白ワイン コルナレア タラスコ ヴィーノ・パッシート 2016年 375ml 税込5,830円

コルナレア タラスコ ヴィーノ・パッシート

Cornarea Tarasco Vino Passito

1974年に現当主の父、ジャン・ピエロ・ボヴォーネがコルナレアという名の農園を購入したのがこのワイナリーの起源で、当時絶滅しかけていたアルネイス種を見事に復活させた立役者であり、アルネイスの代名詞的ワイナリーとしても知られています。醸造は加圧式のタンクでガスを残しながら熟成させることで、酸化防止剤の使用を最小限にとどめながら、還元的な状態をキープするという独自の手法を用いています。マロラクティック発酵を行わず、品種特有の高い酸は残しながら、濡れた石のようなミネラリティを感じさせます。 貴腐菌の付着した葡萄を10月末に収穫し、木枠に入れて12月まで乾燥させ、 水分が80%無くなったところで圧搾して造られる甘口ワイン。古樽で48ヶ月以上熟成。タラスコというワイン名は、ワインの黄色い色を連想させる「タンポポ」からきています。

白ワイン トリンケーロ ア・ユート ビアンコ ヴィノ・ダ・ターヴォラ 2020年 750ml 税込4,620円

Trinchero A-iuto! Bianco Vino da Tavola

トリンケーロ家は、1925年よりアスティ県のアリアーノ・テルメ村で葡萄栽培およびワイン生産を始め、1952年にこの県で最も早く葡萄栽培農家が自家ビン詰めを行うための登記をした造り手になります。ア・ユートは、白葡萄を赤ワイン同様に醸し醗酵を行い、果皮からも成分を抽出する昔ながらの醸造方法で造られた白ワイン(色はオレンジ)です。シャルドネ種、マルヴァジーア種、アルネイス種のブレンド。

白ワイン ラ・フェルム・ド・サトウ シストゥ 2019年 750ml 税込7,480円

La Ferme de Sato Schisteux

世界最南端のワイン産地ニュージーランドのセントラル・オタゴで元銀行家の佐藤夫妻が造るワインです。2009年創業と新しい生産者ですが世界的な評論家達がこぞって高い評価を与え、すでにニュージーランドを代表するワイナリーとなっています。シュナン・ブランが植えられているのは、畑の中で1億5000万年前のシストの岩や砂利を最も多量に含 み「私たちはそこにシュナン・ブランを植えてみたいと思わずにはいられなかった」と佐藤さんが語る 区画。手摘みされたブドウは除梗 ・ 破砕され 、全房でバスケットプレス。ニュートラルな古樽にて野生酵母による醗酵、そのまま15ヶ月熟成(MLF あり、バトナージュなし)。ボトリング前に20ppmの酸化防止剤を添加。12ヶ月瓶内熟成 以上。ノンフィルター、清澄剤不使用。シュナン・ブラン種100%

白ワイン サトウ・ワインズ リースリング ラティピック 2020年 750ml 税込5,720円

Sato Wines Riesling L’atypique

世界最南端のワイン産地ニュージーランドのセントラル・オタゴで元銀行家の佐藤夫妻が造るワインです。2009年創業と新しい生産者ですが世界的な評論家達がこぞって高い評価を与え、すでにニュージーランドを代表するワイナリーとなっています。バノックバーンに位置するDomain RoadVineyardから。一部 全房17%)のまま約7日間の醗酵前浸漬、野生酵母による醗酵およびスキン・コンタクト(合計で20日間 。バスケットプレスされ古樽で12ヶ月 熟成、MLF 。ボトリング前に14ppm の酸化防止剤を添加 。残糖0.12g/L 。ノンフィルター、清澄剤不使用。リースリング種100%

白ワイン サトウ・ワインズ ピノ・グリ ラティピック 2019年 750ml 税込5,720円

Sato Wines Pinot Gris L’atypique

世界最南端のワイン産地ニュージーランドのセントラル・オタゴで元銀行家の佐藤夫妻が造るワインです。2009年創業と新しい生産者ですが世界的な評論家達がこぞって高い評価を与え、すでにニュージーランドを代表するワイナリーとなっています。砂質ロームに砂利やシスト、クォーツ土壌のTOSQ畑(BioGro 認証)。除梗され 約10日間の醗酵前浸漬、野生酵母による醗酵
およびスキン・コンタクト(合計で38日間)。バスケットプレスされ古樽で 20ヶ月熟成、MLF。最後にSBとブレンドされ、ボトリング前に15ppmの酸化防止剤を添加。ノンフィルター、清澄剤不使用。ピノ・グリ種85%、ソーヴィニヨン・ブラン種15%

