日本ワイン

ワインリストは随時更新しておりますが、在庫は常に変動しておりますので、ホームページ上で記載している商品も品切れしている場合がございます。ご希望の商品、希望本数等がございましたら、お手数ですが当社までお問い合わせ下さい。ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。

北海道

Takizawa Winery Tabiji Rose Sparkling Sans Soufre Ajoute

余市で古くから栽培されている赤紫色の旅路葡萄。選果後、除梗破砕をして一週間程、紫色の皮も一緒に漬け込む事で、鮮やかなロゼ色に仕上がった辛口スパークリング・ワイン。タンクでの一次発酵後に、3気圧分の補糖をして瓶詰。一次発酵と同じ自然酵母で瓶内二次発酵を行い、旨味を持ったオリを瓶に残したまま、亜硫酸塩無添加で仕上げました。爽やかな果実味と、果皮と種からのタンニンが楽しめます。瓶内にオリを残した為に開栓時に吹きこぼれ易く、抜栓前は立てたまましっかり冷やしてください。酸化防止剤無添加の為、発送はクール便指定、保管は冷暗所でお願いします。

Rita Farm Hanabi New Muscat Sans Soufre

余市産黒葡萄ニューマスカット種で造られた、スパークリング・ワイン。ベース・ワインの醸造時に果皮を漬け込んだ為、アンバーがかった紫色をしています。アルコール発酵後、瓶内で二次発酵を行い炭酸ガスを閉じ込めました。ニューマスカット種はピンク・グレープフルーツの果実感と、柑橘の皮を思わせるフレッシュな苦みが特徴です。あえてオリを残している為、抜栓時に泡が吹き易く、数日瓶を立てて冷やしてから、慎重に抜栓して下さい。酸化防止剤無添加の為に冷暗所での保管と、発送はクール便指定です。

Hakkenzan Winery Hokkai Gakuen University Sparkling Rose

札幌・北海学園大学の生命工学科と、八剣山ワイナリーが共同で商品化したワイン。葡萄は仁木町産のキャンベル種で、19年産より果皮の漬け込み期間を減らし、淡いピンク・オレンジ色のスパークリング・ワイン。泡のキメも細かく、爽やかな辛口で食前酒には最適でしょう。このワインは、同大学が道内各地の植物から採取した酵母を単離し、小仕込み醸造と官能試験で選抜した、北海学園オリジナル酵母「HGU-140」を使って醸造しました。

Tokachi Wine Bloom Yamasachi Rose

十勝ワインを代表する品種「山幸」からつくられた辛口タイプのロゼ・スパークリングワインです。山幸種が持つ綺麗な酸味とスパイシーさがスパークリングワインにすることによりその特徴が生かされ素晴らしい味わいとなりました。鮮やかなルビー色を呈し、甘草を思わせるスパイスの風味と瑞々しい果実味と酸味が心地よく、十勝産葡萄の個性を上手に表現した逸品です。16年山幸種、ノンドサージュですが、最終残糖は9g/L

Tokachi Wine Bloom Rose

国内初の瓶内二次発酵(シャンパン方式)によって、清見種と、ケルナー種を主体に造られた辛口タイプのロゼ。キメ細かな泡立ちと、ベリー系の果実味が楽しめます

藤野ワイナリー マヤ

Fujino Winery Maya Sparkling

余市町登の契約農家・三氣の辺と南区の自社畑で取れたツバイゲルトレーベ種59,8%、ピノ・ノワール種35,5%、シャルドネ種4,7%を2017年に瓶内2次発酵し、豊平峡ダムのトンネルにて熟成。2021年2月澱抜きし再栓。再栓時、酸化防止剤を10PPM添加しました。イースト香と柑橘系のふくよかな香り、年月を経た複雑さが楽しめます。酸化防止剤は極少量の為冷暗所での保存をお願い致します。生産本数426本。

Aiza Farm Ryunosuke

十勝・帯広でワイン造りに挑戦する生産者。あいざわ農園では、葡萄の栽培で農薬や化学肥料は一切使用していません。10Rワイナリーで3年間のワインづくりの経験を経て、2回目のリリースです。山幸種はアムレンシスというヤマブドウ種と清見種を掛け合わせて開発された品種。耐寒性があるため、マイナス30度まで下がる厳寒の地でも土の中に埋めずに越冬が可能です。山幸種を房ごと低温で40日間醸し、搾汁、野生酵母で発酵した後、6ヶ月間木樽に入れました。ベリー系の香りの中に、シナモンのようなスパイスを感じます。複雑味があり酸が心地よい口当たりです。酸化防止剤が極少量のため14度以下での保存をお願いします。ノンフィルター瓶詰めの為、旨味を含んだオリが沈殿しています。生産本数1497本。

Chitose Winery Kita Wine Pinot Noir Rose

余市町の木村農園で契約栽培されたピノ・ノワール種を使用。赤ワイン用の葡萄果汁を発酵前に抜き取り、小樽発酵、小樽熟成を行い瓶詰めしています。クランベリーやチェリーのようなアロマ、シナモンなど甘いスパイス香に、味わいはフランボワーズなど赤果実の風味に加え、まろやかな酸味、余韻に樽由来のスモーキーさが感じられるエレガントな辛口のロゼワインです。生産本数約1244本。天候に恵まれた2019年は葡萄の熟度が上がり凝縮感のあるワインとなりました。

Fujino Winery Assisi no Francisco Rose

厚沢部町鶉(うずら)の進藤貞一さんが栽培したヤマソーヴィニヨン種63.1%とセイベル13053種36.9%のブレンド。ヤマソーヴィニヨン種は全房MC(マセラシオン・カルボニック)、セイベル種は醸さずダイレクトプレスしたため、ロゼワインに仕上げました。イチゴ、ラズベリーなどの香りに、ダシ感がありしっかりとした芯のあるワインです。名のアッシジのフランシスコは進藤さんの洗礼名です。若いころに畑の中で改宗を決意し、葡萄畑を造ることになったそうですが、このことはご自身の天命のように感じたとのことでした。無清澄剤、無ろ過の為、にごりやオリ、自然の炭酸ガスが含まれることがありますが品質には問題ありません。また酸化防止剤無添加のため14度以下の保存をお願いします。生産本数757本。

Osa Winery Yoi Yoi Hour

自社畑100%の辛口スパークリングワイン。余市豊丘産ナイアガラ種93%、ツヴァイゲルト種7%を使用。ツヴァイゲルト種の醸し時間を14時間に延ばし、さらにツヴァイゲルト種のブレンド比率を少し上げてより厚みある味わいを目指しました。2020年春までタンク熟成の後、再度酵母と糖を加え瓶詰し、瓶内二次発酵でゆっくりとガスを溶け込ませています。香りは洋梨、黄桃、オレンジやはちみつのような、ふわりと甘さを感じるような特徴香。ミントのような涼やかさと、少しナッツを炒ったような香ばしさもあります。味わいはアタックからフレッシュでたっぷりとした酸、バランスのとれた厚みがあり、後半は柔らかく甘さを感じるような余韻が長く続きます。

キャメルファーム ケルナー・スパークリング

Camel Farm Kerner Sparkling

余市登町の藤本農園を引き継いだキャメルファームが、伊のコンサルタントであるリカルド・コタレッラ氏と共に、余市の自社畑のみで造ったワイン。徹底した栽培管理を実施した葡萄だからこそ生まれた、調和の取れたフレッシュなスパークリングワイン。美しく輝きのある緑がかった淡い黄色。きめ細やかで繊細な泡立ち。青リンゴやライム、レモンのフレッシュな柑橘系果実のような香りに、ミント、白い花、白桃 などのニュアンスも感じられアロマティック。ハツラツとした心地の良い酸とミネラルを感じる 、華やかで爽快な辛口スパークリングワイン。 ケルナー種100%

Camel Farm Winery Legami

ワイン名“レガミ”は繋がる、絆、結びつき、縁を意味するイタリア語。柑輝きがあり、緑りがかった淡い黄色。きめ細やかな泡立ち。柑橘系果実や白桃、白い花のような華やかな香り。フレッシュで美しい酸味、豊かなミネラルを感じ、柑橘系のフルーツを思わせるさわやかな味わい。レジェント種58%、ブラウフレンキッシュ種15%、バッカス種11%、ケルナー種7%、ツヴァイゲルト種5% ピノ・ノワール種4%。

Camel Farm Winery Legami Brut Nature Dosage Zero

“ワイン名レガミは繋がる、絆、結びつき、縁を意味するイタリア語。輝きのある緑がかった淡い黄色。きめ細やかな泡立ち。フレッシュな柑橘系果実や青リンゴのような爽やかな香り。石灰やトースト、ホワイトペッパーや白い花のような華やかなアロマ。心地よいシャープな酸、グレープフルーツのような苦味。フレッシュで生き生きとした味わいで、後味に程よい旨味を感じる辛
口スパークリングワインです。

レジェント種55%、ブラウフレンキッシュ種18%、バッカス種14%、ツヴァイゲルト種5%、ピノ・ノワール種4%、ケルナー種4%。

Takizawa Winery Niagara Sparkling Sans Soufre Ajoute

三笠タキザワ・ワイナリーが、余市産ナイアガラ葡萄を自然酵母で仕込んだ、香り華やかな辛口スパークリング・ワイン。アルコール発酵後にオリ引きをして、3気圧分の補糖をして瓶詰。1次発酵と同様に自然酵母で、瓶内二次発酵を行いました。瓶内にオリを残した為に、開栓時に吹きこぼれ易く、抜栓前は立てたまましっかり冷やしてください。仕込みから瓶詰まで、亜硫酸は無添加の為、発送はクール便指定、保管も16度以下の冷暗所でお願いします。

Tokachi Sparing Bloom Blan

国内初の瓶内二次発酵(シャンパン方式)によって、清見種と、ケルナー種を主体に造られた辛口タイプのロゼ。キメ細かな泡立ちと、ベリー系の果実味が楽しめます

Osa Winery Tabi

小樽発祥といわれる希少な葡萄「旅路(たびじ)」の、華やかで個性的な香りと味わいを生かしながら、食中酒として「次の一口がおいしくなる」ワインを目指しました。寿司とのマリアージュをテーマにしています。香:金柑やみかんなどの和柑橘、キンモクセイを思わせる香りが豊かに立ち上ります。すりおろしたジンジャーやホワイトペッパーのようなスパイシーな清涼感もあり華やかで個性的な香りです。味わい:すっきりとした辛口。柔らかく染み入るようなアタック、葡萄をほおばったような瑞々しさ、豊かでまるみのある酸味が広がります。後半は柑橘の皮のようなほろ苦さが広がり、2019より引き締まった印象です。アルコール感が軽やかですいすいと飲み進むうちに、じわっと奥行きを感じるようなワインです。旅路種100%

