日本のスパークリングワイン

ワインリストは随時更新しておりますが、在庫は常に変動しておりますので、ホームページ上で記載している商品も品切れしている場合がございます。ご希望の商品、希望本数等がございましたら、お手数ですが当社までお問い合わせ下さい。ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。

北ののぼ ロゼ

Coco Farm Kita no Novo Rose

2015年の余市・木村農園産ピノ・ノワール種70%、シャルドネ種20%、ピノ・ムニエ種4%を、岩見沢10Rワイナリーで搾り、自然酵母を用いてベースの白ワインを造ります。翌春そのワインを栃木に送り、蔗糖と酵母を加えてシャンパン瓶に詰めて、瓶内二次発酵と熟成を52ヶ月以上。その後20年の冬から、毎朝と、晩に、手で45度づつ回しながらルミュアージュ(オリを口元に集める)を行い、2021年2月にデゴルジュマン(オリ引き)。その際に減った分を、糖分は加えずに、木村農園2020年産ピノ・ノワール種の赤を6%補てんして、打栓し、ワイヤーを掛けました。国産では珍しい、発酵、熟成に6年もかけた逸品です。

Takeda Winery Petillant Rose

山形県上山(カミノヤマ)でワイン造りを行うタケダ・ワイナリー。県内産デラウェア種70%、マスカット・ベリーA種の白仕込み25%、ベリーA種の赤仕込み5%をブレンドして瓶詰。瓶内で二次発酵をさせ、旨みを持つオリを残し、微発泡に仕上げました。パステル・ピンクの色調に、イチゴの香り、口に含むと果実味と共に、目の覚めるような酸味が特徴です。夏が過ぎる頃には、この酸味と果実味が調和してくるでしょう。

Rita Farm Hanabi New Muscat Sans Soufre

余市産黒葡萄ニューマスカット種で造られた、スパークリング・ワイン。ベース・ワインの醸造時に果皮を漬け込んだ為、アンバーがかった紫色をしています。アルコール発酵後、瓶内で二次発酵を行い炭酸ガスを閉じ込めました。ニューマスカット種はピンク・グレープフルーツの果実感と、柑橘の皮を思わせるフレッシュな苦みが特徴です。あえてオリを残している為、抜栓時に泡が吹き易く、数日瓶を立てて冷やしてから、慎重に抜栓して下さい。酸化防止剤無添加の為に冷暗所での保管と、発送はクール便指定です。

Tokachi Wine Bloom Yamasachi Rose

十勝ワインを代表する品種「山幸」からつくられた辛口タイプのロゼ・スパークリングワインです。山幸種が持つ綺麗な酸味とスパイシーさがスパークリングワインにすることによりその特徴が生かされ素晴らしい味わいとなりました。鮮やかなルビー色を呈し、甘草を思わせるスパイスの風味と瑞々しい果実味と酸味が心地よく、十勝産葡萄の個性を上手に表現した逸品です。16年山幸種、ノンドサージュですが、最終残糖は9g/L

Tokachi Wine Bloom Rose

国内初の瓶内二次発酵(シャンパン方式)によって、清見種と、ケルナー種を主体に造られた辛口タイプのロゼ。キメ細かな泡立ちと、ベリー系の果実味が楽しめます

Obuse Winery Grappe Entieres Rose Brut

小布施ワイナリーが造る、瓶内二次発酵のロゼ・スパークリング・ワイン。グラップ・アンティエールとは、仏シャンパーニュ地方で葡萄を除梗・破砕せずに房のままプレス機に入れ、長時間かけ優しく搾ったプルミエタイユ(1番搾り)の事。ヴィニフェラ系黒葡萄からの貴重なプルミエタイユだけを使って、一次、二次発酵を行い、ルミアージュ(動瓶)、デゴルジュマン(オリ引き)、コルク打栓、ワイヤ掛け、キャップシール掛けは、すべて手作業。黒葡萄からのチェリーの果実味と、瓶内二次発酵由来のブリオッシュの香りは、まさしく本場シャンパーニュ地方を思わせます。これは曽我彰彦氏の自信作のようです。

