白ワイン カザ・レウヴァス アート・テッラ クルティメンタ VR アレンテジャーノ 2020年 750ml 税込1,980円

Casa Relvas Art Terra Curtimenta Vinho Regional Alentejano

コストパフォーマンスの高いワインを造るだけでなく、環境を大切にする事も理念にもっており、環境保全型農法を実施する生産者。クルティメンタは天然酵母による発酵で、2週間のスキン・コンタクトにより複雑なアロマとタンニンを抽出して造られたオレンジワインになります。4ヶ月間の熟成にはフレンチオーク樽を使用。アンタン・ヴァス種50%、アリント種50%のブレンド。

白ワイン エチェヴェリア ロミ・オレンジ ソーヴィニヨン・ブラン クリコ・ヴァレー 2020年 750ml 税込2,475円

エチェヴェリア ロミ・オレンジ ソーヴィニヨン・ブラン クリコ・ヴァレー

Echeverría Romi Orange Sauvignon Blanc Curico Valley

クリコ地区で80ヘクタールの自社畑を所有する家族経営のワイナリー。自社畑で有機栽培のソーヴィニヨン・ブラン種を、果皮、種と共に一ヶ月半も漬け込み醗酵させたオレンジワイン。その後フレンチオーク樽で12ヶ月熟成させ、SO2無添加で瓶詰しました。キンモクセイの香りに、ふくよかな果実味と苦旨味が楽しめます。世界で最も権威のある「マスター・オブ・ワイン」を持つ、英ティム・アトキン氏が90点評価をしています。

白ワイン ヒトミワイナリー デラオレ オレンジ 2020年 750ml 税込2,420円

ヒトミワイナリー デラオレ オレンジ

Hitomi Winery DelaOle Orange

滋賀県にあるろ過をしないにごりワインのスタイルを造るワイナリー。山形県産の完熟デラウェア種を約1週間マセラシオンカルボニックで醗酵させた後、数日間ピジャージュを行いながら醗酵させることで果皮由来の香りやタンニンを引き出しました。仕込みから約2週間後にプレスを行った後、ホーロータンクで約4ヶ月間オリと一緒に熟成させ酸化防止剤無添加で瓶詰めしています。よく熟したデラウェア種の心地よいアロマと、甘味、酸味、旨味、渋味が一体となった、まさにデラウェアなワインです。清澄・濾過を行っていないので成分などが沈殿しますが、身体を害するものではありません。酸化防止剤を使用しておりませんので、冷暗所での保存をお願い致します。

白ワイン ラ・マリオーザ サタルニア ビアンコ トスカーナ 2019年 750ml 税込4,510円

ラ・マリオーザ サタルニア ビアンコ トスカーナ

La Maliosa Saturnia Bianco Toscana

自然派ワインで人気のカーゼ・コリーニを造る実践派の学者ロレンツォ・コリーノ氏とミラノの実業家だったアントネッラ・マヌリ女史が造るワイン。無農薬、無化学肥料は当然で原則的にSO2は無添加。ごく稀に、必要最小限を加える事があります。樹齢およそ50年のプロカニコ種、アンソニカ種を破砕後、野生酵母により発酵。1ヶ月のマセラシオン後、フリーランを除き、プレスジュースから造られたのがこのワイン。樽に移し大樽で約5~6ヶ月熟成させます。プレスジュースとは思えないハチミツのような力強さ、複雑さが感じられるオレンジワインです。SO2は無添加。

白ワイン 北海道ワイン 鶴沼 ピノ・グリ オレンジ 2020年 750ml 税込2,420円

北海道ワイン 鶴沼 ピノ・グリ オレンジ

Tsurunuma Pinot Gris Orange

鶴沼農場のピノ・グリ種を絞ってジュースにする前に醸し醗酵(皮と種を一緒に漬け込む醗酵方法)を行い、この品種独特の色合いと風味をワインに溶け込ませたタイプのワインです。杏や柑橘を思わせる優しい香りを纏い、柔らかな酸味と心地良い渋みがバランスよく仕上がっています。白いお肉でも噛む回数が多くなる鶏の腿や脂肪の多い豚の三枚肉などとの相性が良いです。特に中華料理や豚の角煮等にお勧めです。