Osa Winery O della casa

やや辛口白ワイン。北海道余市産のデラウェア種のもつ親しみやすい香りと味わいに、旅路種のもつ和のハーブのニュアンスと酸味がアクセントとなり食が進みます。エチケットのdella casaとはイタリア語で「家のようにくつろいで」という意味で、家庭料理全般に合う懐の広さ、飲みつかれしない味わいを目指しました。

OcciGabi Winery Kerner

ドイツからもたらされたケルナー種は、北海道の気候に合っていたようで作付けが増えて、今や北海道を代表する品種となりました。余市のオチガビ・ワイナリーが造るケルナーは、フルーティーで完熟した果実味と、酸味が調和したメリハリのあるスタイルです。

キャメル・ファーム ケルナー

Camel Farm Kerner

余市登町の藤本農園を引き継いだキャメルファームが、伊のコンサルタント・リカルド・コタレッラ氏と共に、余市の自社畑のみで造ったワイン。北海道を代表するケルナー種で造られた爽やかな白。

サッポロビール グラン・ポレール 余市ケルナー 辛口 2018年

Sapporobeer Grande Polaire Yoichi Kerner

北海道余市の協働契約栽培畑産ケルナー種を100%使用。青りんごを想わせるみずみずしくフルーティな香り、爽やかでキレのあるすっきりとした飲み口が魅力の白ワインです。余市の弘津農園の葡萄を、サッポロビール岡山ワイナリーに運び、醸造しました。

Takizawa Winery Kerner

北海道三笠市のタキザワ・ワイナリーが、余市の中井農園産ケルナー種を仕込んだ白。自然酵母でアルコール醗酵後に、自然の乳酸菌でマロラクティック醗酵も実施。その後に軽いオリ引きをして、タンクで8ヶ月間熟成させました。現在はフレッシュな果実味と、爽やかな酸味が楽しめ、熟成と共に調和してくるでしょう。

Takizawa Winery Delaware Sans Soufre Ajoute

北海道三笠市のタキザワ・ワイナリーが余市の葡萄で仕込んだワイン。デラウェア葡萄を房のままゆっくりプレスし、自然酵母で発酵。タンク内で野生乳酸菌による発酵も行い、オリと共に4ヶ月熟成させ、オリ引き後にノンフィルターで瓶詰。このワインは醸造から瓶詰まで、酸化防止剤のSO2無添加です。味わいはクリアな果実味と柔らかな酸味が楽しめる、溌溂としたスタイル。保管は16度以下の冷暗所でお願いします。発送はクール便指定となります。

Takizawa Winery Muller Thurgau Nakai Vineyard

余市・中井農園産ミュラー・トゥルガウ種を、タキザワ・ワイナリーが醸造した白。醗酵前5日程、葡萄を潰さずに炭酸ガスの中で保管し(マセラシオン・カルボニク法)、果皮の風味が染み込んだ果汁を発酵させました。また、三笠の自社畑産ソーヴィニヨン・ブラン種を3%ブレンドしています。共に発酵は自然酵母と、自然の乳酸菌で行い、オリと共に7ヶ月間タンクで熟成後に瓶詰。やわらかな果実味に、スパイス感や果皮からの複雑さが楽しめます。低亜硫酸ワインの為に冷暗所にて保管ください。

タキザワ・ワイナリー 三笠 シャルドネ

Takizawa Winery Mikasa Chardonnay

タキザワ・シャルドネは三笠の自社畑の白。2020年は素晴らしい作柄で、新樽比率を40%に上げました。シャルドネ種の果汁は使用した小樽と、600リッターの新樽に入れ、自然酵母でゆっくり発酵させます。その後、自然の乳酸菌でMLFを経て、約8ヶ月間オリと共に樽熟成させました。ワインは完熟した洋梨の風味に、凛とした酸とミネラル感が合わさります。亜硫酸塩の添加は極少量の21ppmで、発送はクール便指定です。

Takizawa Winery Mikasa Blanc

三笠の自社畑からの白で、天候に恵まれた19年産。品種はファースト・ブロックのソーヴィニヨン・ブラン種42%に、サードブロック産シャルドネ種41%、シルバーナ種10%、オーセロワ種7%。これらの葡萄を自然酵母を用いて、一つのタンクで混譲しました。19年の暑い夏のおかげで、洋梨や花の香りに少し南国のフルーツの香りが交じり、完熟した果実味と柑橘の皮を思わせるにが旨味が楽しめるそうです。ふくよかで力強い味わいは、数年の熟成で調和してくることでしょう。

Takizawa Winery Tabiji Sans Soufre Ajoute

4年ぶりの発売、旅路の白ワイン!余市で古くから栽培されている赤紫色の旅路葡萄を、タキザワ・ワイナリーが仕込んだ白。選果後、房ごと搾汁して、果汁を野生酵母でゆっくりと醗酵。その後、自然の乳酸発酵を経て、タンクでオリと共に4ヶ月熟成させ、SO2無添加で瓶詰。香りに食用葡萄感が少なく、果実味に生き生きとした酸味が調和した辛口。酸化防止剤無添加の為、発送はクール便指定、保管は冷暗所でお願いします。

ドメーヌ・レゾン ブラン

Domaine Raison Blanc

山梨の「まるき葡萄酒」をはじめとして全国各地に事業を展開するグループレゾンが、新たに中富良野で始めたワイナリー。人間と自然が共存できる環境でのワイン造りを目指しており、畑ではヤギを飼育し、ヤギが草を食べ、排泄物を堆肥にして土に戻し、その土で育った葡萄を原料にするという、エネルギーの循環を運営の中核に据えてワイン造りを行っています。余市町、富良野市、中富良野町の葡萄を使用した北海道ブレンド。ミュラートゥルガウ由来の青りんごの爽やかな香りと、バッカス由来の白い花のような甘い芳香が優しく立ち上がり、柔らかな酸味と華やかなアロマが薫る、繊細でエレガントな辛口です。ミュラートゥルガウ種72%、バッカス種27%、オーセロワ1%。

ドメーヌ・レゾン メリメロ・ブラン

Domaine Raison meli-melo Blanc

山梨の「まるき葡萄酒」をはじめとして全国各地に事業を展開するグループレゾンが、新たに中富良野町で始めたワイナリー。人間と自然が共存できる環境でのワイン造りを目指しており、畑ではヤギを飼育し、ヤギが草を食べ、排泄物を堆肥にして土に戻し、その土で育った葡萄を原料にするという、エネルギーの循環を運営の中核に据えてワイン造りを行っています。北海道、山形県、長野県産のラブルスカ種をブレンドして造られた白。摘みたてのマスカットを頬張ったような瑞々しく清涼感をともなう甘やかな香りが特徴で、口中に溢れる果実感、やや控えめながらも凛とした酸、アフターに拡がる上品なアロマが心地よい味わいです。ナイアガラ種74%、デラウエア種16%、ポートランド種10%。やや甘口。

ドメーヌ・レゾン 中富良野 ブラン

Domaine Raison Nakafurano Blanc

山梨の「まるき葡萄酒」をはじめとして全国各地に事業を展開するグループレゾンが、新たに中富良野で始めたワイナリー。人間と自然が共存できる環境でのワイン造りを目指しており、畑ではヤギを飼育し、ヤギが草を食べ、排泄物を堆肥にして土に戻し、その土で育った葡萄を原料にするという、エネルギーの循環を運営の中核に据えてワイン造りを行っています。中富良野町の自社圃場の葡萄のみを使用し、ピノ・グリ種39%、ゲヴェルツトラミナー種29%、ピノ・ブラン種28%、オーセロワ種4%を混醸した白ワイン。混醸で仕込むことで、味の深み、コク、そして一体感をワインに持たせています。グレープフルーツ、ミントの香りが口中に広がり、冷涼な気候特有の豊かでバランスの良い酸味とクリーンかつ溌溂とした果実味が印象的です。

Furano Wine Barrel Furano Blanc

当たり前のようで日本ではなかなか難しいことですが、「ふらのワイン」は富良野の葡萄からしかワインを造っていません。冬の厳しい寒さを考えると毎年大変な挑戦をされているなと感じます。その「ふらのワイン」でもプロから高い評価を受けている「バレルふらの」。白はセイベル5279種とドイツ系のケルナー種をフレンチオーク樽で12ヶ月熟成(新樽率15%)。柑橘系の香りと木樽由来のナッツやバニラを思わせる香りの調和が素晴らしく、穏やかな酸味とボリューム感のある仕上がりとなっています。魚介類でもホタテのバター焼き等、バターに柑橘系の風味を添えた料理に最適です。セイベル5279種57%、ケルナー種43%。フレンチオーク樽で12ヶ月熟成(新樽率15%)

Furano Wine Muller-Thurgau

ふらのワインのミュラートゥルガウ種は、国産ワインコンクールにおいて何度も賞を受賞しているフレッシュ&フルーティな中口タイプ。気候的にドイツと近い北海道・富良野では、ドイツ系のミュラートゥルガウ種が多く栽培されています。青リンゴのような香りと、フルーティーな果実味に、切れの良い酸味が調和した爽やかな白です。

Rita Farm & Winery Taru Delaware

近隣の農家によるデラウェア種を発酵前の数日間、葡萄の皮と種を漬け込み果皮の旨みを引き出した後、古樽と野生酵母で発酵と熟成をさせた白。果皮を漬けこんだ為に少しオレンジの色調があり、フレッシュな果実味に樽風味と果皮、種からの複雑さを持った味わいです。

リタファーム&ワイナリー 風のヴィンヤード シャルドネ

Rita Farm Winery Chardonnay

余市リタファームの自社畑産シャルドネ種からの白。10月21日収穫後に房ごと優しく搾汁し、野生酵母とステンレスタンクで発酵、アカシアの木樽で約4ヵ月、瓶で6ヵ月熟成させました。柑橘系の香と果実味に、爽やかな酸味が楽しめます。

北海道ワイン 北海道 ケルナー

Hokkaido Wine Hokkaido Kerner

北海道ワイン㈱が余市町のケルナー種を主体に仕込んだ辛口の白。柑橘類の香りに、完熟した果実味と爽やかな酸味はまさにケルナー・スタイル。地元の食材を使ったサラダ仕立ての料理や、地元産チーズなどと合わせてみてください。

