ヴェネト

ワインリストは随時更新しておりますが、在庫は常に変動しておりますので、ホームページ上で記載している商品も品切れしている場合がございます。ご希望の商品、希望本数等がございましたら、お手数ですが当社までお問い合わせ下さい。ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。

Bellenda Prosecco Valdobbiadene Brut 1/2

ヴェネト州のグレラ種(プロセッコ)で造ったスプマンテ。華やかな香りが特徴の辛口タイプ。

Bellenda Montebello Spumante Brut Bianco

“モンテベッロ(美しい山)”と名付けられたモンテ物産のオリジナルブランド。厳選された味わいの高品質なワインを、手ごろな価格で提供しています。すっきりとした味わいの辛口スプマンテ。心地よいフルーティな香りと爽やかさ、そして余韻の残る味わいが特徴です。トレッビアーノ種、シャルドネ種、他。

ランベルディ トゥラ スプマンテ エクストラ・ドライ

Lamberti Tura Spumante Extra Dry

イタリアのプロセッコで有名なグレラ種を使用したスパークリングワインです。やや辛口のでフルーティーな味わいは夏の暑い時期にピッタリです。また、お財布に優しい価格が嬉しいです。白桃を思わせる香に柑橘の風味が心地良く、イタリア料理はもちろん和食にも合わせやすい風味です。グレラ種100%

Al & dile Pinot Grigio Delle Venezie

アル・エ・ディレはチェスコンというヴェネチア北東に位置する家族経営のワイナリーの上級品です。物理学者でありミラノ大学の教授でもあったイヴァン チェスコンは、1950年代後半、妻が生まれた地にワイナリーを設立しました。地元でよく知られた大量生産型のソアヴェやバルドリーノへのアンチテーゼから、農薬 化学肥料を使わずに栽培した地ブドウにこだわり、手造りのワインを産み出しています。自然農法で収穫したピノ・グリージョ種をコールドマセレーションで醸造。梨や桃の風味とシトラス系の酸、研ぎ澄まされたミネラル感とのバランスが見事です。魚介のカルパッチョやアクアパッツァに最適です。ピノ・グリージョ種100%

Ca Rugate Soave Classico San Michele 1/2

今や品質・評価はピエロパン、アンセルミと同格と言われている生産者。緑色がかった麦わら色、すっきりとしたきれいな辛口。フレッシュで心地良いはっきりとした酸味があります。キレが良く、アフターに微かに甘味を感じることが出来ます。ソアヴェの特徴がとても良く表れています。ガルガネーガ種100%。

カンティーナ・ディ・クストーザ クストーザ ヴェネト

Cantina di Custoza Custoza Veneto

1968年に設立されたこのエリアを代表する生産者組合です。ガルガネガ種、トレビアーノ・トスカーノ種、トカイ・フリウラーノ種をステンレスタンクで発酵、熟成。青リンゴや洋梨を思わせる豊かなアロマが広がり、口に含むと非常にクリーンでミネラルと柑橘の味わいが楽しめます。ラベルは、アンデルセンの童話「しっかり者のスズの兵隊」をモチーフにしています。

San Giorgio Pinot Grigio Garganega IGT Veneto

サン・ジョルジョは、1925年に設立された家族所有のワイナリーです。香ばしいピノ・グリージョ種に、ガルガネガ種をブレンドした白は、柑橘系の爽やかな飲み口で魚介のパスタや生ハムにもってこいの味わいです。飲み飽きず、チープさが無く、一本通してお楽しみ頂ける、コストパフォーマンスの高い逸品です。

Giannitessari Chardonnay Veneto IGT

140年の歴史を持つワイナリーで、現在は畑担当の兄アンドレラ氏と醸造担当の弟エンリコ氏の兄弟で運営しています。ジャンニテッサーリは、標高250~300mにある樹齢40年のシャルドネ種を樽発酵、樽熟成で仕上げており、強すぎず程良く香る樽の風味が心地よく、熟した果実味に酸味の切れ味も良く、アフターのミネラル感も楽しめます。

