赤ワイン シルヴァー・オーク カベルネ・ソーヴィニヨン ナパ・ヴァレー 2001年 750ml 税込35,200円

シルヴァー・オーク カベルネ・ソーヴィニヨン ナパ・ヴァレー

Silver Oak Cabernet Sauvignon Napa Valley

創業者のレイ・ダンカン氏は1960年代後半にカリフォルニアを訪れた際、その土地の美しさに感動し、ナパ・ヴァレーとアレキサンダー・ヴァレーに土地を購入。カベルネ種の名醸造家ジャスティン・メイヤー氏と共に、1972年シルヴァー・オークを設立しました。多くのワイナリーがフレンチオーク樽熟成に傾倒する中、アメリカンオーク樽による熟成にこだわり、アメリカンのクラシックワインとして全米のレストランでオンリストされています。今回は貴重な2001年産が入荷。

白ワイン Ch ラフォリ・ペイラゲ ソーテルヌ 2001年 750ml 税込14,300円

Ch ラフォリ・ペイラゲ ソーテルヌ

Chateau Lafaurie Peyraguey Sauternes

ラフォリ・ペイラゲはソーテルヌ地区格付け第1級で、ボム村に41ヘクタールの畑を所有。1913年からオーナーのコルディエ社が評価を上げた後、現オーナーが1980年代から更に品質を上げています。畑にはセミヨン種9割が栽培され、新樽3割で18~20ヶ月熟成されます。ソーテルヌ村の伝説となった2001年は、各シャトーで素晴らしい貴腐ワインが生まれましたが、ここでは驚異的な出来となりました。アドヴォケイト誌では、豪勢で並外れた資質があり、味わいのピークは2030年頃まで続くだろうとコメントし、96点の高評価を受けています。

赤ワイン Ch デ・ロシエール リュサック・サン・テミリオン 2001年 750ml 税込3,080円

Ch デ・ロシエール リュサック・サン・テミリオン

Chateau Des Rochers Lussac Saint Emilion

リュサック・サン・テミリオン地区のシャトーで熟成を経た古酒が入荷しました。家族経営で、畑は約7ヘクタール、品種はメルロ種80%、カベルネ・フラン種20%。熟成を経て果実味の濃さ、強さは枯れて始めているでしょうが、上品で奥行きのある味わいが期待されます。また、この価格ですから、古酒の入門にも最適な1本でしょう。

完売致しました。

赤ワイン バルデビニャス ミラット レセルバ リベラ・デル・デュエロ 2001年 750ml 税込12,100円

ミラット リベラ・デル・デュエロ リゼルヴァ

Valdevinas Mirat Reserva Ribera del Duero

テンプラニーリョ種にとって最良の産地と呼ばれるリベラ・デル・ドゥエロ地区。畑は標高850m以上のランガ・デル・デュエロ地区で、葡萄の樹齢は100年以上。ここの上位ブランド、ミラットのレセルバで、熟成を経た2001年産が入荷しました。収獲は10月の第二週まで待ち、木製タンクで醗酵、乳酸発酵を行い、フレンチオーク樽で14ヶ月熟成させました。年月を経て豊かなタンニンは果実味と混じり始め、黒系果実と木樽の風味が調和して来ました。20年の時の流れを味わってみませんか。

赤ワイン Ch グラン・コルバン サン・テミリオン グラン・クリュ 2001年 375ml 税込1,980円

Ch グラン・コルバン サン・テミリオン グラン・クリュ

Chateau Grand Corbin Saint Emilion Grand Gru

シャトーはポムロル村とサン・テミリオン村の境界にある恵まれた立地にあります。カベルネ・フラン種のブレンドシャトーはポムロル村とサン・テミリオン村の境界にある恵まれた立地にあります。カベルネ・フラン種のブレンド比率が比較的高く、ハーブやスパイスの複雑な風味があり、ブラックチェリーとカラントを感じさせるワインでしたが20年を経て古酒としてお楽しみいただけると思います。メルロ種68%、カベルネ・フラン種27%、カベルネ・ソーヴィニヨン種5%

完売致しました。

白ワイン ルネ・ルヌー ボヌゾー レ・メルレッス 2001年 500ml 税込4,620円

Rene Renou Bonnezeaux Les Melleresses

ルネ・ルヌーはボヌゾー村で、良質で長命な貴腐ワインの生産者。5区画、計8ヘクタールのシュナンブラン種を栽培し、収穫を遅らせ貴腐葡萄になってから収穫し、デザート・ワインに仕上げています。熟成を経た01年産が入荷致しました。

完売いたしました。

赤ワイン プレモン マディラン ミレジム・デクセプション 2001年 750ml 税込2,090円

Plaimont Madiran Millesime d’Exception

シュド・ウェスト地方マディラン地区は、ボルドーよりもタンニンの強いワインで知られています。マディランの中心、プレモン協同組合は、地元のタナ種(タンニンの語源と言われています)から、安価で良質な赤を造っています。タンニンが強く、熟成に時間がかかるタナ種に、ピナンク種、カベルネ・ソーヴィニヨン種をブレンドした赤。今回は蔵元で熟成を経た、2001年産が入荷しました。