Hokkaido Wine Tsurunuma Gewurztraminer

北海道ワインの広大な自社畑、鶴沼ワイナリー産のゲヴュルツトラミネール種からの白。ライチやマスカット、白桃などの甘く熟した香りに、ふくよかな果実味と穏やかな酸味が特徴です。

北海道ワイン 鶴沼 ピノ・グリ オレンジ

Tsurunuma Pinot Gris Orange

鶴沼農場のピノ・グリ種を絞ってジュースにする前に醸し醗酵(皮と種を一緒に漬け込む醗酵方法)を行い、この品種独特の色合いと風味をワインに溶け込ませたタイプのワインです。杏や柑橘を思わせる優しい香りを纏い、柔らかな酸味と心地良い渋みがバランスよく仕上がっています。白いお肉でも噛む回数が多くなる鶏の腿や脂肪の多い豚の三枚肉などとの相性が良いです。特に中華料理や豚の角煮等にお勧めです。

北海道ワイン 鶴沼 ピノ・ブラン

Tsurunuma Pinot Blanc

ピノ・ブラン種は辛口でコクがあり、鶴沼の白でもっとも熟成に向いたワインとなり、収穫年から3年頃から飲み頃を迎えます。シーフード、鶏肉など、あっさりとした淡白な素材に合う白ワインです。魚介類は軽く熱を通したもの、オリーブ油を使ったソテーなどがおすすめです。

Hokkaido Wine Tsurunuma Muscat

北海道ワイン㈱の自社農場、鶴沼産ミュスカ種は、アルザス地方を代表する品種で、オレンジやマスカット、バラの花のニュアンスがあふれる華やかなアロマが特徴的で、ほどよい口あたりのやや甘口に仕上がっています。アペリティフとしてまたボイルしたアスパラガスや生の野菜をベースにした軽い料理、白身魚のポワレ、フルーツのシャーベットと共にお試し下さい。

Chitose Winery Kita Wine Kerner

余市町木村農園産のケルナー種を千歳ワイナリーが醸造した辛口の白。タンク発酵、タンク熟成した味わいは、白桃、グレープフルーツなどのみずみずしい果実の風味と、後味に柑橘系果実のほろ苦さがほんのり広がります。冷涼な地域を思わせる爽やかで伸びやかな酸がきれいに感じられるフレッシュな辛口の白ワインです。

Chitose Winery Kita Wine Kerner Late Harvest

余市の木村農園産のケルナー種から造られた白。遅摘みの完熟度の高いケルナー種を使用した味わいは、甘味と爽やかな酸味が調和した飲み心地の良いやや甘口の白ワインです。よく冷やしてお召し上がりください。

Tada Farm 120 Denen Blanc ES Natural Yeast Kamifurano

多田農園が創業120年を記念して発売した白。全て自社畑産の白葡萄3品種を野生酵母で醗酵させ、栽培面積の割合(シャルドネ種82%、バッカス種14%、ミュラー・トゥルガウ種4%)でブレンドしました。微量の亜硫酸塩を添加し、ノンフィルターで瓶詰。味わいは白い花を思わせる香に、ふくよかな果実味と、爽やかな酸味が合わさり、口の中で広がるようです。生産者は特にバターを使った魚料理に合わせて欲しいそうです。

Tada Winery Bacchus Kamifurano

上富良野の多田農園産バッカス種からの白ワイン。フランス系品種が多かった多田農園で、初のドイツ系品種からの白。バッカス種を自然酵母で醗酵後、微量のSO2を添加し、ノンファイルターで瓶詰めしました。白い花やマスカットの香りに、ふくよかな果実味が楽しめます。ワイン単体で食前酒に、あるいは毎日のお惣菜にも合わせやすい柔らかな味わいです。

Okusiri Winery Pinot Gris

北海道奥尻島で始まったワイナリー。海に近い畑のため、潮風によって葡萄に微量の塩分が付着し、独自のミネラル感が味わいの特徴です。北イタリアや、仏アルザス地方で有名なピノ・グリ種は、熟すと甲州種のように少しグリ(赤紫)色になり、ふくよかなコクが特徴です。

Housui Winery Delaware

岩見沢市宝水町のワイナリー。フレッシュでクリアな果実味を楽しめるようなスタイルを目指した中口の白ワインです。トロピカルフルーツやリンゴのような果実の豊かな香りを持ち、渋みが少なく甘みと酸味のバランスがとれた軽快な飲み口のワインです。

山﨑ワイナリー ケルナー

Yamazaki Winery Kerner

2002年からスタートした北海道を代表する個人生産者。12haの自社畑の葡萄のみを使用しています。トロリンガー種とリースリング種の交配品種。甘い香りに、ケルナー種特有の花や柑橘系果実の香り。爽やかで余韻の長いきれいな酸味が後味を引き締める極辛口のケルナー。圃場整備及び植替えのため、今回のリリースを持って、しばらくお休みとなります。

樹齢:18年 醸造:低温醗酵

山﨑ワイナリー ピノ・グリ

Yamazaki Winery Pinot Gris

2002年からスタートした北海道を代表する個人生産者。12haの自社畑の葡萄のみを使用しています。ピノ・グリ種から造られるワインは、熟したトロピカルフルーツやマンゴーの香り。南国フルーツを感じさせる重厚な果実味。品種特有の余韻と北国のミネラルが感じられるワインです。

醸造:MC(一部)、ホールプレス、樽醗酵(一部)、野生酵母(一部)

Tsukiura Wine Muller Thurgau

洞爺湖畔でワイン造りを行う月浦ワイン。ドイツ系品種のミュラートゥルガウ種からのフルーティな辛口・白。

濱田ヴィンヤード シャルドネ 三笠

Hamada Vineyard Chardonnay Mikasa

三笠・達布山地区で注目の濱田ヴィンヤード。20年シャルドネ種の醸造はお向かいのタキザワ・ワイナリーで行っています。樽で発酵、熟成を行い21年7月に瓶詰しました。熟した果実の風味に、爽やかな酸味と樽からの余韻が楽しめるようです。21年秋からは、同じ達布山(タップヤマ)の宮本ヴィンヤードと共同でワイナリーを建て、待望の自社醸造が始まります。

濱田ヴィンヤード ソーヴィニヨン・ブラン 三笠

Hamada Vineyard Sauvignon Blanc Mikasa

三笠・達布山地区で注目の濱田ヴィンヤード。ソーヴィニヨン・ブラン種20年の醸造は岩見沢の宝水ワイナリーで行っています。暑かった19年の凝縮した果実味タイプから、20年はフルーティーな果実味と、爽やかな酸味を持ったスタイルになったようです。21年秋からは、同じ達布山(タップヤマ)の宮本ヴィンヤードと共同でワイナリーを建て、待望の自社醸造が始まります。

濱田ヴィンヤード バッカス 三笠

Hamada Vineyard Bacchus Mikasa

三笠・達布山地区で注目の濱田ヴィンヤード。20年の醸造は岩見沢10Rワイナリーで行いました。バッカス種特有の花やマスカットの香りに、ふくよかな果実味と心地良い酸味が楽しめるようです。21年秋からは、同じ達布山(タップヤマ)の宮本ヴィンヤードと共同でワイナリーを建て、待望の自社醸造が始まります。濱田氏にとって、20年の醸造をブルース・ガットラヴ氏と行ったことで、多くの学びがあったようです。

OcciGabi Winery Acolon

貴重なアコロン種は、レンベルガー(ブラウフレンキッシュ)種×ドルンフェルダー種の交配品種。涼しいドイツでも栽培出来て、豊かな風味の赤ワインとなる葡萄です。フレンチオーク新樽で6ヶ月間熟成したこの赤は、冷涼な北海道では難しいフルボディ・タイプの赤になる可能性を感じます。量が少なく価格はまだ高いですが、厚みのある味わいは将来、北海道産赤ワインを代表する品種となるかも知れません。

OcciGabi Winery Vin Rouge

19年発売の赤は18年産ツヴァイゲルトレーベ種、ドルンフェルダー種のブレンド。各品種で澄んだ状態の一番ワインは品種名付きワインに使い、複雑さを持った二番ワインをブレンドしたのが、このヴァン・ルージュ。共にドイツ系品種ですが、タンニン豊かな味わいは肉料理に最適でしょう。

OcciGabi Winery Cuve Cabernet

冷涼なドイツではカベルネ種の栽培は難しく、ドイツの地元黒葡萄とカベルネ種を品種交配した葡萄が数種出来ています。その4品種を余市で栽培し、発酵後に新樽で6ヶ月熟成させた赤。涼しい北海道産の赤ワインは軽めなタイプが多いですが、この赤はコクのあるタイプを目指しています。

Occi Gabi Winery Zweigeltrebe

北海道を代表的する赤ワイン用品種となったオーストリアのツヴァイゲルトレーベ種を、短期間の新樽熟成させた赤。白コショウを思わせるスパイス感と、ミディアムで瑞々しい果実感が楽しめます。

Camel Farm Lemberger Pinot Noir

余市登町の藤本農園を引き継いだキャメルファームが、伊のコンサルタントであるリカルド・コタレッラ氏と共に、余市の自社畑のみで造ったワイン。ドイツ系レンベルガー種とフランス系ピノ・ノワール種を使い香り高いワインに仕上げました。シルキーな口当たりとホウズキの香り、チェリーとワイルドベリーの果実味が広がり楽しませてくれます。ラム、子牛、豚などに最適な味わいです。 レンベルガー種50%、ピノ・ノワール種50%

Sapporo Beer Grande Poire Yoichi Zweigeltrebe

北海道産赤ワイン用葡萄の代表品種ツバイゲルトレーベ種を100%使用。上品でやさしいアロマと軽快なタンニンによるすっきりした口当りが魅力です。

Sapporo Beer Grande polare Yoichi Pino Noir

国産葡萄を100%使用したプレミアムワインの「グラン・ポレール」シリーズ。北海道余市町登町にある協働契約栽培畑「弘津園」のピノ・ノワール種100%を使用し、すみれやイチゴを想わせる華やかなアロマと、柔らかなタンニン、滑らかな余韻が特長です。葡萄を山梨に運び、醸造しました。

ドメーヌ・レゾン メリメロ・ルージュ

Domaine Raison meli-melo Rouge

山梨の「まるき葡萄酒」をはじめとして全国各地に事業を展開するグループレゾンが、新たに中富良野町で始めたワイナリー。人間と自然が共存できる環境でのワイン造りを目指しており、畑ではヤギを飼育し、ヤギが草を食べ、排泄物を堆肥にして土に戻し、その土で育った葡萄を原料にするという、エネルギーの循環を運営の中核に据えてワイン造りを行っています。マスカット・ベーリーAの持つイチゴや綿あめのような芳香、口当たりの良い道産キャンベル・アーリー、そして酸味とスパイシーな香りのアクセントを産み出す山ぶどうをブレンドした、しっかりとした酸味と芳醇な香りを楽しめる赤ワイン。マスカット・ベーリーA種59%、山ぶどう種27%、キャンベル・アーリー種14%。

