サン・テミリオン、ポムロル、フロンサック

ワインリストは随時更新しておりますが、在庫は常に変動しておりますので、ホームページ上で記載している商品も品切れしている場合がございます。ご希望の商品、希望本数等がございましたら、お手数ですが当社までお問い合わせ下さい。ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。

サン・テミリオン

Chateau Valandraud Saint Emilion Premier Grand Cru Classes

1990年に初リリースされ、瞬く間にサン・テミリオン村のトップシャトーの仲間入りを果たした元祖シンデレラワイン。2012年に行われた格付けの見直しで、プルミエ・クリュ・クラッセBに昇格を果たします。現在は10ヘクタールの畑を所有し、メルロ種65%、カベルネ・フラン種30%、カベルネ・ソーヴィニヨン種他を栽培。新樽100%で熟成されるワインは芳香性が高く、エレガントな樽香、力強くて豊かな味わいのワインが造られます。ワイン・アドヴォケイト誌96+点評価。

Chateau Beausejour Cuvee Speciale Puisseguin Saint Emilion

オーナーのデュピュイ家はピュイスガン・サン・テミリオンを拠点にいくつかのシャトーを所有する生産者で、その中のフラグシップであるシャトー・ボーセジュールの上級キュヴェになります。ビオロジック栽培、野生酵母にて発酵。新樽30%で15ヶ月熟成。メルロ種70%、カベルネ・フラン種30%のブレンド。

エスプリ・ド・ヴァランドロー サン・テミリオン グラン・クリュ

Esprit de Valandraud Saint Emilion Grand Cru

1990年に初リリースされ、瞬く間にサン・テミリオン村のトップシャトーの仲間入りを果たした元祖シンデレラワインのシャトー・ヴァランドローのサード・ワイン。70%は新樽熟成で30%は樽にも入れずにステンレスタンクで熟成させていますので少し垂直性が出るのと樽でマスキングされずにメルローの柔らかさ、カベルネの良い意味のフレッシュさが感じられて躍動感を感じます。右岸らしい丸さ、甘さに少し熟成による複雑味が加わっていますので冬の食材とも良い相性が良いはずです。メルロー種65%、カベルネ・フラン30%、カベルネ・ソーヴィニヨン5%

シシェル サン・テミリオン グラン・クリュ

Sichel Saint Emilion Grand Cru

ボルドーの名門、シャトー・パルメを所有するシシェル社が自信をもって送り出す超有名シャトーの秘蔵ワイン。シャトー名は明かせませんがシシェル社がシャトーから樽でワインを買い取り自社で瓶詰したもので、クオリティーの高さは間違いありません。深みのあるガーネット色。木樽由来のスモーキーな香と森の土や干し肉を思わせるニュアンス。暑かった2018年だけあって果実味の豊かさと滑らかなタンニンがお口の中で広がっていきます。完熟したメルロー種からのチェリーの余韻も長く続き楽しませてくれます。メルロー種80%、カベルネ・フラン種20%

Chapelle d’Ausone Saint Émilion Grand Cru

サン・テミリオン村の頂点、プルミエ・グラン・クリュ・クラッセAのシャトー・オーゾンヌのセカンドワイン。年産5,000~7,000本ほどしか造られないファーストよりも希少なワインとなります。メルロ種、カベルネ・フラン種のブレンド。パーカー・ポイント91点。

ポムロル
ル・カリヨン・ド・ルジェ ポムロル

Le Carillon de Rouget Pomerol

ポムロルで最も歴史のあるシャトー・ルジェのセカンド・ワイン。サステイナブル農法を実践し、区画ごとに手摘みで収穫された葡萄は丁寧に選果し、区画ごとにステンレスタンクにて醸造されます。熟した赤や黒い果実のアロマが広がり、スパイスのニュアンスが美しく調和。シルキーなタンニンと後味が長く続きます。メルロ種主体にカベルネ・フラン種をブレンド。18ヶ月樽熟成。

フロンサック
Ch ド・カルル フロンサック

Chateau de Carles Fronsac

シャトー・ド・カルルは、13世紀に建てられたフロンサック地区で最も歴史のあるシャトーの一つで、醸造はラフルールやガザンも手掛けるクリスチャン・ベイリー氏が行っています。2019年はメルロ種の出来が良く、パーカー・ポイント89~91点の好評価。

メルロ種70%、カベルネ・ ソーヴィニヨン種25%、マルベック種5%