白ワイン パトリック・ピウズ シャブリ テロワール・ド・クルギス 2019年 750ml 税込4,510円

パトリック・ピウズ シャブリ テロワール・ド・クルギス

Patrick Piuze Chablis Terroirs de Courgis

1973年生まれカナダ・ケベック出身のパトリック・ピウズ氏。ブルゴーニュでオリヴィエ・ルフレーヴ、ヴェルジェ、J.M.ブロカール、と名だたる蔵元で醸造を任され、08年に独立した注目の生産者。こちらはシャブリ地区、クルギス村の葡萄をタンクで発酵、熟成(6ヶ月)させました。酸の切れの良さと凝縮感が楽しめるワンランク上の味わいです。

白ワイン ポール・ガローデ モンテリー レ・シャン・フリオ ブラン 2015年 750ml 税込5,170円

ポール・ガローデ モンテリー レ・シャン・フリオ ブラン

Paul Garaudet Monthelie Les Champs Fulliot Blanc

モンテリー村に暮らし、約10ヘクタールの畑を所有する地元の生産者。シャン・フュイヨはヴォルネイのクロ・デ・シェーヌと接する1級畑で、本来は赤向きだがガロデは白を植える。なぜなら1級ではなく村名となるガロデの区画は石切り場の跡で石灰が強いからだ。白い花や柑橘、それに蜂蜜香。白桃のニュアンスもほのかに感じられる。ミネラリーで背筋のピンと伸びたワイン。シャルドネ種100%

白ワイン ルイ・ジャド ブルゴーニュ ルージュ クーバン・デ・ジャコバン 2020年 750ml 税込2,970円

ルイ・ジャド ブルゴーニュ ルージュ クーバン・デ・ジャコバン

Louis Jadot Bourgogne Rouge Couvent des Jacobins

このワインはコート・ドールと、コート・シャロネーズの村名格の優良な葡萄から造られます。ジャド・スタイルを反映して、ふくよかな果実味に絹のような舌触りと、優しいタンニンが調和した味わい。ここ1~2年は赤い果実のフルーティーさを発揮し、数年後からは森の枯れ葉の香りやキノコなど、熟成した香りで楽しませてくれます。ブレンドに用いられるコート・シャロネーズの葡萄が果実味を、コート・ドールの葡萄が骨格や深みをワインに与え、バランスよく調和しています。ピノ・ノワール種100%

白スパークリングワイン スマロッカ カヴァ ブリュット・レセルバ 2017年 1500ml 税込3,850円

Sumarroca Cava Brut Reserva Magnum

スマロッカ家は、1993年よりペネデス地方でワイン造りを始めました。買い葡萄は使わず、すべて自社畑の葡萄を使用。熟成は一般的なカヴァより長く、高品質なスパークリングワイン。きめ細やかな泡が特徴の上品でエレガントな味わいのカヴァ。パレリャーダ種42%、マカベオ種27%、チャレロ種24%、シャルドネ種7%

※画像は2013年ヴィンテージ

白ワイン 八剣山ワイナリー 北海学園大学 ワイン 白 2021年 750ml 税込2,420円

八剣山ワイナリー 北海学園大学 ワイン 白

Hakkenzan Winery Hokkai Gakuen University White Wine

札幌・北海学園大学の生命工学科・小山教授の研究室と、八剣山ワイナリーが連携しワイン造りの研究をする中で、商品化したワイン。葡萄はポートランド種主体。同大学が道内各地の植物から採取した酵母を採取、単離し、小仕込み試験と官能試験で選抜した、北海学園オリジナル・ワイン酵母「HGU-140」を使って醸造しました。瓶底にはオリもあり、瓶詰時はノンフィルターに近いのでしょう。品種特有の華やかな香りと、果実味楽しめます。

白ワイン タキザワ・ワイナリー ミュラー・トゥルガウ (中井農園) 2021年 750ml 税込2,640円

Takizawa Winery Muller Thurgau Nakai Vineyard

余市中井農園産ミュラー・トゥルガウ種を、タキザワ・ワイナリー醸造した白。醗酵前5日程、葡萄を潰さずに炭酸ガスの中で保管し(マセラシオン・カルボニク法)、果皮の風味が染み込んだ果汁を発酵させました。また、三笠の自社畑産ソーヴィニヨン・ブラン種を3%ブレンドしています。共に発酵は自然酵母と、自然の乳酸菌で行い、オリと共に7ヶ月間タンクで熟成後に瓶詰。やわらかな果実味に、スパイス感や果皮からの複雑さが楽しめます。低亜硫酸ワインの為に冷暗所にて保管ください。