Hakodate Wine Hokkaido 100 Zweigelt

北海道100シリーズは道産のワイン用品種だけから造られます。ツヴァイゲルトレーベ種は余市・中井農園産。オーストリア原産のこの品種は、北海道に根付き、完熟感とタンニンを持ったバランスの良い赤ワインに仕上がります。収穫年表記はございませんが、このロットは17年産です。

Hakodate Wine Hokkaido 100 Dornfelder

ドイツの黒葡萄ドルンフェルダー種を、余市で栽培し醸造した赤。通常の黒葡萄は果皮は黒くても果汁は透明ですが、この品種は果皮だけでなく果肉も果汁も赤く、ふくよかなタイプの赤に仕上がります。余市で今後期待されているワイン用品種の一つです。

Furano Wine Zweigeltrebe

富良野でも恵まれた区画のツバイゲルトレーベ種を、木樽で1年、瓶で4年以上熟成させた特別の赤。若い年のワインが多い北海道産ワインの中では貴重な存在です。熟成を経て果実味と、タンニンが調和した複雑さが楽しめます。北国、北海道の赤はどうしても繊細な味わいの物が多い中で、真っ先に名の上がるふくよかタイプの赤。

Furano Wine Barrel Furano Rouge

当たり前のようで日本ではなかなか難しいことですが、「ふらのワイン」は富良野の葡萄からしかワインを造っていません。冬の厳しい寒さを考えると毎年大変な挑戦をされているなと感じます。その「ふらのワイン」でもプロから高い評価を受けている「バレルふらの」。赤はセイベル13053種とオーストリア原産のツヴァイゲルトレーベ種のブレンドでフレンチオークで12ヶ月熟成(新樽率10%)。樽由来のバニラやスパイスを思わせる香りとドライフルーツを思わせる赤系果実の香りが楽しめます。ミディアムライトな口当たりの中にも風味豊かな果実味が口に広がり、丸みを帯びたタンニン(渋味)と相まって食欲をそそります。そして余韻にあるスパイシーな味わいがアクセントとして味全体をまとめています。唐揚げ、豚しゃぶなどお肉でも白系のものがよく合います。

Furano Winery Higumanobannsyaku

羆(ヒグマ)の晩酌に使用している葡萄は自社開発のもので、山葡萄の交配品種。辛口に仕上げスパイシーな香りが強く、父親である山葡萄のコクと酸味を受け継いだ骨格のしっかりしたワインです。ふらの2号(セイベル種×山ぶどう)と、ツバイゲルトレーベ種のブレンド。

Berry Berry Farm&Winery Niki Organic Campbell Early

2000年に創設された北海道余市郡仁木町にあるワイナリーで、2011年には日本初の有機JAS認定を取得し、農薬を一切使わないオーガニックワインを生産しています。イチゴに熟れた白桃を思わせるような甘い華やかさがあり、清涼感のあるハーブ、アセロラなどのニュアンスも感じます。野イチゴような心地よい酸味の広がりと果実のほのかな甘味があり、フレッシュさがあります。グビグビと飲めるスタイルで、軽く冷やしても楽しめます。

リタファーム&ワイナリー 風のヴィンヤード ピノ・ノワール

Rita Farm Winery Pinot Noir

リタファームの自社畑産ピノ・ノワール種からの赤。作柄の良かった2019年産が入荷しました。10月19日収獲後に野生酵母で全房発酵を行い、古樽で約16ヵ月、瓶でも5ヵ月熟成させました。赤系果実の風味が時間と共にシナモン等の香りが開き始めるようです。暑かった年らしい完熟感と、スケール感が期待されます。

リタファーム&ワイナリー 風のヴィンヤード メルロ

Rita Farm Winery Merlot

リタファームの自社畑産メルロ種からの赤。作柄の良かった2019年産が入荷しました。収獲後に全房発酵で仕込リタファームの自社畑産メルロ種からの赤。作柄の良かった2019年産が入荷しました。10月28日収獲後に野生酵母で全房発酵後、古樽で約17ヵ月、瓶でも5ヵ月熟成させました。黒系果実の香りに、熟した果実味と酸、タンニンが調和して来た頃です。

ル・レーヴ・ワイナリー 雅 (ミヤビ) 仁木

Le Reve Winery Miyabi Niki

余市川の左岸に位置する仁木町旭台(朝日があたる土地)のル・レーヴ・ワイナリー。2015年に植樹し、2018年から10Rワイナリーで醸造していましたが、2020年から自社醸造をスタート。初の赤ワイン雅(ミヤビ)は、ドルンフェルダー種73%、メルロ種27%。収穫が先のドルン種を野生酵母と、セミ・マセラシオン・カルボニック法でゆっくりと発酵。後から収穫したメルロ種を除梗し、同じタンクで4週間発酵。プレスしたワインはタンクで更に発酵を続け、その後タンクと、一部を古樽で約半年熟成させました。味わいは黒系果実の風味に、ハーブやスパイス感が楽しめるようです。SO2は瓶詰め時に極微量の10ppmで、発送はクール便指定です。

Hakkenzan Winery Hokkai Gakuen University Red Wine

札幌・北海学園大学の生命工学科・小山教授の研究室と、八剣山ワイナリーが連携しワイン造りの研究をする中で、商品化したワイン。葡萄は仁木町産のバッファロー種、セイベル13053種主体に、札幌・八剣山の自社畑産キャンベル種をブレンドしました。又この赤は、同大学が道内各地の植物から採取した酵母を採取、単離し、小仕込み試験と官能試験で選抜した、北海学園オリジナル・ワイン酵母「HGU-140」を使って醸造しました。味わいはふくよかな果実味に熟したタンニンと柔らかな酸味がバランスよく調和しています。

Hokkaido Wine Pinot Noire

手塩にかけて栽培された余市町産のピノ・ノワール種を醸造しました。15ヶ月に及ぶオーク樽での熟成により濃密で複雑さを増したワインに、木樽不使用のワインを少量ブレンドすることで、ピノ・ノワール種の妙なる風味を堪能できる味わいになっています。ラズベリーやイチゴのようなやさしい果実香と、全体をつつみ込む穏やかな樽香のバランスが心地よく、繊細な味わいとのハーモニーを楽しんでいただけます。

Hokkaido Wine Hokkaido Zweigelt

このワインは余市町の温暖な気候と、土壌が育んだ高糖度のツヴァイゲルト種を主体に醸造した赤ワイン。牛やラム、エゾ鹿などの肉料理にはもちろん、鰻やブリなどの魚料理にも、やわらかな渋みと果実味を伴った辛口の味わいがよく合います。

Hokkaidowine Tsurunuma Zweigelt

オーストリアのワインを代表する赤ワイン用葡萄がツバイゲルトレーベ種。北海道の赤ワイン用葡萄の主力品種です。穏やかでやわらかい口あたりは、ビーフシチュー、鶏肉の赤ワイン煮、モツ煮込みなどの煮込んだ肉料理、ラム、エゾ鹿のように脂肪の少ない赤身肉などのステーキ、ジンギスカンに大変良く合います。

Hokkaidowine Tsurunuma Zweigelt

オーストリアのワインを代表する赤ワイン用葡萄がツバイゲルトレーベ種。北海道の赤ワイン用葡萄の主力品種です。穏やかでやわらかい口あたりは、ビーフシチュー、鶏肉の赤ワイン煮、モツ煮込みなどの煮込んだ肉料理、ラム、エゾ鹿のように脂肪の少ない赤身肉などのステーキ、ジンギスカンに大変良く合います。

※画像は2018年ヴィンテージ

Hokkaido Wine Tsurunuma Rondo

北海道ワインさんが手塩にかけて育てている自社畑、鶴沼。その自慢の鶴沼で比較的新しく作付けした品種ロンド種。ひょっとすると北海道産高級ワインの中心的な品種になるかもしれない可能性があります。果実味の豊かさとタンニン(渋み)のバランスが良く、木樽で熟成させたときのチョコやコーヒーを思わせる香りとの相性が抜群に良いです。味わいの印象として野趣あふれる黒系果実の風味が生き生きとしているのでカシス等フルーツ系のソースを使った肉料理に合わせてはいかがでしょうか。ロンド種 100% (ロンド種はドイツのガイゼンハイム研究所で出来たザーリャ・セヴェラ種とサン・ローラン種との交配品種です。)

十勝ワイン ピノ・ノワール

Tokachi Winery Pinot Noir

名門、十勝ワインが、余市で栽培されたピノ・ノワール種を、発酵後に1年間樽熟成させ、更に瓶で熟成させています。北国らしい爽やかなベリー系の果実味と、少し熟成して開き始めた旨みが楽しめます。

Tokachi Wine Yamasachi

清見種と山ブドウを掛け合わせた耐寒性交配品種「山幸」を使用し、発酵終了後、フレンチオーク樽で1年間じっくり熟成させてビン詰めしました。山ブドウの血を充分に引き継いだ野趣あふれる香りと酸味が特徴のワインです。

Tokachi Wine Yamasachi Icewine Red

山幸(ヤマサチ)種の実を木に残して12月まで待ち、果汁が凍るのを待って収穫したアイス・ワイン。通常の収穫糖度は20%前後ですが、この果汁は糖度50%以上あったそうです。この実を優しく搾り、ゆっくりと数カ月もかけて発酵させました。北国だから出来る、貴重なデザート・ワインです。

Chitose Winery Kita Wine Pinot Noir

余市の木村忠農園産のピノ・ノワール種から造られた赤。樹齢およそ15~35年のピノ・ノワール種をフレンチオーク樽で8ヶ月間熟成を経て瓶詰めしました。色合いはルビー。チェリーやフランボワーズなどのチャーミングなアロマ。プラムや赤いベリーのような風味、ほどよいタンニンが特徴です。

Tada Farm 120 Denen Rouge ES Natural Yeast Kamifurano

多田農園が創業120年を記念して発売した赤。全て自社畑産の黒葡萄3品種を野生酵母で醗酵させ、栽培面積の割合(ピノ・ノワール種55%、メルロ種43%、カベルネ・ソーヴィニヨン種2%)でブレンドしました。微量の亜硫酸塩を添加し、ノンフィルターで瓶詰。味わいは赤系と黒系の果実味に、豊かなタンニンが合わさり、余韻に木樽の風味が広がるようです。生産者は肉料理と共に味わって欲しいそうです。

