栃木県

ワインリストは随時更新しておりますが、在庫は常に変動しておりますので、ホームページ上で記載している商品も品切れしている場合がございます。ご希望の商品、希望本数等がございましたら、お手数ですが当社までお問い合わせ下さい。ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。

北ののぼ ロゼ

Coco Farm Kita no Novo Rose

2015年の余市・木村農園産ピノ・ノワール種70%、シャルドネ種20%、ピノ・ムニエ種4%を、岩見沢の10Rワイナリーで搾り、自然酵母を用いてベースの白ワインを造ります。翌春そのワインを栃木に送り、蔗糖と酵母を加えてシャンパン瓶に詰めて、瓶内二次発酵と熟成を52ヶ月以上。その後20年の冬から、毎朝と、晩に、手で45度づつ回しながらルミュアージュ(オリを口元に集める)を行い、2021年2月にデゴルジュマン(オリ引き)。その際に減った分を、糖分は加えずに、木村農園2020年産ピノ・ノワール種の赤を6%補てんして、打栓し、ワイヤーを掛けました。国産では珍しい、発酵、熟成に6年もかけた逸品です。

Coco Farm Coco10R Yoichi Pinot Rose

日本で最上のピノと称される、余市・木村農園産ピノ・ノワール種を、10Rワイナリーのブルース・ガットラヴ氏が醸造したロゼ。まずは葡萄を房のまま低温のタンクの中に置き、果皮の旨味を果汁に取り込みます。この葡萄をゆっくりと搾り、タンクと、古樽に入れて自然酵母でゆっくりと醗酵とMLFを行いました。そのままオリと共に熟成を行い、ブレンド後、少量の亜硫酸塩を添加して、ノンフィルターで瓶詰しました。良く冷やすとフレッシュ・フルーティーなロゼですが、温度が上がってくるとスパイス感や複雑な旨味も感じられます。


北ののぼ

Coco Farm Kita no Novo Brut

2014年の余市・木村農園産ピノ・ノワール種61%、シャルドネ種37%、ピノ・ムニエ種2%を、岩見沢の10Rワイナリーが自然酵母を用いてベースの白ワインを造ります。翌春そのワインを栃木のココファームに送り、蔗糖と酵母を加えてシャンパン瓶に詰め、王冠で栓をして瓶内二次発酵を50ヶ月以上行います。その後、毎朝、晩、手で45度づつ回しながらルミュアージュ(オリを口元に集める)を行い、2019年9月2日にデゴルジュマン(オリ引き)を行いました。その際、ドサージュ(糖分添加)は無しで、同質のワインだけを加えて打栓。伝統的製法にのっとり、複雑さと、旨味がたっぷりなスパークリングワインです。

Coco Farm Coco10R Yoiti Pinot Gris

余市町の木村農園と、中川農園産ピノ・グリ種を10Rワイナリーのブルース・ガットラヴ氏が醸造。天候に恵まれた19年は、10月中旬に収穫した葡萄を、選別後に房ごと低圧でゆっくり搾り、自然酵母とステンレス・タンクを使って醗酵、熟成させました。少量の亜硫酸塩を添加後、ノンフィルターで瓶詰め。19年産は完熟した果実味と、グリ系品種特有のほろ苦さが楽しめます。冷蔵庫でよく冷やした10度前後では爽やかな味わいが楽しめ、温度が15度位からは完熟した果実の風味が開いて来るでしょう。

Coco Farm Cocoromi Kerner Siesta

余市で四軒の契約農家によるケルナー種でも、貴腐葡萄だけを選り分けて仕込んだ、柔らかな甘口タイプ。天候に恵まれた19年ですが、収穫時に少し雨が降り、一部の葡萄に灰色カビが繁殖しました。この菌が付いた葡萄は糖度が更に上がり、独自の芳香を持つため、貴腐葡萄と呼ばれます。健全果と、貴腐状態の部分を丁寧に選り分け、野生酵母でゆっくりと発酵を行い、タンクで14ヵ月熟成させました。この貴腐ケルナー88%に、山形産プティ・マンサン種10%、余市産ソーヴィニヨン・ブラン種2%をブレンドしました。ここ数年は完熟したアンズや、桃の風味を持った優雅な甘口タイプですが、26年頃から甘味と酸味が混じることで複雑さが出てくるでしょう。

Coco Farm Ptit Manseng

フランス南西部で栽培されるプティ・マンサン種を、栃木県の自社畑で栽培・醸造した白。高温多湿な日本でも高い糖度と豊かな酸味を持ち、豊かな果実味とメリハリのある味わいが楽しめます。優しくプレスした果汁を7割タンクと、3割樽で、発酵、熟成。自然酵母でアルコール発酵、自然の乳酸菌で乳酸発酵を行う。

