フリウリ=ヴェネツィア・ジューリア

ワインリストは随時更新しておりますが、在庫は常に変動しておりますので、ホームページ上で記載している商品も品切れしている場合がございます。ご希望の商品、希望本数等がございましたら、お手数ですが当社までお問い合わせ下さい。ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。

Vodopivec Vitovska Origine IGT Venezia Giulia

パオロとヴァルテルのヴォドピーヴェッツ兄弟が1997年より始めたワイナリーで、4.5ヘクタールの畑には、カルソ地区土着のヴィトフスカ種のみが栽培されています。自然や生態系に敬意を払って一切の科学的な薬剤を用いずに栽培を行い、1ヘクタール当たり1万本という高密植の畑から、凝縮度の高い葡萄を収穫しています。オリージネは、木製開放式醗酵槽で約10~14日間の醸し醗酵をし、大樽で3年熟成したものになります。

ヴォドピーヴェッツ ヴィトフスカ ソーロ IGT ヴェネツィア・ジューリア

Vodopivec Vitovska Solo IGT Venezia Giulia

パオロとヴァルテルのヴォドピーヴェッツ兄弟が1997年より始めたワイナリーで、4.5ヘクタールの畑には、カルソ地区土着のヴィトフスカ種のみが栽培されています。自然や生態系に敬意を払って一切の科学的な薬剤を用いずに栽培を行い、1ヘクタール当たり1万本という高密植の畑から、凝縮度の高い葡萄を収穫しています。ソーロは、単一畑のものから造られたスペシャル・キュヴェになります。

Dario Princic Vino Bianco

フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州、自然派の雄であり故スタンコ・ラディコンの親友ダリオ・プリンチッチ氏。以前に比べ醸し期間を短くし品種の特性が分かりやすいスタイルに変わってきました。このビアンコは開放発酵桶で全ての葡萄を一緒に発酵させます(ピノ・グリージョ種は収穫を別に行い、醗酵中のモストに後から追加します)。ダリオ・プリンチッチの入門的なワインです。シャルドネ種、ソーヴィニヨン・ブラン種、ピノ グリージョ種。

Dario Princic Trebez

自然派の雄であり故スタンコ・ラディコンの親友ダリオ・プリンチッチ氏。独自のバランス感覚で造るワインは長期マセラシオンの重厚感がありながらも香豊かで果実の甘みも感じさせる軽やかな仕上がりです。オスラヴィアの伝統的アッサンブラージュワイン。できる限り遅く、種子まで熟してから収穫。発酵は木製の開放桶。先にピノ・グリージョ種を収穫し、7日程度マセラシオン。遅れてシャルドネ種とソーヴィニヨン・ブラン種を一緒に収穫して、発酵中のピノ・グリージョ種に追加。18日間マセラシオン。30hl、20hl、15hl、5hlの様々な大きさの樽で2年間熟成。シャルドネ種、ソーヴィニヨン・ブラン種、ピノ・グリージョ種。

Dario Princic Pinot Grigio Sivi

フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州、自然派の雄であり故スタンコ・ラディコンの親友ダリオ・プリンチッチ氏。独自のバランス感覚で造るワインは長期マセラシオンの重厚感がありながらも香豊かで果実の甘みも感じさせる軽やかな仕上がりです。畑の樹齢は50年以上で粒が小さく果皮が厚い特殊なクローン。シヴィとはスロヴェニア語で「灰色」を意味します。イタリア語のグリージョと同義です。樹齢50年以上。果皮がピンク色になるまで収穫を遅らせて収穫。発酵は開放発酵桶で行い、野性酵母のみ。マセラシオンは8日間。アカシア、栗、地元のオーク樽に入れて30ヶ月間熟成。その後、アッサンブラージュしてステンレスタンクで3ヶ月熟成。ノンフィルターでボトリング。ピノ・グリージョ種100%。

Borgo Savaian Aransat Orange Wine Unfiltered

ボルゴ・サヴァイアンは、古くからオレンジワインが造られてきたコッリアに居を置く家族経営のワイナリーです。40日間の長いスキンコンタクトによる独自のスタイルで、余韻の長さ、味わい深さ、そして複雑さが現れています。アプリコット、熟したオレンジの香りにダージリン、カルダモンやナッツのアロマが華やか。ヨーグルトのニュアンスも感じられ複雑。骨格はしっかりとしており、豊かな果実味と余韻が残るノンフィルターならではのうまみと複雑さが楽しめるオレンジワイン。ピノ・グリージョ種85%、ソーヴィニヨン・ブラン種15%。

ラ・カステッラーダ ソーヴィニヨン コッリオ

La Castellada Sauvignon Collio

ラディコン、グラヴナーと並び評されるフリウリを代表する生産者。自然・土地・伝統に最大限に敬意を払い、自然環境や生態系に悪影響を及ぼさないように有機農法で葡萄を育てています。ソーヴィニヨン種はビアンコ・デッラ・カステッラーダのブレンド用に使用されているため、単一のワインは毎年造られているわけではなく、ビアンコの余剰分で生産されるため、生産量が少なく稀少なワインとなっています。

ラ・カステッラーダ ピノ・グリージョ コッリオ

La Castellada Pinot Grigio Collio

ラディコン、グラヴナーと並び評されるフリウリを代表する生産者。自然・土地・伝統に最大限に敬意を払い、自然環境や生態系に悪影響を及ぼさないように有機農法で葡萄を育てています。ピノ・グリージョ種は、殆どがビアンコ・デッラ・カステッラーダのブレンド用に使用されるため、単一で造られるピノ・グリージョは稀少なワインになります。果皮の色が抽出されているため、ロゼに近い色調になります。

ラディコン スラトニック IGT ヴェネツィア・ジューリア

Radikon Slatnik IGT Venezia Giulia

2009年よりリリースされた、当主スタンコの息子サシャが白ワインの全量の醸し発酵を始めた97年頃の製法を踏襲して造るセカンドラインのワイン。スラトニックはオスラーヴィエにブレンドされていたシャルドネ種とソーヴィニヨン・ブラン種を使用し、2~3週間のマセレーションと発酵の後、樽で1年熟成して造られています。

※残り在庫極少量です。

Dario Princic Vino Rosso

フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州、自然派の雄であり故スタンコ・ラディコンの親友ダリオ・プリンチッチ氏。以前に比べ醸し期間を短くし品種の特性が分かりやすいスタイルに変わってきました。このロッソは開放発酵桶で全ての葡萄を一緒に発酵させる。マセレーションはヴィンテージによるが15日間程度。発酵終了後、一部の澱を抜き取り、ステンレスタンクと大樽で9ヶ月程度熟成。粗いフィルターにかけてアッサンブラージュ。その後、3ヶ月程度落ち着かせてからボトリング。

ラディコン RS(エッレ・エッセ) IGT ヴェネツィア・ジューリア

Radikon RS IGT Venezia Giulia

2009年よりリリースされた、当主スタンコの息子サシャが白ワインの全量の醸し発酵を始めた97年頃の製法を踏襲して造るセカンドラインのワイン。エッレ・エッセはメルロ種主体にピニョーロ種をブレンドした赤ワインになります。醸し期間を2週間程度に留め、木樽で3年熟成させた後にボトリング。

※残り在庫極少量です。