス(柑)」、「ティー(茶)」、「スパイス(辛)」、「フルーティ&フローラル(芳)」、「ハーバル(凛)」の6つのグループに分類し、別々に蒸溜した後にブレンドします。それぞれの素材を最大限に生かしながら匠の技で絶妙な調和を取る、これが京都蒸溜所の「雅」製法です。素材からデザインに至るまで伝統と革新を注ぎ込んで丁寧につくり上げた雅な世界をお楽しみください。

The Kyoto Distillery Sei

京都ドライジンは、お米からつくるライススピリッツとボタニカルに玉露や柚子、檜や山椒など日本ならではの素材を積極的に取り入れ、伏見の柔らかくきめ細やかな伏流水を使用して造られました。 勢 京都ドライジンは、定番製品「季の美」と同じ11種のボタニカルを使用し、アルコール度数54度でボトリング。11種のボタニカルを特性に応じて6つのグループに分類し別々に蒸溜後ブレンド。この度数でそれぞれの素材が引きたつよう匠の技で調和がとられています。ボタニカルそれぞれの個性をより強調し、力強い香り・味わいを実現したフルボディのこのジンは、ジントニックなど幅広いカクテルでお楽しみいただけます。

Hokkaido Shakotan Gin Honoho BOUQUET

積丹の自社畑でハーブ類を栽培し、自家製ボタニカルでジンを造っている積丹スピリット社。ここで新たな味わいのジン「ブーケ」が発売されました。このジンはこの名の通り、ラベンダーや桜等の花の香りを追求したスタイルに仕上げています。特別の日に味わって頂きたい、華やかな味わいのスピリッツです。

Hokkaido Shakotan Gin Honoho BOUQUET

積丹の自社畑でハーブ類を栽培し、自家製ボタニカルでジンを造っている積丹スピリット社。ここで新たな味わいのジン「ブーケ」が発売されました。このジンはこの名の通り、ラベンダーや桜等の花の香りを追求したスタイルに仕上げています。特別の日に味わって頂きたい、華やかな味わいのスピリッツです。

Hokkaido Shakotan Gin Honoho KIBOU

積丹スピリット社のジン。積丹に自生する植物を丹念に調べ、可能性のあるボタニカル(木の実や、ハーブ類)を自社農園で栽培と、乾燥、熟成に4年を費やし、5年目の20年に蒸留を開始。また製法も独自で、選ばれた地元のボタニカルを、各品種に適した方法で個別に蒸留して単一ボタニカルのジンを数種造ります。別に輸入のジェニパーベリーを主体にベースのジンを造り、これに地元の単一品種のジンを香水を作るようにブレンドして仕上げます。この味わいはもはやジンではなく、フランス的に言うと、命の水「オー・ド・ヴィー」か、森の精「エスプリ・ド・ラ・フォレ」を思わせます。

Hokkaido Shakotan Gin Honoho KIBOU

積丹スピリット社のジン。 積丹に自生する植物を丹念に調べ、可能性のあるボタニカル(木の実や、ハーブ類)を自社農園で栽培と、乾燥、熟成に4年を費やし、5年目の20年に蒸留を開始。また製法も独自で、選ばれた地元のボタニカルを、各品種に適した方法で個別に蒸留して単一ボタニカルのジンを数種造ります。別に輸入のジェニパーベリーを主体にベースのジンを造り、これに地元の単一品種のジンを香水を作るようにブレンドして仕上げます。この味わいはもはやジンではなく、フランス的に言うと、命の水「オー・ド・ヴィー」か、森の精「エスプリ・ド・ラ・フォレ」を思わせます。

Hokkaido Shakotan Gin Honoho KIBOU Blue

自社畑でハーブを栽培し、ボタニカルを自社生産して高品質なジンを生産している積丹スピリット。ここの第三弾は、積丹の海をイメージしたシャコタン・ブルー色のジンです。ボタニカルは輸入のジュニパーベリー等に、地元のアカエゾマツやホップ他を使って森林を思わせる香りのジンを造り、最後にアジア原産の群青(グンジョウ)色の花・バタフライピーを漬け込みました。また本品をお買い上げ頂くと、1本につき100円が「うに」の再生に取り組む地元の海づくり協議会に寄付されます。

Benisakura _Craft Gin 9148 0101

札幌市南区澄川に出来た蒸留所で造られたクラフト・ジン。アルコール45%に浸けこまれたボタニカルは、ジュニパー、コリアンダー、シナモン、日高昆布、アンジェリカ、レモンピール、ブルーベリー、北海道産干し椎茸、北海道産切干大根、ローズレッドペタル、ブラックペッパー、カルダモン、ホワイトペッパー、クローブ。シャープな味わいの中に、日高昆布からの旨みとコクが感じられます。

ウォッカ
奥飛騨酒造 奥飛騨ウォッカ

Okuhida Vodka

日本の造り酒屋が提供するウォッカです。「しらかば」炭にて、濾過し貯蔵熟成させています。なめらかで、甘みの残る味わいは、ハードリカー好きならずとも虜にする魅力があります。そのまま冷凍庫へ、トロッとしたところをショットグラスでどうぞ。もちろんカクテルのベースにもOKです! 2016年12月、ロシアのプーチン大統領が来日された際、山口県でのディナーに「奥飛騨ウオッカ」が提供されました!! 60年前からスピリッツの免許を取得し、先代がウオッカを造り始めました。

Finlandia Cranberry

クランベリー(つるこけもも)の果実を浸加したフレーバード・ウォッカ。フィンランディアのクリアで爽快な味わいと甘酸っぱいクランベリーの果実感のバランスが絶妙です。

Smirnoff Vodka No21

世界NO1の売り上げを誇るウォッカの代表格。

Stolichnaya

ロシアを代表する世界的に有名なウォッカの銘柄。ロシアを代表する世界的に有名なウォッカの銘柄。石英砂・白樺炭による4回のろ過工程にて生み出されるスムーズでシルキーな口当たりと豊かな香り、ほのかにスパイシーさを感じるフィニッシュが特徴です。

Starka 10Years Old

小麦を主原料としたスピリッツにブランデーやポートワインをブレンドし、リンゴや梨の新芽を浸漬しオーク樽で3年以上熟成。デリケートな味わいと豊かなコクが楽しめます。

テキーラ

Patrón

プレミアム・テキーラの代名詞パトロン。ブルー・アガヴェ(竜舌蘭)を贅沢に使い旨味たっぷりに作られた味わいは、セレブの心を鷲掴みにし、今やテキーラのトップブランドと言っても過言ではありません。今回はベーシックレンジのシルバー、やや熟成させたレポサド、アメリカン・オークとフレンチ・オーク1年以上熟成させたアネホの3種をセットにした物です。グレードの違いを飲み比べてもいいですし、またチョットしたギフトに最適です。

その他のスピリッツ
三和酒類 WAPIRITS TUMUGI(ワピリッツ・ツムギ)

WAPIRITS TUMUGI

ニッポン発のカクテルベーススピリッツ「WAPIRITS TUMUGI」。それは、古くから続く「麹」を使った日本独自の酒造りを背景にして生まれました。 原料の持ち味を生かす伝統の「麹造り」、糖化と発酵を一度の工程で行う「並行複発酵」、豊かな香味を取り出す「単式蒸留法」。この三つの技に、和の『天然ボタニカル素材』の要素を加えた、新しいニッポンのカクテルベーススピリッツです。