山形県

ワインリストは随時更新しておりますが、在庫は常に変動しておりますので、ホームページ上で記載している商品も品切れしている場合がございます。ご希望の商品、希望本数等がございましたら、お手数ですが当社までお問い合わせ下さい。ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。

Takeda Winery Petillant Rose

山形県上山(カミノヤマ)でワイン造りを行うタケダ・ワイナリー。県内産デラウェア種70%、マスカット・ベリーA種の白仕込み25%、ベリーA種の赤仕込み5%をブレンドして瓶詰。瓶内で二次発酵をさせ、旨みを持つオリを残し、微発泡に仕上げました。パステル・ピンクの色調に、イチゴの香り、口に含むと果実味と共に、目の覚めるような酸味が特徴です。夏が過ぎる頃には、この酸味と果実味が調和してくるでしょう。

Yellow Magic Winery Hip Hop Mix

滋賀、大阪などで葡萄栽培&ワインメーカーとして長年従事し、独立したワイナリー。山形県南陽市竹田氏のデラウェア種を使用。ホールパンチという製法で房のまま搾汁機に投入し優しく搾りました。果梗が壊れず雑味が少ない荷重が得られます。自然発酵終了後、瓶内二次発酵させました。音楽の「HipHop」のように自然に「お尻浮き」が感じられるのが「HipHop」シリーズです。旨味を含んだオリが沈殿しています。酸化防止剤無添加。

酸化防止剤:未使用 自然酵母

完売いたしました。

Takeda Winery Sans Soufre Blanc Yamagata

山形県上山(カミノヤマ)で15ヘクタールの自社畑を所有し、ワイン造りを行うタケダ・ワイナリー。同じ上山の契約農家による完熟したデラウェア種を、亜硫酸(酸化防止剤)を使わず「サン・スフル」で醸造。発酵の途中で瓶詰めし、瓶内でも発酵が続き、発生した炭酸ガスがワインに溶け込みます。オリ引きをしない為に、抜栓時に発砲が急激に起こり、泡が吹き出します。ボウル等の中に瓶を置き、王冠を何回かに分けて少しずつガスを逃がしながら栓を抜いてください。 ※サン・スフル20年は完売しましたが、王冠の外側にサビが出ている物が特価で入荷しました。抜栓後、瓶の口を拭いてからお注ぎください。<発送はクール便指定となります>

Takeda Winery Petillant Blanc

山形県上山(カミノヤマ)でワイン造りを行うタケダ・ワイナリー。県内産デラウェア種100%の白を醸造して瓶詰。瓶内で二次発酵をさせ、旨みを持つオリを残し、微発泡に仕上げました。りんごの香りに、和梨の果実味と爽やかな酸味。アフターに庄内柿を思わせる甘味と、1本のワインから様々な風味が楽しめます。瓶には生きたオリが入っているので、季節と共に味わいも変化して行くでしょう。

Grape Republic Amphora Bianco

ナチュラルワイン造りを行うワイナリー。除草剤や殺虫剤をはじめとする農薬はもちろんのこと、肥料や酸化防止剤も使用せず、補糖や補酸も行わず、酵母は天然のものだけにこだわっています。山形県南陽市産のネオマスカット種とナイアガラ種、ピノ・グリ種を除梗しアンフォラ内で5日間皮と共に醸した後バスケットプレスで圧搾後、アンフォラにて6ヶ月間熟成、ステンレスタンクにて3ヶ月間を経てボトリング。ネオマスカット種とナイアガラ種の芳醇な香りが特徴のワイン。酸化防止剤は無添加ですので、14度以下の保存をお願いします。

Takeda Winery Blanc Yamagata

山形県上山(カミノヤマ)市の麓で、15ヘクタールの自社畑を中心にワイン造りを行うタケダ・ワイナリー。このブランはベーシック・ラインですが、ワイナリー近隣農家さんからのデラウェア種をステンレスタンクで醸造しました。瑞々しい果実味と酸のバランスがとても良い白です。