Tada Farm Merlot Natural Yeast Kamifurano

上富良野の多田農園が自社畑のメルロ種を、自社ワイナリーで醸造した赤。作柄の良かった19年産をステンレスタンクと自然酵母で発酵。その後85%を樽熟成させ、ノンフィルターで瓶詰しました。抜栓直後は夏野菜系の香りですが、紫系果実の風味が開き始め、肉料理と合わせたくなる赤だそうです。

Tada Winery Denen Rouge (Campbell & Merlot & Cabernet Sauvignon)

余市産のキャンベル種85%に、上富良野の多田農園産メルロ種10%、カベルネ・ソーヴィニヨン種5%をブレンドした赤ワイン。特にカベルネは試験栽培の量しかなく、貴重な葡萄をブレンドすることで、キャンベル種にコクと複雑さを与えています。自然酵母で醗酵後、微量のSO2を添加し、ノンファイルターで瓶詰めしました。

Yamazaki Winery Zweigelt

紫や黒の濃い色調。ベリーやスパイスの香りと針葉樹林を思わせる冷涼な香り。フレッシュな果実味とやさしいタンニン。伸びやかな余韻のツバイゲルト。

樹齢:20年

醸造:MC、やさしい抽出

山﨑ワイナリー ピノ・ノワール 深緑

Yamazaki Winery Pinot Noir Dark Green

2002年からスタートした北海道を代表する個人生産者。12haの自社畑の葡萄のみを使用しています。フランス・ブルゴーニュ地方の代表的な黒葡萄品種で、栽培される土地の個性を表現する品種といわれています。深みのある果実や熟したイチゴ、針葉樹林を思わせる深く冷涼な香りに、フレッシュな果実味と伸びやかなミネラルが楽しめます。北国の農村が思い浮かぶピノ・ノワールです。

醸造:やさしい抽出、コールドマセレーション、樽熟成 樹齢:4〜21年

Hirakawa Winery l’Aube Grande Cuvee

ローブ(仏で夜明けの意)は、平川ワイナリー自社畑でも最上部の区画で栽培されたロンド種からの赤。ドイツで品種交配によっての作られたこの珍しい黒葡萄は、耐寒性があり英国やベルギーなど、北ヨーロッパで栽培が期待されています。完熟した房だけを選び、手除梗の際に更に選粒。44日間果皮と共に発酵させ、15ヶ月間樽熟成後にノン・フィルターで瓶詰め。濃い色調を持ち、豊かな果実味にタンニンと酸味が複雑に絡み合います。平川氏はデカンタージュをして、ブルゴーニュ型グラスのご使用をお薦めしています。

Tsukiura Winery Dornfelder

洞爺湖畔でワイン造りを行う月浦ワイン。ドイツ系黒葡萄ドルンフェルダー種からのふくよかな赤。

Tsukiura Winery Dornfelder Taru

洞爺湖畔でワイン造りを行う月浦ワイン。ドイツ系黒葡萄ドルンフェルダー種を樽熟成させた芳醇な赤。

Fujino Winery Le Nord

余市町登地区、三笠市達布地区、厚沢部町の葡萄を使用。ヤマブドウ種50.6%、セイベル種39.8%、メルロ種9.6%を使用。スミレの花やブラックベリーのような華やかな香りに、燻製香や雨上がりの落葉道のような落ち着きのある香りと味わい、北国らしい伸びやかな酸が特長の辛口の赤ワインです。無清澄剤、無ろ過の為、にごりやオリ、自然の炭酸ガスが含まれることがありますが品質には問題ありません。また酸化防止剤もごく少量の為14度以下での保存をお願いします。生産本数1591本、酸化防止剤20ppm

Fujino Winery Campbell Sans Soufre

余市町、七飯町、三笠市のキャンベル種からの亜硫酸無添加ワイン。フレッシュさを生かす為、マロラクティック発酵が終了する前に無ろ過で瓶詰。抜栓のタイミングによっては、微々発泡になる可能性があります。イチゴのような果実味あふれる味わいと、葡萄本来の旨みが楽しめます。酸化防止剤無添加ですので、保存の際は14度以下、出来れば冷蔵庫などでの保管をお願いします。生産本数2717本。

Fujino Winery Qvevri Rouge

余市町登地区、減農薬で果樹園を営む三氣の辺(みきのほとり)で丁寧に栽培された山葡萄種を低温による約1ヶ月の醸し期間の後に圧搾し、甕の中で引き続き発酵と熟成を11ヶ月行いました。甕による浸漬はせずに熟成の容器として用いています。山葡萄種特有の野趣あふれる味わいは控えめに、シソや梅、燻製の香り味わいは酸味を主体に、果実味が楽しめるワイン。無清澄剤、無ろ過の為、にごりやオリが含まれることがありますが品質には問題ありません。また酸化防止剤も無添加のため14度以下の保存をお願いします。

山形県

Takeda Winery Petillant Rose

山形県上山(カミノヤマ)でワイン造りを行うタケダ・ワイナリー。県内産デラウェア種70%、マスカット・ベリーA種の白仕込み25%、ベリーA種の赤仕込み5%をブレンドして瓶詰。瓶内で二次発酵をさせ、旨みを持つオリを残し、微発泡に仕上げました。パステル・ピンクの色調に、イチゴの香り、口に含むと果実味と共に、目の覚めるような酸味が特徴です。夏が過ぎる頃には、この酸味と果実味が調和してくるでしょう。

Yellow Magic Winery Hip Hop Mix

滋賀、大阪などで葡萄栽培&ワインメーカーとして長年従事し、独立したワイナリー。山形県南陽市竹田氏のデラウェア種を使用。ホールパンチという製法で房のまま搾汁機に投入し優しく搾りました。果梗が壊れず雑味が少ない荷重が得られます。自然発酵終了後、瓶内二次発酵させました。音楽の「HipHop」のように自然に「お尻浮き」が感じられるのが「HipHop」シリーズです。旨味を含んだオリが沈殿しています。酸化防止剤無添加。

酸化防止剤:未使用 自然酵母

完売いたしました。

Takeda Winery Sans Soufre Blanc Yamagata

山形県上山(カミノヤマ)で15ヘクタールの自社畑を所有し、ワイン造りを行うタケダ・ワイナリー。同じ上山の契約農家による完熟したデラウェア種を、亜硫酸(酸化防止剤)を使わず「サン・スフル」で醸造。発酵の途中で瓶詰めし、瓶内でも発酵が続き、発生した炭酸ガスがワインに溶け込みます。オリ引きをしない為に、抜栓時に発砲が急激に起こり、泡が吹き出します。ボウル等の中に瓶を置き、王冠を何回かに分けて少しずつガスを逃がしながら栓を抜いてください。 ※サン・スフル20年は完売しましたが、王冠の外側にサビが出ている物が特価で入荷しました。抜栓後、瓶の口を拭いてからお注ぎください。<発送はクール便指定となります>

Takeda Winery Petillant Blanc

山形県上山(カミノヤマ)でワイン造りを行うタケダ・ワイナリー。県内産デラウェア種100%の白を醸造して瓶詰。瓶内で二次発酵をさせ、旨みを持つオリを残し、微発泡に仕上げました。りんごの香りに、和梨の果実味と爽やかな酸味。アフターに庄内柿を思わせる甘味と、1本のワインから様々な風味が楽しめます。瓶には生きたオリが入っているので、季節と共に味わいも変化して行くでしょう。

Grape Republic Amphora Bianco

ナチュラルワイン造りを行うワイナリー。除草剤や殺虫剤をはじめとする農薬はもちろんのこと、肥料や酸化防止剤も使用せず、補糖や補酸も行わず、酵母は天然のものだけにこだわっています。山形県南陽市産のネオマスカット種とナイアガラ種、ピノ・グリ種を除梗しアンフォラ内で5日間皮と共に醸した後バスケットプレスで圧搾後、アンフォラにて6ヶ月間熟成、ステンレスタンクにて3ヶ月間を経てボトリング。ネオマスカット種とナイアガラ種の芳醇な香りが特徴のワイン。酸化防止剤は無添加ですので、14度以下の保存をお願いします。

Takeda Winery Blanc Yamagata

山形県上山(カミノヤマ)市の麓で、15ヘクタールの自社畑を中心にワイン造りを行うタケダ・ワイナリー。このブランはベーシック・ラインですが、ワイナリー近隣農家さんからのデラウェア種をステンレスタンクで醸造しました。瑞々しい果実味と酸のバランスがとても良い白です。

Takeda Winery Blanc de Noir L’elevage en Fut Bailey A Yamagata

黒葡萄のマスカット・ベーリーA種を優しく搾り、果汁を樽で発酵後、そのまま樽で4ヶ月ほど熟成させた白ワイン。果皮を絞る際に色が少し染み出てピンクの色調があり、フレッシュな果実味と酸味に、樽からのナッツ風味が調和しています。

Takeda Winery Sans Soufre Rouge Yamagata

山形県上山(カミノヤマ)で15ヘクタールの自社畑を所有し、ワイン造りを行うタケダ・ワイナリー。近郊の天童市の契約農家によるマスカット・ベリーA種を、亜硫酸(酸化防止剤)を使わず「サン・スフル」で醸造。瓶内でMLF(乳酸醗酵)を行った為に、微発泡してます。濃い色調で、赤い果実の香り、フレッシュな酸とタンニンのバランスが良く、葡萄本来の味わいが楽しめます。ワインはオリ引きをしていない為、瓶底には旨みを含んだオリがございます。<発送はクール便指定となります>

Yellow Magic Winery Ordinary Rouge

滋賀、大阪などで葡萄栽培&ワインメーカーとして長年従事し、独立したワイナリー。岩手県産キャンベル種と山形県産スチューベン種を、コールドマセラシオンを40日以上する事により、果皮からの旨味、程よいタンニンの抽出も促され、「香り高い」プラス「旨味」の味わいに仕上がりました。そして発酵終了後も無亜硫酸塩にてタンク保存し、タンク内自然乳酸発酵により酸化を防ぐとともに、味わいのまろみの変化もさせました。その後瓶詰めしましたが、今、瓶内で再度瓶内M L Fが起きており、少し開栓時には「シャワッ」てしています(M L Fにより、上部液面に浮遊物が生じる場合もありますが人体には無害です)。もちろんその後はガス感も弱くなり通常のスティルワインとして楽しめます。赤ワインというカテゴリーのワインですが基本は冷やしてスルリといけるワインを目指しています。多種の料理に合わせやすい多様性のあるスルリ赤ワインになっています。