※価格はお問い合わせください。

Osa Winery Yoi Yoi Hour

自社畑100%の辛口スパークリングワイン。余市豊丘産ナイアガラ種93%、ツヴァイゲルト種7%を使用。ツヴァイゲルト種の醸し時間を14時間に延ばし、さらにツヴァイゲルト種のブレンド比率を少し上げてより厚みある味わいを目指しました。2020年春までタンク熟成の後、再度酵母と糖を加え瓶詰し、瓶内二次発酵でゆっくりとガスを溶け込ませています。香りは洋梨、黄桃、オレンジやはちみつのような、ふわりと甘さを感じるような特徴香。ミントのような涼やかさと、少しナッツを炒ったような香ばしさもあります。味わいはアタックからフレッシュでたっぷりとした酸、バランスのとれた厚みがあり、後半は柔らかく甘さを感じるような余韻が長く続きます。

Camel Farm Winery Legami Brut Nature Dosage Zero

“ワイン名レガミは繋がる、絆、結びつき、縁を意味するイタリア語。輝きのある緑がかった淡い黄色。きめ細やかな泡立ち。フレッシュな柑橘系果実や青リンゴのような爽やかな香り。石灰やトースト、ホワイトペッパーや白い花のような華やかなアロマ。心地よいシャープな酸、グレープフルーツのような苦味。フレッシュで生き生きとした味わいで、後味に程よい旨味を感じる辛
口スパークリングワインです。

レジェント種55%、ブラウフレンキッシュ種18%、バッカス種14%、ツヴァイゲルト種5%、ピノ・ノワール種4%、ケルナー種4%。


北ののぼ

Coco Farm Kita no Novo Brut

2014年の余市・木村農園産ピノ・ノワール種61%、シャルドネ種37%、ピノ・ムニエ種2%を、岩見沢の10Rワイナリーが自然酵母を用いてベースの白ワインを造ります。翌春そのワインを栃木のココファームに送り、蔗糖と酵母を加えてシャンパン瓶に詰め、王冠で栓をして瓶内二次発酵を50ヶ月以上行います。その後、毎朝、晩、手で45度づつ回しながらルミュアージュ(オリを口元に集める)を行い、2019年9月2日にデゴルジュマン(オリ引き)を行いました。その際、ドサージュ(糖分添加)は無しで、同質のワインだけを加えて打栓。伝統的製法にのっとり、複雑さと、旨味がたっぷりなスパークリングワインです。

シャトー酒折ワイナリー デラウェア にごりスパークリング

Chateau Sakaori Winery Delaware Nigori Sparkling

シャトー酒折ワイナリーは、世界のワインを輸入する木下グループが、「毎日の食卓で楽しめる安くて美味しい国産ワイン」を目指し、1991年に山梨県甲府市に設立したワイナリーです。シャンパンと同じ瓶内二次発酵で作ったスパークリングワイン。さっぱりとした酸味としゅわしゅわ感が心地よい辛口白ワインです。氷を入れてサワー感覚で飲むのもオススメです。

Takizawa Winery Niagara Sparkling Sans Soufre Ajoute

三笠タキザワ・ワイナリーが、余市産ナイアガラ葡萄を自然酵母で仕込んだ、香り華やかな辛口スパークリング・ワイン。アルコール発酵後にオリ引きをして、3気圧分の補糖をして瓶詰。1次発酵と同様に自然酵母で、瓶内二次発酵を行いました。瓶内にオリを残した為に、開栓時に吹きこぼれ易く、抜栓前は立てたまましっかり冷やしてください。仕込みから瓶詰まで、亜硫酸は無添加の為、発送はクール便指定、保管も16度以下の冷暗所でお願いします。

Takeda Winery Sans Soufre Blanc Yamagata

山形県上山(カミノヤマ)で15ヘクタールの自社畑を所有し、ワイン造りを行うタケダ・ワイナリー。同じ上山の契約農家による完熟したデラウェア種を、亜硫酸(酸化防止剤)を使わず「サン・スフル」で醸造。発酵の途中で瓶詰めし、瓶内でも発酵が続き、発生した炭酸ガスがワインに溶け込みます。オリ引きをしない為に、抜栓時に発砲が急激に起こり、泡が吹き出します。ボウル等の中に瓶を置き、王冠を何回かに分けて少しずつガスを逃がしながら栓を抜いてください。<発送はクール便指定となります>

Takeda Winery Petillant Blanc

山形県上山(カミノヤマ)でワイン造りを行うタケダ・ワイナリー。県内産デラウェア種100%の白を醸造して瓶詰。瓶内で二次発酵をさせ、旨みを持つオリを残し、微発泡に仕上げました。りんごの香りに、和梨の果実味と爽やかな酸味。アフターに庄内柿を思わせる甘味と、1本のワインから様々な風味が楽しめます。瓶には生きたオリが入っているので、季節と共に味わいも変化して行くでしょう。

