長野県

ワインリストは随時更新しておりますが、在庫は常に変動しておりますので、ホームページ上で記載している商品も品切れしている場合がございます。ご希望の商品、希望本数等がございましたら、お手数ですが当社までお問い合わせ下さい。ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。

Obuse Winery Grappe Entieres Rose Brut

小布施ワイナリーが造る、瓶内二次発酵のロゼ・スパークリング・ワイン。グラップ・アンティエールとは、仏シャンパーニュ地方で葡萄を除梗・破砕せずに房のままプレス機に入れ、長時間かけ優しく搾ったプルミエタイユ(1番搾り)の事。ヴィニフェラ系黒葡萄からの貴重なプルミエタイユだけを使って、一次、二次発酵を行い、ルミアージュ(動瓶)、デゴルジュマン(オリ引き)、コルク打栓、ワイヤ掛け、キャップシール掛けは、すべて手作業。黒葡萄からのチェリーの果実味と、瓶内二次発酵由来のブリオッシュの香りは、まさしく本場シャンパーニュ地方を思わせます。これは曽我彰彦氏の自信作のようです。

※価格はお問い合わせください。

小布施ワイナリー オーディネール メルロ&ピノ・ノワール クレレ

Obuse Winery Ordinaire Merlot & Pinot Noir Clairet

小布施ワイナリーの「オーディネール」は、同じ町内でワイン用葡萄を栽培する、カクトウ農園、アキオ農園と、自社畑をブレンドしたシリーズ。2019年は長野県を集中豪雨が襲い、千曲川が決壊した程に雨が降りました。葡萄の実は水を吸って膨らみ、熟すのを待っても凝縮したワインにはなりませんでした。収穫後も厳格な選別を行い、未熟香(青さ)は目立ちませんが、この年は醸造を変えてピノ・ノワールのような気品あるメルロを目指したそうです。そして、駄目押しにピノもブレンドして、1年間フレンチオーク樽で熟成させました。色調は淡く、赤とロゼの間の意味である「クレレ」と記載。価格も18年産から200円お安くなっています。オーナー曽我彰彦の、心意気が感じられます。

※価格はお問い合わせください。