Yellow Magic Winery Jungle Rouge

滋賀、大阪などで葡萄栽培&ワインメーカーとして長年従事し、独立したワイナリー。山形県産スチューベン種を2週間MC(破砕した果実と全房を交互にタンク内にてミルフィーユ状に重ね、密封状態のまま自然発酵させる醸し、その後搾汁)させた醪の中にヤマソーヴィニヨン種を25%ほど投入し混醸醸しを行った(二段仕込み)。この二段仕込みにより、MCのスチューベン種の旨味感とヤマソーヴィニヨン種の鮮烈なベリー香と酸味、そして適度なタンニンが引き立てられ、アルコール12%のしっかり感じられるワインになりました。旨味を含んだオリが沈殿しています。酸化防止剤無添加。

山形県産スチューベン種75%、岩手県産ヤマソーヴィニヨン種25%

Takeda Winery Rouge Yamagata

山形県蔵王連峰の麓で、15ヘクタールの自社畑を中心にワイン造りを行うタケダ・ワイナリー。このルージュはベーシック・ラインですが、山形産マスカット・ベリーA種を、徹底した選果後に醸造。赤い果実の香りが華やかで、瑞々しい果実味と酸、タンニンのバランスがとても良い赤です。

Asahimachi Wine Select Vin Rouge

山梨よりも涼しく、北海道より暖かい山形県は、最適なワイン用葡萄産地として、今、注目されています。山形産メルロ種86%と、ブラッククイーン種14%をフレンチオーク樽で熟成した赤。ベリー系の華やかな香りと樽からのヴァニラ香に、ふくよかな果実味と細かなタンニンが合わさった豊かな味わいです。

Asahimachi Wine Premium Rouge Yamagata

山形県産のマスカットベーリーA種をセニエして果汁を凝縮させた赤55%、樽熟成させたブラック・クイーン種40%、樽熟成させたカベルネ・ソーヴィニヨン種5%をブレンドした限定ワイン。通常2,000円以下ですと、食用葡萄からのワインになりますが、こちらは全て醸造用葡萄からの赤。値上がりが続く日本ワインの中で、驚く程のお値打ちワインです。

長野県
Obuse Winery Methode Traditionnelle I Blanc de Blancs Chardonnay 2010

Obuse Winery Methode Traditionnelle I Blanc de Blancs Chardonnay

少量造られる小布施のスパークリング・ワインは超人気ですが、これは10年も熟成させた特別の逸品。熟成させていた10年産ワインの翌春に東北大地震が起き、彰彦氏が「何か」を感じて、樽熟成させていたシャルドネの一部を瓶内二次発酵に仕立て10年を経て出荷しました。オリ引きの際のドサージュ(加糖)は無しで、まさに生一本のスパークリングワインです。更にご自宅のセラーで、数年の熟成も可能と彰彦氏はコメントしています。

価格はお問い合わせください。

Obuse Domaine Soga Albarino

小布施ワイナリーの自社畑産アルバリーニョ種からの白。アルバリーニョ種の産地、スペイン・リアスバイシャス地区は暑さと降水量があり、高温多湿な日本でも適するのではと、曽我氏が期待をかける葡萄。日本ワインとは思えないアロマとミネラル感が心地良い為、収量は低くても大切に栽培しているそうです。オーナーの彰彦氏は、海から遠い長野の山の中で造っているが、ぜひ海の幸と共に味わって欲しいそうです。

※価格はお問い合わせください

Obuse Domaine Soga Nom Indecis

小布施ワイナリーの自社畑産ソーヴィニヨン・ブラン種62%に、プティ・マンサン種28%、リースリング種10%をブレンドした白。前例が無いこのブレンドの名前を曽我氏が決めかね、「名称未定」のフランス語Nom Indecis(発音はノン・マンデッシ)から、「飲まんでしー」としました。ソーヴィニヨン・ブラン種の豊かなミネラル感に、プティ・マンサン種の果実風味がバランスよく調和しています。小布施の自社畑産ワイン(平均4,000円前後します)の中で、とてもお値打ちな値付けになっています。厚みがありながらも引き締まった味わいを、ぜひ一度、お試しください!

価格はお問い合わせください。

Obuse Winery Ordinaire Merlot

小布施ワイナリーの「オーディネール」は、同じ町内でワイン用葡萄を栽培する、カクトウ農園、アキオ農園と、自社畑をブレンドしたシリーズ。こちらはカクトウ農園と、息子のアキオ農園のメルロ種をブレンドしたお値打ちな赤。17年まではメルロ種にカベルネ・ソーヴィニヨン種をブレンドしていましたが、18年から2農園のメルロ種だけで仕上げました。2ヵ所共に完熟を待って収穫し、発酵後に全量フレンチオーク樽で熟成を行っています。

完売致しました。

小布施ワイナリー オーディネール メルロ&ピノ・ノワール クレレ

Obuse Winery Ordinaire Merlot & Pinot Noir Clairet

小布施ワイナリーの「オーディネール」は、同じ町内でワイン用葡萄を栽培する、カクトウ農園、アキオ農園と、自社畑をブレンドしたシリーズ。2019年は長野県を集中豪雨が襲い、千曲川が決壊した程に雨が降りました。葡萄の実は水を吸って膨らみ、熟すのを待っても凝縮したワインにはなりませんでした。収穫後も厳格な選別を行い、未熟香(青さ)は目立ちませんが、この年は醸造を変えてピノ・ノワールのような気品あるメルロを目指したそうです。そして、駄目押しにピノもブレンドして、1年間フレンチオーク樽で熟成させました。色調は淡く、赤とロゼの間の意味である「クレレ」と記載。価格も18年産から200円お安くなっています。オーナー曽我彰彦の、心意気が感じられます。

※価格はお問い合わせください。

Obuse Domaine Soga Cepages Europeens

小布施ワイナリーが将来の柱となる新しい赤、「セパージュ・ヨーロピアン」。自社畑産ヨーロッパ系葡萄をブレンドした赤の、弟分が20年に発売した「ドゥジエーム(2番目の意)」で、21年に上級品を発売出来ました。品種はプティ・ヴェルド種77%、メルロ種10%、ツヴァイゲルト種10%、ピノ・ノワール種3%。カベルネより、熟すのが遅いプティ・ヴェルド種はタンニンが強くスパイシーで、これから5年以上後に抜栓を望むが、待てない時は前日に抜栓し、抜いたコルクを瓶にさして、翌日にワインをデキャンタすると表情が開いて来るそうです。

価格はお問い合わせください。

栃木県
北ののぼ ロゼ

Coco Farm Kita no Novo Rose

2015年の余市・木村農園産ピノ・ノワール種70%、シャルドネ種20%、ピノ・ムニエ種4%を、岩見沢の10Rワイナリーで搾り、自然酵母を用いてベースの白ワインを造ります。翌春そのワインを栃木に送り、蔗糖と酵母を加えてシャンパン瓶に詰めて、瓶内二次発酵と熟成を52ヶ月以上。その後20年の冬から、毎朝と、晩に、手で45度づつ回しながらルミュアージュ(オリを口元に集める)を行い、2021年2月にデゴルジュマン(オリ引き)。その際に減った分を、糖分は加えずに、木村農園2020年産ピノ・ノワール種の赤を6%補てんして、打栓し、ワイヤーを掛けました。国産では珍しい、発酵、熟成に6年もかけた逸品です。

Coco Farm Coco10R Yoichi Pinot Rose

日本で最上のピノと称される、余市・木村農園産ピノ・ノワール種を、10Rワイナリーのブルース・ガットラヴ氏が醸造したロゼ。まずは葡萄を房のまま低温のタンクの中に置き、果皮の旨味を果汁に取り込みます。この葡萄をゆっくりと搾り、タンクと、古樽に入れて自然酵母でゆっくりと醗酵とMLFを行いました。そのままオリと共に熟成を行い、ブレンド後、少量の亜硫酸塩を添加して、ノンフィルターで瓶詰しました。良く冷やすとフレッシュ・フルーティーなロゼですが、温度が上がってくるとスパイス感や複雑な旨味も感じられます。


北ののぼ

Coco Farm Kita no Novo Brut

2014年の余市・木村農園産ピノ・ノワール種61%、シャルドネ種37%、ピノ・ムニエ種2%を、岩見沢の10Rワイナリーが自然酵母を用いてベースの白ワインを造ります。翌春そのワインを栃木のココファームに送り、蔗糖と酵母を加えてシャンパン瓶に詰め、王冠で栓をして瓶内二次発酵を50ヶ月以上行います。その後、毎朝、晩、手で45度づつ回しながらルミュアージュ(オリを口元に集める)を行い、2019年9月2日にデゴルジュマン(オリ引き)を行いました。その際、ドサージュ(糖分添加)は無しで、同質のワインだけを加えて打栓。伝統的製法にのっとり、複雑さと、旨味がたっぷりなスパークリングワインです。

Coco Farm Coco10R Yoiti Pinot Gris

余市町の木村農園と、中川農園産ピノ・グリ種を10Rワイナリーのブルース・ガットラヴ氏が醸造。天候に恵まれた19年は、10月中旬に収穫した葡萄を、選別後に房ごと低圧でゆっくり搾り、自然酵母とステンレス・タンクを使って醗酵、熟成させました。少量の亜硫酸塩を添加後、ノンフィルターで瓶詰め。19年産は完熟した果実味と、グリ系品種特有のほろ苦さが楽しめます。冷蔵庫でよく冷やした10度前後では爽やかな味わいが楽しめ、温度が15度位からは完熟した果実の風味が開いて来るでしょう。

Coco Farm Cocoromi Kerner Siesta

余市で四軒の契約農家によるケルナー種でも、貴腐葡萄だけを選り分けて仕込んだ、柔らかな甘口タイプ。天候に恵まれた19年ですが、収穫時に少し雨が降り、一部の葡萄に灰色カビが繁殖しました。この菌が付いた葡萄は糖度が更に上がり、独自の芳香を持つため、貴腐葡萄と呼ばれます。健全果と、貴腐状態の部分を丁寧に選り分け、野生酵母でゆっくりと発酵を行い、タンクで14ヵ月熟成させました。この貴腐ケルナー88%に、山形産プティ・マンサン種10%、余市産ソーヴィニヨン・ブラン種2%をブレンドしました。ここ数年は完熟したアンズや、桃の風味を持った優雅な甘口タイプですが、26年頃から甘味と酸味が混じることで複雑さが出てくるでしょう。