Tamellini Soave

1998年に創設ですが生産者としての歴史は古く、1930年代から栽培されている古樹もあります。タメリーニの畑はクラシコ地区の丘陵地にあり、高品質なソアヴェを造る為に収穫は全て手摘みで一房ずつチェックを行い、完熟したキレイな房だけから造られています。ワインスペクテーター誌は「リンゴや桃の香りの中にトーストしたオークの洗練した香り。フルボディで様々なフルーツ、そして熟した果実の魅惑的なフィニッシュ、生き生きとした酸味でスタイリッシュ。これはとてもファンタスティックなソアヴェだ!」とコメントしています。

Pieropan Soave Classico

イタリアの白を代表するソアヴェ地区で、常に最高の評価を受けて来たピエロパン氏。入門編のこのワインでも、フレッシュな果実味に、酸味とミネラル感がバランス良く調和しています。素材を生かした魚介類の料理に合います。ガルガーネガ種85%、トレビアーノ種15%。

Bertani Soave Classici bottle

1857年創業、アマローネの雄ベルターニ社はアマローネの様な赤だけではなく白も評判がい良い生産者です。同社の一番ベーシックな白、ソアヴェが瓶形をリニューアルしました。イタリア語で「心地良い、甘美な」という意味のソアヴェ、その名の通りフルーティで心地よい芳香が特徴です。くせがなく和食などにも合わせやすい白ワインです。ガルガーネガ種、トレッビアーノ・ディ・ソアーヴェ種、シャルドネ種のブレンド。

Monte del Fra Custoza

モンテ・デル・フラ社は1958年創業。以来140haの畑を所有するまでに成長しました。果実味溢れるアロマティックな香りに、味わい深い爽やかな辛口白ワイン。食前酒としてはもちろんのこと、アンティパストやプリモ、甲殻類を使った料理、魚料理にも相性良いワインです。ガルガーネガ種40%、トレビアーノ種20%、コルテーゼ種20%、トカイ・フリウラーノ種10%、シャルドネ種、リースリング・イタリコ種、マルヴァジア種10%

モンテリーベロ ピノ・グリージョ デッレ・ヴェネツィエ

Montelibero Pinot Grigio delle Venezie

日本を代表するイタリアワインの輸入元、モンテ物産さんのバイヤーが気合を込めてチョイスした旨安ワイン・シリーズ、モンテリーベロ。このピノ・グリージョは果皮を除いてから、約16~18℃の温度管理下で発酵。ステンレスタンクのみで醸造しています。ハチミツや リンゴ、野生の草花の香りを感じます。口当たりはフレッシュで生き生きとしていて、洋ナシを感じる余韻が心地よく続きます。生牡蠣などのシーフード、カルパッチョ、魚のグリル、白身肉やピッツァ、フレッシュチーズなど、様々な食事と相性のよいワインです。ピノ・グリージョ種100%

ラ・カップッチーナ ソアヴェ

la Cappuccina Soave

ソアーヴェで感動的なワインに巡り合えました。それもそのはず、かのヒュー・ジョンソン氏とジャンシス・ロビンソン女史の共著、ワールド・アトラス・オブ・ワインに紹介されている生産者でした。19世紀からこの地モンテフォルて・ダルポーネでワインを造り、1985年からは無農薬農法転換し、環境にやさしく美味しいワインを造り続けています。ここのワインは良質のソアーヴェが持つ酸、ミネラル、果実味のバランスが素晴らしく、香草を利かせた魚介類に持ってこいの味わいです。 ガルガーネガ種100%

ラ・ビアンカーラ マシエリ IGT ガルガーネガ・デル・ヴェネト 2018年 1500ml

La Biancara Masieri IGT Garganega del Veneto Magnum

ソアヴェ地区の隣のDOC地区であるガンベッラーラ地区で、アンジョリーノ・マウレ氏が1989年より始めたワイナリー。畑は火山岩質のミネラル分に富んだ土壌で、無施肥による有機農法を実践し、すべてのワインを野生酵母で発酵し、瓶詰めまで二酸化硫黄無添加で造られます。マシエリはサッサイアのセカンド的ワインで、2018年はガルガーネガ種90%にその他の品種を10%ブレンドしています。