Coco Farm Here Comes The Moon Kerner

栃木の名門ココファームが余市の藤澤農園、荒農園、才川農園産のケルナー葡萄で造った辛口白。10月末前後まで完熟を待った葡萄を優しく絞り、ステンレスタンクで自然酵母を用いて低温でゆっくりと2ヶ月~6ヶ月かけて発酵。また、一部は発酵後に木樽に移しMLF(乳酸発酵)を行い、他はタンクで4ヶ月熟成させました。僅かな甘みを伴ったフレッシュな味わいは今から楽しめますが、数年の熟成を経る事で果実味と酸味が調和をして来るでしょう。

Coco Farm Koshu Fermented On Skins

栃木県のココファームが、山梨県勝沼近辺の甲州葡萄で造った特別な白。通常、甲州の白は淡く柔らかなスタイルですが、こちらは甲州種の果皮の渋みを生かした独自の白です。醸造法は3種で、除梗した実を破砕せず粒のまま十分にタンクで果粒内発酵させてプレスした果汁と、除梗後タンクで数日間スキンコンタクト後にプレスした果汁をタンクで発酵。最後は収穫後にすぐにプレスした果汁をタンクと甕(カメ)で醗酵させます。その後7割をタンク、3割を樽で9月程熟成させブレンドしました。色調はオレンジのトーンが混じり、味わいは果実の風味に果皮からの苦旨味と複雑さが楽しめます。

CoCo Farm Noumin Dry

栃木県の名門ココファームが造るテーブル・ワインの白。葡萄は北海道・余市、山形、長野などの優良な生産者達から入手し、栃木で醸造して、バランスの良いスタイルにブレンドしました。20年の品種はケルナー種42%、ミュラートゥルガウ種25%、シャルドネ種14%、ソーヴィニヨンブラン種9%、バッカス種7%、シルヴァーナ種3%ですから、多分、余市産が7割以上を占めていると思われます。ドイツ系品種のフレッシュな果実感に、フランス系品種のミネラル感が調和した爽やかな辛口タイプでしょう。

Coco Farm Coco10R Yoiti Zweigeltrebe

栃木県ココファームで20年間醸造長だったブルース・ガットラヴ氏が独立し、岩見沢で始めたのが10Rワイナリー。ココファームの依頼を受けたブルース・ガットラヴ氏が、余市登地区の中川農園と、同じ登の小西農園産のツヴァイゲルト葡萄をゆっくり自然酵母で醗酵させた赤。熟成は7割がフレンチオーク樽、残り3割をタンクで14ヶ月間行いブレンド後、ノンフィルターで瓶詰しました。17年は秋に雨が多かったですが、10月中旬~末まで収穫を延ばし、選別した葡萄をタンクに入れ抽出が穏やかなルモンタージュ法で醸造。柔らかな果実味と、スパイス感が調和しています。

CoCo Farm Coco10R Yoiti Pinot Noir

余市の木村忠農園産のピノ・ノワール種を、岩見沢10R(トアール)ワイナリーのブルース・ガットラヴ氏が醸造した赤。非常に低収量となった18年の収穫は10月23日~11月3日。全てを除梗してタンクに入れて、自然酵母でゆっくり醗酵後、自然の乳酸菌でMLFを行う。熟成は古樽主体のフレンチオーク樽で16ヶ月行い、ノンフィルターで瓶詰しました。低収量の為に凝縮した果実味とタンニンを持ち、あと数年熟成させる事で旨みが開いてくる事でしょう。

Coco Farm Cocoromi Norton

アメリカでも高温多湿な東海岸のヴァージニア、中央部のミズーリの地元葡萄ノートン種(シンシアナ種)の日本での可能性を信じ、栃木のココファームでは自社農場で栽培しています。このノートン種と共に栽培している、フランス南西部のタナ種を15%程ブレンドしたのがこの赤。自然酵母で発酵後、木樽で7ヶ月熟成させたワインは、ベリー系の果実味とスパイス感の味わいに、酸味とタンニンが調和しています。

Coco Farm Noumin Rosso

栃木県の名門ココファームがマスカット・ベーリーA種、メルロ種、カベルネ・ソーヴィニヨン種を中心に、国内各地の葡萄をブレンドしたバランスの良い赤。葡萄は野生酵母で発酵、タンクと樽で4~6ヶ月ほど熟成させました。ラズベリー、イチゴ、ダークチェリー、スパイス、ゴボウの様な土っぽさがあり、さわやかな酸味と軽やかな渋みが心地良いワイン。

Coco Farm Kaze no Rouge

北海道・余市の藤澤農園産ツバイゲルトレーベ種を、二つの方法で仕込みました。3/4は除梗後に、1~2日に一回ルモンタージュを行いながら、自然酵母でゆっくり発酵。残った1/4は全房のままタンクでスキンコンタクトを1ヶ月行い、プレスして共に樽に移し乳酸発酵を行い、9ヶ月間熟成させました。ツバイゲルト種のスパイシーなペッパー風味と木樽の風味が調和し、北国の赤としては豊かな味わいを持っています。