白ワイン ルイ・ジャド ムルソー 2019年 750ml 税込7,590円

ルイ・ジャド ムルソー

Louis Jadot Meursault

ルイ・ジャド社は1859年創業、現在210ヘクタールを越える自社畑を所有する大ドメーヌです。ムルソーは、シャルドネを栽培するには完璧と言える理想的な土壌(泥灰土)で、「偉大なホワイト・ブルゴーニュワイン」の中心産地とされています。ルイ・ジャド社のムルソーは強い芳香、よく熟した果実味あふれる香りが口中に広がり、とろみのあるなめらかなワインです。熟した果実の豊かな香りが広がり、はっきりとしたヘーゼルナッツや、ほのかなスパイスの香りが溶け合っています。しなやかでまろやかな口当たりは、優雅な余韻へと続きます。 シャルドネ種100%

白ワイン ルイ・ジャド ブルゴーニュ ブラン クーバン・デ・ジャコバン 2020年 750ml 税込2,860円

ルイ・ジャド ブルゴーニュ ブラン クーバン・デ・ジャコバン

Louis Jadot Bourgogne Blanc Couvent des Jacobins

ルイ・ジャド社はネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取り引きにかかわる一方、総面積210ヘクタール以上のブドウ畑を所有する巨大ドメーヌでもあります。このワインは本社に隣接しているジャコバン修道院の名をつけたブルゴーニュ規格の白。コート・ドール、コート・シャロネーズ、マコネからの良質なシャルドネを使用し、タンクと樽での発酵・熟成を行いブレンド。ステンレスタンク熟成による新鮮な果実の風味と、樽熟成による複雑さがきれいに調和しています。シャルドネ種100%

白スパークリングワイン ワイナリー森臥(シンガ) Dear (ディア) 名寄 2021年 750ml 税込3,850円

ワイナリー森臥(シンガ) Dear (ディア) 名寄

Winery Shinga Dear Nayoro

冬はマイナス30度になる北海道・名寄(ナヨロ)市で、葡萄を栽培し、ワインを造っているワイナリー森臥(シンガ)。「ディア」は自社畑のバッカス種からの微発泡タイプ。ゆっくりと発酵させ、収穫時に冷凍保存していたバッカスの果汁を加えて、瓶詰めして瓶内二次発酵を行いました。SO2無添加でクール便指定。オリ引きも無しで、抜栓前は瓶を数日間立ててオリを沈め、よく冷やし、吹きやすいので慎重に。バッカス種のふくよかな果実味に柑橘系の酸味が調和しているようです。

白ワイン R・デ・ロメール・ドゥ・アヨ ソーテルヌ B品 2014年 750ml 税込2,145円

R de Romer du Hayo Sauternes

ソーテルヌ地区ファルグ村にある格付け第2級シャトー・ロメール・デュ・アヨのセカンドワインです。蜂蜜、アプリコット、ラノリン、紅茶の香り、オレンジ・マーマレード、ハニー、蜜リンゴの風味。ライトタイプで気軽に楽しめる貴腐ワインです。ブルーチーズやドライフルーツのお供にいかがでしょうか。セミヨン種90%、ソーヴィニヨン・ブラン種10%

※完売いたしました。

白スパークリングワイン ダヴィッド・レクラパール キュヴェ・ラマトゥール ブラン・ド・ブラン プルミエ・クリュ 750ml 税込12,100円

ダヴィッド・レクラパール キュヴェ・ラマトゥール ブラン・ド・ブラン プルミエ・クリュ

David Leclapart Cuvee Premier Cru Pa Dose

膨大なシャンパン・マーケットにおいて、ビオディナミ農法を実践し、ノン・ドゼで仕立てる生産者として、今最も注目されているレコルタン・マニュピュランの一つです。本拠地を置くトレパイユ村は、ピノ・ノワール種の銘醸地として名高いモンターニュ・ド・ランス地区にありながら、優れたシャルドネ種の生産することで1級格付けになっている孤高の銘村です。リザーヴワインは使用せず単一ヴィンテージのみで、一次発酵は野生酵母のみを使用。SO2の使用は極限まで抑え、ドサージュ無しで仕上げます。トレパイユ村の5つの区画のシャルドネ種をブレンド。ステンレスタンクと古樽で、半分ずつシュールリーにて次の年まで熟成させます。生き生きとした美しい酸とミネラルが上手く調和し、僅かにスパイスのニュアンスを伴った格調高い柑橘系の風味が魅惑的に広がります。