Le Oselle Soave

レ・オゼッレとは16~17世紀頃、ヴェネツィア共和国で総督から議員に贈られていた名誉ある銀貨のこと。「価値あるもの」という意味を込めて名付けられました。ヴェネト州のガルガネガ種を使ったお手頃ソアヴェ。ソアヴェらしい軽快な喉越しとやさしい果実味が和食との相性も良い白ワインです。

Villa Annaberta Canaja IGP Veneto

カナヤとは地元の方言で「ずるがしこい」の意味。芳醇な味わいで知られ、5千円以上はするヴァルポリチェラ・アマローネ。このワインは同じ品種でもヴァルポリチェラ地区外の葡萄を、アマローネよりやや短く陰干します。その干し葡萄を優しくプレスをして発酵させ、木樽で12ヶ月熟成させました。アマローネにはないスパイシーさがこのワインにはあり、その要素が食事とよく合います。赤身肉、重めのソースを絡ませた肉、香辛料を利かせたステーキ、ゴルゴンゾーラチーズ、ジビエがよく合います。コルヴィーナ種、ロンディネッラ種、他。

Costa Mediana Amarone della Valpolicella

葡萄を陰干しし発酵させる伝統的製法で造られるアマローネはバローロやブルネロと共にイタリアを代表する偉大なワインの一つです。このアマローネは樹齢が30年を越える減農薬の畑から造られています。チェリー、チョコレート、スパイスの香りが混然一体となり、凝縮した果実味と共に飲んだ人を楽しませてくれます。アマローネとしては破格の特別価格でのご提供です。お見逃しなく。コルヴィーナ・ヴェロネーゼ種80%、ロンディネッラ種20%。

※画像は2017年ヴィンテージ

Giannitessari Pinot Noir Veneto IGT

140年の歴史を持つワイナリーで、現在は畑担当の兄アンドレラ氏と醸造担当の弟エンリコ氏の兄弟で運営しています。カルヴァリーナ火山を母岩とする火山性土壌のマッフェア畑のピノ・ノワール種を使用し、発酵はステンレスタンク、熟成は4000リットルの大樽で約6ヶ月間行います。昼夜のメリハリのある気候で育まれた、野性味のある果実と酸、それとミネラル感のバランスが良い味わいです。

トッマーゾ・ブッソーラ ヴァルポチチェッラ

Tommaso Bussola Valpolicella Classico

コルビーナ種(コルビノーネ種)50%、ロンディネッラ種30%、モリナーラ種 5%、その他15%

ベルターニ アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ・クラシコ

Bertani Amarone della Valpolicella Classico

ベルターニはヴェネト州の中心地、ヴェローナ地区で初めて設立された高品質なワインを数多く輩出するワイナリーです。ヴァルポリチェッラ・クラッシコ地区の中心地に所有する計65haもの畑で栽培しています。陰干しは約4ヵ月かけて水分を飛ばします。この長い陰干し期間を経て、水分が3分の2程度になった葡萄は凝縮した糖分と十分な酸が備わります。非常に手間暇をかけて造られる深い味わいが楽しめます。

モンテリーベロ カベルネ・ソーヴィニヨン デッレ・ヴェネツィエ

Montelibero Caberunet Sauvignon Trevenezie

日本を代表するイタリアワインの輸入元、モンテ物産さんのバイヤーが気合を込めてチョイスした旨安ワイン・シリーズ、モンテリーベロ。正直に言いますとヴェネト州のカベルネ・ソーヴィニヨン種のワインは好みではありませんでした。しかし、このワインはバランスが良くデイリーワインにはもってこいの逸品です。イチゴやカシス、青草を思わせる香にほんのりとチョコやスパイスの風味があり果実味も豊かで丁度よい濃さ。ピッツァや焼肉に最適。カベルネ・ソーヴィニヨン種 100%

ランベルティ ピノ・ネーロ IGT ヴェネト

Lamberti Pinot Nero IGT Veneto

1964年に設立のワイナリーで、ガルダ湖畔に広がるバルドリーノ・クラシコのエリアを中心に27haの畑を所有。最新鋭の設備を導入し、高品質なワインを生産しています。アディジェ渓谷の丘にある標高平均200mの畑で育てられたピノ・ネーロ種を使用。スチールタンクで80%を熟成、フランス産バリックで20%を熟成しています。