Coco Farm Ptit Manseng

フランス南西部で栽培されるプティ・マンサン種を、栃木県の自社畑で栽培・醸造した白。高温多湿な日本でも高い糖度と豊かな酸味を持ち、豊かな果実味とメリハリのある味わいが楽しめます。優しくプレスした果汁を7割タンクと、3割樽で、発酵、熟成。自然酵母でアルコール発酵、自然の乳酸菌で乳酸発酵を行う。

Coco Farm Here Comes The Moon Kerner

栃木の名門ココファームが余市の藤澤農園、荒農園、才川農園産のケルナー葡萄で造った辛口白。10月末前後まで完熟を待った葡萄を優しく絞り、ステンレスタンクで自然酵母を用いて低温でゆっくりと2ヶ月~6ヶ月かけて発酵。また、一部は発酵後に木樽に移しMLF(乳酸発酵)を行い、他はタンクで4ヶ月熟成させました。僅かな甘みを伴ったフレッシュな味わいは今から楽しめますが、数年の熟成を経る事で果実味と酸味が調和をして来るでしょう。

Coco Farm Koshu Fermented On Skins

栃木県のココファームが、山梨県勝沼近辺の甲州葡萄で造った特別な白。通常、甲州の白は淡く柔らかなスタイルですが、こちらは甲州種の果皮の渋みを生かした独自の白です。醸造法は3種で、除梗した実を破砕せず粒のまま十分にタンクで果粒内発酵させてプレスした果汁と、除梗後タンクで数日間スキンコンタクト後にプレスした果汁をタンクで発酵。最後は収穫後にすぐにプレスした果汁をタンクと甕(カメ)で醗酵させます。その後7割をタンク、3割を樽で9月程熟成させブレンドしました。色調はオレンジのトーンが混じり、味わいは果実の風味に果皮からの苦旨味と複雑さが楽しめます。

CoCo Farm Noumin Dry

栃木県の名門ココファームが造るテーブル・ワインの白。葡萄は北海道・余市、山形、長野などの優良な生産者達から入手し、栃木で醸造して、バランスの良いスタイルにブレンドしました。20年の品種はケルナー種42%、ミュラートゥルガウ種25%、シャルドネ種14%、ソーヴィニヨンブラン種9%、バッカス種7%、シルヴァーナ種3%ですから、多分、余市産が7割以上を占めていると思われます。ドイツ系品種のフレッシュな果実感に、フランス系品種のミネラル感が調和した爽やかな辛口タイプでしょう。

Coco Farm Coco10R Yoiti Zweigeltrebe

栃木県ココファームで20年間醸造長だったブルース・ガットラヴ氏が独立し、岩見沢で始めたのが10Rワイナリー。ココファームの依頼を受けたブルース・ガットラヴ氏が、余市登地区の中川農園と、同じ登の小西農園産のツヴァイゲルト葡萄をゆっくり自然酵母で醗酵させた赤。熟成は7割がフレンチオーク樽、残り3割をタンクで14ヶ月間行いブレンド後、ノンフィルターで瓶詰しました。17年は秋に雨が多かったですが、10月中旬~末まで収穫を延ばし、選別した葡萄をタンクに入れ抽出が穏やかなルモンタージュ法で醸造。柔らかな果実味と、スパイス感が調和しています。

CoCo Farm Coco10R Yoiti Pinot Noir

余市の木村忠農園産のピノ・ノワール種を、岩見沢10R(トアール)ワイナリーのブルース・ガットラヴ氏が醸造した赤。非常に低収量となった18年の収穫は10月23日~11月3日。全てを除梗してタンクに入れて、自然酵母でゆっくり醗酵後、自然の乳酸菌でMLFを行う。熟成は古樽主体のフレンチオーク樽で16ヶ月行い、ノンフィルターで瓶詰しました。低収量の為に凝縮した果実味とタンニンを持ち、あと数年熟成させる事で旨みが開いてくる事でしょう。

Coco Farm Cocoromi Norton

アメリカでも高温多湿な東海岸のヴァージニア、中央部のミズーリの地元葡萄ノートン種(シンシアナ種)の日本での可能性を信じ、栃木のココファームでは自社農場で栽培しています。このノートン種と共に栽培している、フランス南西部のタナ種を15%程ブレンドしたのがこの赤。自然酵母で発酵後、木樽で7ヶ月熟成させたワインは、ベリー系の果実味とスパイス感の味わいに、酸味とタンニンが調和しています。

Coco Farm Noumin Rosso

栃木県の名門ココファームがマスカット・ベーリーA種、メルロ種、カベルネ・ソーヴィニヨン種を中心に、国内各地の葡萄をブレンドしたバランスの良い赤。葡萄は野生酵母で発酵、タンクと樽で4~6ヶ月ほど熟成させました。ラズベリー、イチゴ、ダークチェリー、スパイス、ゴボウの様な土っぽさがあり、さわやかな酸味と軽やかな渋みが心地良いワイン。

Coco Farm Kaze no Rouge

北海道・余市の藤澤農園産ツバイゲルトレーベ種を、二つの方法で仕込みました。3/4は除梗後に、1~2日に一回ルモンタージュを行いながら、自然酵母でゆっくり発酵。残った1/4は全房のままタンクでスキンコンタクトを1ヶ月行い、プレスして共に樽に移し乳酸発酵を行い、9ヶ月間熟成させました。ツバイゲルト種のスパイシーなペッパー風味と木樽の風味が調和し、北国の赤としては豊かな味わいを持っています。

山梨県

Chateau Sakaori Winery Delaware Nigori Sparkling

シャトー酒折ワイナリーは、世界のワインを輸入する木下グループが、「毎日の食卓で楽しめる安くて美味しい国産ワイン」を目指し、1991年に山梨県甲府市に設立したワイナリーです。シャンパンと同じ瓶内二次発酵で作ったスパークリングワイン。さっぱりとした酸味としゅわしゅわ感が心地よい辛口白ワインです。氷を入れてサワー感覚で飲むのもオススメです。

Petillant de Mars Koshu

鹿児島に本社を持つ本坊酒造が世界に通じるワインを目指し、1960年に山梨県笛吹市石和町に「マルス山梨ワイナリー」を設立。2017年には韮崎市穂坂地区に「マルス穂坂ワイナリー」を新設し、この2つのワイナリーで「芳醇な味わいと優雅な薫りのハーモニー」をテーマに、日本ワインにマルスならではの新しい価値を生み出す挑戦を続けています。瓶内二次発酵によるきめ細かい泡立ちと爽快で風味豊かな味わいのペティアン(発泡ワイン)。フリーランジュースのみを用いて低温発酵で造られており、活発で生き生きとした果実味と酸味が口中に広がり、酵母由来の豊かなふくらみとなめらかなコクが楽しめます。無濾過のため濁りがあります。

Petillant de Mars Koshu

鹿児島に本社を持つ本坊酒造が世界に通じるワインを目指し、1960年に山梨県笛吹市石和町に「マルス山梨ワイナリー」を設立。2017年には韮崎市穂坂地区に「マルス穂坂ワイナリー」を新設し、この2つのワイナリーで「芳醇な味わいと優雅な薫りのハーモニー」をテーマに、日本ワインにマルスならではの新しい価値を生み出す挑戦を続けています。瓶内二次発酵によるきめ細かい泡立ちと爽快で風味豊かな味わいのペティアン(発泡ワイン)。フリーランジュースのみを用いて低温発酵で造られており、活発で生き生きとした果実味と酸味が口中に広がり、酵母由来の豊かなふくらみとなめらかなコクが楽しめます。無濾過のため濁りがあります。

Chateau Mars Hinoshiro Viognier

鹿児島に本社を持つ本坊酒造が世界に通じるワインを目指し、1960年に山梨県笛吹市石和町に「マルス山梨ワイナリー」を設立。2017年には韮崎市穂坂地区に「マルス穂坂ワイナリー」を新設し、この2つのワイナリーで「芳醇な味わいと優雅な薫りのハーモニー」をテーマに、日本ワインにマルスならではの新しい価値を生み出す挑戦を続けています。日本でも有数の日照時間を誇る自社農園である「日之城農場」の葡萄で造るプレステージワイン。ヴィオニエ種らしいフルーティな味わいが口中に広がる芳醇なタイプです。

Chateau Mars Koshu Orange-Gris

鹿児島に本社を持つ本坊酒造が世界に通じるワインを目指し、1960年に山梨県笛吹市石和町に「マルス山梨ワイナリー」を設立。2017年には韮崎市穂坂地区に「マルス穂坂ワイナリー」を新設し、この2つのワイナリーで「芳醇な味わいと優雅な薫りのハーモニー」をテーマに、日本ワインにマルスならではの新しい価値を生み出す挑戦を続けています。甲州種の果皮に存在する濃厚な香りや旨味、さらには色素成分を充分に引き出し、ほんのりオレンジに色付いたワインです。果皮由来の心地よい渋味と旨味が特長的で、葡萄の個性が際立つ果実味豊かな味わいです。

Chateau Sakaori Winery Delaware

シャトー酒折ワイナリーは、世界のワインを輸入する木下グループが、「毎日の食卓で楽しめる安くて美味しい国産ワイン」を目指し、1991年に山梨県甲府市に設立したワイナリーです。山梨県産の程良く青みの残ったデラウェア種を使用し、低温で丁寧に発酵させた、フレッシュな香りと爽やかな酸味溢れるワインです。パイナップルや青リンゴなどの爽やかな香りの中にマンゴーなどのトロピカルな香りがグラスに広がり、口に含むと心地よい甘さと程良い酸味が楽しめます。中口タイプ。

Chateau Sakaori Winery Koshu Dry

シャトー酒折ワイナリーは、世界のワインを輸入する木下グループが、「毎日の食卓で楽しめる安くて美味しい国産ワイン」を目指し、1991年に山梨県甲府市に設立したワイナリーです。しっかりとした果実味とミネラル感がボリュームを与え、柑橘系のフレッシュな酸味とほんのり残る苦さの余韻が心地よく続きます。

MGV’s Winery K113 Koshu Katunumacho Simoiwasaki

山梨県でコンピューター用半導体の組み立てを行う塩山製作所が、半導体製造のスタンスを持って始めた新ワイナリー。葡萄は甲府盆地の東部を流れる日川(ヒカワ)沿いにある畑(下岩崎地区)からの甲州種の白。川沿いで水はけの良い土壌で育った葡萄のフリーラン果汁を、ステンレスタンクで発酵後、2ヶ月間アメリカンオーク樽で熟成。フルーティな果実味に、樽由来の複雑さが加わった上級の甲州ワイン。

