< 2024年 3月 店主の独り言 >

 今月はスタッフのお話。

 以前にもお話しましたが、当社で16年働いてくれた鎌田君が年末に退社し、スタッフ募集をしていました。そして何人かの新人さんが入社しましたが、どうもワインの種類が多く難しいようで長続きしませんでした。僕らは今までと同じ事を続けて来ただけと思っていましたが、やはり日本語ではなくアルファベットで書かれたラベルを見て、倉庫から品出しをして、店頭に並べたり、得意先へ車で配送するのは、新人さんにとっては面倒な仕事だったようです。

 現在は鎌田君の代わりに、パートの女性1名と、正社員は男性1名と女性1名の計3名が増えました。スタッフが定着したら、当社は閉店後の残業が多かったので、労働環境の改善にも着手して、誰もが楽しく働けるようにすることが私の仕事です。また当社は男性5名とパートの女性2名でしたが、現在は男性5名、女性4名と女子率が上がってきました。今後も良質なワインを探すことは続けながら、今まで弱かった店内の清掃や、古い値札の交換、疎かにしていた事にも力をいれて行きたいと思っています。

 そして、当社では毎金曜の閉店後に、社内で新着ワイン15~20種の試飲勉強会を行っています。新人スタッフは、一度にこんなに沢山のワインを開けて試飲する事に驚き、味わいのコメントを聞いても答えられませんでした。それでも試飲を数回続けて来ると、少しずつ感じた味わいを自分の言葉で発言するようになって来ています。1歩、1歩、成長している姿を横で見ていると、私は少し彼らが自分の子供の様に思えて来ます。新人たちは今、もがきながら努力をしています。今後、何かミスがあるかもしれませんが、少し長い目で見ていただけると幸いです。1年後には仕事の要領も覚え、試飲の本数も1000本を超えて、皆さんへお勧めやアドバイスが出来る事でしょう。