ハッコウジンジャー No.1 スタンダード 200ml 税込579円

Hakko Ginger No.1 Standard

英国人にとって、生姜、唐辛子、レモン、糖蜜を酵母で発酵させたジンジャービアは家々で作る飲み物で、日本では梅酒のような感じかも。その文化は英国人が移り住んだオーストラリア、ニュージーランドにも伝わりましたが、アメリカ、カナダでは、簡素化され生姜シロップと炭酸水で、発酵せずに作られたジンジャーエールが広まり、日本にも伝わりました。料理人・前田伸一氏は、オーストラリアで自家製ジンジャービアの美味しさに目覚め、20年7月、日本初の発酵させたジンジャービアの醸造所をニセコで創業。原材料の生姜、レモン、唐辛子などは国産の有機栽培にこだわり、醸造は北海道に自生する蝦夷山桜からの野生酵母を使用。発酵の元となる糖分は、北海道産のビートから取れるミネラルたっぷりの糖蜜を使っています。またフルーツ風味のジンジャーは、まず果実だけを単体で低温発酵させ、それを生姜と共に煮て再度発酵させています。製造時に出来た微量のアルコールは除去され、全てのハッコウジンジャーはノンアルコールです。そして瓶の底には、発酵後の酵母がオリとなって沈殿しています。