MGVs Winery K234 Koshu Ichimiya Utsugida

山梨県でコンピューター用半導体の組み立てを行う塩山製作所が、半導体製造のスタンスを持って始めた新ワイナリー。こちらはワイナリーの西に隣接する笛吹市一宮町の「卯ッ木田」畑からの甲州種の白。葡萄の房を小さく育て、更に収量を下げた濃厚な実を、10月下旬まで熟させ、木樽でゆっくり発酵後に、ステンレスタンクで熟成させました。甲州種の果実味と、オーク樽の風味が調和した豊かな味わい。

Grace Gris de Koushu

山梨県産甲州種を使用し、料理との相性を第一に考え、親しみやすく飲み心地良い味わいのワインを目指しました。グリドの名称は、甲州種の果皮の色を表すGris(仏語:ピンクがかった薄灰色)と、de(…の)から名付けられました。フルーティな辛口で、溌剌とした酸味、柑橘系の果実味とスパイスの風味、ほのかな苦みがアクセントとなっています。甲州の果皮の成分をうまく引き出した飲み心地良い白ワインです。2020年産はグレイス甲州になるべく葡萄も醸しているため高い酒質を保つことができています。

Grace Koushu

山梨県勝沼の甲州種から造られるワインは、早くから海外で和食との相性や風土性が注目され、ジャンシス・ロビンソン氏が日本の代表ワインとして紹介した銘柄。グレープフルーツや洋ナシの香りに、果実味を重視しながらも、フレッシュな味わいと凛とした酸味が特徴。フレッシュ&フルーティタイプの甲州種を伝えられるベーシックな味わいです。

Chateau Mars Hosaka Harvest Vabernet&BaileyA

鹿児島に本社を持つ本坊酒造が世界に通じるワインを目指し、1960年に山梨県笛吹市石和町に「マルス山梨ワイナリー」を設立。2017年には韮崎市穂坂地区に「マルス穂坂ワイナリー」を新設し、この2つのワイナリーで「芳醇な味わいと優雅な薫りのハーモニー」をテーマに、日本ワインにマルスならではの新しい価値を生み出す挑戦を続けています。穂坂産カベルネ・ソーヴィニヨン種とマスカット・ベーリーA種の持つ力強さと柔らかさの2つの個性を、フランス産オーク樽による熟成で見事に調和させています。

マルス 日の城 カベルネ・メルロ

Chateau Mars Hinoshiro Cabernet & Merlot Late harvested

鹿児島に本社を持つ本坊酒造が世界に通じるワインを目指し、1960年に山梨県笛吹市石和町に「マルス山梨ワイナリー」を設立。2017年には韮崎市穂坂地区に「マルス穂坂ワイナリー」を新設し、この2つのワイナリーで「芳醇な味わいと優雅な薫りのハーモニー」をテーマに、日本ワインにマルスならではの新しい価値を生み出す挑戦を続けています。収穫を11月14日まで遅らせ、完熟状態で収穫されたカベルネの香味は素晴らしく、フラッグシップに相応しい長期熟成タイプの力強いワインになっています。カベルネ・ソーヴィニヨン種51%、メルロ種49%。新樽100%のフレンチオーク樽で19ヶ月熟成。生産1,160本。

Chateau Mars Hinoshiro Syrah

鹿児島に本社を持つ本坊酒造が世界に通じるワインを目指し、1960年に山梨県笛吹市石和町に「マルス山梨ワイナリー」を設立。2017年には韮崎市穂坂地区に「マルス穂坂ワイナリー」を新設し、この2つのワイナリーで「芳醇な味わいと優雅な薫りのハーモニー」をテーマに、日本ワインにマルスならではの新しい価値を生み出す挑戦を続けています。出来の良い年のみに単一セパージュで仕込まれるワインで、2014年以来3年ぶりのリリースです。生産570本。

Chateau Mars Hosaka Merlot

鹿児島に本社を持つ本坊酒造が世界に通じるワインを目指し、1960年に山梨県笛吹市石和町に「マルス山梨ワイナリー」を設立。2017年には韮崎(ニラサキ)市穂坂地区に「マルス穂坂ワイナリー」を新設し、この2つのワイナリーで「芳醇な味わいと優雅な薫りのハーモニー」をテーマに、日本ワインにマルスならではの新しい価値を生み出す挑戦を続けています。穂坂産メルロ種を使用し、フレンチオーク樽で12ヶ月以上樽熟成した赤ワイン。カシスやスミレのような華やかな香り、ふくよかな果実味と滑らかなタンニンが心地よく、柔らかい口当たりながらもしっかりとした味わいに仕上がっています。

Chateau Mars Hosaka Hinoshiro Quatre Rouge

鹿児島に本社を持つ本坊酒造が世界に通じるワインを目指し、1960年に山梨県笛吹市石和町に「マルス山梨ワイナリー」を設立。2017年には韮崎市穂坂地区に「マルス穂坂ワイナリー」を新設し、この2つのワイナリーで「芳醇な味わいと優雅な薫りのハーモニー」をテーマに、日本ワインにマルスならではの新しい価値を生み出す挑戦を続けています。メルロ種50%、シラー種17%、プティ・ヴェルド種17%、カベルネ・ソーヴィニヨン種16%のブレンド。新樽率83%(内、アメリカンオーク17%)で18ヶ月間の樽熟成。瓶熟成を経て深い味わいとなる素質を持ったワインです。

ヒデ ラピュータ

Hide Laputa Muscat Bailey A Yamanasi

ラピュータは「ヒデ」のトップ・キュヴェです。葡萄は南アルプス飯野(イイノ)の中澤女史栽培のマスカットベリーA種。葡萄は房ごとタンクに入れ、衛生ジャケットを着用して足踏み破砕。果汁に果皮、種、梗が混じったマストの状態で液体を43%抜き(セニエ)、果皮の割合を高めた果汁をタンクで発酵。※抜いた果汁は別に発酵させてロゼになります。作柄の良かった2017年産をあえてフレンチオークの古樽で26カ月と長期熟成。全房発酵のスパイシーさに、4割セニエによる豊かさ、木樽長期熟成からの余韻が調和し、ピノ・ノワールを思わせる旨味を持った赤と生産者の渋谷(シブタニ)氏はコメントしています。

MGVs Winery B153 Muscat Bailey A Katsunuma Shimoiwasaki

山梨県でコンピューター用半導体の組み立てを行う塩山製作所が、半導体製造のスタンスを持って始めた新ワイナリー。ワイナリー南東にある下岩崎の畑産マスカット・ベーリーA種からの赤。葡萄の房を小さく栽培し、収量制限と、遅摘みをして凝縮した味わいの実を、発酵後フレンチとアメリカンオーク樽で6ヶ月熟成させました。品種特有の華やかな香りに、木樽の風味が調和した豊かで奥行きのある味わい。

滋賀県
ヒトミワイナリー バブリー・テンダー キュベ スチューベン

Hitomi Winery Bubbly Tender Cuvee Steuben Rose

滋賀県にあるろ過をしないにごりワインのスタイルを造るワイナリー。よく熟したスチューベン種をマセラシオンカルボニック法で仕込みました。醗酵終了後、糖分添加し瓶詰めを行った瓶内二次醗酵の微発泡ロゼです。微発泡ですが、にごり成分を多く含んでいるため、冷やしが足りなかったりオリが舞っている状態で開栓すると噴きこぼれる場合があります。冷蔵庫等で瓶を立てた状態でよく冷やしてから開栓をお願い致します。抜栓直後の香りは少し閉じ気味で全房醗酵由来の青さを感じますが、空気を含むとスチューベン種特有の爽やかな香り、味わいをしっかり感じます。酸化防止剤は使用しておりませんので、冷暗所での保存をお願い致します。

Hitomi Winery Chardela

滋賀県にあるろ過をしないにごりワインのスタイルを造るワイナリー。山形県産のシャルドネ種とデラウエア種(55:45)をそれぞれ搾汁し、自然醗酵させました。オリとともにステンレスタンクで熟成させた後アッサンブラージュを行い、糖分を加え瓶内二次醗酵させています。瓶詰から3年経過し、リンゴやべっこう飴、レモン、スギや酵母の香りを感じられます。瓶内二次醗酵によるドライな味わいと、シャルドネ種とデラウエア種のもつ果実感が楽しめます。醗酵によって瓶底に沈殿する酵母や酒石酸を除去せずに、そのまま瓶内に残していますが身体を害するものではありません。

ヒトミワイナリー デラオレ オレンジ

Hitomi Winery DelaOle Orange

滋賀県にあるろ過をしないにごりワインのスタイルを造るワイナリー。山形県産の完熟デラウェア種を約1週間マセラシオンカルボニックで醗酵させた後、数日間ピジャージュを行いながら醗酵させることで果皮由来の香りやタンニンを引き出しました。仕込みから約2週間後にプレスを行った後、ホーロータンクで約4ヶ月間オリと一緒に熟成させ酸化防止剤無添加で瓶詰めしています。よく熟したデラウェア種の心地よいアロマと、甘味、酸味、旨味、渋味が一体となった、まさにデラウェアなワインです。清澄・濾過を行っていないので成分などが沈殿しますが、身体を害するものではありません。酸化防止剤を使用しておりませんので、冷暗所での保存をお願い致します。

Hitomi Winery Malodela

滋賀県にあるろ過をしないにごりワインのスタイルを造るワイナリー。山形県産の完熟デラウェア種と早摘みした種無しデラウェア種を使用。2020年産のデラウェア種は天候の影響により、例年に比べて酸が落ち過熟な印象を受けるものでした。そのため多少アルコールの辛さを感じますが、その分タンクでオリとの接触期間を長めにとったことにより、早摘みしたデラウェア種の酸や、完熟デラウェア種の果実感も十分に感じて頂けると思います。よく冷えた状態の方が、まろ〜っとなって頂けると思います。清澄・濾過を行っていないので成分が沈殿しますが、身体を害するものではありません。酸化防止剤は使用しておりませんので、冷暗所での保存をお願い致します。

大分県

Ajimu Budousyu Koubou Francisco Delaware

いいちこ焼酎の三和酒類が大分県安心院で造るデザートワインです。凍結させたブドウを搾り、糖度の高い果汁を発酵させるクリオ・エクストラクション製法を使用。桃のコンポートやマスカットの香り。甘味と酸味が調和しドライフルーツがいっぱいのパウンドケーキの風味等、ブドウをギュッと集めた豊かな味わいをお楽しみください。食後のデザート(ナッツ、ドライフルーツ、ハードタイプのチーズ等)に最適です。

デラウエア種100%