白スパークリングワイン ダヴィッド・レクラパール キュヴェ・ラフロディズィアック プルミエ・クリュ パ・ド・ゼ 750ml 税込37,400円

ダヴィッド・レクラパール キュヴェ・ラフロディズィアック プルミエ・クリュ パ・ド・ゼ

David Leclapart Cuvee l’Aphrodisiaque Premier Cru Pa Dose

膨大なシャンパン・マーケットにおいて、ビオディナミ農法を実践し、ノン・ドゼで仕立てる生産者として、今最も注目されているレコルタン・マニュピュランの一つです。本拠地を置くトレパイユ村は、ピノ・ノワール種の銘醸地として名高いモンターニュ・ド・ランス地区にありながら、優れたシャルドネ種の生産することで1級格付けになっている孤高の銘村です。リザーヴワインは使用せず単一ヴィンテージのみで、一次発酵は野生酵母のみを使用。SO2の使用は極限まで抑え、ドサージュ無しで仕上げます。シャルドネ種80%とピノ・ノワール種20%のブレンドで、野生酵母による自然発酵を行い、ルフレーヴの古樽を使用して次の年の収穫まで熟成させています。アロマ、味わい共に、柑橘類、アプリコットの皮、オレンジのムース、妖艶なスパイスなどが感じられ、空気と触れあうたびにほろ苦さが加えられていき、徐々にスモーキーなフィニッシュへと続きます。

白スパークリングワイン ダヴィッド・レクラパール キュヴェ・ラストル ブラン・ド・ノワール プルミエ・クリュ 750ml 税込26,400円

ダヴィッド・レクラパール キュヴェ・ラストル ブラン・ド・ノワール プルミエ・クリュ

David Leclapart Cuvee Premier Cru Pa Dose

膨大なシャンパン・マーケットにおいて、ビオディナミ農法を実践し、ノン・ドゼで仕立てる生産者として、今最も注目されているレコルタン・マニュピュランの一つです。本拠地を置くトレパイユ村は、ピノ・ノワール種の銘醸地として名高いモンターニュ・ド・ランス地区にありながら、優れたシャルドネ種の生産することで1級格付けになっている孤高の銘村です。リザーヴワインは使用せず単一ヴィンテージのみで、一次発酵は野生酵母のみを使用。SO2の使用は極限まで抑え、ドサージュ無しで仕上げます。1950年代と60年代に植樹されたピノ・ノワール種のみで造られたブラン・ド・ノワール。古樽を用いて、野生酵母により自然発酵を行い、ルフレーヴの古樽を使用して次の年の収穫まで熟成させています。砕いたカキの殻、イチゴとワイルドチェリー、エキゾチックなバラの微香、僅かにアニス、そして若干の鉄分など実に多様なアロマがあります。口当たりはしなやかで肉付きの良いテクスチャーですが、どことなく厳格な印象があり、徐々にパワフルさを増し、しっかしとしたミネラル感のあるフィニッシュへと移行していきます。

白ワイン チェイス・ザ・グレープ フィールド・ブレンド 2021年 750ml 税込2,915円

チェイス・ザ・グレープ フィールド・ブレンド

Chase The Grape Field Blend

チェイス・ザ・グレープは、若手ワインメーカー内藤大氏が研修先のワイナリーで特別に醸造したワインのブランド。3回目となる今回のリリースは勝沼のマルサン葡萄酒で委託醸造した“醸し白ワイン”。山梨県甲府市で混植栽培された古木の甲州とマスカット・ベーリーAに、少量の勝沼産のシャルドネをブレンド。2日間のマセラシオンを経て野生酵母で醸造(20%樽発酵)。ステンレスタンクで6ケ月の熟成後、ごく少量の亜硫酸を添加し、無ろ過・無清澄でボトリングしています。ワインのスタイルは今回もピュア&ナチュラル。アルコール度数の低さにも関わらず、ふくよかな果実味とキレイな酸が印象的なワインに仕上がっています。

白ワイン バデ・ミムール(Ch ド・シャサーニュ・モンラッシェ) ムルソー レ・クルー 2007年 750ml 税込7,810円

バデ・ミムール(Ch ド・シャサーニュ・モンラッシェ) ムルソー レ・クルー

Bader Mimeur Meursault Les Clous

1919年の創業以来、家族経営を貫いているドメーヌ・ネゴシアンで、1992年より4代目アラン・フォシエが運営しています。補糖をせずに天然酵母のみで発酵させ、伝統的でナチュラルな醸造を志向。新樽比率は赤白ともに20%です。メディア嫌いで知られる頑固職人のアランさんですが、そのワインの確かな品質とコストパフォーマンスの高さによって、輸出比率は70%に達しています。この年代の職人さんらしく、飲み頃のワインを求める愛好家やパリのレストランなどのために、一定量のバックヴィンテージを貯蔵しておりますので、ご紹介させていただきます。 シャルドネ種100%