Takeda Winery Blanc de Noir L’elevage en Fut Bailey A Yamagata

黒葡萄のマスカット・ベーリーA種を優しく搾り、果汁を樽で発酵後、そのまま樽で4ヶ月ほど熟成させた白ワイン。果皮を絞る際に色が少し染み出てピンクの色調があり、フレッシュな果実味と酸味に、樽からのナッツ風味が調和しています。

Takeda Winery Sans Soufre Rouge Yamagata

山形県上山(カミノヤマ)で15ヘクタールの自社畑を所有し、ワイン造りを行うタケダ・ワイナリー。近郊の天童市の契約農家によるマスカット・ベリーA種を、亜硫酸(酸化防止剤)を使わず「サン・スフル」で醸造。瓶内でMLF(乳酸醗酵)を行った為に、微発泡してます。濃い色調で、赤い果実の香り、フレッシュな酸とタンニンのバランスが良く、葡萄本来の味わいが楽しめます。ワインはオリ引きをしていない為、瓶底には旨みを含んだオリがございます。<発送はクール便指定となります>

Yellow Magic Winery Ordinary Rouge

滋賀、大阪などで葡萄栽培&ワインメーカーとして長年従事し、独立したワイナリー。岩手県産キャンベル種と山形県産スチューベン種を、コールドマセラシオンを40日以上する事により、果皮からの旨味、程よいタンニンの抽出も促され、「香り高い」プラス「旨味」の味わいに仕上がりました。そして発酵終了後も無亜硫酸塩にてタンク保存し、タンク内自然乳酸発酵により酸化を防ぐとともに、味わいのまろみの変化もさせました。その後瓶詰めしましたが、今、瓶内で再度瓶内M L Fが起きており、少し開栓時には「シャワッ」てしています(M L Fにより、上部液面に浮遊物が生じる場合もありますが人体には無害です)。もちろんその後はガス感も弱くなり通常のスティルワインとして楽しめます。赤ワインというカテゴリーのワインですが基本は冷やしてスルリといけるワインを目指しています。多種の料理に合わせやすい多様性のあるスルリ赤ワインになっています。

Yellow Magic Winery Jungle Rouge

滋賀、大阪などで葡萄栽培&ワインメーカーとして長年従事し、独立したワイナリー。山形県産スチューベン種を2週間MC(破砕した果実と全房を交互にタンク内にてミルフィーユ状に重ね、密封状態のまま自然発酵させる醸し、その後搾汁)させた醪の中にヤマソーヴィニヨン種を25%ほど投入し混醸醸しを行った(二段仕込み)。この二段仕込みにより、MCのスチューベン種の旨味感とヤマソーヴィニヨン種の鮮烈なベリー香と酸味、そして適度なタンニンが引き立てられ、アルコール12%のしっかり感じられるワインになりました。旨味を含んだオリが沈殿しています。酸化防止剤無添加。

山形県産スチューベン種75%、岩手県産ヤマソーヴィニヨン種25%

Takeda Winery Rouge Yamagata

山形県蔵王連峰の麓で、15ヘクタールの自社畑を中心にワイン造りを行うタケダ・ワイナリー。このルージュはベーシック・ラインですが、山形産マスカット・ベリーA種を、徹底した選果後に醸造。赤い果実の香りが華やかで、瑞々しい果実味と酸、タンニンのバランスがとても良い赤です。

Asahimachi Wine Select Vin Rouge

山梨よりも涼しく、北海道より暖かい山形県は、最適なワイン用葡萄産地として、今、注目されています。山形産メルロ種86%と、ブラッククイーン種14%をフレンチオーク樽で熟成した赤。ベリー系の華やかな香りと樽からのヴァニラ香に、ふくよかな果実味と細かなタンニンが合わさった豊かな味わいです。

Asahimachi Wine Premium Rouge Yamagata

山形県産のマスカットベーリーA種をセニエして果汁を凝縮させた赤55%、樽熟成させたブラック・クイーン種40%、樽熟成させたカベルネ・ソーヴィニヨン種5%をブレンドした限定ワイン。通常2,000円以下ですと、食用葡萄からのワインになりますが、こちらは全て醸造用葡萄からの赤。値上がりが続く日本ワインの中で、驚く程のお値打ちワインです。