Petillant de Mars Koshu

鹿児島に本社を持つ本坊酒造が世界に通じるワインを目指し、1960年に山梨県笛吹市石和町に「マルス山梨ワイナリー」を設立。2017年には韮崎市穂坂地区に「マルス穂坂ワイナリー」を新設し、この2つのワイナリーで「芳醇な味わいと優雅な薫りのハーモニー」をテーマに、日本ワインにマルスならではの新しい価値を生み出す挑戦を続けています。瓶内二次発酵によるきめ細かい泡立ちと爽快で風味豊かな味わいのペティアン(発泡ワイン)。フリーランジュースのみを用いて低温発酵で造られており、活発で生き生きとした果実味と酸味が口中に広がり、酵母由来の豊かなふくらみとなめらかなコクが楽しめます。無濾過のため濁りがあります。

Petillant de Mars Koshu

鹿児島に本社を持つ本坊酒造が世界に通じるワインを目指し、1960年に山梨県笛吹市石和町に「マルス山梨ワイナリー」を設立。2017年には韮崎市穂坂地区に「マルス穂坂ワイナリー」を新設し、この2つのワイナリーで「芳醇な味わいと優雅な薫りのハーモニー」をテーマに、日本ワインにマルスならではの新しい価値を生み出す挑戦を続けています。瓶内二次発酵によるきめ細かい泡立ちと爽快で風味豊かな味わいのペティアン(発泡ワイン)。フリーランジュースのみを用いて低温発酵で造られており、活発で生き生きとした果実味と酸味が口中に広がり、酵母由来の豊かなふくらみとなめらかなコクが楽しめます。無濾過のため濁りがあります。

Tokachi Sparing Bloom Blan

国内初の瓶内二次発酵(シャンパン方式)によって、清見種と、ケルナー種を主体に造られた辛口タイプのロゼ。キメ細かな泡立ちと、ベリー系の果実味が楽しめます

Kobe wine Fuwari White

じっくりと寝かせた本格二次発酵のスパークリング白。きめ細かい泡と柔らかくまろやかな味わいのスパークリングワインです。白身魚、豚肉、鶏肉を中心とした和食はもちろん、洋食のシーンでも使うことができるワインです。

Fujino Winery Niagara Natural Sparkling Ancestrale

今回の商品は瓶内一次醗酵(アンセストラル)バージョンです。田舎式スパークリングともいわれ、香りや味わいに複雑さがありますが、オリや濁りが多くなります。余市町の契約農場のナイヤガラ種を野生酵母で発酵させたスパークリングワイン。品種特有の華やかな香りときめ細かな泡、ふくよかな果実味と酸味が調和した辛口タイプです。ノンフィルター瓶詰めの為、旨味を含んだオリが沈殿しています。酸化防止剤無添加。

余市町の契約農場である三氣の辺(ミキノホトリ)産のナイヤガラ種64%、ミュラートゥルガウ種36%を野生酵母でゆっくり発酵させたスパークリングワイン。ナイヤガラ種特有の華やかな香りにミュラートゥルガウ種の青りんご、グレープフルーツなどの伸びのある酸がバランスよく調和した辛口タイプです。無清澄剤、無ろ過の為、にごりやオリ、自然の炭酸ガスが含まれることがありますが品質には問題ありません。また酸化防止剤も無添加のため14度以下の保存をお願いします。生産本数2.530本。

Takeda Winery Sans Soufre Rouge Yamagata

山形県上山(カミノヤマ)で15ヘクタールの自社畑を所有し、ワイン造りを行うタケダ・ワイナリー。近郊の天童市の契約農家によるマスカット・ベリーA種を、亜硫酸(酸化防止剤)を使わず「サン・スフル」で醸造。瓶内でMLF(乳酸醗酵)を行った為に、微発泡してます。濃い色調で、赤い果実の香り、フレッシュな酸とタンニンのバランスが良く、葡萄本来の味わいが楽しめます。ワインはオリ引きをしていない為、瓶底には旨みを含んだオリがございます。<発送はクール便指定となります>

Kobe wine Fuwari Red

神戸産カベルネ・ソーヴィニヨン種を瓶内二次発酵で醸造し、デゴルジュマン無しで製品化。開栓直後にあがるふわっとした果実の風味と2013年産からの熟成感が複雑さを与えています。