白ワイン マリア・ボルトロッティ マモロ ピニョレット 2020年 750ml 税込2,750円

Maria Bortolotti Mamolo Pignoleto

マモロとはボローニャの12の城壁の門(聖人の名前)聖マモロから。50%は、除梗し一週間のマセラシオンした後、果皮と分離。50%は、梗をつけたまま搾り一晩常温でデカンテーション。ステンレスタンクで5ヶ月熟成。エミリア・ロマーニャ州の土着品種ピニョレット種から造られたワインは、ほんのり苦みをともなうフレッシュなナシのような果実感。優しい酸化ニュアンスとしてハチミツやくるみのような風味も漂います。前ヴィンテージよりも、トロっとした桃のような果実感が楽しめるオレンジワインです。

白ワイン ココファーム 甲州 F.O.S 2019年 750ml 税込3,250円

Coco Farm Koshu Fermented On Skins

栃木県のココファームが、山梨県勝沼近辺の甲州葡萄で造った特別な白。通常、甲州の白は淡く柔らかなスタイルですが、こちらは甲州種の果皮の渋みを生かした独自の白です。醸造法は3種で、除梗した実を破砕せず粒のまま十分にタンクで果粒内発酵させてプレスした果汁と、除梗後タンクで数日間スキンコンタクト後にプレスした果汁をタンクで発酵。最後は収穫後にすぐにプレスした果汁をタンクと甕(カメ)で醗酵させます。その後7割をタンク、3割を樽で9月程熟成させブレンドしました。色調はオレンジのトーンが混じり、味わいは果実の風味に果皮からの苦旨味と複雑さが楽しめます。

白ワイン ルイ・モーラー レトランジェ・オランジュ アルザス 2019年 750ml 税込4,015円

Louis Maurer L’etrange Orange Alsace

ルイ・モーラーは1996年生まれで、アルザスでも最も若い世代のヴァン・ナチュールの造り手です。ドメーヌはルイ氏の祖父によって設立され、現在は2代目の父のフィリップ氏が当主を務めており、ルイ氏は2016年よりドメーヌに参画し、家族のワインとは別に自身の名でワインをリリースしています。手摘みで収穫した葡萄を全房で果皮とともに約2週間マセレーション。発酵終了後はシュール・リーの状態で翌年の春まで熟成し、無清澄・ノンフィルターで瓶詰め。SO2は瓶詰め時にごく少量のみ添加。ゲヴュルツトラミネール種100%。2019年の総生産量は3,750本。2021年1月時点のSO2トータルは34mg /L。

完売いたしました。

白ワイン ヴィニョブル・デュ・レヴール アン・ナンスタン・シュル・テール アルザス 2019年 750ml 税込6,105円

Vignoble du Reveur Un Instant sur Terre Alsace

「ドメーヌ・マルセル・ダイス」の現当主ジャン・ミッシェル・ダイス氏の長男で、2007年より同ドメーヌの醸造を担当しているマチュー・ダイス氏が、伯父(実母クラリス・ミシュレの兄カシアン)の畑を継承して誕生したドメーヌです。地元ベンウィール村の0.3haの畑より。樹齢約40年。残糖ゼロの辛口。アンフォラで6ヶ月間マセラシオンした、いわゆるオレンジ・ワインです。作品名の「アン・ナンスタン・シュル・テール」は「土・地球の上の束の間の時間」という意味で、粘土製のアンフォラで醸造したことを表すと同時に、地球上における私たちの存在のはかなさをシンボライズしたものです。ラベルの写真は、地球や土を創作テーマとする高名な写真家マチルド・ド・レコタ氏が手がけたもので、「彼女の作品は、一瞬の通行人にすぎない私たちに食べ物を与えてくれる地球や土に対する、私たちの責任を実感させてくれます」(マチュー・ダイス)。ピノ・グリ種50%、ゲヴュルツトラミネール種50%。

白ワイン ヴィニョブル・デュ・レヴール アルティザン アルザス 2019年 750ml 税込4,455円

Vignoble du Reveur Artisan Alsace

「ドメーヌ・マルセル・ダイス」の現当主ジャン・ミッシェル・ダイス氏の長男で、2007年より同ドメーヌの醸造を担当しているマチュー・ダイス氏が、伯父(実母クラリス・ミシュレの兄カシアン)の畑を継承して誕生したドメーヌです。地元ベンウィール村の0.5haの畑より。樹齢約40年。残糖ゼロの辛口。ステンレスタンクでマセラシオンした、いわゆるオレンジ・ワインです。作品名の「アルティザン」は「職人」という意味で、職人が作る芸術作品に見られる「ざらざら感」や「ごつごつ感」といった風合いがオレンジ・ワインのテクスチャーを想起させることと、特殊な醸造法であるため、自然の解釈としてのワイン造りにおいて職人が重要な役割を果たしていることを表現したものです。ピノ・グリ種50%、ゲヴュルツトラミネール種50%。